BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 不適格教員からひとこと | メイン | お礼とお知らせ >>

2006年10月23日

核武装ニッポン

日本の核武装について「どんどん議論すればいいじゃないか」というアオリをしている方々がいる。
お上から許可を頂いたので、私も持論を申し述べたい。
日本の核武装は「あり」である。
ただし、アメリカはそれを許さない。
もちろん中国も許さない。
もちろん、ロシアも許さない。
だから、日本の核武装とはすなわち日米安保条約の廃棄ならびに日本以外のすべての国を潜在的な敵国とみなすということである。
そういう核武装についてなら一考の余地がある。
その場合、東アジアにいかなる隣国とも友好関係をもたない孤立無援の「帝国」が生まれることになる。
私はこの「ハリネズミニッポン」はなかなかに「男らしい」ありようだと思う。
いかなる同盟関係もないままに、単身で軍備するのであるから、とりあえずすべての社会的リソースは軍に集中させねばならない。
先軍主義である。
日本の「北朝鮮化」と申し上げたらよいであろう。
当然ながら徴兵制が施行される。
男女問わず国民皆兵である(フェミニストのみなさんもこれには諸手を挙げてご賛同下さるだろう)。
少子化で子どもの数が少ないので、申し訳ないが、20歳から30歳まで10年間ほどお若いみなさんには兵役を義務化させていただく。
あたら青春の日々を気の毒に・・・とは思うが祖国防衛のためである。
だが、銃後の守りについては心配するには及ばない。
君たちが戦争や戦争のための訓練をしている間、ビジネスや消費活動の方は私ら「団塊の世代」が現役にふみとどまって、きっちり引き受けようではないか。
もちろん学校は私立公立を問わず、すべて「国民学校」に改組される。
一騎当千の強兵の育成がすべてに優先するわけであるから、言っとくけど厳しいよ。
教師の言うことに反抗するような子どもにはきびしい体罰が科せられる。
戦場で指揮官の命令に「オレ的にはなっとくゆかねんですよね〜」などとなめた口をきく兵隊はその場で銃殺であるから、生き延びるためにも幼児期から目上の命令には決して抗わないようにきっちり訓育せねばならない。
TVゲームやマンガは申し訳ないが、18歳以下は禁止である。
視力が落ちちゃうからね。
あ、iPodも禁止ね。つうかヘッドセットは全部禁止。
聴覚を遮断した状態で祖国防衛ができるかどうか考えればわかるだろう。
こういうことをすると若い連中はどんどん海外に逃げ出すかもしれないから、申し訳ないけど、徴兵期間終了までは、海外旅行も留学も禁止。
ハワイとかグカムとか行きたいだろうけれど、それはハワイやグァムを占領してからのお楽しみにとっておこうじゃないか。
でも心配無用。TOEIC900点とかいう英語の得意な子たちにはアジア系移民に変装してアメリカにスパイとして送り込まれるという海外雄飛のチャンスがある。
あと、徴兵期間中はネット禁止ね。
だって、インターネット許可したら、国防情報ダダ漏れしちゃうじゃないか。
「2ちゃんねる」に部隊移動情報とか、セキュリティホールとか暴露されちゃうと、収拾つかないでしょう。
それくらいの不便は祖国防衛の烈士諸君には甘受してもらわねば。
というわけで、核武装日本の強兵たちには祖国のために瞬時のためらいもなく一命を捧げることができるように人格陶冶に励んでいただきたいと思う。
20世紀の瘴気をたっぷり吸って育った「団塊の世代」連中はいまさらイデオロギー的矯正が効かないので、こいつらの態度の悪さだけはしばらく我慢してもらうしかないが。

え?日米の友好関係を維持したまま核武装する道はないかって?
もちろん、ありますよ。
アメリカの51番目の州になるという手があります。
テキサスやハワイはそうやって州になったんだから、日本にだってアメリカの州にしてくださいとお願いする資格はあるはず。
国民投票したら、意外にこれがいちばん票を集めそう。


投稿者 uchida : 2006年10月23日 15:20

トラックバック

このリストは、次のエントリーを参照しています: 核武装ニッポン:

» 北朝鮮を異様なものを見るような眼で見ること。 from ようちゃん2号の大部屋暮らし
これからの北朝鮮は日本がしてきたことの再現になるような気がする。(戦略を持たずに暴走するという部分でね)自らの歴史を振り返るいい機会になるんじゃないかな?だから... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月23日 21:56

