BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 『複素的身体論』脱稿 | メイン | 花冷えの京都観仏ツァー >>

2006年03月31日

吉田城君とテロリストの言い分と学長のご苦労

三砂ちづる先生との対談集『身体知 -身体が教えてくれること』(バジリコ、1300円)がもうすぐ出ます。4月24日発売だけど、見本刷りが届いたのでNew Release としてご紹介しておきますね。
これで2006年は3冊目。あと何冊出るのでしょう・・・

朝から原稿書き。
これは明日締め切りの吉田城君の追悼文集のためのもの。
京大教授でプルースト研究の文字通り世界的権威者であった吉田君が急逝したのは去年の夏だった。
吉田君は私にとってただひとりの「高校時代の友だちで同業者」である。
得難い友人だった。
書き出しの部分を抜き出しておく。

吉田城君は1966年に僕が東京都立日比谷高校に入学したときの同期生である。
その頃の日比谷高校がどのような教育理念やプログラムで運営されていたのか、受験実績がどうであったのかというようなことは調べれば誰にでもわかる。その時代にその場所にいないと想像的に追体験することができないのは、そのとき、その場所を覆っていた「空気」である。当時の日比谷高校の「空気」がどういうものだったかを、それを吸ったことのない人に説明するのは難しい。
吉田君と僕はその同じ「空気」を15歳から18歳までの間、肺深くまで吸い込んだ。その「空気」を吸い込んだ人々は(本人の意志にかかわらず)ある種の微弱な人格特性のようなものを共有することになる。吉田君と僕も、それを共有していた。それが僕にはわかるし、彼にもわかっていたはずだ。
日比谷高校が僕たちの身体にしみつかせた残留臭気はごく微弱なものにすぎないから、それを部外者は滅多に嗅ぎわけることはできない。でも、その「匂い」はそれを吸って育った人間同士にはすぐわかる。
それは、「シティボーイの都会性」と「強烈なエリート意識」と「小市民的なエピキュリズム」に「文学的ミスティフィケーション」をまぶしたようなものだ(書いているだけでうんざりしてくるけれど)。
日比谷では受験勉強をまじめにすることが禁忌だった。定期試験の前に級友からの麻雀の誘いを断って「今日は早く帰るよ」と言うためには捨て身の勇気が必要だった。「勉強したせいで成績がいい生徒」は日比谷高校的美意識からすると「並の生徒」にすぎなかったからである。努力のせいで得たポジションで同期生のリスペクトを得ることはできない。試験直前まで体育会系のクラブで夜遅くまで汗を流したり、文化祭の準備で徹夜したり、麻雀やビリヤードに明け暮れたり、詩や小説を書いたりして、それでも抜群の成績であるような生徒だけが「日比谷らしい」生徒と見なされたのである。
いやみな学校である。
みなさんだって、そう思われるだろう。
しかし、「いやみな学校」だと思われるということ自体「シティボーイである日比谷高校生」にとっては受け容れがたい屈辱であった。だから、当然のように僕たちは必死になって「嫌われずにすむ」方法に習熟していった。
それが「『ミスティフィケーションしていないふりをする』というミスティフィケーション」である。
「僕らは何にも深いことなんか考えちゃいませんよ。ただ、何となくまわりに合わせて、気分に任せて、のほほんと生きてるだけなんです。成績なんて、ぜんぜんたいしたことないですよ」と、さわやかな笑顔で、控えめに、かつものすごく感じよくアピールすることができるのが「真の日比谷高校生」の条件だったのである。
450人いる同期の中で、そんなふうにスマートにふるまうことできた生徒はほんの一握りだった。吉田君は僕がそのリストに名前を記すことのできる数少ない日比谷高校生の一人である。

