BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< なんだよ、今日も雨かよ | メイン | 日曜日だから剣でも抜いてみよう >>

2006年05月20日

エビちゃん的クライシス

私はあまりものごとに動じない人間であるが、今日はかなり驚いた。
基礎ゼミでの出来事である。
今日のお題は「エビちゃん」。
「エビちゃん」と言えば合気道部的には三代主将であった「浜松のエビちゃん」のことだが、その話ではない。
「それは誰ですか?」
という私の問いかけに一年生のゼミ生諸君はたいへん不思議な顔をしていた。
Cancamの専属モデルの「エビちゃん」という26歳の女性のことである。
私はもちろんCancamを購読しておらないし、TVもほとんど見ないので、そういう方が数ヶ月ほど前から全日本的規模で10代20代女性のロールモデルになっているという事情を存じ上げなかったのである。
ふーむ。そうですか。
もちろん、その程度のことで私は驚きはしない。
驚いたのはその先である。
で、その彼女がポピュラリティを獲得した理由について、本日発表をしたKカドくんが社会学的分析をしてくれたのである。
不況時には「稼ぎのある、強い女性」が人気を得るが、好況時には「アクセサリー的に美しい、庇護欲をそそるような女性」が人気を得るという法則があり(知らなかったよ)、その景況による嗜好の変遷にともなって、デコラティヴな美女であるところの「エビちゃん」が現時点での女性理想像なのだという説明をしていただいた。
発表者のKカドくんも「大学デビュー」に際しては「エビちゃん」系でファッションを整える方向で精進されているそうである。
ふーむ、たしかに、そういうこともあるかもしれない。
しかし、それってさ、フェミニズム的にはちょっと問題発言だよなと申し上げたところ、ゼミ内にやや不穏な空気が漂った。
あまり納得されていないのであろうかと思い、さらに言葉を続けた。
だってさ、そういう男性サイドの欲望を基準にして女性の理想型が変化するのはありとしてもさ、キミたちがそれを無批判にロールモデルにするのって、フェミニズム的にはまずいんじゃないの。
どなたからも声がない。
「あの・・・」
中のひとりが勇を鼓して手を挙げた。
はい、なんでしょう。
「『フェミニズム』ってなんですか?」
え?
キミ、フェミニズムって言葉知らないの?
見渡すと、13名いたゼミ生の大半がゆっくり首を横に振った。
ちょっと待ってね。
「フェミニズム」って言葉、聞いたことがない人っているの?
8人が手を挙げた。
聞いたことはあるが意味を知らないと言う人は?
2人が手を挙げた。
さすがの私もこれには驚いた。
「上野千鶴子」って、知ってる?
全員がきっぱり首を横に振った。
ちょっと、待ってね。
「フェミニズムはその歴史的使命を終えた」と私が数年前に書いたのは、事実認知的な意味ではなくて、遂行的なメッセージとしてである。
「歴史的使命はそろそろ終わって頂いても、ウチダ的にはぜんぜんオッケーなんですけど」ということを言いたくて、いささか先走り的なことを申し上げたのである。
戦略的にそう言ってみただけで、まさか、「ほんとうに終わっている」と思っていたわけではない。
言い添えておくけれども、うちの一年のゼミ生たちはなかなかスマートな諸君である。
これまでのゼミでのディスカッションを拝聴する限り、コミュニケーション能力は高いし、批評的知性も十分に備わっていると見た。
その方がたが「フェミニズムって、何ですか?」である。
つまり、2000年くらいからあと、中学生高校生時代の彼女たちのアンテナにフェミニストはまるで「ヒット」しなかったということである。
これは困った。
私は公然たるアンチ・フェミニストであるけれど、このような事態を待望していたわけではない。
繰り返し書いているとおり、フェミニズムはその歴史的使命を終えたが、それがもたらした最良の知的資産は損なわれることなく次の世代に継承されなければならないと私は思っている。
だが、フェミニスト的知見の次世代への継承はどうもうまく行われていないようである。
それは「この世の中がろくでもないのは、みんな『あいつら』のせいだ」という他責的な語法をフェミニストが濫用したせいで、結果的にそのような語法そのものが批評的なインパクトを失ったせいではないかと思う。
だって、今の日本のメディアもエスタブリッシュメントもみんな「そういう語法」でしか語らないからである。
十代の少女たちはそういう言い方にたぶん食傷しているのだ。
そんなこといくら言っても、何も変わりはしないということを彼女たちは実感的には熟知しているのである。
私はフェミニズムの「知的資産の継承」を望んでいる。
そのためには、「フェミニズムって何ですか?」という少女たちの出現を構造的危機として重く受け止めるフェミニストの出現が急務であると思う。
それを「父権制のイデオロギー装置が奏功して、子どもたちはみんな洗脳されてしまったのだ」というような他責的な構文で説明して安心するのはよしたほうがいいと思う。
ゼミ生中の読書家であるM野くんが、訝しげに「『フェミニスト』って・・・『海辺のカフカ』で・・・あの図書館に来る人のことですよね?」と確認を求めてきた。
そ、そうなんだけどさ。
あの多分に戯画化されたフェミニストのありよう「だけ」がわずかにインパクトを持っているというのは、ちょっとまずいのでは。
フェミニストのみなさんは過去5年間、少女たちにどんなメッセージを届けようとしていたのであろうか。
とりあえず「あまり届いてないみたい」ということだけは確かなようである。


