BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 会議を短くする方法について | メイン | 不適格教員からひとこと >>

2006年10月21日

学校のことは忘れて欲しい

平川くんがめずらしく教育について発言している。
その趣旨のすべてに私は賛成である。
一部を再録する。

中学校では問題児で、高校で落ちこぼれ、大学で教室に座っていた時間はほとんど無い俺にとって、教育について何か考えるというのは、盗人が人の道を語るような気恥ずかしさと後ろめたさがあって、まあ、できればスルーしたい話題である。
それでも、テレビも新聞も鬼の首でもとったように、嬉しそうに九州の教諭を叩き、教育現場の荒廃を憂うる図を見ていると、「素っ頓狂なこと言ってるんじゃねぇよ」と言いたくなる。
筑前では、同町役場にメールや電話が殺到、17日までに2500通を超えたそうである。
大半が町や不適切な言動をしたとされる元担任への抗議や中傷だという。
現場で実際に何が起こっていたのか、その空気は良くわからない。
だから、この元担任の教師を庇い立てするつもりはないけれど、彼に対する抗議や中傷こそがいじめっていうものではないのか。
多くの人が勘違いしているが、
いじめは正義感の欠如によって起こるのではない。
反対である。正義が多数と結びついたところに、いじめが起こるのである。
いじめが頻発しているような教育現場の荒廃があるから、「規範意識や情操を身につけた『美しい人づくり』」@安倍晋三が実現しないのではない。
反対である。
社会の規範意識や情操が希薄化しているから、教育の現場もそれを模倣するのである。

まったく間然するところのない指摘である。
平川くんと私は小学校のときにコンビの多動性の学習障害児であった。
さいわい私たちの担任であったT嶋先生は炯眼にも私と平川くんを隣同士に、かつ教卓のすぐ前の席に座らせておくという奇手を思いついた。
おかげで私と平川くんは相互に学習を妨害しあうというかたちでエネルギーを発散させ、余剰エネルギーが他の級友の身に及びそうになると先生は愛情のこもったヘッドロックやフルネルソンをかまして黙らせるという適切な処置を取ったので、級友たちの安寧は維持されたのである。
まことに行き届いた恩師であった。
その後も多動性の学習回避行動は癒えぬままに、気づいたら教師になってしまった私であるが、学校教育について自信をもって言えることは、平川くんと同じく、「学校教育の現場は社会における支配的イデオロギーが濃縮されたかたちで瀰漫する場所であり、子どもはその社会における支配的イデオロギーにもっとも深く浸潤された存在である」ということである。
もし理想的な教育を行おうとしたら、子どもをその社会における支配的なイデオロギー(それはしばしば教師や親をも共軛している)から隔離するか、あらゆるさまざまなイデオロギーや宗教や因習が共生できる理想的な社会を作るか、二つに一つしか方法はない。
もちろん学校の方が社会よりも小さいので、こちらをいじる方が話が早い。
それは学校を「ありうべき未来社会の萌芽形態」として先取りすることである。
つまり、「さまざまなイデオロギーがにこやかに共生する場所」とすることである。
教師たちの教育理念が異なり、教育方法が異なり、教育の達成目標が異なることが許容されている学校があれば、それこそが想像しうる最良の学校であろう。
理想的な教育というものがあるとすれば、それは「理想的な教育はありえない」という涼しい断念の上にしか築かれない。
過去35年、文部省、文科省が音頭をとって進めてきたすべての教育改革は失敗した。
これだけ失敗したら、文部官僚たちもいい加減学習してもよいのではないか。
それは「上からの斉一的な教育改革」という発想そのものが教育を破壊するという事実である。
考えてみればわかる。
「理想のたこ焼き」というものをつくり出したいとする。
あなたならどうします。
「理想的なたこ焼きレシピ」を衆知を集めて作成し、「理想的なたこ焼きマシン」を作成して、全国のたこ焼き屋に配布し、それ以外のたこ焼き作成を禁じ、全国津々浦々どこでも「同じ味のたこ焼き」が食べられるようになれば、それで日本の食文化の水準が上がったと誇らしげに言う人間がいるだろうか。
いるはずがない。
あらゆるところでレシピが違い、道具が違い、焼き加減が違い、トッピングが違い、値段が違い・・・という「でたらめさ」がたこ焼きの質的向上と不断のイノベーションを可能にしているということに誰でも気がつく。
どうして「たこ焼き」については「理想の単一のたこ焼き工程など存在しない」ということを国民のみなさんはにこやかにお認めになるのに、「人間」については、同じことをお認め頂けないのか?
私にはその理路がわからない。
人間もたこ焼きも一緒である。
「教育はどうすればもっとよくなるのか」という創意工夫を自分の責任において引き受ける人の数が増えれば増えるほど教育は「よくなる」。
当たり前のことである。
「ありうべき教育」がどのようなものであるかは「こちら」で決めるから、教師たちはそれに従うように、という教育行政のあり方そのものが教育をダメにするのである。
安倍内閣は仄聞するところでは教育改革にたいへん熱心であるらしい。
教育基本法を改定し、教師の資格制度を整備し、学習指導要領を緻密化し、教育委員会による教師たちの統制と支配を強化する・・・という施策は「ありうべきたこ焼き」を全国のたこ焼き屋に作らせるために、「たこ焼き基本法」を整備し、「たこ焼き士」認定制度を作り、「たこ焼き作成要領」を法整備し、「たこ焼き監視官」を全国に網羅的に配備して、「青のりの散布量が標準値よりも少ない」たこ焼き屋を摘発するのとまったく同じことである。
申し上げるけれど、そんなことに行政的なリソースを割くのは、税金をドブに棄てることに等しいであろう。
それによって教育が今より少しでもよい方向に行く可能性は限りなくゼロに近い(「ゼロである」と言い切れないのは、教育改革のあまりのばかばかしさに全国民が気づいて「もうこんなのやめようよ」と言い出す方向に棹さす可能性を否定できないからであるが)。
私は「教育はいかにあるべきかに」ついて首相官邸にいるどの政治家官僚よりも長い時間考えてきている。
これについては自信がある。
その私が言うのだから、信用して欲しい。
日本のたこ焼きのレベルを上げようと思ったら、たこ焼き屋に創意工夫をするフリーハンドを与えることが最良の方法である。
教育も同じである。
政治家と官僚たちは(ついでにメディアの諸君も)お願いだから学校のことは忘れて欲しい。
あなたがたが学校のことを忘れてくれたら、それだけで日本の教育はめざましい復活を遂げるであろう。
それは私がお約束する。

