BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 今年度最後の会議の日 | メイン | 『九条どうでしょう』プレミアム試写会 >>

2006年03月21日

王ジャパンの勝利を嘉す

ついついWBCの決勝戦を最後まで見てしまった。
まあ、見るよね。
休日の昼なんだから。
昼飯くってごろりとしてテレビを点けたら、なんと日本がキューバに勝ってるじゃないですか。
そのままアイロンかけをしたり、道着の破れを繕ったり、買い換えた携帯に情報を入力しながら最後まで見てしまった。
やあ、勝ったね。
勝ってよかった。
ご存じのとおり、私はこういう国際試合で熱狂的に自国を応援するタイプの人間ではないけれど、勝つ方が負けるよりもずっとよい。
その理由についてはオダジマ先生がたいへん洞察に富んだことを述べておられるのでご紹介したい。
WBCの結果について、オダジマ先生はこの1月には「優勝はない」という見通しを語っていた。
「野球はおそらくアテネオリンピック(→金メダルを当然視されながらの銅、しかもアマチュアのオーストラリアに二連敗)の二の舞に終わる。また順位とは別に、対韓国戦で惨敗するようだと、われわれのプライドは、その時点で著しく毀損されることになる。」(『九条どうでしょう』、毎日新聞社、113頁)(←そろそろ発売かな)
オダジマ先生、予測はずれちゃいましたね。
オダジマ先生は日本の敗北を恐れておられたけれども、それには十分な政治的理由がある。
覚えておいでであろうか。
2004年のサッカーアジアカップは、おおかたの日本人にとって、テレビの映像で中国の強烈な反日感情に触れたはじまりだった。
重慶でも北京でも、観客のブーイングはすさまじいものであった。
アジアカップを契機に噴出した反日感情とそれに対抗して亢進した国内での反中機運の高まりをオダジマ先生はこう総括する。
「救いは、最終的に日本が優勝したことだった。
もしあの状況で、半月以上にわたる執拗な侮蔑と失礼にさらされながら、私たちの日本代表が最終的に中国に負けていたら、われわれの対中感情はもっと致命的に硬化していたはずだ。
『ざまあみやがれ』
という感情は、もちろん立派な反応ではないが、それでも
『ちくしょう。おぼえてやがれ』
よりはずっと良い。
屈辱は、国家の健康状態にとって、最悪な危険要因になる。そういうことだ。」(119頁)
WBCでは、日本は一次リーグで中国に18-2と大勝、韓国には二敗のあと準決勝で6-0で雪辱を果たした。
問題のアメリカには「疑惑の判定」で敗北を喫したが、そのアメリカが二度目の「疑惑の判定」でモチベーションを上げたメキシコに惨敗して、日本はアメリカを退けて準決勝進出ということになった。
つまり、「ちくしょう。おぼえてやがれ」的メンタリティが日本国内に瀰漫するとたいへん危険なことになる対戦相手を幸いにもことごとく制したのである。
私が深く安堵する理由もおわかりになるであろう。
やあ、勝ってくれてよかった。
王監督ありがとう。イチロー選手も松坂選手もごくろうさん。
WBCに勝利することがわが国の「国家の品格」の向上に資するとは別に思わないが、こういうものにボロ負けしたあとに、「ちくしょう」的に鬱積する排外主義的エネルギーが「国家の品格」を下落させる方向に働くことは間違いない。
そうである以上、この優勝で「日本の品格」が維持されたことについて、王ジャパンの監督・選手ご一同に対して心からの感謝を申し上げたいと思うのである。
みなさんのおかげで日本人はしばらくのあいだ、中韓米に対する「勝ち負け」に感情的にのめり込む機会をスルーすることができる。
「勝つ」ということのもたらす最良の功績は、「勝ち負け」についてしばらくの間考えずに済むということである。
王ジャパンはティファニー製の優勝トロフィーよりもずっと価値のあるものを日本人に贈ってくれたのである。

投稿者 uchida : 2006年03月21日 15:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1624