投稿者 uchida : 2006年05月20日 00:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1735

このリストは、次のエントリーを参照しています: エビちゃん的クライシス:

» エビちゃん的クライシス from DaichanUpdate
はてなブックマークの注目エントリーに、 リンク: 内田樹の研究室: エビちゃん的 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月20日 11:55

» エビちゃんがいけすかない理由 from イケスカナイズ
そのタイトルが意味するようにように、本サイトは自らが主体的に「いけすかない」存在 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月20日 13:14

» ある理系大学の講義中の風景 from 小森さん
エビちゃん的クライシス という記事を読んでインスパイヤされたので、当ブログでもネタ出しをぜひ。 簡単に要約すると、文系?の大学生が「フェミニズム 」という言... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月20日 14:59

» 蛯原英里 蛯原友里の双子の妹の画像 from 姫系可愛ゴー@通信
姫系可愛ゴー@通信蛯原友里蛯原友里さんの双子の妹 蛯原英里さん2年ほど前のCancamでの写真ですが、双子なのに似てませんね〓〓〓卵生なのかな。蛯原英里さんは、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月20日 16:17

» 「『フェミニズム』ってなんですか?」 from [間歇日記]世界Aの始末書
 『内田樹の研究室』ブログの「エビちゃん的クライシス」(2006年05月20日) [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月20日 19:46

» 通常更新。 from 編集後記++
昨日寝すぎて眠れないのでだらだらとネット。 もう寝ますが。 久しぶりに内田さんのブログに貼ってみます。 多分ネタバレしない方がおもしろいので以下追記。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月21日 02:58

» The world according to a feminist from 404 Blog Not Found
これを見て、首をかしげてしまった。 「フェミニズム」と"feminism"は似て異なるものなのか、と。 The World Accord... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月21日 03:01

» The world according to a feminist from 404 Blog Not Found
これを見て、首をかしげてしまった。 「フェミニズム」と"feminism"は似て異なるものなのか、と。 The World Accord... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月21日 03:03

» ネウロが最近面白い。 from 3ToheiLog
画像は、まだ一応、下書き段階。これから色つけようかと。 以下、個人的なネウロ書評。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月21日 03:11

» [社会・時事]知のクライシス/フェミニズムの終焉? from あんとに庵◆備忘録
最近「エビちゃん」という名前をあちこちで目にする。知らんのだよ。このエビちゃんとやらを。テレビ見ない新聞も読まない雑誌も(もらうもの以外)手にしない環境だと、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月21日 03:29

» え〜、先生それ知りませ〜ん from konatyanの日記
内田先生がいささかお嘆き・・・・先生の授業がどのようなもので受講してる生徒さんがどのような人たちかよく知らないのであれなのですが、 ただ知っているけど・・・自... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月21日 17:29

» フェミニズムって何?(via sfjt, ザルは笊と書く) from 我以外皆我師
内田樹の研究室: エビちゃん的クライシス 404 Blog Not Found:The world according to a feminist 「ワタシ」... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月21日 18:27

» 「びっくり」にびっくり from 逃避日記
 サッカーのサポーターをやっていて思うのは、「全くのところ、大学院なんかに閉じこ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月22日 11:02

