BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< かんきちくん一索を自摸る | メイン | 詩人と批評家 >>

2006年03月12日

村上春樹恐怖症

村上春樹の自筆原稿を担当編集者だった安原顯が古書店に売り払った事件について、『文藝春秋』に村上春樹自身がこの「名物」編集者との奇妙なかかわりについて回想している。
私は安原顯という人の書いたものをほとんど読んでいない。
ジャーナリズムの一部では「玄人好み」の評が高かったことを記憶しているが、わずかに読んだ文芸時評やエッセイ類からは「ずいぶん圭角のある人だ」という印象を受けたことしか覚えていない。
その人物と作家とのジャズバー経営時代からの二十五年にわたった交渉を綴った文章の中で、村上春樹は安原顯についてふたつ重要なことを書いている。
私は安原顯という人には興味がないが、彼が体現していた日本の文壇的メンタリティにはいささか興味があるのでここに採録するのである。
ひとつは安原顯が中央公論を口汚く罵倒しながら、サラリーマンをなかなか辞めなかった点について。
「どれほど突っ張っていても、サラリーマン的な生き方はこの人の中に意外に深く染みついているのかもしれないと、そのときふと考えた。僕は一度も会社勤めをしたことがないので、『中央公論社の社員』という肩書きがどれくらい大きなものなのか、それが与えてくれる安定した収入がどれくらい重要な意味を持つのか、実感としてよくわからない。それでも、会社の存在を都合良く利用しているのなら、そこまで悪し様に罵倒することもないんじゃないかと思った。会社という組織をうまく利用するのはもちろんかまわない。しかしそれなら、口にする言葉はやはり選ぶべきではないか?それなりの含羞というものはあってしかるべきではないか?」(村上春樹、「ある編集者の生と死 安原顯氏のこと」、『文藝春秋』、2006年4月号、267頁)
この「含羞」という言葉に村上春樹の安原批判の鍵があるような気がする。
私たちの自己評価と世間からの外部評価との間には必ず落差がある。
その落差はよほどアンバランスな場合でなければとくに害にはならない。
外部評価より高い自己評価は自己嫌悪を防いでくれるし、自己評価より高い外部評価は向上心を起動させてくれる。
ピース。
でも、自己評価が分裂している場合はそれほど簡単ではない。
自分には才能があるという自惚れと、自分には才能がないのではないかという猜疑がせめぎ合っている場合。
自分は潔白だという確信と、自分は有責だという疚しさが同時に自分の中にある場合。
そういう場合に私たちはなんとも片づかない心理状態になる。
含羞はその「バランスの悪さ」の一つの現れである。
バランスの悪さにはほかにもいろいろな現れ方がある。
含羞は(わかりにくい言い方を許してもらえるなら)その中でも「バランスのよいバランスの悪さ」である。
「すがすがしい負けっぷり」とか「生き生きとした死に方」とか「暖かみのある冷淡さ」とか、そういうものと似ている。
「バランスのよいバランスの悪さ」は人間の美質のうちで私がいちばん評価するものの一つである。
わかりにくくてすまない。
話を戻すと、安原という人は村上春樹の文章を読むと「バランスの悪い、バランスの悪さ」に居着いてしまった人のようである。
そして、ある日手のひらを返したように安原顯は「自分が育てた」と言っていた当の村上春樹批判を始める。
「そしてある日(いつだったろう?)安原さんは突然手のひらを返したように、僕に関するすべてを圧倒的なまでに口汚く罵り始めた。(・・・)その批判のあまりの痛烈さに僕は度肝を抜かれた。そこには紛れもない憎しみの感情が込められていた。一夜にして(としか思えなかった)いったい何が起こったのだろう?いったい何が、安原さんをして僕の『敵』に変えてしまったのだろう?正直言って、僕にはまったく見当がつかなかった。」(270頁)
私はこの「豹変」の記述はかなり正確なものではないかと思う。
何か具体的な行き違いがあって生じた不仲とは違う、もっと本質的な嫌悪がおそらく編集者のうちに兆したのである。