このリストは、次のエントリーを参照しています: 王ジャパンの勝利を嘉す:

» 『三流の言分』 03/21/06〆 from BLOG バカヤマ
続報:現在、九回裏10〓5です。ラミレスが粘ってます。イチローが獲った、あとアウトふたつ、ランナーは三塁。内野安打でキューバが一点返した、がんばれ大塚っ。 三... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月21日 19:49

» ドキドキ、世界一への道! from Kokohore Vickie
今までMixiでひとり実況中継(?)していました。 途中見ず知らずの大阪のおにい [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月21日 20:06

» 【スポーツ】 WBC 日本 世界一 キューバを下し勝った! from すなっくのネット時代をぶっとばせ!
 WBC、完全にTVにかじりつ状態でした。  やったー。勝ったー。    ついガッツポーズをとってしまいました。  祝儀TBとばします。みなさんのブ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月21日 23:12

» WBC 決勝戦 日本 vs キューバ from Shoulder.jp
松坂は立ち上がりからボールがストレートもスライダーも高めに浮いていたので、ハラハ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月21日 23:20

» 世界の王 from 人生はタイトロープ
■祝☆王ジャパンWBC制覇! OH JAPAN -OUR TIME IS NOW-TMG by G-Tools…そしてWBC中にウチダ先生が書かれたヒジョーに... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月21日 23:41

» 侍の国 from CROSSROADS
オリンピックについて触れなかった俺がなぜ野球なぞという同じく権威的なモノについて語らねばならんのや!?…と己に憤慨しつつも触れなければならんくらいに感動したこの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月22日 00:09

» 侍の国 from CROSSROADS
オリンピックについて触れなかった俺がなぜ野球なぞという同じく権威的なモノについて語らねばならんのや!?…と己に憤慨しつつも触れなければならんくらいに感動したこの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月22日 00:16

» スポーツにおける勝者 from 利き耳はどちら
日本が優勝。最上の結果でしょう。 ただ、大会としては日本とキューバが決勝に駒を進めた時点で完結していたのではないでしょうか。 何が最上であったのかと言うと、ア... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月22日 01:26

» WBC―王ジャパンが世界一!!! from 博多っ子の元気通信
それにしてもすべてがドラマだった。王ジャパンは一度「死にかけた」のに生き返った。メキシコに助けられたし、韓国にも準決勝で勝たせてもらった。メキシコがアメリカに勝... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月22日 05:57

» 第一回WBC 王ジャパン世界一 をスポーツ新聞で見る! from Shoulder.jp
・ニッカン ・スポニチ ・スポーチ報知 ・デイリー ・トーチュウ ・サンスポ ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月22日 15:49

» WBCはこれからどうなるのだろう from Letter from the wind 3
ちょうど1週間のご無沙汰をしました。 こんなに長引くのは珍しいほどいつまでも病 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月23日 13:59

» 藤原正彦『国家の品格』──(2)「ナショナリズム」と「パトリオティズム」 from Letter from the wind 3
「愛国心」には2種類の考え方が流れ込んでいる、と著者は言う。 一つは「ナショナ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月23日 14:04

» 国家の品格 from 本の紹介ページ
国家の品格 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月27日 13:27

» 『国家の品格』 from 「ビジネス・ブック・マラソン」 バックナンバーズ
『成功読書術』発売中です! 土井の初の著書『成功読書術―ビジネスに生かす名著の読み方』 が好評発売中です。 おかげさまでAmazon.co.jpの和書ラ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月06日 01:25

コメント

こちらが「ざまあみやがれ」と感じる事により鬱屈した感情を持たずに済んでも何処かで「ちくしょう。おぼえてやがれ」と思っている人は何処かにいる訳で。
代理戦争と化してしまったナショナルスポーツはガス抜き以外の健全な作用をするとは思えません。そういう意味でこの大会の位置づけを代理戦争の側に振ってしまったイチローに罪はあると思います。

投稿者 yu_kihiro [TypeKey Profile Page] : 2006年03月22日 21:52

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?