BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< まず日本語を | メイン | 私の好きなふたつのこと(さらに増補改訂版) >>

2006年02月04日

キャリング・キャパシティの限界

今朝の毎日新聞で少子化問題について古田隆彦青森大学教授(人口社会学)がきっぱりした正論を書いておられた。
毎日新聞を読んでいる方はあまり多くないので(論調の抑制がきいたよい新聞であるのにね)ここにご紹介するのである。
人口容量(carrying capacity)という概念がある。
「容量が一杯になると、原生動物からほ乳類まで、ほとんどの動物は生殖抑制、子殺し、共食いなどで個体数抑制行動を示し、容量に確かな余裕が出るまで続ける。」
日本列島の人口容量は、旧石器時代で3万人、粗放農業文明期で700万人、集約農業文明期で3300万人と推定されている(江戸時代が3000万人、明治末期で5000万人)。
「この壁にぶつかる度に、日本の人口は停滞もしくは減少を繰り返してきた」
人口容量が限界に近づくと、どういうことになるか。
限りあるリソースの分配方法の選択を迫られることになる。
「親世代は自らの水準を下げて子どもを増やすか、水準を維持して子どもをあきらめるか、の選択を迫られる。が、すでに一定の豊かさを経験している親世代は、それを落とすことを嫌うから、事前に晩婚や非婚を選んだり、結婚後も避妊や中絶を行って出生数を減らしていく。」
現在日本の人口は1億3000万人。これは列島のリソースが養える限界に近い数値である。
「そこで、多くの日本人は無意識のうちに人口抑制行動を開始」しはじめてる。
「つまり、『晩婚化・非婚化』や『子育てと仕事の両立が難しい』という理由の背後には、『飽和した人口容量の下で自らの生活水準を維持しよう』という、隠れた動機が働いている。」
「ところが、エンゼルプラン以来の少子化対策は生活水準を上げてしまう。人口容量が伸び悩んでいる時、生活水準をあげれば、許容量はますます縮小し、その分出生数を減らし死亡数を増やして、人口を減らす。ミクロの増加がマクロの減少を招くのだ。
『子育てと仕事の両立を進めるな』と言っているのではない。『この種の政策では出生数の回復は無理』と言っているのだ。」
古田先生のご意見にわが意を得た思いである。
私がエンゼルプランや男女共同参画社会の基本的な発想に対して懐疑的なのは、これらの施策がその根本的な人間観として、「人間は金で動く」ということを自明のものとしているからである。
エンゼルプランというのはひとことで言えば「金をやるから子どもを産め」ということである。
男女共同参画社会の基本にある人間観は、「男も女も要するに金が欲しいんだろう」ということである(「金」のかわりに「個性発現の機会」とか「潜在可能性の開花」とか、言い換えても構わないが)。
キャリング・キャパシティに余裕があるときは、「金」は「生物的リソース」と相関しているから、金を求める行動を最優先することは生物としての生存戦略と背馳しない。
しかし、リソースが限界に近づくと、「金」はもうリソースの分け前を「兌換」的には表象しなくなる。
それは、「タイタニック号沈没間際」になると、札びらを切ってももう誰も「ボートの席」を売ってくれなくなるという状況と類比的である。
日本人は(なけなしの)生物的本能によって、「これ以上人口を増やすと個体の生存戦略上不利である」という判断を下した。
もちろん、人を生存戦略上不利な選択へと「金」で誘導することもできないわけではない。
できるかも知れないけれど、そんな誘導にひっかかるのは、生存戦略不利な生き方を平気で選んでしまう個体だけであるから、そんなDNAを受け継いだ子どもたちがたくさん生まれても定義上、「種の存続」の役には立たない。
少子化対策をする気があるなら、子どもを増やすことではなく、人口容量を増やす工夫に向かうべきだろう。
しかし、それは画期的な文明の転換がなされない限りありえない。
いまさら海外に植民地を作るわけにもゆかない。
だとすれば、私たちが選択できるのはスマートに「縮むこと」だけである。
ということを何年も前から申し上げているのだが、同意してくださるかたがほとんどいなかった。
今回、人口社会学者の力強い同意を得たので、ここに欣快の意を表するのである。

投稿者 uchida : 2006年02月04日 09:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1547

このリストは、次のエントリーを参照しています: キャリング・キャパシティの限界:

