BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 哭きの半荘で弱雀ジローはまた泣いた | メイン | 『複素的身体論』脱稿 >>

2006年03月29日

『私家版・ユダヤ文化論』脱稿

終日原稿書き。
『私家版・ユダヤ文化論』脱稿。
今年私が出す本の中で唯一学術的なものである。
『文學界』に去年の1月号から9月号まで連載していたものであるので、もうほとんど完成していて、枝葉を刈り取り、思いついたことをさくさくと書き込んでゆくだけ。
はじめて通読してみたが、なかなか面白い。
「たいへん面白い」と言っても過言ではない。
内容がというよりは、プレゼンテーションの仕方が、面白い(としつこく自分でいうのもどうかと思うが)。
私の性格の悪さがよく出ている。
性格の悪さというより、どんなことでも疑ってかかる猜疑心の強さというべきか。
人並みはずれて猜疑心の強い私がいちばん信用していないのは自分の判断の正しさである。
自分の判断力を信用できない人間がどうして論文なんか書けるのだ、と訝しむ方もおありになるだろう。
そこです。
これが書けてしまうのですね。
すらすらと。
なぜ、自分の判断を信用していない人間がすらすらものを書けてしまうのか。
別に不思議ではない。
そこで「すらすら書かれているもの」が「私の考え」ではないからである。
私たちが語っているとき、私たちの中で語っているのは他者の言語である。
と道破されたのはジャック・ラカン老師である。
さすが老師。
間然するところがない。
私は猜疑心が強いだけでなく、たいへんに飽きっぽい人間である。
その私がいちばん飽きているのは・・・
もちろん、おわかりですね。
私自身である。
私のことば、私の思考、私の好悪、私の感覚・・・
そういうものに私は飽き飽きしている。
だから、私が求めるのは「私がこれまでに使ったことのないことば」「私の脳裏にこれまで浮かんだことのない思念」「私がこれまで触れたことのないもの」といった一連の「ないものシリーズ」に集中することになる。
それじゃ、ウチダさんの書いていることは「他人から借りてきたもの」なんですか?
あなたは他人の判断を自分の判断と取り替えているんですか?
それって、主体性の放棄じゃないですか!
というような初々しいご質問もあるかもしれない。
違いますよ。
そんなことあるわけないじゃないですか。
考えてもみたまえ。
私は自分にさえ飽きてしまう人間である。
その私が出来合いのストックフレーズとか手垢のついたイデオロギーとか世間知とかどっかで読み囓った豆知識とかいうような「他人から借りてきたもの」に飽きないはずがないではないか。
私は自分の判断さえ信用しない人間である。
そんな人間がどうして他人の判断を信用しよう。
それくらいには私の性格の悪さを信用して頂きたい。
私が探し求めているのは、「私の考え」ではなく、また「誰かの考え」でもない。
「他者の思考」である。
ここでラカンが「他者」ということばを大文字で表記していることを思い出して頂きたい。
「他者」というのは、ただの「あかの他人」のことではない。
隣のヤマダさんは「他人」ではあるけれど、ラカン的な意味での「他者」ではない。
だって、私はヤマダさんの思考になんか何の欲望も感じないからである。
「他者の思考」とは、まだその思考が誰によっても私的に占有されたことのない思考のことである。
私たちの書くことへの欲望を無限に喚起するのは、そのような「他者の思考」だけである。

