BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 昼寝がしたい | メイン | 今日もたいへん忙しい >>

2006年08月16日

学習障害性ナショナリスト

小泉首相が任期最後のパフォーマンスとして靖国神社に参拝した。
首相の靖国参拝については、以前、『文藝春秋』のアンケートに書いた数行に私の意見は尽くされている。それを再録する。
「隣国と正常で友好的な外交関係を維持することは重要な国策の一つである。戦没者の慰霊も国民的統合のために重要な儀礼の一つである。
どちらが優先すべきかについての汎通的基準は存在しない。
為政者は複数のオプションのうちどれがもっとも多くの国益をもたらすかを比較考量して、そのつど定量的に判断すべきである。ことの正否を一義的に決する審級は存在しない。
『靖国に参拝することによって得られる国益』が『それによって損なわれる国益』よりも大であることについての首相の説明に得心がいけば私は靖国参拝を支持する。
私が首相の参拝を支持しないのは、自らが下した重大な政治判断の適切性を有権者に説得する努力を示さないからである。
自らの政治判断の適切性を有権者に論理的に説明する意欲がない(あるいは能力がない)政治家を支持する習慣を私は持たない。」
これが私のアンケートの回答である。
私が小泉首相に訊きたかったのは、「靖国参拝によって得られる国益」が「それによって損なわれる国益」よりも大であるという政治判断の根拠であった。
もちろん、彼はそれを私には教えてくれなかった(しかたがないので、私は反対したのである)。
それでも、私はたいがいの政治的主張については、頭ごなしにはねつけるよりも、私には思いつかなかったその理路を説明してもらうことの方に興味がある。
私が問題にしているのは、小泉純一郎個人のエモーションの純良さやその憂国の至情ではない。
どのような政治的効果をめざして、どのような政治的文脈の中でその行為を選択したのかについての「説明」だけを求めたのである。
もちろん、ある政治的行為を選んだ理由を決して説明しないということも一つの政治的行為である。そこまで含んでの政治的効果を狙っているということもありうる。
その場合は、「説明がなされない政治的行為」はなぜ説明がなされなかったのかについて考えなければならない。
それをずっと考えてきたのだけれど、小泉首相が東アジアとの外交関係を有利に展開するためにどのような深慮遠謀があったのか、ついに私にはわからないまま彼はその任期を終えようとしている。
メディアによると、「中韓に対して強い態度で臨むという外交オプションがありうることを示した」点が評価されている。
けれども、その評価は「中韓に対して強い態度で臨んだことによって獲得された外交的得点」と「それによって逸失された外交的失点」の貸借対照表を吟味する仕事につながらなければ無意味である。
政策ごとに獲得され逸失される「国益」の多寡を計量することはたしかに困難であるだろう。
けれども、この知的負荷の大きい仕事を率先して引き受けることが政治家や政治学者たちの責務ではないのか。
私は為政者が「ナショナリストのようにふるまう」ことはマヌーヴァーとしてしばしば有用であることを認める。
けれども為政者が「ナショナリストである」を喜ばない。
それは、ナショナリズムがほとんどの場合、知性の活動を低下させるからである。
若い人たちがナショナリズムに親和的になる理由の過半は、ナショナリストであることはそうでないことよりも政治的問題について考えるときの知的負荷が少ないからである。
ナショナリストと議論して誰でも気づくことは、彼らが固有名詞や年号やデータ的数値に総じて詳しいことである。
どうでもいいような法律条文やら誰も知らないような歴史的事実を持ち出してきて、「お前はこんなことも知らないで議論をしているのか(そんな人間には議論に参加する資格そのものがない)」というのは(洋の東西を問わず)ナショナリストの常套手段である。
固有名詞や数値に詳しいのは(政治学者や社会学者の場合もそうだが)、スキームがもう出来上がっている人間の特徴である。
「容れ物」の外郭が固定されると、人間はトリヴィアルな情報をいくらでも詰め込むことができる。
どのような新しいデータが入力されても、スキームそのものが変化する可能性がないという見通しが立ったときに人間は異様に記憶力がよくなるのである。
興味深いことに、これは非言語性学習障害の病像にも通じている。
非言語性学習障害の子どもはしばしば情報や事実の丸暗記(野球選手の生涯打率とか恐竜の名前と棲息期間とか)にすぐれている。
その代償に、彼らは「つじつまの合わないことを受け容れる能力」と「ユーモアを理解する能力」に大きな欠損を抱える。
つまり、自分が現在その枠組みに基づいて世界を見ている枠組みそのものの有効性・妥当性を疑わせる情報を受容できないという無能力が、トリヴィアルな情報をためこみ、それを即時に取り出す卓抜な能力とトレードオフされているのである。
スキームを固定化してそこに情報を詰め込むこの知的傾向は、現在の日本の若年層に広く見られる。
もちろん、わが国のナショナリズムを怒声で批判する隣国のナショナリストたちの多くもその知性の不活発ぶりでは本邦の諸君と変わらない。
「学習」とは本来学習する枠組みそのものが学習の過程で解体再生を繰り返すダイナミックな過程である。
学習を通じて学習の枠組みそのものには変化が生じない場合、それは「学習」とは言われない。
そのような傾向はやはりDSM−IVに基づいて「学習障害」的傾向と呼ぶべきだろうと私は思う。
もう一度繰り返すが、「ナショナリストのようにふるまうこと」はしばしば高度の知的緊張を要求する。だが、「ナショナリストであること」は特段の知的負荷を課さない。
特段の知的負荷を課さない知的活動を優先的に選択する知性は「あまり知性的ではない」と私は判断することにしている。
私は「マヌーヴァーとしてナショナリストのようにふるまう為政者」の狡知を愛するが、「本気でナショナリストである為政者」の知的怠惰は評価しない。
私は小泉純一郎を「狡猾な政治家」だと信じたいと思ってきたが、五年にわたるその期待はどうやら報われぬものだったようである。