» 『某国のイージス?』 10/18/06〆 from 【THE FOOL ON THE HILL】
追記:独自開発はありえないけど英国やフランスみたく基幹技術をアメリカに握られた状態での核武装なら可能性はゼロじゃない、と思われてそう。 (cf.小林恭子の英国メ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月23日 22:40

» 軽武装のためには核が必要だ from ▀▁▂▃▄▅▆▇█▉キタ━━(´◕ฺω◕ฺ`)✪ฺД✪ฺ)♉ฺA♉ฺ)☼Д☼)❝ฺ_❝ฺ)◉ฺ◉)&#
http://blog.tatsuru.com/archives/001963.php 日本の核武装について「どんどん議論すればいいじゃないか」というアオリを... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月23日 23:31

» トルーマンも糖尿病だった!? from 北海道独立義勇軍:Butch隊長ブログ
 続けて“ショウちゃんネタ”で申し訳ないが、20日の講演で、核保有論議問題に絡め... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月24日 13:18

» 海外旅行保険 from 注目ワード
海外旅行保険はクレジットカードで!海外旅行に出かけるとなると、旅費、宿泊費、食費にお土産代などなど何かとお金がかかるものです。海外旅行保険もその一つ。海外で万が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月25日 00:50

» 「いい奴ら(グッド・ガイ)」の核兵器と「悪い奴ら(バッド・ガイ)」の核兵器 from 今日、考えたこと
このタイトルは川崎哲さんの今日のブログ記事、そのまま。 http://kawasakiakira.at.webry.info/200610/article_2... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月26日 01:48

» 仮性近視を治す from 仮性近視を治す
仮性近視の原因は?仮性近視を治すには?仮性近視について解説いたします。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 23:34

コメント

こんにちは、内田先生。初めて投稿させていただきます。
移り気な秋空の下、日々先生の切れ味鋭い文章(内容)、
楽しく拝読させていただいています。
いつのまにやら、すっかり大ファン(トリコ)...。
先日の不適格教員..のコメントといい、
本日の核武装..といい、まったく今のニッポンの不安定な在り様を端的に表現され、まったく私も同感です。
これからも、先生のユーモア溢れる、直球の発信、
楽しみにしています。

投稿者 瑠璃子 [TypeKey Profile Page] : 2006年10月23日 17:13

核ブソウなどというブッソウなことをよくも面白く書いてくださいました。そんなブッソウなことは、おっしゃる通り政治的状況からできやしない。武装だ武装だと実現しないのに気炎を上げている一部の政治化には、何か陰の理由はあるのでしょうが。


ところで、今でも国の守りはアメリカ海軍に負んぶに抱っこの日本を51番目の州にするつもりは、アメリカにはありません。(大統領でもないのに偉そうにすみません。)アメリカは今では徴兵制ではなく、自由志願兵ばかりですから、給与・保証金その他のかかりが掛かりすぎ、これ以上日本の面倒をみたのではアメリカ市民が怒ります。だいたい日本の団塊の世代がゴチャマンなのに、それを支える働き世代が段々なくなる国など御免です。(ラティーノが沢山産んでくださるので、アメリカは数日前に目出度くも人口3億人となったといっても、日本の世話は嫌です。なお、不法移民が子供を産んでも、その子供はれっきとしたアメリカ市民となります。)


しかしまー、日本は気楽でいいですね。(アメリカが神経質すぎるのかな。)先日、「あいのり」という日本の番組を見ました。スイス旅行の途中の場面でしたが、スイスの若者に、お前たちの国はお前たちが守っていないのか、と聞かれ、日本の若者は全員沈黙。誰もそんなことは真剣に考えない日本の若者なのでしょうね。(このブログに来る若者は違うのでしょうが。)


川瀬先生のブログの紹介で訪れました。南カリフォルニアLAの小言コウ兵衛こと、Dr. Waterman です。アメリカ市民ですが日本生まれの日本語使いです。でも、近頃ときどき変になります(頭でなく、日本語が)。


Mark W. Waterman, Ph.D.

