2003年1月


Archives

1月3日

元旦は恒例の篠山の春日神社の「翁」で明ける。 観能ののち地元の芦屋神社に戻り、破魔矢を納めて、初詣。 家に戻ると午前四時...


1月4日

今日は鈴木晶先生とおじさん二人のバレエ鑑賞。 だしものはレニングラード国立バレエ団の『白鳥の湖』。 有楽町の都庁跡地に出...


1月7日

いよいよ仕事が始まったけれど、二週間授業して、定期試験で、あとは春休みである。やっほー。 夏休み冬休みは世間でもお休みの...


1月8日

終日原稿書き。角川書店の『疲れすぎて眠れぬ夜のために』(仮題)を書き上げる。 もともとは「語りおろし」という不思議な形式...


1月9日

昨日は下川先生のお稽古の「謡始め」。 『正尊』の「姉和」と『船弁慶』の独吟のところをがしがしと謡う。 社中のベテランたち...


1月12日

土曜は芦屋の稽古始めと鏡開き。 稽古のあと、我が家に集合して、シャンペンで乾杯ののち、ぜんざいを食し、雪中梅を御神酒に頂...


1月13日

爆睡から覚めて、ぼわっとしながら東京駅へ。 ゆうべの酔いが残っているので、東京駅で月見そばを啜る。 二日酔いの朝は、なぜ...


1月14日

忙しい一日。メールを読んで、返事を書いて、卒論と修論を読んでいるうちに半日が終わる。 『女性学』の最後の講義で、西宮のア...


1月15日

朝刊をひろげると朝日新聞の「e-メール時評」に自分の原稿が出ている。 読んでみると、ことばが一つ送った原稿と入れ替わって...


1月18日

センター試験初日。朝九時から夕方の六時まで、試験監督。 試験監督というのは、「そこにいる」というのが仕事であり、何もして...


1月19日

オフなので、終日原稿書き。 年末までに原稿を渡すはずだった角川書店の幸福論、新曜社の身体論、晶文社の映画論の直しがまだ終...


1月22日

ひさしぶりに暖かく快晴。少しぼおっと煙っていて、大阪湾が今日は見えない。 机の前をみあげると海が見えるというこのロケーシ...


1月22日

今日の夕刊に「センター試験二分遅れ『追試で救済』提案」という記事があった。 つい先日こちらもセンター試験の試験監督をした...


1月25日

引越先が決まる。 第一候補だった東芦屋町のマンション(かなぴょんの隣組)は行ってみたら、一階で、庭があるのはいいけれど、...


1月26日

休みが続くので、ハイペースで原稿書きを続ける。 まず角川書店の『疲れすぎて眠れぬ夜のために』(For a hard da...


1月30日

忙しい一日。 灘区役所に行って住民票と納税証明を取り、郵便局でベルギーのカナ姫に並木屋で忘れた毛皮のマフラーを送り、不動...