投稿者 uchida : 2006年08月16日 11:12

トラックバック

このリストは、次のエントリーを参照しています: 学習障害性ナショナリスト:

» 『へいわヘイワと繰りかえし唱えてみる』 08/16/06〆 from 【THE FOOL ON THE HILL】
追記:“やはりDSM〓IVに基づいて「学習障害」的傾向と呼ぶべきだろう”ってウチダ先生、どこまで本気なんだろう。まあ、あの人の靖国参拝にいちいち悲憤慷慨したり欣... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月16日 14:35

» 例えばドイツで首相がヒトラーを含む聖堂を参拝したら? from 今日、考えたこと
 そんなことはドイツでは許されないだろうが、ドイツ国家のために戦争で死んだ兵士を祀るための聖堂があり、その祀られる人のリストにヒトラーやゲッペルスが加えられたと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月16日 16:07

» ネット上での靖国神社参拝についての反応 from サインのあるほうへ
宇多田ヒカルさんの日記では、小泉首相が靖国神社に参拝したことがふれられているし、 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月16日 16:17

» リアクション from ス ポ ガ ジ
首相のラストパフォーマンスに合わせて 新しいエントリーをあげてみたら 亀田世界戦のときの1/10のリアクション。 大丈夫か、この国。 おまけに見... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月16日 22:04

» 神の国の人ですもの<前編> from ス ポ ガ ジ
はじめに。 何も知らない、それでいて勉強もしない、 ごく限られたメディアの情報や、首相の短いキャッチフレーズに反応して 「洗練されたナショナリスト」を気取... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月16日 22:07

» 『私家版・ユダヤ文化論』内田樹・著 from 切込隊長BLOG(ブログ)
 文学界で連載していたのを飛び飛びで読んでた内容が、新書でまとまったと聞いて買ってきた。ちなみに、ついでに買ったのは『貧相ですが、何... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月16日 22:15

» コイズミさんは○○ from 山梨臨床心理と武術の研究所
 内田樹先生が、ついに言っちゃった。小泉首相は「学習障害」だと。 学習障害性ナシ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月17日 00:39

