BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBookMovieSeminarBudoPhotoArchivesProfile

新刊

転換期を生きるきみたちへ
転換期を生きるきみたちへ(編著)/晶文社
中高生向けのアンソロジー。寄稿者は鷲田清一、高橋源一郎、加藤典洋、平川克美、小田嶋隆、白井聡、想田和弘、仲野徹、岡田憲治、山崎雅弘のみなさん。いま中高生に一番言いたいことを書いてもらいました。僕を入れて11人が「中高生の知的レベル」の設定が全員微妙に違うのが面白いです。

困難な結婚
困難な結婚/アルテスパブリッシング
今年の出版物のうちの唯一の「書き下ろし単著」。筐底に眠っていた旧稿の埃をはらって全面的に書き換えました。結婚したい人はしたくなり、結婚している人は日々が楽しくなるという画期的な結婚論です。こんな本空前絶後です。

属国民主主義論
属国民主主義論/東洋経済新報社
政治学者の白井聡さんと属国政治について語り合いました。二人とも「歯に衣着せぬ」点では人後に落ちないので、もうすごいことに。

内田樹の生存戦略
内田樹の生存戦略/自由国民社
『GQ』に連載されていた人生相談コラムを単行本化しました。 相談者がほぼ全員男性なので、相談者が女性であった『困難な結婚』と比較すると回答が「わりと冷ややか」です。だって「そんなこと訊いてどうすんのよ」というような質問が多いんですもの。

街場の五輪論/文庫版
街場の五輪論/朝日文庫
平川克美・小田嶋隆との暴走鼎談の文庫化。ボーナストラックとして五輪醜聞がぞろぞろ出て来たあとに鼎談をもう一回やってそれをおまけに付けました。帯に「やっても地獄 やらなくても地獄」とありますが、これは編集者がつけた名コピーです。ほんとにそうだよな。

世界「最終」戦争論
世界「最終」戦争論/集英社新書
姜尚中さんとの現代国際政治をめぐる対談。姜さんとお会いして話すのはこれがはじめてでしたけれど、話が合うんですよ。二人で「そうそう」と言い合っているうちにだんだん話頭は転々として奇を究め。

嘘みたいな本当の話 みどり/文庫版
嘘みたいな本当の話 みどり/文春文庫
僕と高橋源一郎さんと二人でネットに投稿された「嘘みたいな本当の話」を何千篇か読んで選び出した珠玉の変な話集。ポール・オースターの『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』の日本版をねらったのですが、ロッド・サーリングの『トワイライト・ゾーン』の日本版みたいになってしまいました。

僕たちの居場所論
僕たちの居場所論/角川新書
平川克美・名越康文ご両人と「これほど無駄な話ってあるかしら」というくらい無駄な話を延々とした鼎談本。僕と平川君は「こんな無内容な話、本にならないよ」と太鼓判を捺したのですが、本になったのを読んでみたらこれがめっぽう面白く・・・

やっぱりあきらめられない民主主義
やっぱりあきらめられない民主主義/水声社
大田区議の奈須りえさんの主宰した集まりで、僕が講演して、平川君も入れて三人で鼎談したイベントの記録です。どこにゆくにも平川君と僕は一緒ですね。交替で腹話術師と人形を交互にやっているみたい。

教えて!校長先生
教えて!校長先生 「才色兼備」が育つ神戸女学院の教え/中公新書ラクレ
神戸女学院の広報本(じゃないんだけれど、結果的には)。同窓会のお支えがあってたいへんよく売れました。共著者の林真理子さんはあの林真理子さんじゃなくて、中高部長の林先生です。僕はエッセイ2篇を寄稿しております。間違えて「あの林真理子と内田樹の対談本」と勘違いして買った人、けっこういるみたいです。

2017.04.25

BFM TV の記事から

昨日のフランスのBMFTVの記事から。
なんだか物騒な話になっている。
「北朝鮮、アメリカを『地図上から抹殺する』と恫喝
2017年4月24日
米朝両国間の緊張が高まる中、北朝鮮の公式サイトはアメリカが半島を攻撃したときにアメリカは「地図上から抹殺されるであろう」と述べた。アメリカがピョンヤンに対する威嚇的な態度を強めるにつれて、北朝鮮はその核攻撃プログラム開発を進めている。
北朝鮮公式サイトは、ワシントンが北朝鮮に宣戦布告した場合、アメリカ合衆国は「地上から消滅するであろう」と警告した。北東アジアにおける緊張を高めている威嚇の応酬についてのこれが最新の情報である。
土曜日に、アメリカの副大統領マイク・ペンスはアメリカの空母カール・ヴィンソンとその艦隊は「数日中に」日本海に到着するだろうと述べた。その一方で、北朝鮮による六回目の核実験の可能性についての噂が広まっている。
ピョンヤンはアメリカ大陸に核攻撃できるミサイルの建設を夢見ている。この自閉した国家は扇動的な発言を繰り返し、今月はじめからのわずかな期間に二度のミサイル実験を実行した。
政府広報誌である「労働新聞」は一連の社説において、北朝鮮軍は「剥き出しの軍事的恫喝」である空母の接近によって少しも動揺していないと言う。
「かかる恫喝はクラゲを驚かすことはできるかも知れないが、朝鮮民主主義人民共和国に影響を及ぼすことはない」と労働新聞は断言している。北朝鮮軍は「一撃でアメリカの原子力空母を撃沈する」用意がある、と。
プロパガンダサイトであるウリミンゾッキリはカール・ヴィンソンの派遣は宣戦布告であるとみなしている。「これは北朝鮮への侵入がつねに切迫していることの証拠である」。
軍の一将校の署名のある社説を通じて、サイトはアメリカの攻撃の後に「ただちに反撃」することのできないシリアと北朝鮮を同一視することは「重大な過誤」であるとワシントンに警告を発している。さらに、攻撃がなされた場合、「世界は、ワシントンが無思慮にも送り出した原子力空母は鉄くずに粉砕され、船底をさらし、アメリカと呼ばれた国が地上から消えるさまを見ることになるだろう」と書いている。
地域の巡回を終えたマイク・ペンスは、他のアメリカの高官たちと同じく、北朝鮮の核の野心に対する軍事的オプションを含む「すべての選択肢はテーブルの上にある」と語っている。

神戸女学院大学
ラジオデイズ:たぶん月刊はなし半分
辺境ラジオ

アーカイブ


過去日記一覧/検索