さくさくと書いているとリリリと電話が鳴って、朝日新聞から原稿の校正についてクレームが入る。
例によって「デスクが・・・」というあれである。
どうして新聞社のデスクというのは「書き直させろ」というよけいなひとことを言いたがるのであろう。
藤原正彦さんの『国家の品格』というベストセラーについての論評を求められたので、先週1時間ほど記者をあいてにおしゃべりをした。
それをまとめた原稿(デスク校閲済み)を送ってきた。
それをざくざくと校正して、原型をとどめぬまでに改稿して送り返したものについての書き直し要求である。
朝日新聞には「藤原を叩く」という基本方針がまずある。
朝日的には当然の判断である。
ベタなナショナリズム本なんだから。
「叩く」という基本方針があって、それから書き手を探し、私に目を付けたわけである。
私はその本を読んでいなかったので、頼まれてから買って読んだ。
その談話を記者がまとめた原稿は「藤原批判」が前面に出ていた。
朝日的にはそういう「わかりやすい対立構図」で提示したかったのであろう。
だが、私は原則的にメディアではそういう手荒な「ことばづかい」をしない。
もっと戦略的な書き方をする。
『国家の品格』を批判しているんだか批判していないんだか一読しただけではよくわからないように書く。
一読してよくわからないから放り出す読者は私とはご縁がなかった方がたである。
一読してよくわからなかったから二度読む、という方に私は用がある。
そういう人に向けて書いている。
『国家の品格』が問題のある本であるということをわかりやすく書くのは簡単である。
けれども、「どういう点が問題なのか」を、『国家の品格』を共感をもって読んでしまった読者にも分かってもらおうとすると話はずっと複雑になる。
メディアはどんな読者にもすらすら「わかりやすい」ように書かせようとする。
読解するときに読者に知的負荷ができるだけかからないような書き方を求めてくる。
それを「リーダー・フレンドリー」だと思っているのかも知れない。
だが、私はそれはむしろ読者を侮蔑していることだと思う。
「猫なで声」の「わかりやすい文体」からは書き手の「見下した視線」が無意識的ににじみ出す。
そのことにもう少し自覚的になったほうがいいと思う。
私が平気でわかりにくく書くのは読み手の知性に信頼を置いているからだ。

投稿者 uchida : 2006年03月29日 10:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1635

このリストは、次のエントリーを参照しています: 『私家版・ユダヤ文化論』脱稿:

» 『カッコの品格』 03/29/06〆 from BLOG バカヤマ
続報:わたしの持ってないアレが慾しい、っていう『ないものねだり』と『ないものがほしい』っていうのは違うってコトなのかな、同じにみえるけど。 (cf.内田樹先生の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月29日 15:50

» 「新聞の特殊指定見直し」について from M17星雲の光と影
今ここに一人の人がいたとしよう。その人は社会的にある程度の公平性が要求される職業についている。その公平性を審査して、その人がその職業に適しているかどうかを確かめ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月29日 20:38

» リーダーフレンドリーという落とし穴 from イケスカナイズ - 大人のインテリジェンス -
といったのは、村上龍でした。 仕事の関係で、教育関連資料の構成を決めたり、関連資 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月31日 00:50

» 「公平性」ということば from M17星雲の光と影
「公平性」ということばについて時折考えることがある。このことばはしばしば誤解されて用いられているように思うのだが、公平性とは静態を意味するものではない。天秤ばか... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月02日 21:46

» 「国家の品格ついて」 from 住職日誌
注目の思想家 内田樹氏と藤原正彦氏とのご両人がくり 広げられた論考記事から。 まず藤原氏は、 「愛国心という言葉には、二つの異質なものが含まれている。 その一... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月04日 21:08

» 「国家の品格ついて」 from 住職日誌
注目の思想家 内田樹氏と藤原正彦氏とのご両人がくり 広げられた論考記事から。 まず藤原氏は、 「愛国心という言葉には、二つの異質なものが含まれている。 その一... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月04日 21:10

» 説教しながら、それを聴聞している自分がいる from 住職日誌
法事で説教する。 説教しながら、話すものがそれを聞く ということがあるなと、 とつくづく思う。 今日はそれを実感した。 話しているのは、 自分の考えではない... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月10日 18:10

» ゴツゴツと(66.8)。 from shiba's scope
 今日の天気は何だかヘンだった。朝方は曇り、お昼ごろ真っ暗になったと思ったら雷が鳴って、午後には晴れ間も。最近「気圧がヒトの気分に与える影響はきっと大きい」とか... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月25日 22:42

コメント

内田先生、皆さんこんばんは。

内田先生のおっしゃる「ラカンの他者」って禅問答みたいで、小職のような若造には到底理解できません。多分先生ご自身、いや当のラカンもこの「他者」を実感するまでには相当の修行が必要だったとお察しします。そうゆう視差を自由自在に変えて、ご自分を無欲な考える箱のような物にしてしまう業はどうやったら身につくのでしょうか(ってそんなの説明できたら変ですよね)?