» その時歴史は動いた from 無関係な死
今年も夏がやってきた。毎年この時期には各所で祭りが行われる。しかし東京に限って言えば、皆がこぞって参加する大規模な祭りはこれといってなかった。所謂花火イベントく... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月17日 14:44

» 新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論 from Shoulder.jp
新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論 先日、8/15に小泉首相が靖国神社に参... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月18日 09:06

» 論理の破綻 from Y日記、イラスト
学習障害性ナショナリストより (以下引用)ナショナリズムがほとんどの場合、知性の活動を低下させるからである。 若い人たちがナショナリズムに親和的になる理... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月18日 21:20

» 侠客の人、小泉純一郎 from M17星雲の光と影
小泉首相の任期があとわずかとなった。後世の人間がこの首相の評価を行う時、まず首をひねるのは「こんなに業績が低いのに、なぜこれほど支持率が高いのだろう」ということ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月19日 12:29

» 「学習障害性ナショナリスト」という悪質な疑似科学的与太話について from Marehitoの溺れる魚は鳥かもしれない
■ラカンはどこにいる? 内田氏の「学習障害性ナショナリズム」というエントリーが悪質なのは、政治的プロパガンダにすぎないものを、あたかも「客観的」で「科学的」な... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月19日 12:58

» 「闘う政治家」に「宣戦布告」? from 巷間哲学者の部屋
 次期総裁候補の筆頭と目されている安倍晋三さんの著書、『美しい国へ』を読みました [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月10日 19:11

» デフレーションと愛国思想の台等 from 暗闇の海底でみる夢〜哲学の断想集〜
書く頻度は、落とす。すこし勉強したいことができた。デフレーションと愛国思想の関係について思うことを書こう。気がつくとタイトルと関係ない文章を書いていた。愛国思... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月25日 02:38

» Tramadol from Tramadol
Tramadol dosage of ultram tramadol used for addiction tramadol withdrawal drug t... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月25日 22:41

» Tramadol 50mg from Tramadol 50mg
Tramadol 50mg cheap tramadol online book guest tramadol tramadol addiction ultra... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月26日 01:42

» Pfizer viagra from Pfizer viagra
Pfizer viagra cialis compare levitra viagra viagra erection buying viagra viagra... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月26日 21:06

» brunettes from brunettes sex
brunettes brunettes brunettes brunettes brunettes brunettesbrunettes barvynyz [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月26日 21:50

» Purchase viagra from Purchase viagra
Purchase viagra cialis generic viagra viagra erection viagra erection buying via... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月26日 23:24

» porn from porn
porn porn porn porn porn porn porn porn porn porn porn bevptyci [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月26日 23:42

» lesbian from lesbian sex
lesbian sex lesbian sex lesbian sex lesbian sex lesbian sex yygfxstys [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 01:35

» bbandt online banking from bbandt online banking
bbandt online banking bbandt online banking bbandt online banking hslvsjii [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 07:02

» Viagra price from Viagra price
Viagra price viagra alternative pfizer viagra viagra alternative limbaugh viagra... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 08:26

» gmac auto financing from gmac auto financing
gmac auto financing gmac auto financing gmac auto financing bmxghaotks [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 10:02

» Viagra sale online from Viagra sale online
Viagra sale online viagra viagra alternative viagra price free viagra sample lux... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 10:21

» xanax from xanax
Xanax buy xanax xanax and pregnancy xanax alcohol how long does xanax stay in yo... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 12:13

» Xanax abuse from Xanax abuse
Xanax abuse generic xanax xanax online buy xanax xanax online gwasljbj [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 13:48

» well fargo online banking from well fargo online banking
well fargo online banking well fargo online banking well fargo online banking au... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 14:37

» commercial mortgage calculator from commercial mortgage calculator
commercial mortgage calculator commercial mortgage calculator commercial mortgag... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 15:52

» Xanax dosage from Xanax dosage
Xanax dosage 4.21 online xanax 4.21 online xanax diet pill xanax snorting xanax ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 16:29

» owner financing home from owner financing home
owner financing home owner financing home owner financing home xammfvxajtm [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 20:06

