2003年10月


Archives

10月1日

矢幡洋『危ない精神分析』を読む。 ジュディス・ルイス・ハーマンの『心的外傷と回復』に対する全面批判である。 ご存じの方も...


10月3日

教員研修会。 授業評価アンケートの集計分析報告と、教員評価システムの第二案の趣旨説明。 どちらも、教員の「査定」にかかわ...


10月5日

4日は両国の国技館でトリプル世界タイトルマッチ。 母を新横浜まで送りがてら、本田秀伸さんの応援に駆けつける。 三宅先生か...


10月6日

フランス語とゼミと体育と杖道のお稽古と四つ続く一週間でいちばんハードな月曜日である。 でも、一年生にフランス語を教えるの...


10月7日

『ため倫』はあちこちで品切れらしい。 「買いに行ったけど、ないよ」というメールが何通か届いた。 朝日新聞に早川義夫さんが...


10月8日

兵庫県立宝塚西高校というところで「出張講義」をすることになった。 高校生のみなさんに神戸女学院大学を受験してくださいねと...


10月9日

宝塚西高校から帰ってきたら、今度は県立葺合高校から「出前講義」の申し入れがあった。 ご指名での要請であるから、当然お受け...


10月10日

『ため倫』の増刷が決まった。初版が18000部、増刷は5000部。トータル23000部ということになる。 人文系の文庫本...


10月14日

多田塾合宿より帰る。 毎年同じ事を書いているけれど、三日間山の中にこもって稽古をして、ご飯を食べて、寝て・・・というシン...


10月15日

掲示板に次のような書き込みがあった。 「194 ページで「この『二度目の不戦条約』に調印してくれる国が日本に続かないのは...


10月16日

朝日カルチャーセンターの連続講演の第一回目。 この講演は上には12月までの三回分しか載っていないが、その後、もう3回「追...


10月18日

理事長と面談。 松沢先生はたいへんにお忙しい方なので、面会を申し込んでから10日くらいあとにようやく45分だけお時間を頂...


10月19日

徳島から増田聡くんご夫妻が来神。 『ため倫』読者のみなさんはご案内のとおり、増田くんは私が「世に出る」きっかけをつくった...


10月21日

風邪を引いた。 土曜の午後から、鼻水がずるずる出ていたが、月曜の杖道のお稽古のときに、咳が出てきて、稽古の終わるころには...


10月22日

げほげほげほ。 まだ風邪がなおらない。 ドクター佐藤からお薬をたくさんいただく。 それを飲んで寝る。 思潮社から『現代詩...


10月24日

げっほ、げほ。げほげほ。 まことに今年の風邪はひつこいのー。 ドクターにもらったお薬を処方を無視してがぶがぶ飲んだら、熱...


10月26日

げっほげほげほ。げひー。 うー。今年の風邪はしつこいぜ。 熱も下がったし、鼻水もとまったが、咳だけ止まらない。 というよ...


10月28日

風邪はだいぶよくなってきた。 関係各方面からお見舞いのお言葉や品々を賜りましたこと、この場を借りて篤く御礼申し上げます。...


10月30日

昨日は芦屋川カレッジで二度目の講義。 演題は「話はそんなに簡単でよろしいのであろうか?」 80人ほどのシルバー世代の芦屋...


10月30日

学祭初日。 ふつうの週日なので、演武会のお客さんは身内ばかり。 というわけで、ふだんの稽古みたいな感じで、気楽にやらせて...