投稿者 Dr. Waterman [TypeKey Profile Page] : 2006年10月23日 17:52

核ブソウなどというブッソウなことをよくも面白く書いてくださいました。そんなブッソウなことは、おっしゃる通り政治的状況からできやしない。武装だ武装だと実現しないのに気炎を上げている一部の政治家には、何か陰の理由はあるのでしょうが。

ところで、今でも国の守りはアメリカ海軍に負んぶに抱っこの日本を51番目の州にするつもりは、アメリカにはありません。(大統領でもないのに偉そうにすみません。)アメリカは今では徴兵制ではなく、自由志願兵ばかりですから、給与・保証金その他のかかりが掛かりすぎ、これ以上日本の面倒をみたのではアメリカ市民が怒ります。だいたい日本の団塊の世代がゴチャマンなのに、それを支える働き世代が段々なくなる国など御免です。(ラティーノが沢山産んでくださるので、アメリカは数日前に目出度くも人口3億人となったといっても、日本の世話は嫌です。なお、不法移民が子供を産んでも、その子供はれっきとしたアメリカ市民となります。)

しかしまー、日本は気楽でいいですね。(アメリカが神経質すぎるのかな。)先日、「あいのり」という日本の番組を見ました。スイス旅行の途中の場面でしたが、スイスの若者に、お前たちの国はお前たちが守っていないのか、と聞かれ、日本の若者は全員沈黙。誰もそんなことは真剣に考えない日本の若者なのでしょうね。(このブログに来る若者は違うのでしょうが。)

川瀬先生のブログの紹介で訪れました。南カリフォルニアLAの小言コウ兵衛こと、Dr. Waterman です。アメリカ市民ですが日本生まれの日本語使いです。でも、近頃ときどき変になります(頭でなく、日本語が)。

Mark W. Waterman, Ph.D.

投稿者 Dr. Waterman [TypeKey Profile Page] : 2006年10月23日 17:54

おー!
やっぱ、タツルちゃんはサイコーだよ。
今日の日記もナナメ読みだけど、いわんとするとこは分かります(多分)。
なーんかニッポンがアメリカになるっていう抱腹絶倒の預言を拝読させていただくと、やはりアメリカ式に、つまりチャック・ベリーに倣って、”GO TATSRU GO!”と、唄いたくなっちゃいますね。
あ、内田先生に配慮して、レッド・ガーランドのあの”C jam blues”が入っているアルバムの傑作モノクロジャケの壁面のチョーク書きのGRAFFITTI、”GO RED GO”からパクった方がいいのかな?
それにしても、テレビの報道番組も新聞も週刊誌も論壇誌も”まっとう”なのは皆無に等しいですねぇ。
内田先生のブログを読んでると、実に脳ミソが上手くDRIVEしてくれるのでありがたい限りです。
で、全然カンケーないハナシですけど、池田晶子女史も、あの頑固さを少しは自省していただいて、ネットの有効性に気付いていただきたいものですねぇ。
池田晶子女史がBlogをやったら、さぞ面白かろうに。内田先生のBlogの如く。週間新潮で一人気を吐いていても、ポピュラリティは得られないでしょうに。池田晶子女史的なるものこそ、今、ニッポンに欠け、且つ今一番ニッポンに必要とされているのではないでしょうか。内田先生の如く。

投稿者 奥瀬恵介 [TypeKey Profile Page] : 2006年10月23日 18:40

米国人は米国の州名をすべて諳んじているのでしょうか?
51番目の州と言われて気になりました。

投稿者 ハットリ [TypeKey Profile Page] : 2006年10月23日 18:44

米国人は米国の州名をすべて諳んじているのでしょうか?
51番目の州と言われて気になりました。

投稿者 ハットリ [TypeKey Profile Page] : 2006年10月23日 18:44

米国人は米国の州名をすべて諳んじているのでしょうか?
51番目の州と言われて気になりました。

投稿者 ハットリ [TypeKey Profile Page] : 2006年10月23日 18:44

投稿を1回押しただけなのにエラーになり、
投稿を諦めたら多重投稿になっていました。
失礼しました。

投稿者 ハットリ [TypeKey Profile Page] : 2006年10月23日 18:48

こんにちわ♪


内田先生の大ファンです☆


『○ちゃんねる』で、

「内田先生を都知事にしよう!」

というコメントを見ました。


私もそう思います!