» 50 year mortgage calculator from 50 year mortgage calculator
50 year mortgage calculator ktxusvlgmw [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 21:54

» allegra d side effects from allegra d side effects
allegra d side effects iykwvlbzq [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 21:59

» buy xanax from Mauglie Blog
Mauglie Excerpt [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 00:10

» annual travel insurance from annual travel insurance
annual travel insurance annual travel insurance annual travel insurance mkhcfcpb... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 09:58

» casualty insurance online from casualty insurance online
casualty insurance online casualty insurance online casualty insurance online wf... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 11:35

» buy phentermine from buy phentermine
buy phentermine riewcemvw [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 11:51

» buy tramadol from buy tramadol
buy tramadol kpdvmyu [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 13:51

» debt consolidation loan from debt consolidation loan
debt consolidation loan debt consolidation loan debt consolidation loan giglsxju... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 14:18

» debt consolidation program from debt consolidation program
debt consolidation program debt consolidation program debt consolidation program... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 15:19

» buy viagra from buy viagra
buy viagra wgtviuyi [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 16:38

» free debt consolidation from free debt consolidation
free debt consolidation koitstho [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 18:15

» cheap phentermine from cheap phentermine
cheap phentermine impolxk [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 18:22

» online debt consolidation from online debt consolidation
online debt consolidation online debt consolidation online debt consolidation wl... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 19:17

» unsecured debt consolidation loan from unsecured debt consolidation loan
unsecured debt consolidation loan unsecured debt consolidation loan unsecured de... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 20:15

» female viagra from female viagra
female viagra sdbboatnjk [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 21:19

» debt consolidation services from debt consolidation services
debt consolidation services debt consolidation services debt consolidation servi... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 21:19

» generic valium from generic valium
generic valium ogsnwmnnao [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 22:47

» finance personal suntrust from finance personal suntrust
finance personal suntrust finance personal suntrust finance personal suntrust sk... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 22:51

» personal finance banking from personal finance banking
personal finance banking personal finance banking personal finance banking csuiy... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 01:57

» order tramadol from order tramadol
order tramadol gjqqenbaqka [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 02:43

» bad credit finance loan personal from bad credit finance loan personal
bad credit finance loan personal bad credit finance loan personal bad credit fin... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 03:33

» order valium from order valium
order valium ksiueiqcus [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 04:35

» personal finance investing from personal finance investing
personal finance investing personal finance investing personal finance investing... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 04:51

» debt consolidation from debt consolidation
debt consolidation debt consolidation debt consolidation rhsyrwczwk [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 06:14

» pic asian from pic asian
pic asian pic asian pic asian pic asian pic asian pic asian pic asian hodzlhfqu [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 07:05

» dating from dating
Links to dating sites [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 07:19

» pic sex from pic sex
pic sex pic sex pic sex pic sex pic sex pic sex pic sex pic sex uynxqocxe [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 08:29

» viagra doctor from viagra doctor
viagra doctor viagra doctor viagra doctor viagra doctor viagra doctor hhwtaneqf... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 10:05

» tramadol online from tramadol online
tramadol online amurzkwm [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 10:08

» hardcore movie from hardcore movie
hardcore moviehardcore moviehardcore movie hardcore movie hardcore movie hardcor... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 12:42

» valium online from valium online
valium online sjjjzmy [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 13:37

» amateur from amateur
amateur krliqo [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 15:06

» viagra sample from viagra sample
viagra sample ytnkkvtxu [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 18:29

» sex video from sex video
sex video sex video sex video jejojjim [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 21:25

» buy viagra from buy viagra
buy viagra buy viagra buy viagra buy viagra buy viagra qilhihs [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月30日 03:08

» blowjob sex from blowjob sex
blowjob sex blowjob sex blowjob sex blowjob sex blowjob sex blowjob sex ondazkv... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月30日 05:03

» viagra online from viagra online
viagra online vashitoby [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月01日 09:14

» porn dvd from porn dvd
porn dvd porn dvd porn dvd porn dvd porn dvd porn dvd porn dvd aszzkmxrcwa [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月01日 09:48