» 『いつわりの三色旗』 02/03/06〆 from BLOG バカヤマ
[Return to Front Page of Bakayama] 続報:なんだかスゴクひどいことを仰ってるのは、わたし達にもわかるんだけど、どのくらい非道... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月04日 10:36

» 美しい星 from 葛葉真紀の棚
最近、夕暮れの空にひときわ光り輝く星が見える。 調べてみると、金星のようだ。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月04日 17:30

» 『あきらめの壁をぶち破った人々』中尾英司著 読んだ。 from ようちゃん2号の大部屋暮らし
著書の中の主人公が、「今、なぜそうなっているのか、過去の経緯を知らなければ問題提起に答えられない」って社内の人に向けてメールで書いているけれど、その通りで、過去... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月04日 22:27

» 少子化傾向 from 不思議の国にいる君へ
“行列のできる法律相談所”の橋本徹弁護士にもうすぐ6人目の子供ができるそうです。 日本の少子化傾向に対して、たった一人で立ち向かっているのかもしれませんね(二... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月05日 00:18

» キャリング・キャパシティの限界 from マインドマップの描き方
内田樹さんのブログ記事:キャリング・キャパシティの限界に感銘を覚えたので、マイ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月06日 01:19

» それでも人間は限界を超えてきた from 本と私と月のあとさき
久しぶりに内田樹さんのブログを読んだ。 とりえずキャリング・キャパシティ論には「うんうん」と思ってしまった。 私は年頃で言えば、一昔前ならば結婚適齢期で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月06日 01:46

» 人口容量のあやしい議論 from 烏有亭日乗
 内田樹(以下敬称略)のブログはときどきのぞいているのだが、最近のものに、人口容量carrying capacityについての議論があった。私は取り上げてある毎... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月06日 19:38

コメント

トラックバックさせていただきました。
少子化について、以前より考えていたことの結論が出たようで、嬉しかったです。
ありがとうございました。

投稿者 葛葉真紀 [TypeKey Profile Page] : 2006年02月04日 17:46

現代で、勝った負けたを論ずる場合、「役に立たない(人間)」は、まず負ける方だと思います。
よく知らないのですが、むかーしの人は、とっとと隠遁生活をすべく、せっせと働いてのんびり暮らしたいと願っていたみたいです。
都市部での欲望は、生命の燃焼を燃費無視でぶんまわす傾向があるので、ちょっと、疲れますよね。

投稿者 寝坊助 [TypeKey Profile Page] : 2006年02月05日 12:50

この「列島のリソースが養える限界」というのはトリッキーな概念だと思います。基本的に日本は自給自足ではなくて輸入にそのリソースを依存しているし、その対価は輸出している工業製品などの生産によるものだとおぼろげながら理解しています。要するに、日本列島と日本国民の生活が閉じた系で完結しているのであればその理屈は成り立ちますが、現実にはそうなっていない。
もちろん絶対的な人口のキャパシティというのは世界的にはあるだろうし、この国にもある、今以上増える必要もことさらないということは感覚的にわかるのですが、むしろ要諦は人口ピラミッドの形状だと思います。列島のリソースとはとりもなおさず、海外から物質的なリソースを獲得するための対価としてのモノを生み出す生産力、労働力なので、これが減少すると、それに比例して列島リソースも減少するのではないでしょうか。ですから子供を増やすということはその十数年後の生産人口=列島リソース=人口キャパシティを確保するというように直結するのだと思います。
人口ピラミッドを見てみると、今少子化を肯定すると、逆三角形とはいかないまでも将来それに近い人口分布になります。わたしは第二次ベビーブームの30代ですが、少なくとも私の世代が4,50年後に死に始めるまでは現状維持で、それ以降なら人口減少しはじめてもそれほどいびつな形にはならずに、スマートに縮小することはなんとか可能です。しかし今の調子で少子化が続くとしんどくなるのは明らかですね。
http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2000/kihon1/00/00.htm