投稿者 magnon [TypeKey Profile Page] : 2006年03月29日 19:38

他者の思考とは、他人の目を通して自分の背中を見るような行為かな、とも思っています。
未来の(あるいは棺桶に入った)自分の目を通して、今の自分を振り返るような。他人(あるいは世間)の目を通して「わが家」を内側から見ている自分のような。

内側と外側から同時に?

投稿者 このきんつばのうまいこと [TypeKey Profile Page] : 2006年03月30日 22:09

magnonさんの問題提起、学生である自分にとっても大変興味深いところです。始めそれについて触れた際、『先生はえらい』の一文が頭に浮かびました。
「漱石が『先生』の条件として挙げているのは、二つだけです。
一つは『何だか分からない人』であること、一つは『ある種の満たされなさに取り憑かれた人』であること、この二つです。」
対談本も楽しみなのですが、三砂先生が御著書の中で、「『思い通りにならない』ということを知るためにも結婚はした方が良い」といったことを書かれていたことをうろ覚えながら記憶しており、その辺りは同じ価値観が提示されている感も致します。
自分の中の「他者性」に触れることと、「思い通りにならない」ということを知ること(=「何だか分からない人」になること)は軌を一にしているようにも思えて来ます。

投稿者 daiaku [TypeKey Profile Page] : 2006年03月30日 23:35

堀江容疑者の贈り物の指摘のときもそうでしたが、「わかりやすい文章」に「見下した視線」を指摘され、目を開かされました。

あと、「他者」についての私見です。
「考え」がどこから来るのかという問いを立てたときに、「私の中」から来るという無自覚な答えを離れたときに、「他者」の意味がはっきりしてくると思います。
「考え」を「ひらめき」と言い換えると、よりわかりやすくなります。
「天啓」と言いますが、まさに天から来るひらめきは、「私の外」から来ているわけです。
どこまでが私か、どこからが私の外かについて考えを巡らせる必要があります。
その境界をはっきりとつかむのに必要なものが、「修練」であり、「他者」が何を意味するのかはわかりやすく書くなら簡単です。
読者を見下すことなくわかりやすく書くのに、また修練が必要となるわけですが。

投稿者 十海十波 [TypeKey Profile Page] : 2006年03月31日 13:39

他者と自己との境界があって、それを他者の了解の下、容易には記せませんか。
内田先生の「複素的身体」にしても、柳生宗矩の「水月」にしても、境界を無くす試みに甲斐があって、それ自体にどうしても有限性を伴う辺りに、妙があるような気が致します。
甲野先生が武術を「逆縁」の文脈を用いて語らざるを得ないのも同じであることと推察されます。
そういった、境界については、病跡学的な観点を用いてこそ、語られ得るべきであって、修練という領域に「先送り」するのは「他者」をないがしろにする試みである気すら致します。

投稿者 daiaku [TypeKey Profile Page] : 2006年03月31日 23:27

皆さんこんにちは。内田先生、ブログを掲示板のように使って済みません。

皆さんのいろんなご解釈、とても参考になりました。「複素」と言うのも自然科学のタームを好んで使ったラカン流の言い回しなのでしょうか?

「他者」って、考えていても分からないんだということがわかった気がします。きっと一所懸命雑巾がけをするとわかってくる類の事なんでしょうね。

投稿者 magnon [TypeKey Profile Page] : 2006年04月01日 20:16

しばらく留守にしていて、まとめて先生のブログを読みました。実に面白く、今度から少し我慢してまとめて読もうかと思うくらいでした。

>「猫なで声」の「わかりやすい文体」からは書き手の「見下
した視線」が無意識的ににじみ出す。
そのことにもう少し自覚的になったほうがいいと思う。

という所を読んで、「私の赤旗」と思いました。私は赤旗が
読めません。一部の知的エリートが無知蒙昧な一般民衆を啓蒙すると言いつつ「あんたらはなんも考えんでいいけんね。私らが考えて決めてやっけん」という態度が嫌いです。謙虚であり続けるというのはとても難しいことだと思います。もしかして
無知蒙昧の只中にあると(当人がそう思えば特に)、相手を一人の人としてみるということさえ出来なくなるのでしょう。けれど、いつだって人を相手にしていきたいのです。心に留めておかなければならないと思います。

投稿者 雪国のTT [TypeKey Profile Page] : 2006年04月01日 20:38

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?