» viagra sale online from viagra sale online
viagra sale online iyrmipw [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月01日 10:16

» porn from porn
porn porn porn porn porn porn porn porn porn porn porn porn rogrhbyo [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月01日 10:35

» viagra sample from viagra sample
viagra sample uqjquvx [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月01日 11:15

» porn clip from porn clip
porn clip porn clip porn clip porn clip porn clip porn clip bvoigizede [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月01日 17:23

» cialis side effects from cialis side effects
cialis side effects vuicusyy [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月01日 18:11

コメント

 内田先生、最近「ユダヤ文化論」を大変興味深く読ませて頂きました。
 さて、本日の日記についてですが、私は、「スキームを固定化してそこに情報を詰め込む知的傾向」こそ、票を獲得する政治家が有する資質だと思うのです。「容れ物の外郭が固定され」ないこと、「枠組みそのものの有効性・妥当性を疑」うことに、多くの人々は大変な不安・不信を感じるようです。これは私の職場でも日常観察可能な現象です。小泉首相は首相であるが故に、「本気でナショナリストである為政者」であることに間違いないと思います。
 養老猛先生が語るように、身体こそ個性であって、脳が共通了解を求めるからこそ、「スキームの固定」された演説が多くの人々にとって居心地がいいのかも知れません。あるいは、内田先生が語るように、「不快な経験の反復は不快を上回る快を提供している」からこそ、「スキームの固定」が好まれるのかも知れません。
 いつの頃からか私も、「本来の学習」の成果を職場で語ることは控えるようになりました。

投稿者 Commu [TypeKey Profile Page] : 2006年08月16日 16:11

>「靖国参拝によって得られる国益」

「靖国というコントローラー」
http://blog.tatsuru.com/archives/001171.php
これを次の首相に受け継ぐ、というのも国益でしょ。

別にこれに限らず「論理的に説明」することで失われる implicit な利得というものが存在する、という事実は、内田さん御自身の学問の土台とも非常に整合的ではないでせうか。(そしてそれをも取り扱う事が前提とされ評価の対象となるというのが正に政治家と官僚を分けるポイントなのでは。)

分かってあえて馬鹿な左翼みたいな硬直的な事いってるんですよね?
そうじゃなきゃ御自身が「自分が現在その枠組みに基づいて世界を見ている枠組みそのものの有効性・妥当性を疑わせる情報を受容できない」状態に陥ってないか心配。

投稿者 k [TypeKey Profile Page] : 2006年08月16日 19:05

こんばんは、樹さま。
カーラ・ブルーニを聴きながらアイロンをかけるニコルです。

>スキームを固定化してそこに情報を詰め込むこの知的傾向は、現在の日本の若年層に広く見られる。

どういうところから「若年層」に多いと言われるのでしょうか?若年層に限らず、日本人は(外国のかたがそうであるならば、人間というものはとなるのかな?)スキームを固定化したがる傾向があるように思います。

樹さまが小泉純一郎に期待されたのは、ゴルビーのような政治家なのではないでしょうか?

投稿者 ニコル [TypeKey Profile Page] : 2006年08月16日 21:47

以前から思っていたことなのですが、小泉首相はメディアに対してしかものを言っていないのではないかと思うのです。自分の意見、というより国の意見を、ぼくに説明するというリは、メディアに説明している。もちろん、ぼくが見聞きできるものはメディアによって編集されているものですので、それだけで判断することはできないのですが。(おそらくメディアは、[小泉 対 メディア]という構図をわかりやすく視聴者に伝えたほうが、自分たちががんばっている感じを表現しやすいから、なるべくそういう構造にもっていくのだろうと思います)
今回、小泉首相は参拝後のインタビューで、『結局、15日じゃなくても、16日でも、いつ行っても批判するものは出る』ということをおっしゃってましたが、はたして、靖国参拝という出来事に対して、そのようなことを言う意味がどれだけあるのでしょうか。日本のメディアや日本人の発言者が批判することは置いておくとしても、他の国家が公的に批判していることに対しての説明を、『○○(他の国家)とは今後も友好な関係を築いていこうと思っている』程度の発言で済ませて仕舞うということが、ちょっと怖いです。また、もし、その部分について、メディアではなく個人に対してちゃんと説明しているにもかかわらず、それが編集によってカットされているのだとすれば、メディアの責任は重大です。

