2003年3月


Archives

3月1日

かなぴょんの「追い出し稽古」。 大学一年生から合気道を始めて6年間。 実によくお稽古をした人であった。 ゼミでの卒論も博...


3月3日

そういえば右の鼻が詰まって久しい。去年の秋から鼻が通らない。どうしてなんだろう。 腹部の疼痛も一月ほど続いている。どうし...


3月4日

今日はオフだろうと思っていたが、ダイヤリーを見たら後期入試であった。やれやれ。 春休みのはずなのだが、「何もない日」とい...


3月6日

確定申告に行く。 芦屋に引っ越してきたので、税務署まで原チャリで3分で行ける。並んでいる人もあまりいないので、納税もぐん...


3月7日

雨が続く。日曜日に干した洗濯物がまだ取り込めずに、ベランダでぐずぐずしている。 低気圧なので、ぼおっと起きだして、明日の...


3月8日

私の上京に合わせて、日比谷高校の級友諸君がクラス会を開いてくれた。 肝いりはいつもの藤田 “永世幹事”直行くんであるが、...


3月9日

「かなぴょん」こと林佳奈ちゃんと、東大気錬会の内古閑伸之くんの結婚式が東京會舘であった。 定宿の学士会館から青空寒風の皇...


3月10日

次々と送り込まれるゲラ校正に明け暮れる。 新曜社のゲラを直しているところに、大阪弁護士会の会報のロングインタビューのゲラ...


3月12日

山のようにたまった郵便物をかたっぱしから開封して、返事を書くものには返事を書き、棄てるものは棄てる。 旺文社から封筒が来...


3月12日

これまで共同歩調をとってきた英米のあいだに温度差が生じて、イラク攻撃をめぐる国際的な緊張が高まってきた。 イラクの保持す...


3月14日

一昨日の朝日新聞、最後の e-メール時評に、「節税はいかがなものか」という一文を寄せた。 「税金を払うのは愛国心の至純な...


3月15日

カリキュラム検討委員会で、「総文学生84人に聞きましたアンケート」の分析を行う。 アンケートの数値をどう読むかというのは...


3月17日

「教育トップ100校」必勝祈願委員会がある。 過去の文部省大学審議会関係の文書を読破し、「文部科学省は大学に何を望んでい...


3月19日

卒業式。 今年の合気道部の卒業生は院生二人だけである。(かなぴょんとヤベッチ) 快晴の卒業式日和。西宮の駅でヤベッチと一...


3月23日

神鍋高原での恒例の合気道の春季合宿も無事終了。 岸田汐主将、二年間オツトメご苦労さまでした。 来期からはウッキー=森川=...


3月25日

角川書店の『疲れすぎて・・・』の再校ゲラを締め切りぎりぎりで送稿。ただちに晶文社の『映画の構造分析』の初校ゲラにとりかか...


3月26日

西谷修・鵜飼哲・宇野邦一『アメリカ・宗教・戦争』を読む。 アメリカの政策決定や世論形成のプロセスは歴史的に形成された「病...


3月27日

書き忘れていたけれど、24日に医学書院の白石さんという編集者と「ステーキハウス国分」と「バーO2」を梯子した。 医学書院...


3月29日

東京の「中山読書会」(中山眞彦先生主宰)が「今月の一冊」に拙著『女は何を欲望するか?』をおとり上げになり、ついては著者を...


3月30日

懇親会でひさしぶりに佐々木さんらと痛飲後、学士会館に戻って爆睡。 すっかり春めいた学士会館の談話室で、同期会らしい八十翁...


3月31日

大学院聴講生の面接。 今年から男子も聴講可能になったということを先般からホームページで告知していたが、その宣伝の効あって...