その理由について(直接的にではないが)、村上春樹は安原顯自身の自己の「作家的才能」についての評価誤差があるのではないかと推測しているようだ。
「安原顯氏が小説を書いていたことを知ったのは、かなりあとになってからだ。彼はいくつかの筆名で、あるいは時に実名で短い小説を書いて、それを文学賞に応募したり、あるいは小さな雑誌に発表したりしていた。(・・・)正直言って、とくに面白い小説ではなかった。毒にも薬にもならない、というと言い過ぎかもしれないが、安原顯という人間性がまったくにじみ出ていない小説だった。どうしてこれほど興味深い人物が、これほど興味をかき立てられない小説を書かなくてはならないのだろうと、首をひねったことを記憶している。(・・・)これだけ派手なキャラクターを持った人ならもっと面白い、もっと生き生きとした物語が書けていいはずなのにとは思った。しかし人間性と創作というのは、往々にして少し離れた地点で成立しているものなのだろう。
知る限りにおいては、彼の小説が賞を取ることはなかったし、広く一般の読者の注目を引くこともなかった。そのことが安原さんの心を深く傷つけたようだった。(・・・)安原さんがその人生を通してほんとうに求めていたのは小説家になることだったのだろうと今でも思っている。編集者として多くの作家の作品を扱ってきて、『これくらいのものでいいのなら、俺にだって書ける』という思いを抱くようになったのだろう。その気持ちはよくわかる。また書けてもおかしくはなかったと思う。しかし、何故かはわからないのだが、実際には『これくらいのもの』が書けなかったのだ。」(267-8頁)
「眼高手低」という。
創造よりも批評に傾く人は、クリエーターとしてはたいした仕事はできない。
これはほんとうである。
私自身がそうであるからよくわかる。
私もまた腐るほどたくさんの小説を読んできて、「これくらいのものなら、俺にだって書ける」と思ったことが何度もある。
そして、実際には「これくらいのもの」どころか、一頁さえ書き終えることができなかった。
銀色夏生さんは歌謡曲番組をTVで見て、「これくらいのものなら、私にだって書ける」と思って筆を執り、そのまま一気に100篇の歌詞を書いたそうである。
「作家的才能」というのはそういうものである。
努力とか勉強とかでどうこうなるものではない。
人間の種類が違うのである。
作家と編集者の間には上下の格差や階層差があるわけではない。
能力の種類に違いがあるだけである。
けれども、これを人間的資質の差や才能の差だと思う人がいる。
不幸な錯覚であるけれど、思ってしまったものは仕方がない。
安原顯が村上春樹を憎むようになったきっかけは、安原の作家的才能に対する外部評価が、彼が望んでいるほどには高くなかったことと無関係ではないだろう。
作家の直筆原稿という生々しいオブジェを換金商品として古書店に売り飛ばしたというところに私は安原の村上春樹に対する憎悪の深さを感じる。
原稿を「モノ」として売るということは、作品をただの「希少財」(珍しい切手やコインと同じような)とみなしたということである。
死にかけた人間がいくばくかの金を求めてそんなことをするはずがない。
これはおそらく作品の「文学性」を毀損することだけを目的としてなされた行為と見るべきだろう。
「こんなものは文学じゃない。これはただの商品だ」
安原顯はそう言いたかったのだと思う。
死を覚悟した批評家が最後にした仕事が一人の作家の文学性そのものの否定であったという点に私は壮絶さに近いものを感じる。
どうして村上春樹はある種の批評家たちからこれほど深い憎しみを向けられるのか?
この日記にも何度も記したトピックだが、私にはいまだにその理由がわからない
けれどもこの憎しみが「日本の文学」のある種の生理現象であるということまではわかる。
ここに日本文学の深層に至る深い斜坑が走っていることが私には直感できる。
けれども、日本の批評家たちは「村上春樹に対する集合的憎悪」という特異点から日本文学の深層に切り入る仕事に取り組む意欲はなさそうである。