ここ数年、ちゃんと説明しなければならないはずの人の声が、どんどん届かなくなっている気がします。発言者がメディアの向こう側にいる具体的な人(ぼく)にではなく、メディアそのもに対して発言しているような気がするのです。もしかすると、メディアが発言者に対して、そういう質問しかしなくなった、ということもあると思います。つまり、メディアが、自分たち自身のために質問し、編集しているのではないか、と感じるのです。

投稿者 Bon [TypeKey Profile Page] : 2006年08月17日 13:00

学習障害?なんでそうやって安易に言葉を使うのかなぁ。
小泉に対してはともかく、本当の学習障害者に失礼だろう。
養老の悪影響なのか、
(あの人も「自閉症」とか良く知りもしないくせに引き合いに出すよな)
現代思想系の人特有の「知の欺瞞」的悪癖なのか。
ナショナリストの知的怠慢とか言ってるが、
内田先生の知的誠実さというのは実証性や科学性を尊重するより、
思いつきや思い込みをもっともらしく見せかけるためのレトリックを磨くことなのかね。
保守主義ぶる「狡猾さ」は宮台某にそっくり。

投稿者 世界共和国屁 [TypeKey Profile Page] : 2006年08月17日 18:30

内田先生の、「国益」という時間的にもまた立場によっても変わりうる概念を判断の基準におかれている点、
先生らしからぬ言説と不思議に思っております。
またわたしは小泉首相の自らの政治判断の適切性を有権者に論理的に説明する「意欲」を認めますし、その説明にある程度得心がいきます。
むしろ首相の参拝を反対される方々の説明に得心がいきません。

投稿者 T.N.生 [TypeKey Profile Page] : 2006年08月18日 00:38

 8.16付日記に関連してもうひとこと。
 日常生活に違和感をもって言葉の外側に出てみると、言葉の外側には、違和感を説明する言葉がない。試しに実感を語ってみると、言葉の内側に止まる人々から反論される。ここで内側の人々に、歴史(時間)と常識(多数派)と言葉が強い味方になっている・・・。どこで読んだかは忘れましたが。
 内田先生はこの状態を、「ナショナリストと議論して誰でも気づくことは、彼らが固有名詞や年号やデータ的数値に総じて詳しいことである」として言い当てているんだと思います。8.16宛コメントも、反論は言葉の内側からが多いですね。
 外側にいて、「馬鹿な左翼みたい(k 氏コメントより)」にならないためには、どうすればいいのでしょう?合気道や麻雀や家事が大事なのかな。内田先生、どなたでも御教示下さい。

投稿者 Commu [TypeKey Profile Page] : 2006年08月18日 09:47

残念ながら、世界共和国屁さんのおっしゃることに共感できてしまう部分が多いエントリでした。
ひらたく言うと、「ナショナリストって硬直的な発想しかできない馬鹿だよね、小泉首相というのは、単なるナショナリストで馬鹿な政治家だと思う」、という内容で、後半は修辞、レトリックをはずすとそれ以上の内容はないと思いました。
たしかに、ナショナリストというのは、阪神ファン(失礼なのは承知で)と同じで、あまり知的レベルが高くないひとでも、それなりのウンチク理論の口上を述べることが可能だと思います。おそらく、決定的に欠落しやすい要素は「自己批判」「自己を省みる」「自分に不利になるものでも理性的に受け入れる」という思考回路で、国家という一番自己がゆるい関わりで所属する組織を持ち上げることで、自己も持ち上げられるという自己愛、自己肯定がその根本にある。このあたりの短絡性がいわゆる進歩した文化人に馬鹿にされやすいんだと思うし、彼らが馬鹿にするのも、まあそのとおりだろうな、と思うわけです。
しかし、一方で同時に短絡的なのは、今回の内田先生のエントリに見られるような言説、つまりかなり典型的なレッテル貼り批判であり、このような個別の問題で己のスタンスと違う、ナショナリズム的な問題をすべて、馬鹿なナショナリストの振る舞いという大雑把なバスケットにほうりこんで、馬鹿なんだから仕方ないよと切り捨ててしまう行為です。