投稿者 uchida : 2006年10月21日 10:12

トラックバック

このリストは、次のエントリーを参照しています: 学校のことは忘れて欲しい:

» 不思議な敵意 from M17星雲の光と影
教壇に立っていると、時折不思議な敵意のようなものを感じることがある。最初の出会いの時からそれはなんとなく感じとれる。そういう信号を発している生徒は例外なく後の方... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月21日 14:10

» 『死んでもなおらない?』 10/21/06〆 from 【THE FOOL ON THE HILL】
追記:週刊新潮さんが亡くなった男の子の実名や元担任だった方の氏名と顔写真を掲載したそうですね。  また『すでに死んでいるからプライヴァシーを保護する必要性はな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月21日 16:39

» 「食育」とは何ぞや from ス ポ ガ ジ
出張で新幹線に乗ることが多い。 夕方から夜にかけての新幹線は憂鬱だ。 乗客の大半を占めるネクタイ族が発する匂いの凄まじいこと。 あちこちでビールやチューハ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月21日 22:43

» [時事評論]「世間」と「社中」(日本に「個人」がいるかどうか、「思想」はあるかどうかについての初歩的考察) from ピョートル4世の<孫の手>雑評
◇小泉政権についてのまとめやら日本思想史への発言やらをメモしてあるが、果たして書く機会はあるだろうか。 ◇ところで、ここ数日、何か借金苦の心中・身売り、いじめ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月22日 01:27

