BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBookMovieSeminarBudoPhotoArchivesProfile

« 2016年01月 | メイン | 2016年03月 »

2016年02月 アーカイブ

2016.02.01

Japan Times から

元駐日英国大使、コルタッチ氏が安倍政権の改憲志向に対してきびしい批判の言葉を向けている。これがたぶん世界の「常識」なのだと私は思う。

安倍の優先順位間違い。ヒュー・コルタッチ

安倍首相は日本をもういちど「普通の国」にしたいと繰り返し発言している。しかし、海外の日本観察者たちは別に日本を異常な国だとは見なしていない。すべての国は固有の歴史と伝統を持っており、過去に起きたことを抹消することも改変することもできないのである。

これまでも多くの指導者たちが歴史を書き換えようと企てて来た。しかし、その歴史的事実の解釈は、ひとにぎりの追随者たちを生み出すことはできても、長期的には失敗を宿命づけられた。擁護者たちがどう言い繕おうと、ヨセフ・スターリンや毛沢東のような邪悪な専制者の犯した罪は記録から抹消することはできないのである。

英国の奴隷貿易への関与はわが国の歴史の汚点である。後世の英国人が貿易を停止しようと努力したことは汚れをいくぶんかは落としたが、汚れを完全に消すことはできなかった。

日本を「普通の国」にするために安倍は戦後できた憲法を改定することが必要だと考えている。彼が九条の改訂だけで満足するつもりなのか、それとも他の条項、例えば天皇の地位についての変更まで試みるつもりなのかは、まだわからない。いずれにせよ「平和」憲法の改定は論争の的となるであろう。とりわけ時代遅れの神話や人権の軽視を含意する動きは激烈な反対を引き起こすはずである。

もし絶好のタイミングで選挙を行い、公明党の後援を得ることができれば、安倍は国民投票の発議に必要な国会議員の3分の2を達成する可能性がある。しかし、改憲についての国民的な支援を得られるであろうか?

英国人であるわれわれは国民投票というのがかなりの程度まで偶然に左右されるものであり、現代民主制を不安定にしかねない要素であることを知っている。
スコットランド独立をめぐる国民投票では、連合派の楽観とスコットランドナショナリストに対する大衆的支援の高まりによってあやうく独立派が勝つところだった。
国民投票は問題を解決しない。デヴィッド・キャメロン首相が不幸にも約束した国民投票も、英国のEU加盟という問題に恒久的な解決をもたらすことはないだろう。

日本における改憲についての国民投票はつよい情動的反応を引き起こすはずである。デモやカウンターデモが繰り返され、それが市民たちの衝突と社会不安を結果する可能性が高い。日本経済はそれによって影響をこうむり、国民は疲弊するだろう。アジアにおける安定的で平和なデモクラシーの国という日本のイメージが傷つけられることは避けられない。

改憲に対する中国と韓国の反応は敵対的なものになるだろう。日本の中国への投資はその影響を受けるし、対日貿易は悪化し、在留日本人の生活は脅かされることになる。
日本における改憲が実は何を意味するのかについては、アジア諸国でも、ヨーロッパでも、北米でも、問いが提起されるだろう。特にそれが日本のナショナリズムと領土回復主義のよみがえりではないかという不安は広まり、この不安は日本の歴史修正主義によってさらに強化されることになる。

安倍はこのような現実的なリスクに直面しながらも、なお改憲を押し進めることが最優先の課題だと本気で信じているのだろうか? 憲法文言の変更が彼の抱いている日本のヴィジョンにとって死活的に重要だということなのだろうか? 現在の日本が直面しているはるかに重要な課題が他にはないということなのだろうか?

彼の掲げた「三本の矢」にもかかわらず、経済は依然としてデフレと停滞から浮かび上がることができずにいる。経済の再構築と最活性化こそが第一の政治課題でなければならない。

日本は人口問題の危機に直面している。人口は高齢化し、かつ減少している。労働人口比率のこの減少は日本の成長と将来の繁栄にとって深刻な問題である。人口減から生じる経済社会的脅威をどう抑制するか、そのことの方が、瑕疵があると批判されてはいるけれど、現に70年近くにわたって日本の繁栄に資してきた憲法の条文をいじり回すことよりもはるかに重要なことではないのか。

2016年には日本が直面しなければならない大きな政治課題がいくつもある。
中国経済は年初から好材料がない。中国政府が経済を成長軌道に再び載せる手だてを持っているのかどうかはまったく不透明である。習近平主席は汚職摘発と分離派への弾圧を同時的に行っている。中国政府はこのような時期に日本から仮想的ではあれ脅威がもたらされるということになれば、それを利用して、国内のナショナリズムを煽り、中国の国内問題から国民の目を逸らそうとするだろう。