» [diary]エビちゃんや『働きマン』にフェミニズムという言葉がでてこないからといって、それは彼女たちがフェミニズムと問題意識を共有しないことを意味しない。 from 変身物語
ちょっと予定を変えまして、内田のエビちゃんをネタにしたフェミニズム批判が酷いので、そちらを先に批判してみます。 http://blog.tatsuru.com... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月22日 17:42

» 「これはひどい」二題。 from 生存適者日記
としか言いようがないお話二つ。 まずNHK。 「“笑い”がビジネスを変える」 大手損害保険会社のコールセンターでは、多くが契約スタッフという雇用形態の中で、社... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月23日 03:01

» 21世紀 from ensayo ‐ エセー
『20世紀』(橋本治、ちくま文庫)と、昨日の内田樹さんのブログ『エビちゃん的クラ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月23日 05:15

» 蛯原友里 アネッサ@バンク from 蛯原友里 アネッサ@バンク
はじめまして 蛯原友里さんがNo1カリスマモデルな理由 蛯原友里ちゃんの髪型 などなど掲載中です。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月23日 17:16

» エビちゃんこと 蛯原友里 ファッション アネッサ from 蛯原友里 アネッサ@バンク
TB失礼します。そぐわなかったら削除してください。 こちらにもどんどんTBしてくださいね。記事内容問いません。蛯原 友里No1カリスマモデルな理由 子供の頃、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月25日 16:12

» 蛯原友里 アネッサ@バンク from 蛯原友里 アネッサ@バンク
蛯原友里の画像や、蛯原友里の壁紙、蛯原友里 アネッサ cm 壁紙、蛯原友里の待受画像、蛯原友里の双子の妹 蛯原英里 、CamCan掲載ファッション等を掲載中〓〓... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月27日 22:42

» 追想南米チリ;貞操観念 from 無料HP事件
この国の離婚率は極めて高い、というよりきちんとした結婚をする例はあまり多くない。まず、宗教上の理由、つまりカソリックなので教会は離婚を認めておらず、これに法律も... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月27日 23:56

» フェミニンな時代のマッチョなフェミニスト from ensayo ‐ エセー
『言語表現法講義』(加藤典洋)、読了。 あまりのおもしろさに興奮し、また、恥ずか... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月30日 05:07

» エビちゃんとフェミニズム from chihotdeclog
内田樹の研究室:エビちゃん的クライシスより 今日のお題は「エビちゃん」。 「エビちゃん」と言えば合気道部的には三代主将であった「浜松のエビちゃん」のこと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月30日 22:49

» エビちゃん@珍発言 from ☆のんと話そう☆ powered by ココログ
エビちゃん喋りが結構ぬるいですね。天然で面白い(≧▽≦) ☆有名blogいっぱ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月02日 16:31

» 『若者殺しの時代』とフェミニズム from アウトロー社会学アナリストのよしなしごと
堀井憲一郎『若者殺しの時代』講談社現代新書 700円  これは結構興味深い本でした。タイトルと直結しているかは微妙ですが、まあ新書はそんなものです。80年... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月04日 21:34

» [本] 『大奥』は残った from atkonthenetの日記
まだまだよしながふみ祭り継続中。手に入る限りの全ての書籍を買ってきては読み返す日々。やはり『西洋骨董洋菓子店』がおもしろすぎる。なんかしら読みようがあっておも... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月09日 17:31

» エビの数だけ幸せに from 厳粛なcollage/性・宗教・メディア・倫理
 “私たち日本人がただ単純に「好き」、「もっと食べたい」と思っていたから輸入がどんどん増えてきたのだろうか。前述したように、戦前まで、日本人の食べるエビの量はき... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月15日 00:03

» 蛯原友里を拒否します。 from 思理思欲(しりしよく)
「かわいい」日本代表、エビちゃん世界デビュー 2006年06月18日サンスポ バーニングプロダクション系列の事務所に所属。マスゴミを使用した露骨な情報操作とい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月21日 19:27

» バービー人形とフェミニズムとエビちゃん from 続・晴耕雨読
えっと、期末試験の勉強に追われて著しくQOL(Quality of life:生活の質)が低下しているばんじょーです。こんばんは。 先日の外科学の授業で、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月13日 02:23

» バービー人形とフェミニズムとエビちゃん from 続・晴耕雨読
えっと、期末試験の勉強に追われて著しくQOL(Quality of life:生活の質)が低下しているばんじょーです。こんばんは。 先日の外科学の授業で、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月14日 01:07

