BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 働くオフ日 | メイン | 江さんが来る >>

2006年10月15日

風邪ひいた

金曜の朝起きたら喉が痛い。
げ、風邪だ。
授業が一つに会議が三つあるので休むわけにゆかない。
げほげほと咳き込みながら大学へ。
げほげほとゼミをやってから私が議長をやる会議をひとつ終えて、大学の新施設についての委員会に出かける。
具合が悪いので、抑制がきかずにたいへんにストレートなものの言い方をしてしまう。
どうも具合が悪いと他人を不機嫌にすることに対する自制が効かなくなる。
ぐったり疲れて、これ以上他人を不快にしてはならぬので、教授会を逃げだして、家に戻る。
帰りに薬局に寄って「ルル」と「瑞糸」(しいたけ味のドリンク。まじ〜)を購入、ただちに服用後、パジャマに着替えて爆睡。
夜中にパジャマを三回着替える。
土曜の朝、12時間ほど寝たおかげで熱は少し下がっているが、喉の痛みと鼻水は止まらない。
朝から面接試験があるのでこれも休むわけにゆかない。
よろよろと大学へ行き、夕方までAO入試の志願者の面接をする。
AO(Admission Office) 方式というのは、一発入試ではなく、志願者と密なコンタクトを取り、能力適性を見きわめて、採否を決めるという、多少時間はかかるがミスマッチの少ない試験方式である。
秋季入試のいちばん最初のこのAOに志願してくる志願者は「ぜひとも神戸女学院大学に入りたい」と強く念じてくるわけなので、入学後の大学への適応のモチベーションが高いことが統計的に知られている。
今年はなかなか質の高い受験生ばかりで、その点はたいへんうれしいのであるが、採否を決するのがむずかしい。
面接試験をしているうちにだんだん熱が出てきて、頭がぼおっとしてくる。
試験を終えて、ばたばたと家に戻って、ルルを飲んで、パジャマに着替えて、再び爆睡。
6時に起き出して、下川先生のお宅に行く。
今日はお稽古ではなく(ほんとうはお稽古もあったのだが、とても稽古できる体調ではない)、ドクター佐藤と飯田先生の結婚を祝う下川先生ご夫妻主催の晩餐に私も呼ばれていたのである。
ご飯を食べてワインを飲んで、下川先生のお話を聴くだけなら、多少頭がくらくらしていても大丈夫である。
奥様手作りの美味しいご飯をぱくぱく食べてシャンペンワインなどを飲んでいるうちに、だんだんいい調子になってくる。
けらけら笑っているうちにあっというまに時間が経って、10時過ぎになる。
家に戻ってまたルルを飲んで寝る。
パジャマがどんどん洗濯かごに溜まってゆく。
敷き布団も毛布も汗で湿っているが、換えるのが面倒なので、そのまま潜り込んで寝てしまう。
日曜日はオフなので、昼過ぎまで寝ている。
喉の痛みがとれて、残る症状は鼻水だけとなる。
週明けまでに校正を二つ仕上げなければならない(らしい)が、起き出して仕事をする意欲がわかない。
とりあえず蒲団を干して、たまった洗濯物をじゃんじゃん洗って干してゆく。
寝ころんで『のだめカンタービレ』を1巻から15巻まで読む。
風邪を引いているときはマンガしか読めない。
それにしてもどうして鼻水というのはこれほど無尽蔵に出てくるのであろう。
だいたい、鼻水というのは何なのであろう。
なんとなく白血球の屍骸のような気もするが、これほど白血球が死んでしまって、私の身体の免疫体制が無事とも思えない。
あらゆる病症はそのせいで「何かができない」というしかたで治療として機能している。
骨が折れると痛いので、その部分は動かせない。だからはやく骨が接合する。
骨が折れても痛くないと、いつまでも骨がくっつかないから、そのうち身体がばらばらになってしまう。
風邪をひくのも、要するに「働き過ぎだから、すこし寝て休め」という身体からのメッセージである。
それはよろしい。
だが、わからないのは鼻水である。
鼻水が出ることで私は何を得るのか?

投稿者 uchida : 2006年10月15日 16:57

トラックバック

このリストは、次のエントリーを参照しています: 風邪ひいた:

» のだめカンタービレ:フジテレビ月9ドラマ。 from Beauty
のだめカンタービレがドラマになるみたいです。漫画は堀江さんのブログで知って、買ってみたら面白くてハマりました。ドラマは漫画のイメージが付いて回るので、どうなるか... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月16日 12:14

コメント

お大事に。

うがいはちゃんとされておられますか?
特に風邪のひきはじめの、やばい、と思ったタイミングのうがいは変なクスリよりも100倍効きますよ。
うがいをすると、そのまま本格的な風邪に移行せずに、次の日にまでは本調子に復活する事も多いですが、しないとそのまま突入してしまいます。

投稿者 KEN [TypeKey Profile Page] : 2006年10月15日 20:21

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BC%BB%E6%B0%B4
http://www.junglecity.com/pro/health/31.htm

とりあえず、病原菌、やその死骸を洗い流すために機能しているようですが、

>あらゆる病症はそのせいで「何かができない」というしかたで治療として機能している。

という文脈で、個人的な仮説を立てるならば、
鼻水だらだらだとやはりうっとうしいし、呼吸もしにくいので、それはそれで運動せずにまだ安静にしとけ、というメッセージとしては機能しているんじゃないでしょうか。


投稿者 KEN [TypeKey Profile Page] : 2006年10月15日 20:34

初めまして、いつも斬新な視点に刺激されております。

さて、喉の痛みを伴う風邪がひたひたと私の住む湘南でも流行っております。

風邪かなと思ったら、足浴をおすすめします。
1)固形物を食べることを控える。→どんな風邪であれ、まず胃腸を休める。
2)両足が入るたらいに足を入れることができるくらいの温度のお湯を半分ほど入れる。同時に、手の届くところに、やかんに湧かした熱湯を用意。
3)足を入れて、熱湯を少しずつ足す。
4)足がピンク色になるまで熱湯を足す。
5)さっと足を拭いて、さっと寝る。

これで、ガーっと汗をかいて、サーッと風邪が通り過ぎてくれます。

投稿者 nahenahe [TypeKey Profile Page] : 2006年10月16日 16:23


初めまして、いつも斬新な視点に刺激されております。

さて、喉の痛みを伴う風邪がひたひたと私の住む湘南でも流行っております。

風邪かなと思ったら、足浴をおすすめします。
1)固形物を食べることを控える。→どんな風邪であれ、まず胃腸を休める。
2)両足が入るたらいに足を入れることができるくらいの温度のお湯を半分ほど入れる。同時に、手の届くところに、やかんに湧かした熱湯を用意。
3)足を入れて、熱湯を少しずつ足す。
4)足がピンク色になるまで熱湯を足す。
5)さっと足を拭いて、さっと寝る。

これで、ガーっと汗をかいて、サーッと風邪が通り過ぎてくれます。

投稿者 nahenahe [TypeKey Profile Page] : 2006年10月16日 16:24

たしかにうがいも足湯もいいらしいですね。
ぼくは風邪のひきはじめには口内洗浄用のリステリンで深くうがいします。かなり殺菌力があるのか、のどや鼻の症状が悪化することは少ないです。
足湯に関しては野口晴哉氏の「整体入門」にも書いてありました。

投稿者 ichitaro [TypeKey Profile Page] : 2006年10月17日 11:20