投稿者 yinaba [TypeKey Profile Page] : 2006年10月23日 18:57

日本がアメリカの51番目の州になるというのは、石坂啓のマンガにありました。この一番人口の多い州からの投票が効いて大統領に中曽根氏(マンガ発表当時の首相)が選出される、というオチだったように記憶しています。

投稿者 nq [TypeKey Profile Page] : 2006年10月23日 19:27

よくこの手のハナシになるとオドシかチャカシかよくわからない飛躍をするヒトが多いんですが…

9条改正する → 徴兵制になる
核武装をする → 徴兵制になる

ただどことなく、9条改正や核武装が戦後世界体制の転覆に繋がるやもしれないことを、先生をはじめとする皆さんがひどく恐れているのではないかということは、そういった飛躍の妙ちきりんさの中に見て取れるのですが。

投稿者 truely_false [TypeKey Profile Page] : 2006年10月23日 22:20

他の方については存じませんが、内田先生の説に関しては、別に飛躍でもないのでは?
少なくとも我が国の核武装は、アメリカが受け入れない限り安保破棄にもつながるでしょうし、結果、自前の軍備でやっていくとするなら、徴兵制は、十分合理的な政策に思えます。
核と安保をトレードするとして、我が国には、地理的な制約がありますから、通常の軍備は、むしろ必要になるでしょうし。
まぁ、徴兵制には確かに戦前のトラウマがあるので、"自発的な志願兵"を募るという手なども確かにあります(この点は、アメリカを見習うべきですね)。この点に限って言えば、核武装即徴兵制というのが飛躍と言えなくもないとは思いますが。
もちろん、アメリカが我が国の核武装を認める場合を検討しなければいけないのでしょうけど…51番目の州なんて馬鹿話の類しか、どうやら内田先生も私も思いつかないようで…。
それにしても、床屋政談に過ぎないにせよ、こんな暗澹とした気分になる議論をお許し下さるとは、"アオリ"をされた方も罪深いですな。

投稿者 Kym [TypeKey Profile Page] : 2006年10月24日 00:25

私もハットリさんのようにミスをして、内田先生にお詫びのメールを送りました。読んでくださったかどうかはわかりませんが。ハットリさん、都道府県名を指折り数えて諳んじるのが大変なように、50の州名を上げるのは大変です。でも、初めの13州は楽なようです。(それさえ分からない人も勿論います。四国4県さえ上げられない日本人がいるように。)

ng さん、どんなに大きな州でも(でも日本は小さくなりつつあるようですね)上院の議席数は2名です。小さくても大きくても州の政府は一つの国ですから、投票権は同じ。ただし、下院は人口に応じた議席数ですが、そのようなとき上院がとても大事です。

Kym さん、あっ「自発的な」志願兵と言うんだ。ありがとう。確かに「床屋政談」ですむ日本は平和ですね。北朝鮮の核実験のときに真っ先に動いて守備体制についたのは米国第7艦隊。私の2週間ごとに天引きされる所得税も、一部は日本の守りに行くのですね。(まっ本当はアメリカ本国のためでもあるけど。)

Dr. Waterman

投稿者 Dr. Waterman [TypeKey Profile Page] : 2006年10月24日 01:10

Dr. Waterman様
ありがとうございます。
「どんなに大きな州でも・・・上院の議席数は2名」も
確かめたかった情報でした。

投稿者 ハットリ [TypeKey Profile Page] : 2006年10月24日 09:01

久々にコメント欄を見ました。
こういう話題は、おかしな人が一方的な反論を書き付けているにちがいないな、と、こわいもの見たさだったんですが、
あまりに力の抜けたコメントばかりで、いささか拍子抜けです。
わたし的には、
「一騎当千の強兵の育成がすべてに優先するわけであるから、言っとくけど厳しいよ。」
にシビレました。

投稿者 モコモコ [TypeKey Profile Page] : 2006年10月24日 14:08

核武装ニッポンを米国は許す可能性があること、
そして/にもかかわらず
もう核には抑止力が期待できなくなっているし、
そもそも核兵器はニッポン防衛に不向きだ
という議論を田中宇氏が展開していました。
未だでしたら一読をお勧めします。
http://tanakanews.com/g1024japan.htm
なかなかクールな見方。
内田先生の、パロディーではない本音の在処も、このあたりでしょうか。

投稿者 ハットリ [TypeKey Profile Page] : 2006年10月24日 15:00