http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2000/kihon1/00/00.htm

投稿者 KEN [TypeKey Profile Page] : 2006年02月05日 17:59

http://www.ipss.go.jp/syoushika/seisaku/html/111a2.htm

上のサイトによると、この調子でいくと、50年後には現在の1億3000万人から、1億人程度に減少するようです。
実際、今年が人口転換期だといっても50年たっても第2次ベビーブームの私たちの世代が死ぬまでは大して人口は減らないというのがわかります。一方生産人口の割合は7割から5割に減少、13000万x0.7=9100万から10000万x0.5=5000万に減少。
この9100万人>5000万人というのがに日本列島の生産人口であり、列島リソースであると思います。この部分を第二次ベビーブーマーが死ぬまでは減らしすぎないというのが少子化対策なんだと思います。
あともうひとつの妄想は、金融産業の発達でしょうか。
たとえば90才の老人は生産人口に含まれていないので、海外のリソース獲得に寄与しないのか?といえば必ずしもそうはなりません。高齢者の資産、巨大な個人資産だとか年金マネーだとかいろいろあるでしょうが、それが堅い株式投資やら運用できちんと配当を海外からひっぱってこれる、インドの大手ソフトウェア会社の株主の100%は年金マネーの投資ファンドであるというようなケースなどはよい例かもしれません。これは資本主義的にインドのIT技術者の労働力をピンはねしているということになります。
いずれにせよ、この人口、リソース、生産力、マネーというのは、日本国内でクローズドになっていないのでなかなか一概には言えないですね。

投稿者 KEN [TypeKey Profile Page] : 2006年02月05日 18:39

このところ、ささいなことで子が親を殺したり、ありふれているように思える人間関係のもつれなどですぐに人を殺したり、あるいは罪もない子供を性癖ゆえに殺したり、というような殺人事件があまりに多く感じるのですが、それも、『人口抑制』本能ゆえに人口を減らすきっかけを探しつづけているために起きているのでしょうか。そのような考え方はあまりに安直ですか?

投稿者 masaki [TypeKey Profile Page] : 2006年02月05日 21:43

始めまして
毎日新聞も古田さんの本も読んでいないので、コメントするのを少し憚ったのですが、気になるのでどなたか教えていただければ幸いです。「リソースが限界」というのは類としての問題で、個体としての問題ではないはずです。それぞれの個体は、どのようにリソースが限界であるということを認識できるのでしょうか。また、いまの日本列島社会で、そのような認識がどのようにいきわたっているのか疑問です。
また、個体が生命を再生産してもいいかと思えるような条件と人口容量の相関関係についても、どなたか教えていただければ幸いです。質問ばかりですみません。

投稿者 tu-ta [TypeKey Profile Page] : 2006年02月08日 04:26

tu-taさん、「わど」と申します。これが引っ掛け問題ではないことを願いながら、答えてみます。

>それぞれの個体は、どのようにリソースが限界であるということを認識できる

「流行り」だからでしょう。隣は隣を見ます。その隣も。じゃあ、最終的な隣の隣は? そこが明らかではないので、単純な「大衆論」は限界を抱えているでしょう。
しかし普通は知り合い同士、喫茶店などで話し合われるのです。こういう話題は。

>個体が生命を再生産してもいいかと思えるような条件と人口容量の相関関係

全体的な俯瞰思考はできないのが、大衆の条件です。とすれば、おれたち大衆は自分の近傍を眺めることしかできない。つまり自分の給料とか子どもの置かれる条件とか、首相の発言とか周りの悲惨さとかをね(笑)。
こんな回答(試論)では、参考になりませんか?

投稿者 誤読しらず [TypeKey Profile Page] : 2006年02月08日 05:48

わどさん、ありがとうございます。
コメントへのお返事、遅くなってごめんなさい。

ぼくは本も読んでいなくて、WEBで調べただけなのですが、人口容量については以下のような数式があるようです。
 V(人口容量)=N(自然環境)×C(文明)/L(人間一人当たり消費量)
http://www.creage.ne.jp/app/BookDetail?isbn=4569631347 から
やはり、これを各個体がどう認識できるのか不思議です。

この古田さんの理論については、トラックバックされている方の批判などもあるようで、
「烏有亭日乗 人口容量のあやしい議論」
http://blog.goo.ne.jp/hy223606/e/03a8445b6930fdd216adca08d1c64151
この批判も一理ありそうです。

また、第三世界人口は20世紀後半以降爆発的に増えつづけていて、貧困だから子どもを沢山必要とするというような現状があるのですが、それもこの人口容量理論では説明できないように思います。


> 「流行り」だからでしょう
って言われても・・・。最近の流行って、だいたい誰かが仕掛けてますよね。
これが個体が認識できる理由になるには、もう少し説明がないと、
すくなくともぼくには理解できません。(ごめんなさい。)

投稿者 tu-ta [TypeKey Profile Page] : 2006年02月10日 12:49

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?