高橋源一郎さんと灘校時代の竹信悦夫君の話を集中的にしたせいで、私自身の高校時代のことも鮮明に甦ってきた。
60年代の終わりに少年だったというのはどういうことかについて追悼文には書いてみたい(まだ続きを書いてないけど)。
原稿を途中で止めて大阪へ。
JRで越後屋さんと待ち合わせて、堂島アバンザのヘラルド試写室へ。
『Vフォー・ヴェンデッタ』の試写会。
ワーナーのババさんとひさしぶりにお会いする。
『Vフォー・ヴェンデッタ』は英国のテロ事件のせいで公開延期になったいわくつきの映画である(それにしてもこのタイトル、なんとかならないのだろうか。意味わかんない)。見れば公開延期も当然かな・・・という気がする。
だって、「かっこいいテロリストが主人公」の映画なんだから。
でも、「かっこいいテロリストが主人公の映画」がテロがあったので公開できないという抑圧的なシチュエーションそのものが「テロリストの抵抗の大義」を傍証してしまうということに映画会社は気がつかなかったのだろうか。
気がついてたのか。
そうか。
宣伝のためにわざわざ公開延期にしたのか。
なるほど。
悪魔のように賢いな。
映画はたいへんに面白かった。
どういうふうに面白かったかは四月の『エピス』で。
映画を見てから宝塚へ移動。
二期六年お勤めになった原田学長のための慰労会である。
学務連絡会(本学における内閣官房みたいなものである)のメンバーで集まって、学長のご苦労をねぎらう。
ほんとうにご苦労さまでした。しばらくゆっくり休んで下さいね。

投稿者 uchida : 2006年03月31日 08:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1643

このリストは、次のエントリーを参照しています: 吉田城君とテロリストの言い分と学長のご苦労:

» 都立校の統計学 from 偉愚庵亭憮録
 内田樹先生のブログ(←3月31日分のエントリー)に、日比谷高校についての印象的 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月02日 01:57

コメント

「日比谷高校が僕たちの身体にしみつかせた残留臭気」
とおっしゃいますが、まったく普遍的に一部の集団が常に
まとっている雰囲気のように思います。

できれば、先生が神戸女学院や日比谷高校固有のものであるかのように語られる物事の中の普遍的要素を抽出するかたちで教えていただけると大変うれしいです。
いえ、気が向いたらで結構なんですが。

投稿者 モコモコ [TypeKey Profile Page] : 2006年03月31日 11:56

内田先生は「赤頭巾ちゃん気をつけて」の主人公の同期生になるわけで、その下は多分三教科で「日比谷高校は死んだ」世代ですよね。
夫の先輩で私の大好きな人が先生の多分二つ上の日比谷の卒業生で彼は日比谷の友達と山梨かどこかに山荘を作ったりして、私たちにはよく解らない友情を育み、楽しんでいました。日比谷高校というのは私たちには憧れでこれは私たちの高校がどんなにいい高校でも得られなかった(私たちの高校も「歴史と伝統」です)日本のリーダーとしての自負があってのものと思います。ただの集団の雰囲気ではない津縁に時代と絡みついたもので、もうどんなに頑張っても取り戻すことは出来ないものだと思います。

投稿者 雪国のTT [TypeKey Profile Page] : 2006年04月02日 00:19

ごめんなさい。途中で送信してしまいました。おまけに
>ただの集団の雰囲気ではない津縁に時代と
なんて津縁てなあにと言うような言葉まで訂正できなくて、ほんとにごめんなさい。

私が言いたかったのは、時代がエリートというものを認め、その存続を求めていたのだろうということです。人には能力の差があって、(それは勉強に限らず、なんにでもです)それは仕方の無いこと、努力しても手に入れられない物があると言うことを認めていたのではないのかと思います。今、勉強しさえすれば一流校に入れる、努力しさえすれば夢は叶うということになってるけど、それでみんな自信がなく生きているのではないでしょうか。
私の高校もある種のエリート意識はありました。それは決して優越感とは違うものです。そしてやはりその時そこにいた者同士にしか解らない物が確かにあると思います。でもそれは今、隠しておかなくてはいけない物の様に思われます。「みんな同じ」なんてクソ食らえ!と思ってしまう今日この頃です。昔は良かったといいたいのではありません。もっとみんなが自信を持って、自分を愛して生きていけないかなあと思っているだけです。少しでも居心地よく生きて生きたいと思います。 

投稿者 雪国のTT [TypeKey Profile Page] : 2006年04月02日 00:42

雪国のTTさんの「赤頭巾ちゃん気をつけて」で、あああの感じなのかなとおぼろげなくわかったような気もします。
10代のころ母親の書棚にあったのを読んでみたことがあるのですが、ああいう感じなのかと。いやあくまでその時点で自分が受け取った独自の感じにすぎませんが。

投稿者 KEN [TypeKey Profile Page] : 2006年04月02日 09:19

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?