投稿者 uchida : 2006年03月12日 20:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1599

このリストは、次のエントリーを参照しています: 村上春樹恐怖症:

» 村上春樹、原稿流出事件を考える 〜生原稿の消滅〜 from モグラのあくび
「本など読むな、バカになる」(図書新聞 1994) 村上春樹の中央公論社での担当だった安原氏が、『ねじまき鳥クロニクル』を批判した言葉だという。(詳しくはht... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月12日 21:15

» 才能がないことの哀しさ。 from 赤い新月がのぼるとき
村上春樹による安原顕批判について、内田樹氏がブログでコメントしている。 (村上春樹恐怖症) ****** 創造よりも批評に傾く人は、クリエーターとして... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月12日 21:21

» 作家と編集者は、互いを補完する生き物である。 from ある編集者の気になるノート
う〓ん、すごい。 僕も、「文藝春秋」の例の記事を読んだけど、こういう考え方には至らなかった。 村上春樹恐怖症(内田樹の研究室)「眼高手低」という。 創... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月12日 21:35

» 「ねじれ」の話 from M17星雲の光と影
大学時代、下宿生活をしていてひとつ気づいたことがある。貧乏な六畳一間暮らしだったのだが、ラジカセやレコードプレイヤー、レシーバーなどオーディオ関係の機械が比較的... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月12日 21:36

» 『秋のカフカ』 03/10/06〆 from BLOG バカヤマ
追記:この件は単なる不幸な事故ではなく“日本文学の深層に至る深い斜坑”の一部が地表に露出したのだ、とウチダ先生はお考えのようです。 安原さん個人(が最後の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月12日 21:38

» [時事]作家と”批評家” from いっつあんのひとり言
asahi.com -自筆原稿流出、村上春樹さん「一種の盗品」と問題提起 http://www.asahi.com/national/update/0310/... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月13日 01:35

» [本の記憶]ヤスケンさん、何か言ってよ? from 歩行と記憶
ISBN:4344406486:detail  毎日新聞3・10の『村上春樹さん生原稿流出』、[「氷の宮殿」翻訳古書店で100万円]、ー元編集者が無断で自宅へー... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月13日 11:12

» 無頓着な業界の無頓着な人々 from もりもりもりあがる雲へ歩む
まずは「コピーを渡す」ってことにしたらどーだい? 村上春樹:直筆原稿が古書店に大量流出 編集者が無断売却 自筆原稿流出、村上春樹さん「一種の盗品」と問題提起 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月13日 11:27

» 古書店に「氷の宮殿」の原稿が流れていると村上春樹氏 from 銀河最終便
村上春樹氏が自筆原稿の流出事件について文藝春秋4月号に 「ある編集者の生と死」を寄稿している。 (TVのニュースでも取り上げられ、新聞でも報道されたらしい。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月13日 15:38

» [雑記]雪 from 窯猫通信覚書〜銅版画日記
文藝春秋の記事は読んだ。勿論怒りと、そうして色んな意味でひどく悲しい気持ち。内田樹氏の文章が興味深かった。 25日のシンポジウム『春樹をめぐる冒険―世界は村上... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月13日 19:13

» ある編集者の生と死ー安原顯氏のこと from 世界の終り
この表題で村上春樹氏が文藝春秋に記事を寄せている。村上氏がこの手の文章を書くのはきわめて異例であるので読んでみた。私は直接は安原氏を知らないし、文章もほとんどは... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月13日 21:09

» ポジティヴとオジギソウ。(66.8) from shiba's scope
 内田樹先生のブログに、「含羞」について書かれてあり、うー確かに、と頷くことしきり。「バランスのよいバランスの悪さ」。先生が意とされているをどれくらい理解できて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月14日 00:05

» マリ・クレールといふ文芸誌 from 非日乗的日乗inowe社長blog
昔日の中央公論は文藝春秋と双璧でございました。文庫も新潮や角川とも一味異なり、わたくしはファンでした。 『海』とゆう文芸誌が良質で、廃刊したときは惜しむ気持ちが... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月14日 00:21

