BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 吉田城君追悼文脱稿 | メイン | おでかけの日々 >>

2006年04月06日

愛神愛隣

入学式、オリエンテーションと、新学期の仕事が続く。
入学式でもまた『マタイによる福音書』を拝読する。
式の前に松田入試部長から「まさか、人前で聖書を読むような巡り合わせになるとは思っていなかったでしょう」と囁かれる。
ほんとにね。
まことに「一寸先とは闇」である。
しかし私は非キリスト教徒であるが、聖書を読むことには少しの心理的抵抗もない。
考えてみたら、二十代からずっと座右において(文字通り机の右側にずっと仏和辞典と並んで置いてあった)、繰り返し読んだ本である。
神を愛するとはどういうことか、隣人を愛するとはどういうことか。
これはレヴィナス老師の終生の問いであり、私もまた師に従って、その問いをうけとめてきたのである。
「神を愛し、隣人を愛す」というのはラビ・ヒッレルの言葉だと飯先生から教えて頂いた。キリスト教の成立よりはるか以前からユダヤ教の重要な教えとして説かれていたことばである。
「隣人をあなた自身のように愛しなさい」という第二の掟を私たちは博愛主義的な常套句だと考えるかもしれないが、これは解釈することの困難な掟である。
もし、この掟が、「私」がいて、「隣人」がいて、その間に友好的な関係を架橋することを指示しているとしたら、この掟はさまざまな背理にさらされることになる。
というのは、その場合「愛する」という行為の原型は「自己愛」になるからである。
「私は私を愛している」ということが不可疑の原点にあり、その上で、その自己愛を模して、隣人を愛することが命じられている。
だが、私たちは「私は私を愛している」という感情を、人間関係の原点にすえることができるほど熟知していると言えるだろうか。
例えば、自己嫌悪という感情は私たちにはなじみのものだ。
自己との違和感は思春期の少年少女のほぼ全員に取り憑く。
自殺する人間は日本だけで毎年3万を超えるが、彼らにとって「私は私を愛している」ということは自明のことだったとは言いにくい。
というところまで書いて、おおこのネタをそのまま日経の連載エッセイに書いてしまおう・・・と思い立ち、新しいファイルに続きを書く。
さらさら。
はい終わり。
というわけで、ブログでのこの話題はここでおしまい。
え?途中で止められると気分が悪い?
そうですよね。話の途中だものね。
では、続きを書きます。
「自分自身を愛する」と口で言うのはたやすいし、そんなことは日々自然のうちに行っていると私たちは考える。
だが、私たちは果たして「自分自身を愛する」というのがどういうことかわかっていると言えるだろうか。
日本では毎年三万人以上が自殺する。
彼らが「自分自身を愛していた」とみなすことはむずかしい。
自己嫌悪や自己との違和感に苦しむ人は数え切れない。
自分の感情を押し殺して、生活のためや野心のために、やりたくないことを自らに強いている人もたくさんいる。
解離性人格障害の人だっている。
彼らは「自分自身を愛する」ということを本能的に、ナチュラルにできていると言えるだろうか。
たぶんできていないと思う。
彼らがうまく自分を愛せないのは、おそらく「ほんとうの自分」という幻想的な「中枢」があって、それに他のすべてが従属している状態を理想として描いているからである。
「ほんとうの自分」とか「自分らしい自分」とか「オリジナルでユニークな、世界でひとりだけの私」というようなものがどこか自分の内部の洞窟の奥に秘蔵されていると思いなしている人間は、たぶん雑多な人格要素がアモルファスに混在している現実の自分をそのまま愛することができない。
誰でも、自分の中に弱さや醜さや邪悪さを抱えている。
それらを「愛する」というのは「どうしてそのような要素が自分の中にあるのか、来歴も知れず、統御もできないけれど、とりあえずそれと折り合ってゆくしかない」と思い切ることである。
自分の中のさまざまな人格的ファクターをゆるやかに包括しつつ「共生する」ということは、自分の脆弱性や邪悪さに「屈服する」ということとは違う。
私たちが隣人をうまく愛せないでいるのは、「自分自身を愛すること」は本能的な行為であり、誰でも現にそうしているという誤った前提に立っているせいではないだろうか。自分自身をうまく愛することができない人間に、どうして「おのれ自身を愛するように」隣人を愛することができるだろう。
「愛する」とは理解や共感に基づくものではない。
むしろ「よくわからないもの」を涼しく受け容れる能力のことである。
おのれのうちなる他者と共生することのできる能力、おそらくはそれが隣人を愛する能力、神を愛する能力につながっている。