» 教育のイノベーションのためにバウチャーで市場原理を活用しようというのが安倍の教育改革では? from ▀▁▂▃▄▅▆▇█▉キタ━━(´◕ฺω◕ฺ`)✪ฺД✪ฺ)♉ฺA♉ฺ)☼Д☼)❝ฺ_❝ฺ)◉ฺ◉)&#
http://blog.tatsuru.com/archives/001961.php 中学校では問題児で、高校で落ちこぼれ、大学で教室に座っていた時間はほと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月22日 01:38

» 上を見るか下を見るかだと思う from 発声練習
内田樹の研究室: 学校のことは忘れて欲しいを読んで。 内田樹の研究室: 学校のことは忘れて欲しいは、いじめと正義の倒錯。 - カフェ・ヒラカワ店主軽薄 - 楽... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月22日 01:51

» [大蟻食!]僕の短所は忘れて欲しい from Oohの日記
文句が更新されておりました。文句そのものもたいへん長いけれど、大蟻食さんの回答も長い。内容が内容なだけに。 前半部分の小説と伝記の違いというお話については、そ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月22日 14:33

» 理想の単一の教育論なんて。 from 学房アジール
 内田樹さんのブログを読んでいたら、笑うに笑えない記事がありました。全面的に賛成 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月23日 02:13

» 理想のたこ焼き、理想の珈琲 from モノクロ珈琲
内田樹さんの学校のことは忘れて欲しいにでてくる理想のたこ焼きの話が面白い。もちろん、自分はたこ焼きの箇所を珈琲に自動変換して読んだ。「理想の珈琲」というものをつ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月23日 14:21

» 極個人的メモ20061023 from KQZ on authentic
週が明けたらなにかとアレだったので参考になるところらへんをまとめてみたりする。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月23日 18:30

» 安倍新内閣。 from ようちゃん2号の大部屋暮らし
総理就任の初演説って言うの…?…聞いてたらなんか「しっかりと」っていう言葉がよく出ていた。「しっかりと…」…何をするかよくわからんかった。自分が小学生のとき、生... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月23日 22:10

» 記号と意味、その意味の力を取り戻す社会とは from KAI_REPORT
長岡京市の児童虐待死問題で、親以上に逮捕すべきは、この子の命を救うことができた児童相談所の担当者ではないのか。児童相談所は、事件の数日前民生委員の通報を受けたに... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月24日 11:05

» [チラ裏]マスコミ教育ママ from O melhor lugar do mundo e´ aqui e agora
教育現場と医療現場から悲鳴とも思える声があがっている。 内田樹の研究室: 学校のことは忘れて欲しい 政治家と官僚たちは(ついでにメディアの諸君も)お願いだから... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月24日 12:01

» 税金対策について from 税金対策
税理士暦3年の27歳娘がお届けする、税金対策情報満載のHPです。より良い記事をアップしますので、宜しくお願い致します♪ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 14:58

» 昔の詩ですいませんが…。 from Blog de ぺけぽむ
内田樹先生のブログにトラックバックしています。ですが 触れるのは 後のほうなので そっちだけ読みたい方は下のほうまでスクロールしてください。大学時代につかってい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月31日 11:45

コメント

 中学では落ちこぼれ、...以下全て平川さまとおんなじの私としては、ついアハハハハ笑いが抑えられません。
 デモせんせ、あんなバッシングされたのに「学習障害」なんて単語またお使いになって。
...確信犯ですね。私もそんなナーバスになることがわかりません。
「学習障害」「人格障害」は いつからか考察や論考を受け付けない一種の「聖域」になっちゃったみたいですね。
親友が、カウンセラーに言われた「学習障害」を根拠に我が子に「あんたは普通の子じゃないから」周りには「うちの子は特別だから」っていいまくってるのを なんとか説得しようとしてるんだけどうまく伝えられません。一種のABUSEじゃないかな〜
だって私だって診断されてれば そう言われてたっぽいから。でも、彼女が その病名に何とか救われてるならしかたないのか。。。

病名をつけたら解決したような気になるなんて、何かヘンですよね〜〜
私は成人してなんとかつつがなく(?)社会生活してます。
どこよりおいしいタコヤキのオリジナルレシピも編み出してますし!!誰しも一面ある、学習障害っぽいとこ。生き延びられたらいーんじゃない??