コメント

内田先生、おはようございます。いつもへええっとかふーんとか感心してブログを拝見してるのですが、今日はちょっと違う気がしました。
ゼミの皆さんがフェミニズムを知らないのは、フェミニストのせいではないと思います。彼女達も含めて、今の高校生は本を読む暇はないのです。田舎しか知りませんが田舎は都会のまねをしますから多分都会の高校も、進学校といわれる所ほど課題や予習に時間を割かねばなりませんし、学校にいる時間も長くなるのです。本を読む暇があったら単語の一つも覚え、練習問題を一つ片付けねばならないのです。本を読むのだって小論文に出るような本のほうがいいのですし、そもそも頭を使うものなんて読んでいられないのだと思います。
内田ゼミの皆さんは先生の御著書を全部読んだ上でゼミに参加なさっていますか?そんなはずはないでしょう。先生の御作を読んでその上で、「フェミニズムって何ですか?」という問いを発したのならば更に問題ですよね。
フェミニストに組するものではありませんが、「この世の中がろくでもないのは、みんな『あいつら』のせいだ」式にフェミニストのせいにしてはいけないのではないでしょうか。
でも今の学生さんたちはいいですね。私達は先生がおっしゃる言葉が解らなくても素直に聞けなかった。自分だけが知らないのかと思って授業の後で必死に調べたのですが、、、大学が手取り足取りになって先生達も優しくて、でも本を読むところから始めなくてはいけないから今の人たちのほうが大変かな。

投稿者 雪国のTT [TypeKey Profile Page] : 2006年05月20日 09:27

初めまして。masaki(25歳男)です。

フェミニズムが説得力を持たなくなったのは実感としても理屈としてもよくわかります。今回のblogで気になったのは、

だってさ、そういう男性サイドの欲望を基準にして女性の理想型が変化するのはありとしてもさ、キミたちがそれを無批判にロールモデルにするのって、フェミニズム的にはまずいんじゃないの。

という部分で、最近は女性が男性基準で見られていることに対してあまり「女性の自立を妨げる」とか「フェミニズム!」とか言わないと思いますよ。

女性が働いたり男性から独立的であることが結構「当たり前」だという意識をある程度共有出来てるため、男性に従属的な女性はわざわざそれを選んでいるという感覚をみんな持っているからでしょう。逆にホストやヒモという言葉が一般的なように、女性に従属的な男性も受け入れられてきているのも同じことを示していると思います。

フェミニズム!って聞くと、時代遅れの切り口だなぁと思ってしまいますし、今の大学生達には考古学的意味合い以外では必要のないパラダイムでしょう。まあそれでも知っとけと言いたくなりますが。

投稿者 masaki [TypeKey Profile Page] : 2006年05月20日 11:09

ウチダ先生、そうなんです。フェミニズムはウチダ先生がかの名言を吐かれた頃、既に歴史の1ページに消え入っていたと思われます。
私は第2次均等法施行年に社会人になりましたが、ブロデリック先生のゼミで80年代フェミニズムの薫陶を受けた身には、会社という組織はショービニストで溢れかえっているとしか見えませんでした。個人として社会機構に抵抗する事に疲れ、2年間海外に高飛びした後、帰国して就職した会社で、私より6年後に社会人になった女の子達と話した時の違和感は、自分がタイムマシーンに乗って未来の国へ来てしまったのかと錯覚した程拭い難いものがありました。彼女達の世代ですら、均等法は過去の遺物だったのです。私より先立つ事4年、均等法施行第一期生の女性総合職世代で、今尚就職した会社に残る人は皆無です。死者は黙して語らずといいますが、先達の累々たる無言の屍の上に胡坐をかく後達に、現在の地位がいかに多くの先達の戦いと失意の日々の上に獲得されたか伝えゆく人は誰もいないのです。かくいう私も、あまりの彼我の立つ位置の遠さに説明する気を失ってしまいました。「昔、むかし...」で話を始めるお婆になる気がなければ、到底口火をきれない程、現在の若者が直面する社会的障壁の男女差は消失しているようです。