翌日はオリエンテーション。
新入生640人を前に、教務部長訓話というものをする。
彼女たちはいわゆる「ゆとり教育」の第一世代である。
「2006年問題」と呼ばれる「恐るべき学力低下」を見込まれている学齢集団である。
でも、静まりかえって私の話を聴いている講堂いっぱいの学生たちからは、そのような雰囲気は感じられない。
諸君、ご入学おめでとう。
諸君がどんな学生なのか、まだわからないけれど、諸君は神戸女学院大学が提供する教育資源を豊かに享受してくれるはずだという「希望」に私は一票を投じたいと思う。
教師が学生に贈ることのできる最良の贈りものは「君たちの知性を信頼している」ということばだからだ。
これからの四年間が諸君にとって豊かな日々でありますように。

投稿者 uchida : 2006年04月06日 15:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1660

このリストは、次のエントリーを参照しています: 愛神愛隣:

» 「君たちの知性を信頼している」 from もろ式: 読書日記
内田樹の研究室: 愛神愛隣(最後の方)より:教師が学生に贈ることのできる最良の贈 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月06日 22:55

» 気になったarticles。 from エセ紳士の館 ~書斎~
今日はエセ紳士に影響を与える人・モノを少... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月07日 00:44

» 内田樹『9条どうでしょう』(3) from charisの美学日誌
[読書] 内田樹ほか 『9条どうでしょう』     (06年3月、毎日新聞社) (挿絵はエラスムス。『痴愚神礼賛』『平和の訴え』などがある。「自由意志」を巡... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月07日 01:41

» 点としての自我PART1 from M17星雲の光と影
自分にとってもっともたしかなものは何か。そう問われたら、それは自分の意識だと答えるだろう。「えっと、自分にとっていちばんたしかなものっていったいなんだろう」と考... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月07日 15:03

» 点としての自我PART2 from M17星雲の光と影
私は小さい頃「陣取り」が好きでした。とても地味な遊びで、ある意味では「暗い」遊びだったかもしれません。でもなぜか陣取りをしていると、私のこころの奥はしみじみとし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月07日 19:09

» [瞑想的宇宙] 變容する内面 from 蒼雲山蓮風洞備忘録
このダイアリーで告白している通り、わたしは精神分裂病である。いまの言ひ方にすれば統合失調症である。此れは『多重人格』的な状態を直裁に聯想される方も多いだろうが... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月08日 12:30

» まぶしい制服 from        ★ ★ 南風 (はえ) ★ ★
仕事の移動中の電車の中、真新しい制服を着た中学生やその両親を、何組か見かける。皆、何となくニコニコしている。 今日は入学式でもあったのかな。 桜も満開は過ぎ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月09日 01:51

» こころのなかの水 from M17星雲の光と影
人のこころのなかには水が満ちているのではないかと思う。たとえば夢。無意識の根源から湧きだしてくる深い内容を伴った夢を見る場合、そこにはしばしば水が現れる。それも... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月25日 20:58

» 私が思っていることの一つの原因 from Blog de ぺけぽむ
私が、例えば生きることの意味とかについて思っていることっていうのは、簡単に言ってしまえば「人間は、心に欠けたものがあったとしても生きていくことが出来る」というこ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月07日 15:56

コメント

>「愛する」とは理解や共感に基づくものではない。
むしろ「よくわからないもの」を涼しく受け容れる能力のことである。

読んだ時、澄んだ風が地平に流れたような気になりました。

内容のないコメントで恐縮ですが、「コメント(0)」というのを見ると、枯れ木も山の賑わいと思いまして。
普段は、ツァラツストラや、意味と生命(栗本慎一郎)などをを愛読している者です。

投稿者 モコモコ [TypeKey Profile Page] : 2006年04月06日 16:58

>>「どうしてそのような要素が自分の中にあるのか、来歴も知れず、統御もできないけれど、とりあえずそれと折り合ってゆくしかない」と思い切ること

シェークスピアですね。

投稿者 ガーター亭亭主 [TypeKey Profile Page] : 2006年04月07日 08:04

うちなる他者=隣人=神、そして自分に返る、と思えますが。
自分を誉めるとか(自己を愛するとは時限が違う?)、自己を愛するとか、自分を好きになるとかわかったようでわからないことですよね。単純にこれを涼しく受け容れるってことですか?でもなさそうだし。
自己を愛するなんてあまり考えない方がいいような気がしますけど。言葉だけでわかったような気がしているだけで。

投稿者 プリオン [TypeKey Profile Page] : 2006年04月07日 10:40

私にとっての「内なる他者」について書かせていただきます。
私にとって、内なる他者は何人もいます。

そしてそのなかの一人に「わたし」がいます。
「わたし」は、「内なる」というところで、私なのですが、
「他者」というところで私ではないので、
カッコつきで「わたし」と表記されます。
この「わたし」は、私より高いところにいる存在です。
そして、他者というところで、私の「外」にいるとも言えます。
私の外に、「わたし」を探すことができ、
私の内に、「わたし」を探すことができます。

