BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBookMovieSeminarBudoPhotoArchivesProfile

新刊

日本戦後史論
日本戦後史論(白井聡との共著)/徳間書店
新進気鋭の政治学者白井聡さんと戦後日本における「敗戦の否認」の罪と罰について徹底的に語り合いました。

日本の反知性主義
日本の反知性主義(赤坂真理、小田嶋隆、白井聡、想田和弘、高橋源一郎、仲野徹、名越康文、鷲田清一との共著)/晶文社
現代日本を蝕む反知性主義・反教養主義の歴史と意味について考察した共同研究です。難問をめぐっての知的格闘の記録となりました。

慨世の遠吠え
慨世の遠吠え(鈴木邦男との共著)/鹿砦社
鈴木邦男さんと政治のこと、武道のこと、映画のことなど共通の話題を語りました。鈴木さんはとっても「聞き上手」なんです。聞き上手の論客ってふつういないですよ。

街場の戦争論
街場の戦争論/ミシマ社
なんだかんだとこの半年で出した本はぜんぶ「現代政治を論じる」という主題のものとなりました。それだけ政治状況が「危機的」ということなんでしょうね。
「もうすぐ戦争が起きる」と3年前に言ったらみんな笑って聞き流したでしょうけれど、いまは違います。
こんなに急に時代は変わってしまうんですね。

ぼくらの身体修行論
ぼくらの身体修行論(平尾剛との共著)/朝日新聞出版(朝日文庫
平尾さんと7年前に出した『合気道とラグビーを貫くもの』の文庫化です。タイトル変わったので間違えて買わないでくださいね。でも、ボーナストラックで去年の夏にやった3時間の対談追加しましたから、両方買ってもだいじょうぶ。

内田樹の大市民講座
内田樹の大市民講座/朝日新聞出版
『AERA』に連載したコラムの6年半分をまとめて単行本化しました。通読するとこれが意外に面白いんです。もう時事性はまったくないのに、それでも面白いのはなんでだろう。

2015.07.23

これからの行動提起 「学者100人記者会見」における発表

これからの行動提起 「学者100人記者会見」における発表

佐藤学先生から賛同者の方々へのアピールです。
佐藤先生がおっしゃっている通り、賛同署名をしてくださった方は全員が「学者の会」を「代表して」発言する権利を持っています。賛同者の方が学者の会を代表して行動するときに、誰かの許可を求める必要はありません。それぞれの現場で、安保法制を廃案にするために、自発的に、ご自身の工夫で、できる限りのことをしてください。それが最も大きな力になります。
安全保障関連法案を廃案にするために、可能なことはすべて実行しましょう

以下は、今後の行動提起です

1.7月31日「学生と学者の共同行動」
午後5時第一部行動(学生と学者) 
砂防会館において集会、その後、国会請願デモ行進を行って、国会前抗議行動。第一部の国会請願デモが出発後、午後6時から第二部行動(学生と市民)砂防会館にて集会、国会請願デモ行進、国会前抗議行動を行います。

2. 学者の会は、7月14日の衆議院特別委員会への請願行動に引き続き、今後も、参議院、衆議院に対して国会請願を行います。
現在、学者11,218人、市民23,779人です。この声を引き続き、国会に届けましょう。

3.各大学で、学者有志の声明、学生と学者の共同行動が拡大しています。すべての大学で夏休み中に学者有志の声明、学生と学者の共同行動を展開しよう。

4.各大学、各地域の集会への参加。
「学者の会」には代表はいません。発起人、呼びかけ人、賛同者のすべてが「代表」です
各大学、各地域の集会に参加し、「学者の会」を「代表して」スピーチを行ってください。

5・ 9月6日「第二波・学生と学者の共同行動」を成功させよう。
学生と連帯して、日曜日の東京の繁華街で、市民にアピールする街頭デモ行進を行います。こぞって、参加してください。

安全保障関連法案に反対する学者の会
発起人・事務局代表  佐藤 学

神戸女学院大学

アーカイブ


過去日記一覧/検索