2016年はアメリカ大統領選挙の年である。日本政府はこれまで伝統的に共和党びいきであった。それは貿易問題において共和党の方がより信頼できたからである。しかし、もし共和党の大統領候補が予備選挙で勝ち、ポピュリストの支援を得て次期大統領になったら、かつてマイク・マンスフィールドが絶賛した日米関係はどうなるか?
トランプ大統領あるいはクルーズ大統領の思想はすべての海外のアメリカ観察者に激震を走らせるに違いない。日本政府の移民政策などはドナルド・トランプのそれに比べればはるかにリベラルである。そんなことより日本にとって重要なのは、トランプは日本が日本防衛に要するアメリカの全コストを負担することを要求している点である。トランプ大統領の命令下にアメリカチームが要求してくるこれらのコストをめぐる交渉の困難さに比べれば、普天間基地問題などものの数ではない。

英国もヨーロッパも過激な共和党大統領候補者のうちの誰かが指名を獲得し大統領になった場合に起こる諸問題に今から頭を悩ませている。しかし、他国だって苦しいのだということは日本にとっての慰めにはならない。とりあえず、英国は「憲法」改定問題というようなことに心を煩わせることがない。明文憲法がないのだから当然である。英国の「憲法」は議会によって何世紀にもわたって積み上げられてきた法律と先行事例の蓄積のことである。

日本はなぜ今そんなことのために時間と努力を浪費するのか? なぜ日本はこれほど多くの問題を抱えているにもかかわらず、それを後回しにするというリスクを冒すのか? 安倍は想像上の過去の中に暮らしているのだろうか? 
日本は英国と同じように、21世紀の世界の中で、その国力の漸減という状況と折り合ってゆかなければならないのである。
たしかに日本は今ならまだ世界に対して何ごとかをなしうる余力がある。けれども、その影響力と人口を絶えず失い続けているという事実を直視しなければならない。

2016.02.05

『もう一度村上春樹にご用心』韓国語版序文

こんにちは、みなさん。内田樹です。
このたび『もう一度、村上春樹にご用心』韓国語版が刊行されることになりました。次々と僕の本を翻訳出版してくださっている出版社・訳者の方々にお礼申し上げます。自分の書いた本が外国の読者に受け入れられるということはたいへん光栄なことです。

外交的にはいまだきびしい対立関係を残しながら、日本語で書かれた本がこうして韓国語に翻訳され、韓国の読者に読まれているということは、日韓両国の個人間でのたしかなコミュニケーションが成立しうるという事実を証明していると思います。「草の根」の相互理解は、定着するまでには手間はかかるけれども、ひとたび築かれれば、そのあとは政府の外交政策が変わろうと市場や景況が変わろうとも簡単には揺らぐことがありません。
この本がそのような日韓の連携を深めるための一石になればうれしいです。