私は他者とは違う存在ですが、「わたし」の次元ではひとつです。
同時に「わたし」は、私以外のなにものも「わたし」と呼べない存在です。

「ヤハウェ」が「I am」であるように。

キリストが「世の終わりまでわたしはあなたたちとともにある」と
いったときの「わたし」は「わたし」です。

私は「わたし」を愛し、「わたし」に愛されるような私になろうと努めます。

さて、話が変わります。
愛されるように努力することはできますが、はたして努力して「愛する」
ことはできるでしょうか。
自分の努力で愛することは可能でしょうか?
「ごめんなさい。あなたを愛そうと努めたの。でも、どうしてもだめだった・・・。」
ドラマでよくでてくるセリフですね。

投稿者 十海十波 [TypeKey Profile Page] : 2006年04月08日 16:19

こんにちはいつも愉しく読ませていただいています。内田先生が嘲りながらも愛されて 已まない(?)日比谷高校で2年上だった開業医です。「自分を愛せない人たち」というお題で常日頃考えていることがあります。
三十年ほど外科をやっていますと、少なからずの「リストカッターの患者さま」の手首の傷を縫わされる経験をします。こういった人たちの特徴をまとめてみました。
1)すべて女性で男性を見たことはない。男の場合は、どこかのピッチャーのように、壁を素手で殴って拳を潰してしまうので一回きりである(それで不具者になったひともいます)。
2)皆痩せて小綺麗な身形で、その反対は見たことはない。太って穢くなるとやらないようだ。
3)中年になるとやらなくなり、日常診療で50歳以上の女性の患者さんの血圧を計る際手首にそんな創痕を見たことがない。したがってそれまでに生物学的に淘汰されるらしい。
4)精神科医は、動けなくなるほどヘビーに向精神薬を服用させるか、「縫えないし迷惑だからもう来るな」と厄介払いをする。従って外科医のところを転々とする。
5)通常手首には無数の切り傷の治癒した創があるが何れも浅く、実際にラストタンゴインパリのように動脈まで切ってしまう致死的なケースを経験したことも、聞いたこともない。
といったところでしょうか。
執拗に繰り返される自傷行為は、自分に対する「一種のいじめ」ではなかろうかと思います。「いじめ」とは抑圧された者が自分より下部構造にある者に抑圧を加えることにより、心の中の負のエントロピーをチャラにさせ抑圧から解放されようとすることと私は考えています。この場合前者は魂であり後者は従属する肉体でしょう。
内田先生の
>誰でも、自分の中に弱さや醜さや邪悪さを抱えている。それらを「愛する」というのは>「どうしてそのような要素が自分の中にあるのか、来歴も知れず、統御もできないけれ>ど、とりあえずそれと折り合ってゆくしかない」と思い切ることである。
というご指摘から思いついたんですが、彼女らの抑圧の根源の一つとして、他者でなく実は自分の心の中のどうにも制御できない許すべからざる原罪への意識が伏流として多分にあるような気がしました。
いずれにしろ医者として傷は縫えても、彼女らの抑圧の原因を救うことはできずいつもやり切れない思いをしています。

投稿者 ごじゅうから [TypeKey Profile Page] : 2006年04月16日 15:46

ごじゅうからさま:日比谷の2コ上ですか。アンドウさんやイナハラさんやイトウさんたちの学年ですね。それはそれは。
リストカットについては精神科医かカウンセラーからのレポートしか拝見したことがなかったのですが、外科医からの所見というのも、当然あってよいはずのものですよね。
なるほど。
「太って穢くなるとやらないらしい」というのがたいへん示唆的なものでした。
ある種の理想我と現実の自分の乖離感が動機に含まれているとしたら、理想と現実の乖離が一定の閾値を超えると、「乖離感」そのものが根拠を失うということはありそうなことですね。
ということは、リストカットはやはり「理想我」に少しでも近づきたいという向上心の屈折した徴候として解釈できるのかもしれません。
うーむ。
そうだったのか。

投稿者 uchida [TypeKey Profile Page] : 2006年04月19日 10:36

「他者の謝罪を要求する」と村上龍が評するように、「それは違うぞ」とヒステリックに言ってみたかったのですが、浅はかな試みのようです。
「切らないともっと酷いことになる」と心情を語ってくれた人がいて、初めて会った自分の前で涙を流していました。
彼女達の欲望を理論で説明出来たとして、実際それが現実的な効力を発揮するかと言えば、別問題のような気も致します。
自分も数年前、お医者さんに、「あと少しで動脈に達するところだった」と言われて、何をそんなに怒っているのか理解することが出来ませんでした。
傷口は中途で風呂に入ったせいで、醜くてなっていて、今は琥珀のブレスレットで隠しています。
「痛いから止め方が良いよ」とは、凡庸な答えです。

投稿者 daiaku [TypeKey Profile Page] : 2006年04月20日 23:28

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?