 

投稿者 デボラ [TypeKey Profile Page] : 2006年10月21日 23:17

 中学では問題児、...以下全て平川さまとおんなじの私としては、ついアハハハハ笑いが抑えられません。
 デモせんせ、あんなバッシングされたのに「学習障害」なんて単語またお使いになって。また叱られちゃいますよ。
...確信犯ですね。私もそんなナーバスになることがわかりません。
「学習障害」「人格障害」は いつからか考察や論考を受け付けない一種の「聖域」になっちゃったみたいですね。
親友が、カウンセラーに言われた「学習障害」を根拠に我が子に「あんたは普通の子じゃないから」周りには「うちの子は特別だから」っていいまくってるのを なんとか説得しようとしてるんだけどうまく伝えられません。一種のABUSEじゃないかな〜
だって私だって診断されてれば そう言われてたっぽいから。でも、彼女が その病名に何とか救われてるならしかたないのか。。。

病名をつけたら解決したような気になるなんて、何かヘンですよね〜〜
私は成人してなんとかつつがなく(?)社会生活してます。
どこよりおいしいタコヤキのオリジナルレシピも編み出してますし!!誰しも一面ある、学習障害っぽいとこ。生き延びられたらいーんじゃない??

 

投稿者 デボラ [TypeKey Profile Page] : 2006年10月21日 23:23

なんで二回載るの〜〜?ゴメンナサイ〜〜

投稿者 デボラ [TypeKey Profile Page] : 2006年10月21日 23:25

 サラ〜〜っと読んだだけでコメントするのも気が退けるが、いじめが「正義」によって発生するって趣旨は大賛成。今の情勢の根源をなすポイントだと思う。
 学習障害についても共感をもった。あったまそれほど悪くないのにな〜〜〜〜って気持ちで、欲求不満のまま劣等性の青春を過ごしてきた。それ医学的にどんなものか良くしらないけど、知りたい気持ちが強くても物覚え悪いって子供にとっては、もしそのことを親とか家族が理解してくれれば、大いに励ましになることだろう。
 もっとも、その学習障害の語が一人歩きして、他者への同情の強制になるとしたらこれも駄目。全て、コメントも含めた今日のログの中で、論点が言いつくさせれている。
 一言だけ見解を言えば、生き延びられるって喜び以上に、この世に生を受けたことへの驚きと感謝の念に僕自身浸っているって実感がある。人の生くるは社会によるのみにあらず。
 人生ってものすごく面白い。

投稿者 about_601 [TypeKey Profile Page] : 2006年10月21日 23:39

ああ、全くもって賛成です。是非とも詰め込み教育を復活させるべきですね。義務教育で詰め込むべき最低限の内容をきちんと定め、それさえやっていれば後は教師の自由裁量に任せるのが一番良いでしょう。30人学級ができるだけの教師を雇う予算の確保が最大の課題でしょうか。

投稿者 れんじ [TypeKey Profile Page] : 2006年10月22日 01:01

ウチディエンヌのyinabaです。


私は、太っていることで、いじめられたり、
振られたりを繰り返してきました。


今回のいじめ事件に関してメディアに寄せられているコメントを見ても、「デブ」と言われて悩んでいる人が多いようです。


「痩せている=綺麗」といわれているこの時代には、ちょっとでも太っていると、罪悪感バリバリです(特に女性)。


社会的発言力のある人に
「ぽっちゃりでもいいじゃん!」と言ってもらうのが
いいような気がします・・・

けど、一応、女性に人気があるとされているキ○タ○が発言しても、奥様がスリムなので、効果ありません(と思う)・・・


日本の悩んでいるおデブちゃんたちをどうしたら救えるか?

私がモデルになればいいかな?と考えてみました。
(おこがましいかも)


『おデブでも、しあわせよ♪』


という生き方をして、あらゆる手段を使って、メディアで発言する。

イケメンをゲットして、楽しい仕事をして、ほんわかした家庭を作る・・・


どうかな?