» 長嶋茂雄と村上春樹と恩田陸 from 本と私と月のあとさき
今日、噂の「文藝春秋」村上春樹節、 (どう考えても節でしょ。あれで一冊書いてもなんら小説と変わらないでしょ) ちょいとだけ読んで来ました。 だって閉店時間... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月14日 00:36

» 村上春樹が忌避したもの from asyuu@forest
内田樹教授のブログで、「村上春樹恐怖症」というエントリーを読む。 村上春樹の自筆原稿を編集者の安原顯氏が、勝手に古書店に売却したことが問題となっている。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月14日 01:58

» 村上春樹、文藝春秋、安原顯 from SoulkissJP@Blog
ニュースでも話題になりましたが、文藝春秋4月号に村上春樹氏の追悼文が載せられいます。自分の気持ちを整理するために断片化した記憶を紡いで書き上げたのだと思います。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月14日 02:01

» <日常>才能の残酷 from そなたんパパの備忘録
 政治や社会に関しては首をかしげることが少なくないウチダ先生のブログだが、文学に関する文章の切れ味はさすがである。 内田樹の研究室(村上春樹恐怖症) 内... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月14日 02:15

» 完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。 from 1yard
村上春樹の自筆原稿ネットで流出、販売 - nikkansports.com > 社会ニュース 作家村上春樹さんの自筆原稿が本人に無断で流出し、古書店やイ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月14日 03:28

» 出版業界ニュースリンク06年03月14日(火) from booplog
■村上春樹恐怖症(内田樹の研究室) 「死にかけた人間がいくばくかの金を求めてそんなことをするはずがない」というのは同感でございます。 ■ノンタン30周年... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月14日 10:24

» 小説も「意味から強度へ」?((http://d.hatena.ne.jp/sivad/20060311#p1)) from 生存適者日記
http://blog.tatsuru.com/archives/001595.php 今回は絡むわけではありませんが、特に最近の村上春樹は「意味から強度へ」が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月14日 16:53

» 作家と編集者 from 江村哲二の日々創造的認知過程
かの村上春樹の事件については,村上自身が「文藝春秋」にコメントを発表しているが, [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月14日 18:13

» 「ある編集者の生と死」にまつわる雑感 from bananafish@another space
1992年暮れに『アンドレ・デビュース作品集1:アダルタリー』という訳書を出したとき、真っ先に書評に取り上げてくれたのが故安原顯氏だった。当時、安原顯といえばス... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月15日 09:24

» 村上春樹の手書き原稿流出事件 from af_blog
先日、報道ステーションを見ていたら 見たことのある顔がアップで出てきたのでびっく... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月15日 13:26

» [ from M17星雲の光と影
文藝春秋4月号の村上春樹「ある編集者の生と死」を読む。実は読みたいという気持ちと、(少なくとも)今はあまり読みたくないという気持ちが相半ばしていた。人並みの好奇... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月15日 17:25

» 「ある編集者の生と死」を読む from M17星雲の光と影
文藝春秋4月号の村上春樹「ある編集者の生と死」を読む。実は読みたいという気持ちと、(少なくとも)今はあまり読みたくないという気持ちが相半ばしていた。人並みの好奇... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月15日 20:16

» 在るものを斬る事とものを創る事は雲泥の差。 from ファントムって胸キュン?
http://blog.tatsuru.com/archives/001595.php 今日から作業モードに突入しますのでその足がかりに。 作品をうまく消化して... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月16日 17:58

» 村上春樹の編集者・安原顯に対する赤裸々な回想と批判を読んで from LINDEN日記
文藝春秋4月号に掲載されている「ある編集者の生と死」をようやく読みました。こんなに面白い読み物は久しぶりでした。それにしても、村上春樹の初期自筆原稿がヤフー・オ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月18日 02:47