本書とその主題について説明しておきます。
これは僕が村上春樹についてこれまで10年以上にわたってさまざまな媒体に書いてきたエッセイを集成したものです。体系的な記述ではありませんから、長さも文体もばらばらです。統一的な主題があるわけでもありませんし、全作品を網羅しているわけでもありません。そのときどきに自分の好きな作品の好きな箇所を好きな仕方で読んでみた。そういうものです。
そして、あらかじめお断わりしておきますが、これは村上春樹「研究」ではありません。僕は文学研究者として村上春樹を読んでいるわけではなく、一ファンとして読んでいます。ですから、客観的な視点とか、学術的な厳密性というようなものを期待されても困ります。
ファンというのは、偏愛する作家の書くものであれば、どんなものでも読みたいし、どんなものを読んでも面白く感じるものです。
村上春樹の書いたものでも、まだ韓国語に訳されていないものはたくさんあるはずです。『またたび浴びたタマ』(これは回文を集めたもの)とか『うさぎおいしーフランス人』(これは駄洒落ナンセンスかるた)とかはたぶん未訳でしょうし、これからも訳されないんじゃないかと思います。『走ることについて語る時にぼくの語ること』(これはランニング論)『意味がなければスイングはない』(これはジャズ論)など非―文学的な作品は、日本でも批評家や研究者はまったく取り上げません。
でも、僕はエッセイや紀行文や音楽論のような非-文学的なテクストも含めて村上春樹はトータルに読まれるべきだろうと思っています。というのも、村上春樹ほど自分の小説の書き方の技術を読者の前に率直に開示する作家は例外的だからです。
作品以外に「余技」として、華やかな私生活や場合によってはスキャンダルを「売り物」にして、知名度を上げるという戦略を採用している作家はおります。あるいはどうでもいいような身辺雑記(誰と飲んだ、何を食った、どこに旅した)を雑誌に書き散らしている作家もおります。でも、村上春樹の「小説以外のテクスト」の意味はそれとはまったく違います。それらはすべて「小説を書くために、小説を書いている以外の時間に何をしているのか」について書かれたものだからです。彼の書くものはある意味ではすべてが小説作品とその「解説」になっているように僕には思えます。
例えば、『走ることについて語る時にぼくの語ること』はアスリート村上春樹によるランニング論です。走り方、筋肉の作り方、シューズの選び方、ランニングのときに聴く音楽の選択、走るときのマインドセット・・・そういう純粋に技術的なことだけが書かれているわけですけれど、僕はこの本をきわめて正直に書かれた「小説論」として読みました。
小説を書くために必要な「力」とランニングのために必要な「力」は本質的なところで同じものだと村上春樹自身は考えている。これは僕の武道家としての確信です。
僕が経験的に言えることは、身体的なパフォーマンスを高めるというのは局所的に筋肉を強めたり、心肺機能を上げたり、あるいは「闘争心」を掻き立てるというような操作には限定されないということです。そうではなくて、心身のパフォーマンスが爆発的に開花するのは、外部にある強大な力、誤解を恐れずに言えば、超越的な力が正しく整えられた身体を経由して発動する、という経験です。そのとき、人間の身体はその超越的な力の通路になります。人間が発揮することのできる驚くべき力は人間の中に起源を持たないものです。自分の外部にある力が、自分の身体を通り抜けるとき、人間は「人間を超えた力」を実現する。人間を超える力の淵源は人間の外部にあります(当たり前ですけど)。「それ」を迎え入れ、制御し、発動させる、そのための技術知はあらゆる文明、あらゆる社会集団に伝えられています。例えば、武道はまさにそのような技術知の体系です。村上春樹はおそらく同じような技術知をランニングによって習得した。僕はそう感じました。すぐれたランナーはすぐれた作家と構造的にはほとんど同じことをしている、彼はそう直感したのだと思います。
自らをある種の「良導体」に仕上げることによって、外部の強大な力が抵抗に出会うことなく、自分の身体を通り抜けて発動することが可能になります。書くという行為を駆り立てているのも本来はそういう力だと僕は思います。書く人にとっての「外部から到来するもの」は、そう言いたければ「インスピレーション」と言ってもいいし、「霊感」と言ってもいいし、ソクラテスに倣って「ダイモニオス」と呼んでもいいし、ギリシャ神話の音楽・舞踏・文芸の神の名を借りて「ムーサ」と呼んでもいい。いずれにせよ、書くという行為もまた、他のさまざまな人間的営為と同じく、私たちの外部にある強い力を受け入れ、それをある限りの技術を以て制御し、人間世界において価値あるものに変換し、物質化するプロセスなのです
そして、この「何か」が自分の中を通り抜けてゆくプロセスほど人間を高揚させ、自由にしてくれる経験は他にないと僕は思っています。
村上春樹の小説以外のすべての行為は自らを良導体に仕上げるためのさまざまなタイプのエクササイズです。僕はそう理解しています。
そこで話が最初に戻りますが、こういう読み方をするためには、批評家的なスタンスにとどまるわけにはゆきません。回文も駄洒落もジャズ批評もランニング論も店舗経営論も自動車操縦についての知見も、村上春樹が書くものはすべて読み尽くすという態度が求められます。それが「ファン」という立場だと僕は思っています。
僕は別に村上春樹を文学史的に「正しく」位置づけたいとか、適切な評価を下したいと思っているわけではありません。はっきり言って、作家の文学史的ポジションにも格付けにもノーベル賞をもらうかどうかなどということに、僕はそれほど興味がないのです。
でも、僕は人間について知りたいことがあります。それは村上春樹が人間について知りたいと思っていることとかなりの部分まで重なっている。そして、そのような「関心の重なり」を感じる作家が他にはなかなか見出し難い。だから、僕は村上春樹を熱心に読み続けている。そういうことです。

韓国の熱心な村上ファンたちもたぶん僕と同じように、それぞれの個人的な関心から村上春樹を読んでいるだろうと思います。批評家は「こう読め」という指示をしたがりますが、ファンはどういう読み方をしても構わないと僕は思います。一般的な妥当性を放棄する代わりに、好きに読む自由を手に入れる、それがファンの立場だからです。
この本で僕はほんとうに好き放題な読み方をしています。もし韓国の読者の皆さんがこれを読んで、「なんだ、こんな好き勝手に本を読んでもいいのか」と思って、ちょっとほっとしてくれたら、僕としてはそれにまさる喜びはありません。

About 2016年02月

2016年02月 にブログ「内田樹の研究室」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは 2016年01月 です。

次のアーカイブは 2016年03月 です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。