投稿者 ニシタニ ノリコ [TypeKey Profile Page] : 2006年05月20日 14:24

ニシタニ様、なるほど、ここまできてもやはり他責的なんですね。

投稿者 furukawa [TypeKey Profile Page] : 2006年05月20日 17:42

たびたびお騒がせします。世の中は動いているのですね。ただ、内田先生が問題になさっているのは、フェミニズムが死んだかどうか歴史のかなたに消えたかどうかということよりも、フェミニズムという言葉がゼミの皆さんに知られていないということだと思うのですが。私ははっきり言って内田ゼミに在籍している学生さん(何らかの理由で内田先生を選んだ皆さん)にしては無知が過ぎると思いました。家の高校二年生だってフェミニズムという言葉とその大体の意味は知っていましたし,上野千鶴子という名前は知っていました。図書館で本を見たといってました。今現在フェミニズムが歴史のかなたに埋もれてしまったにしても(そうとはどうしても思えませんが)、フェミニズムという思想とか言葉は目の前にないからといって知らなくていいものではないと思うのです。ただゼミの学生さんの無知は彼女達にすべての責任をかぶせるのはかわいそうですので、今朝あの様に申し上げたのです。論点が一人ずれているのかもしれませんが、今フェミニズムが過去の遺物になっていたとしても(ほんとに何度も言いますが信じられません)それを知らなくていいということではないと思います。

投稿者 雪国のTT [TypeKey Profile Page] : 2006年05月20日 20:46

「フェミニズム」の語を知らずとも、無難に学生生活を送れるようになったということが読み取れました。
デニムのジャケットを着た女子学生がやたら多いので、「こっちで流行っているのか知らん?」と思っていたら、恐らくエビちゃんの影響なのですね。

投稿者 daiaku [TypeKey Profile Page] : 2006年05月20日 21:10

おれが属していた演劇サークルのメンバーは、「フェミニズム」という言葉を知っていましたよ。平均年齢は24歳くらいでした。ただ、どのくらい理解してるかというと、このおれも含めてアヤシイ・・・(笑)。/コメントとして言ってみたい点が2個あります。ひとつ目は、○○主義というものに関心があり、触れて理解に勤めようとする「現代大衆」は何%くらい存在するかです。タクシーに乗ってくれるお客との会話で「下流社会」などのネタを振ってみたりするのですが、相当な高級サラリーマン、高学歴の持ち主と思われる方でも、例の本を読んでいなさそうな方が多いようです。これは社会学ですが、哲学・思想系の話題だと、「むずかしい話をするなら降りる」といわれちゃいそうで試したことはありません(笑)。ここには、「大衆」とか「畜群」とかいわれる人々(おれを含む)の知的生活の「ある感じ」があるのではないでしょうか。うえにも見られますように、ちょっとした短文でさえ誤読して悦に入ってる「知識人」(?)めいた方だっていらっしゃるのですから。/二つ目は、社会の中では決して注目されそうもない○○主義の働きについてです。たとえば機会均等法が制定されたそもそもの背景などが忘れ去られることに悲しみ(笑)をお感じになる方もいらっしゃるかも知れませんが、もともと○○主義なんてものの運命はそのようなものかと。どこの国の「大衆」「畜群」(おれ自身をふくむ)が、いつまで経っても「認識の仕方とは?」なんて問題にしつづけるでしょうか。そうしたものは、知らず知らずのうちに、大衆の中に浸透していくのが本来の姿かと。ですからフェミのみなさんは、たとえば機会均等にまつわる忘却を誇りに思うべきではないでしょうか。浸透および忘却は、○○主義の優越を語るものなのですから(笑)。

投稿者 誤読しらず [TypeKey Profile Page] : 2006年05月20日 21:59

思わず笑ってしまいました。
でも、フェミニストは何か伝えようとしてきたのでしょうか。
あるいは同じ思いの人たちに共感を得ようとしてきたのでしょうか。
学生さんたちと同年代の子どもを育てる母親(私もそうです)たちがフェミニズムをどう思ってきたのか。
フェミニズムは一部の人たちのものだったのではないでしょうか。

投稿者 nanako [TypeKey Profile Page] : 2006年05月20日 22:28

俗世間にしか生きていない私としては、上野女史の名前は最近別のところで知りました。
多少戯画化されてはおりますが、田嶋女史などテレビに頻出してますので、学生さんたちもご存じなのではないでしょうか?