» [雑録][本]村上春樹恐怖症=青春への憧憬? from 冗談を休み休み言いたい。
友人[http://d.hatena.ne.jp/Lisbon22:title=Lismon22]くんが3月25・26日に行われる[http://www.jpf... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月18日 16:23

» 語るに落ちる(村上春樹) from 徒然と(美術と本と映画好き...)
村上春樹の生原稿が、古書店やインターネットオークションで高値 をつけているらしい。 ・自筆原稿流出、村上春樹さん「一種の盗品」と問題提起 問題提起とやらの文藝... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月19日 03:47

» 含羞 from Holonics Agenda
感銘を受けた言葉 内田樹の研究室: 村上春樹恐怖症私たちの自己評価と世間からの外部評価との間には必ず落差がある。 その落差はよほどアンバランスな場合でなけれ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月19日 06:02

» 村上春樹の原稿流出事件に思う:Why He Sold Murakami Manuscripts? from Long Tail World
I read Haruki's article on Bungei Shunju -April Edition about his former editor ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月24日 13:34

» 村上春樹、ノーベル文学賞? from 韓国お気楽日記
以前のブログにも書いたが、私は村上春樹の小説をほとんど読んだことがないくせに、彼のエッセーは大好きで何度読み返しても飽きることがない。「遠い太鼓」(1990)、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月25日 00:43

» 村上春樹氏にカフカ賞〜王JAPANに続く快挙か from 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
 作家の村上春樹氏に、チェコの「フランツ・カフカ賞」が贈られる、との報道を見て、喜んだ人は僕の世代に多いだろう。比較するのも、余りにおこがましいが、僕も同じ19... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月25日 18:10

» 村上春樹と枡野浩一 from 小説のような日々
枡野浩一のかんたん短歌blogに、村上春樹が文藝春秋四月号に寄せた『ある編集者の [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月25日 20:57

» 【日記帳から】村上春樹その後 from 枡野浩一のかんたん短歌blog powered by ココログ
※ちっとも「日記」ではないが……。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月03日 08:49

» 村上春樹 from PukiWiki/TrackBack 0.1
む 村上春樹 † 【むらかみ はるき】 京都市伏見区生まれ 1949/01/12- はてな Wikipedia 映画『A2』をめぐって 村上春樹... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月31日 13:50

» 幻の「あの本」を読む(春樹ファンへのお中元) from M17星雲の光と影
このあいだの日曜日、暇をもてあまして近所のブックオフへ出かける。(他にいくとこないんかい。あ、は、はい、とくにないんです、すいません)いつもの105円コーナーの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月13日 23:19

» 村上春樹とノーベル文学賞 from Funky, Punky People
   ハルキストでござーい。 村上春樹氏がノーベル文学賞「候補」にあがっているそうですね!  って確かシドニーオリンピックの頃から言われていることですね! ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月28日 21:58

» phentermine from phentermine
宸騁皙宸銘〓宸〓磊宸〓瞿尢蚯〓宸〓碚宸諫茸宸簽磬宸〓磊宦〓 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月26日 09:45

コメント

Doraと申します。初めまして。いつも興味深く拝見させて頂いています。

安原顯さんという方は、書評や書籍を読むかぎり、「作品の評価」と「作者との人間関係」とを切り離せない人(つまりダメな人)だったと思うので、そういうことじゃないでしょうか。

>ある種の批評家

そういう人達じゃないでしょうか。

ではでは。

#生意気言ってすみません。

投稿者 Dora [TypeKey Profile Page] : 2006年03月12日 21:48

>けれどもこの憎しみが「日本の文学」のある種の生理現象である

のあたりが、わたしにはよくわかりませんでした。そういうものなんでしょうか?