内田先生の教え子さんの、田口亮子さんに少しだけお会いしたことがあるんですけど、とても聡明で、気働きのする素敵なお母様でした。

田口さんは、私と同じような体型(今違っていたらすみません)。

「あーいうお母さんになりたい!」と強く思いながら、帰宅の途につきました。

あと、今はみんな(は言いすぎですけど)、自分のことが精一杯で、人を褒めるということが昔より少なくなっているような気がします。


他国に比べて、日本の子どもは自己肯定している率が非常に少ないというデータを見ました。


だって、誰も褒めてくれないんだもん・・・・


そこで、夏休みの宿題の1つに、

『クラスのみんなのいいところを1つ書いて提出』

というのはいいんじゃないかな〜?と思いました。

そうすると、


デブで悩んでいた子は、
「丸くて一緒にいると安心する」と書かれて自信をもつ。

骨皮すじえもんと言われて悩んでいた子は(今は言われないかな?)、
「どんな服を着ても似合いそうでかっこいい!」と書かれて自信をもつ。


メガネザルと言われて悩んでいた子は、
「名越先生みたいでかっこいい!」と書かれて自信をもつ。

とかいろいろまだまだあると思うけど・・・

提出期限は、8月1日。

その後、担任がまとめて次の登校日の8月20日(今は無いところが多いみたいですね)に生徒に配る。

そうすると、始業式前に自殺してしまったり、暗い気持ちになったりする子が少しは減るような気がします。


いろいろ考えてみましたが、いかがですか?


投稿者 yinaba [TypeKey Profile Page] : 2006年10月25日 12:40

おじゃまします。

たびたびすみません。

「痩せている人が好み」の男の人って、
思っていたより少ないことが、わかりました。


私は、正職員より派遣やフリーター生活の方が
ずっと長いんですけど、その行く先々で
様々な職種の男の人たちに
女性の体型について質問をしてきました。


実は、男の人は、

『普通体型〜ぽっちゃり体型』好き

が多いというが判明!


それは、若い人、年配の人とも同じ。

ちょっとびっくりしました。

私は、メディアより現場の声を信じています。
(メディアも信じますが)


他の事でも「現場は大事」だと痛感することが
多々ありました。


ぽっちゃりでも堂々と生きていこう♪

投稿者 yinaba [TypeKey Profile Page] : 2006年10月26日 06:33

しつこくすみません。

内田先生、この場をお借りします。

田口亮子様、


私は、数年前に

『サンリオピューロランド』の件で
新宿でお会いしたY(ハンドルT)です。


田口さんは、お友達とご一緒でした。


あの時いただいた
『ロイズ』のチョコレートの味、
今でも舌が、脳が、身体が
覚えています。


そして、『よあけ』という絵本も、大事に読ませて
いただいております。


つらい時は、
「私にもよあけは絶対にくる」と
思いながら、ページをめくったり、
題名を見つめていました。


私がしたことは、ほんの少しのことなのに、
それの何倍もの素晴らしいものを
田口さんからいただきました。


本当にありがとうございました。

田口さんのメールアドレスが、パソコン変更などの
ために、どこかへ行ってしまったことが、
残念でなりません、。

またいつか、お会いできる日を
私は楽しみにしております。

投稿者 yinaba [TypeKey Profile Page] : 2006年10月27日 06:08

私の発言はこの場で不適切でしたでしょうか?

もしそうであれば、内田先生、IT秘書さん
削除してください。

投稿者 yinaba [TypeKey Profile Page] : 2006年10月29日 05:39

おじゃまします。


内田先生のこのコメント欄をごらんになっていらっしゃる
方は、どのくらいいらっしゃるのでしょうか?


今、私の心は苦しいです。

なぜなら、どなたからも反対意見、賛成意見、中立意見が
いただけないからなんです。

デブとか、痩せろとかの口撃のいじめが主でしたが、
無視(シカト)のいじめも経験しました。


なにか言われるのもつらいのですが、
無視されるのも、とてもつらかったです。


無視の方が、すこしつらかったかもしれません。

反対意見でもいいです。

どなたか書き込んでいただけないでしょうか?


よろしくお願い申し上げます。

yinaba

投稿者 yinaba [TypeKey Profile Page] : 2006年10月30日 04:15