投稿者 bowwho [TypeKey Profile Page] : 2006年05月21日 02:35

てっきり、フェミニズムを標榜したフェミニストの面々に、歴史の1ページにフェミニズムを位置づける葬送の儀を担うよう呼びかけていらっしゃるのかと思いました。

>furukawaさん

その通りです。自責的であれば、フェミニストの喪主に名乗りをあげているでしょう。歴史の中に自らを封じ込める覚悟がないと難しい。まだまだ俗世に意欲たらたらですから...。

投稿者 ニシタニ ノリコ [TypeKey Profile Page] : 2006年05月21日 21:34

私も雪国のTTさんに同感です。学生たちの無知は、
フェミニストが伝えようとしてないから、というよりも
フェミニストの文章などまったく意に介さず、
内田先生の書かれる文章のなかでも、
「君たち、そのままでも悪くないんだよ。
啓蒙主義にだまされないようにね」という、耳当たりの良い
文章ばかりを受験問題や教科書の文章に選び、読ませ続ける
義務教育に問題があるのではないでしょうか。

もちろん、それだけでなく、あんまりにも「異性愛主義」の
パラダイムが私たちの社会を覆っているため
なんとなく、「女らしさ」に関して、
息苦しいと感じていても、それを表立って主張すると
恋愛しにくくなるからやめておこう、という子も多いと思います。
(とりあえず、私はそうでした)。
そういう人たちに向かって、「お前ら、分かってない!」という
言葉遣いをしてはいけないのだ、ということに、すでに
気鋭のフェミニズムの研究者は気づいていますし、
先生がこれまで描かれてきたのより、ずっと慎重な言葉遣いを
していると思います。
お忙しくて、新しい本を読む時間がないかとは思いますが、是非、
竹村和子(編)『"ポスト"フェミニズム』(2003、作品社)の一読を
お勧めします。

投稿者 habanan [TypeKey Profile Page] : 2006年05月21日 22:12

どうもはじめまして。いつも興味深く拝見しております。

本件について、今の段階でフェミニズムが次世代に伝承されていない、
と言い切ってしまうのは拙速ではないかと愚考致します。

そこで、先生のゼミ生の皆さんの背景が気になります。
単にフェミニズムを知らない、というだけではないの背景がありそうに思えます。

実際取りうるスタンスとしては、例えば以下のように

1:フェミニズムという言葉、及びその概念を全く知らない
2:フェミニズムという言葉は知らないが、何らかのルートで概念は知っている
3:フェミニズムの概念は知っていて、その概念が実社会や生活に及ぼす影響について考えたことがある
4:個人ごとの基準により、フェミニズムの概念をどう扱っていくかを決定する

こんな按配で大雑把に分けることが可能ではないでしょうか。
そこでゼミ生の皆さんがどういう立場にいるかが分けやすくなると、
また面白い議論になりませんでしょうかね?

投稿者 ぼじょん [TypeKey Profile Page] : 2006年05月22日 01:36

「フェミニズムって何?」は同年代の僕としてはちょっとショックかも・・・
今まで特権階級呼ばわりされていた男性陣がリストラでぼこぼこになり、濡れ落ち葉になって惨めな姿をさらしたりと、今までの枠組みが壊れて価値観が多様化したため、却ってフェミニズムの目指すものが見えにくくなったような印象を持ってます。思いっきり素人考えですけど。

以下のページでフェミニズムの胡散臭さについてドンパチやっているみたいで、結構面白いです。
http://d.hatena.ne.jp/khideaki/20060519/1147999773

投稿者 しゅう [TypeKey Profile Page] : 2006年05月22日 10:17

内田先生こんにちわ。いつも興味深く拝見しております。
先生のゼミの 学生さんたちがフェミニズムという言葉自体を知らないとは驚きましたが、エビちゃんが 「庇護したくなるような かわいくてラブリーな」で支持されてる、と言う点が、何か違っている気がします。確かにすばらしく美しい、フォトジェニックな美女ですが、「したたかそう」「損なことは絶対にしなさそう。」「感情的じゃなさそう」こんなとこが
ムスメ達の 「かわいくて、かっこいい!」という憧れになっている感じがします。かつてのフェミニスト達が どこか無骨で正直で,つらいことにはどこか滑稽にさえ 見えてしまったのに比べ、この子達はもっと巧妙なんじゃないでしょうか?
かわいらしくてキレイで、イヤなことは断然やらない、という風に。大学生の娘がいる私のシニカルかつ希望的な観測でしょうか?男の人と うまく、楽しく利用し合いたいという位がチャッカリした実感で「庇護されたい」なんてトンチンカンなことを考えてるほどアホなムスメはすくないんじゃないでしょうか?また今の男の子たちも とってもソフトなタイプが増えてはいますが「庇護?とんでもないよ!」っていうくらいの知能?は持っていますよ~。
 でも・・・知性の先端のような内田先生が 女学院でムスメ達に囲まれる毎日を送っておられるのに、あんまり彼女らにコミットし過ぎない感覚を持っておられることが とってもかわゆいです。だって、エビちゃんもご存知ないのですもの。
 失礼。ところで私も女学院の卒業生です。(総文です)岡田山での日々は遠い彼方になりました。先生のおられる時期に学生でありたかったです。
 