結局
>メディアによると、「中韓に対して強い態度で臨むという外交オプションがありうることを示した」点が評価されている。
けれども、その評価は「中韓に対して強い態度で臨んだことによって獲得された外交的得点」と「それによって逸失された外交的失点」の貸借対照表を吟味する仕事につながらなければ無意味である。政策ごとに獲得され逸失される「国益」の多寡を計量することはたしかに困難であるだろう。けれども、この知的負荷の大きい仕事を率先して引き受けることが政治家や政治学者たちの責務ではないのか。

この部分だけが、なるだけ秤にかけて問題を吟味しようとしている唯一の箇所なのですが、非常に弱いですね。
上の引用でいえば、小泉首相は「中韓に対して強い態度で臨んだことによって獲得された外交的得点」のほうが高いと評価しており、実際にそう発言しており、実際にそのように行動に移しているわけです。

ここで、内田先生が、>けれども、この知的負荷の大きい仕事を率先して引き受けることが政治家や政治学者たちの責務ではないのか。
とその知的負荷の大きい仕事を政治家や政治学者にまる投げしてしまって、こういうブログのエントリで、ではご自身はどのように「国益」の多寡を計量なされるのか?、我々にその一端でも披露していただけなかったのは残念です。

投稿者 KEN [TypeKey Profile Page] : 2006年08月18日 13:28

実際に、
>けれども、この知的負荷の大きい仕事を率先して引き受けることが政治家や政治学者たちの責務ではないのか。

ここがなぜ「学者」「知識人」でなくて、「政治家」「政治学者」と書いてあるのか?そこがわからないわけです。

>固有名詞や数値に詳しいのは(政治学者や社会学者の場合もそうだが)、スキームがもう出来上がっている人間の特徴である。「容れ物」の外郭が固定されると、人間はトリヴィアルな情報をいくらでも詰め込むことができる。

つまり、学習障害論につながる前提として、政治学者の武器になりうるトリビアはスキームの中の単なる詰めものにすぎず、本質ではないと断じておられるわけで、それならば、そのトリビア抜きで現代思想化としての内田樹先生によるこの知的負荷の大きい仕事をしていただきたいと思うわけです。

投稿者 KEN [TypeKey Profile Page] : 2006年08月18日 13:52

内田さんのお話は好きですが、ここで学習障害を安易に引き合いに出されたことによって、せっかくのお話が・・・

学習障害の理解は、非常に難しいことなので(だって、脳の機能については、本当のところ、まだまだわからないところだらけなんで)

脳の機能と関係する、学習障害となれば、(ここで言われている非言語性などもそうですが)それこそ、その人によっての学習障害の状態が多様すぎて、ここで安易に引き合いに出される話じゃないと思うんですよね・・

しかも、首相の靖国参拝の話しに引き合いに出されるとは・・・

投稿者 subaru [TypeKey Profile Page] : 2006年08月19日 19:16

「『学習』とは本来学習する枠組みそのものが学習の過程で解体再生を繰り返すダイナミックな過程である。」
沖縄空手の本を読んでいて、「広めるより深めろ」という語に当った時、とても励みになったことを思い出しました。

投稿者 daiaku [TypeKey Profile Page] : 2006年08月19日 20:46

初めまして。
先生のお話は興味深く、時々拝見させて頂いております。

今回、「非言語性学習障害」という言葉が出てきたので、驚きました。
私は、非言語性学習障害者です。
思わぬ状況にうまく対応できない私は、このエントリーにどうコメントすればいいのかわかりません。
ただ、当事者も読んでいるということを知っておいて頂きたく(当然、当事者も見ている可能性があるのは私が書くまでもなくおわかりでしょうが)、書き込みさせて頂きました。