それはそうと一読者としては、去年秋頃、BLOGで触れられていた『クリエイティヴ・ライティング』クラスでウチダ先生が書き上げるかもしれない『小説』を是非読んでみたかったりします。いつ開講されるのでしょう (マテ〆

投稿者 バカヤマびと [TypeKey Profile Page] : 2006年03月12日 22:25

せっかく先生にMozillaとかSafariだと大丈夫と教えていただいたのですが、私のパソコンの係りの者が一番忙しい時なので何も試しておりません。ごめんなさい。
昔、私は日本を代表する(と私たちはウットリと憧れながら思っておりました)近代文学の研究者の先生に教えていただいておりました。私の頭の中でボワーンとしたり、モヤモヤっとしたりしたものが、先生の口からはっきりした日本語になってでてくるのでした。
私がショックだったのはその私の神様みたいな先生が小説家になろうと志してうまく行かなかった方だったということです。
批評も研究も確かに小説なり詩なり短歌なり、対象物がなくては成り立たないものかもしれません。でもやはり新しいものを作っているのです。決して、小説の下に来るものではありません。小説家になれなかったから批評家になるのではないと思います。批評したり、研究したりすることもまた才能がなくては出来ないことだと思います。
私はどうしても村上春樹さんの物が読めません。安原さんという方の書いた物を読んだ事もないと思います。でも何だか自分の仕事と自分自身に対する誇りというものが持てなかったのかなあと思って今朝の新聞を読みました。お金ではないと思いました。内田先生のブログを読んで納得がいったように思います。

投稿者 雪国のTT [TypeKey Profile Page] : 2006年03月12日 23:43

面白く拝読しました。初めてコメントいたします。

それにしても、村上春樹ほどの大作家が、なぜここまでしなければならないのかが不思議に思われました。
単なる批判を超えた感情を感じずにはいられません。
この一連のことを私なりに分析すると、村上春樹による父殺しの試み、ではないかという気がしています。
村上春樹に父とみなされている安原はすでに亡き者となっていますが、この種の手続きにおいては関係ないことですよね、おそらく。
安原=父、でなければ、村上春樹のこれほどまでに濃い感情が説明できないような気がするのです。

投稿者 胡蝶蘭 [TypeKey Profile Page] : 2006年03月13日 00:37

胡蝶蘭さんのコメントに触発されて、つぎのように思いました。
文春の記事は、村上自身による<「村上春樹に対する集合的憎悪」という特異点から日本文学の深層に切り入る>作業ではないか。

投稿者 ハットリ [TypeKey Profile Page] : 2006年03月13日 06:46

編集者というのは、おおかれすくなかれ、過剰な俗物性をかかえているのだと思います。しかしまた、それに辛うじて足を掬われない含羞というかメタコグニションもまた自分のうちに両立させているのです。俗物性をちやほやされただけの編集者はこのバランスを失うのでしょう。そうすると、俗物としか言いようのない末路が待っています。

投稿者 いがらん [TypeKey Profile Page] : 2006年03月13日 10:05

1.含羞はその「バランスの悪さ」の一つの現れである、と いうこと、また「バランスのよいバランスの悪さ」の指摘、とても興味深いです。
村上春樹を読み解くときの、大きな助けになりますね。村上春樹研究者に教えたい。

どうして村上春樹はある種の批評家たちからこれほど深い憎しみを向けられるのか?
ということについては、端的にいって「嫉妬」だと思います。「ある種の批評家」がどうしても越えられない「溝」をたやすく越えている人間に対する嫉妬。男の嫉妬は恐ろしい。

村上春樹も傷ついているのですね。村上春樹の作品の中に、編集者から「君には大切な何かが欠けている」と言われるエピソードがあったように記憶しています。私は、じつは編集者にそう言われて初めて、村上春樹の中で何かが欠けたのでは、と思ったりします。

私は最近、村上春樹の作品に熱中できません。その理由はわかりませんが、手書き原稿と、ワープロ原稿の違いにもしかすると関係かあるかもしれません。今回の騒動を知り、村上春樹自身が、手書きのころの「自分」を取り戻したくてたまらないのかなという思いをもちました。

投稿者 十海十波 [TypeKey Profile Page] : 2006年03月13日 15:58

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?