投稿者 デボラ [TypeKey Profile Page] : 2006年05月23日 18:17

こうした話題に毎度のことながら、内田さんのフェミニズムに対するわかりやすい(村上春樹なみにわかりやすい)感情的敵意だけが印象に残りました。ゼミ生たちが「ポストモダニズム」を「聞いたことがない」といったとして、内田さんは「ポストモダニストたちはいったいなにをしてきたんだ」とかお説教したりするのかな。ま、きわめて唯物的な女性差別は厳然としてあるので、残念ながら「女権拡張」としてのフェミニズムはなかなか過去のものになりそうもありません。

投稿者 k [TypeKey Profile Page] : 2006年05月24日 03:18

ポストモダンとフェミニズムの認知度には天と地ほどの差があるんですけど(笑)
ホントにポストモダン程度の認知度でしか無くなったのなら、それこそ何やってるんだよという話で。

投稿者 しゅう [TypeKey Profile Page] : 2006年05月24日 10:58

少なくとも彼女達にとってフェミニズムの思想が必要なかった、、というか今の20代ぐらいまでの世代では確かに必要とされていないのは、いいことですよね。
社会的基盤が結構整備されたっていうか。先達の皆さんありがとうございます。

近頃の子は、”そういう男性サイドの欲望を基準にして女性の理想型が変化するのはありとしてもさ、キミたちがそれを無批判にロールモデルにする”のに屈辱を感じるほど人間小さくないですよ(笑)。そんなの(外見どうこう)はあんまりアイデンティティと関係ないというか。エビちゃん風が得だと思ったらそうするし、うざくなったらまた変えます。

あと、男には真っ向から対立するより、適当に喜ばせて褒めて転がしておいたほうがよいという本来の女性の知恵を思い出したんじゃないですかね。男の生理ばっかりはたとえフェミニズムがどんなに批判しようと変わりませんもの。そこは上手く使う感じで。


ということで今、男に媚を売らない外見で「男ってやつは!」って声高に叫んでる人がいたら、ちょっと負けっぽいです(笑)。そういう価値観です。ご参考まで、、

投稿者 chanm [TypeKey Profile Page] : 2006年06月06日 02:55

少なくとも彼女達にとってフェミニズムの思想が必要なかった、、というか今の20代ぐらいまでの世代では確かに必要とされていないのは、いいことですよね。
社会的基盤が結構整備されたっていうか。先達の皆さんありがとうございます。

近頃の子は、”そういう男性サイドの欲望を基準にして女性の理想型が変化するのはありとしてもさ、キミたちがそれを無批判にロールモデルにする”のに屈辱を感じるほど人間小さくないですよ(笑)。そんなの(外見どうこう)はあんまりアイデンティティと関係ないというか。エビちゃん風が得だと思ったらそうするし、うざくなったらまた変えます。

あと、男には真っ向から対立するより、適当に喜ばせて褒めて転がしておいたほうがよいという本来の女性の知恵を思い出したんじゃないですかね。男の生理ばっかりはたとえフェミニズムがどんなに批判しようと変わりませんもの。そこは上手く使う感じで。


ということで今、男に媚を売らない外見で「男ってやつは!」って声高に叫んでる人がいたら、ちょっと負けっぽいです(笑)。そういう価値観です。ご参考まで、、

投稿者 chanm [TypeKey Profile Page] : 2006年06月06日 02:58

あああ2重投稿(これで3重)ごめんなさぃぃこれもろとも消してください、、、

投稿者 chanm [TypeKey Profile Page] : 2006年06月06日 03:01

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?