なお、非言語性学習障害の説明の中で
「…情報を受容できないという無能力が」
という表現をされておられますが、できましたら、
「…情報を受容する能力が弱いために」
もしくはせめて
「…情報を受容する能力が欠如しているために」
等の表現に替えて頂きたく思います。
「無能力」という表現をされたことに、多少ショックを感じました。

投稿者 field [TypeKey Profile Page] : 2006年08月20日 18:10

先ほどの、非言語性学習障害当事者です。
「そのような傾向はやはりDSM−IVに基づいて「学習障害」的傾向と呼ぶべきだろうと私は思う」
というのを読んでしっくり来ない部分があったのですが、落ち着いて考えてみました。
もしかしたら先生は、「学習障害」と「発達障害」を混同されていらっしゃるのではないでしょうか?

先生は総理の「学習」能力に問題があるということで「学習障害」ということばに結び付けられたのかもしれませんが、考えてみれば、「『つじつまの合わないことを受け容れる能力』と『ユーモアを理解する能力』に大きな欠損を抱えているのは、学習障害者ではなく、発達障害者です。
確かに、両方の障害を併せ持っている場合が多いのですが(私も発達障害も併せ持っています)、症状は別物です。

DMS-VIによる学習障害の定義は、
・読字障害(流暢に話せても文字が読めない)
・算数障害(計算が出来ない等)
・書字表出障害(文字を書くことに困難がある)
の3つのようで、非言語性学習障害については書かれていないようです。
(私が不勉強で見落としていましたら申し訳ありません。)

なお、DMS-VIには書かれていませんが、非言語性学習障害としては、
・位置感覚、方向感覚などの視空間認知に弱さがある。
・身体の協調運動に障害があり、不器用で日常生活動作がスムーズにいかない。
・算数の量的理解、図形の問題の理解が困難なことが多い。
・体育、図工が苦手。
・人との関わりが不器用で社会的不適応を起こしやすい。
というのがあるようですが、これも、先生が総理に対して書かれたことにはそぐわないように思われます。

こちらのエントリーを読まれた方に学習障害者に対する誤解が起こらないよう、恐れ入りますが、ご確認お願い致します。

投稿者 field [TypeKey Profile Page] : 2006年08月20日 18:56

すみません、まとめずに考えながら書き込んでいったので、改めて読み返すと間違いがありました。

学習障害と発達障害は併わせ持ちやすいのではなく、学習障害が発達障害に含まれているのでした。
私が併せ持っているのは、学習障害と、それ以外の発達障害です。
何度も失礼致しました。

投稿者 field [TypeKey Profile Page] : 2006年08月21日 12:29

内田先生へ

先生はDSM-IVについてどの程度理解されているのか不明ですが、最低限以下のような点だけはご留意いただいてからご発言下さい。安易な「DSM-IV」教信者を増やすことにも成りかねませんし、第一実際に「学習障害」との確定診断あるいは判断を受けている方たち、そして確定診断は受けていないけれども、可能性についてあれこれ逡巡している人達に対して、無用の不安を与え、そして彼らに対する社会的偏見を生む原因になると思います。

−−−−−−−−−−−−−引用

高橋良斉
日常臨床でDSM-IVをどう生かすか
精神科 科学評論社4(4):257-261, 2004年4月号 特集II『DSM-IVの用い方」

http://www4.ocn.ne.jp/~model-5/expert024.htm

「DSM-IVは、臨床的、教育的、研究的状況で使用されるよう作成された精神疾患の分類である。診断カテゴリー、基準、解説の記述は、診断に関する適切な臨床研修と経験を持つ人によって使用されることを想定している。重要なことは、研修を受けていない人にDSM-IVが機械的に用いられてはならないことである」

「DSM-IVに取り入れられた各診断基準は指針として用いられるが、それは臨床的判断によって生かされるものであり、料理の本のように使われるためのものではない」(「DSM-IV-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル」の「序」

投稿者 干し草 [TypeKey Profile Page] : 2006年08月23日 23:01