BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< メディア・リテラシーとトリックスター | メイン | キャリング・キャパシティの限界 >>

2006年02月03日

まず日本語を

教育関係の雑誌から原稿依頼が来て、「提言」をすることになった。
読者は全国の公立学校の校長教頭のみなさん。
初等中等教育についてご提言したいことはやまのようにある。
だが、こちらは現場の大学教師である。
「あれをしろこれをしろ」と世間に言う暇があったら、自分で腰を上げて、できることからやってしまった方が話は早い。
それでも、徒手空拳ではおのずと限界がある。
ときには世間さまに向かって直訴したいことだってある。
せっかくの機会であるので、ひとつだけ直訴することにした。
日本語教育をちゃんとやってください、というお願いである。
題して「まず日本語を」

私が提言したいのはただ一つ、「日本語教育にもっと時間を割く」ということである。
今年からセンター試験にリスニングが導入された。率直に申し上げて、どうして英語教育にこれほど優先的に教育資源を配分しなければならないのか、私には理由がわからない。「英語の運用が不自由であるのだから、それを強化するのは当たり前だ」という反論があるだろう。だが、それ以前にこの若者たちは母国語の運用が不自由なのである。英語の運用が不自由であることによってこの若者たちが将来的に受ける不利と、母国語の運用が不自由であることから受ける不利のどちらが大であるか、そんなことは誰にでもわかるはずだ。
しかし、母国語の運用能力の育成に優先的にリソースを投じろという声はほとんど聞かれない。おそらく多くの人は「日本語なんて誰でも自由に使える」と思っているのだろう。それどころか、「NHKのアナウンサーも、『天声人語』も誤った日本語を平気で使うご時勢なのだから、日本語運用が不自由であることは本人に競争的な不利をもたらさない」というような不思議なロジックで日本語教育の崩壊状態を放置している人々さえいる。
私にはこれは亡国の徴候のように思われる。
私が提言するのは、ロジカルで音韻の美しい日本語の名文をとにかく大量に繰り返し音読し、暗誦し、筆写するという訓練を幼児期から行うことである。「これはどういう意味か」とか「作者は何を言いたいのか」とか「この『それ』は何を指すか」とか、そんな瑣末なことはどうでもよい。名文には名文にしかないパワーがある。それに直接触れるだけで読み手の中の言語的な深層構造が揺り動かされ、震え、熱してくる。そして、論理的思考も、美的感動も、対話も、独創的なアイディアも、この震えるような言語感覚ぬきには存立しえないのである。
独創性は母国語運用能力に支えられるというと意外な顔をする人が多い。だが、創造というのは自分が入力した覚えのない情報が出力されてくる経験のことである。それは言語的には自分が何を言っているのかわからないときに自分が語る言葉を聴くというしかたで経験される。自分が何を言っているのかわからないにもかかわらず「次の単語」が唇に浮かび、統辞的に正しいセンテンスが綴られるのは論理的で美しい母国語が骨肉化している場合だけである。母国語を話していながら、「次の単語」が出てこない人間、階層構造をもった複文が作れない人間はどのような知的創造ともついに無縁である他ない。
もちろん、私はだから外国語の習得は不要だというような攘夷論を語っているわけではない。外国語の習得は自分がそれを用いて思考し、表現している母国語の個性と限界、自分がその中に囚われている「種族の思考」を客観視するためには必須のものである。
だが、その機能はあくまで母国語による思考をより深め、より豊かにするために副次的に学ばれるべきものだと私は思っている。
日本の知的未来に投資するなら、まず日本語を。
英語はそのあとだ。

この文章の中で私がいちばん重要だと思うのは、「創造というのは自分が入力した覚えのない情報が出力されてくる経験のことである。それは言語的には自分が何を言っているのかわからないときに自分が語る言葉を聴くというしかたで経験される」というところである。
どうして重要かというと、ここに書かれているのはこの原稿を書き始めるまでは「そんなことを自分が考えているとは知らなかった」ことだからである。

投稿者 uchida : 2006年02月03日 18:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1544

このリストは、次のエントリーを参照しています: まず日本語を:

» 日本語教育 from Prosperity
今週、中学受験がピークを迎える。 ここ4日間小学生を教えている。 が、全く日本語ができない(筒抜けってなに?って聞かれた) 算数の概念が分からない(この時期に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月04日 01:24

» 遠くの創造性より近くの表現力 from 404 Blog Not Found
「何をすべきか」に関しては禿同。 内田樹の研究室: まず日本語を 日本の知的未来に投資するなら、まず日本語を。 英語はそのあとだ。 しかし「なぜすべ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月04日 01:55

» 文章のリセット効果について from M17星雲の光と影
文章を書く行為を定期的に続けていると、そこにはある効能が存在していることに気づく。それを一言でいえば「リセット効果」ということになるだろうか。ふだんわれわれの頭... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月04日 08:11

» やっぱり日本語ですよね。(66.8) from shiba's scope
 基本的にほぼ一日中オフィスにいるのだが、金曜日はたまたま赤坂方面へ外出。一人だったし、天気が良かったので歩いて行くことに。行きは暖かかったが帰りは風が強く、戻... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月04日 09:15

» 現在の国語教育について from 曹達泉
久しぶりの更新。 内田樹(フランス現代思想研究者)のブログの記事で、英語教育なん [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月04日 09:39

» [暮らし]日本語と英語の行く末は…… from asuka’s booktree 絵本手帖
 自分のアマゾン・ジャパン買い物かごをのぞく。現在、中身の内訳は日本の昔話絵本が10冊ぐらいで全70冊の残りはすべて翻訳絵本である。なぜこうなるかといえば、米国... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月04日 10:07

» 明治・大正・昭和初期の小説を出題せよ from 入試過去問と著作権を考えるblog
現在の大学入試においては、国語の現代文の出題のほとんどは「評論」であって、「小説」の出題はかなり少なくなっている。センター試験と国公立の2次試験は辛うじて「小説... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月04日 15:17

» 明治・大正・昭和初期の小説を出題せよ from 入試過去問と著作権を考えるblog
現在の大学入試においては、国語の現代文の出題のほとんどは「評論」であって、「小説」の出題はかなり少なくなっている。センター試験と国公立の2次試験は辛うじて「小説... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月04日 15:19

» 確かに、まず日本語ではあるが from Rauru Blog
内田樹の研究室に掲載された まず日本語を を読んで考えたこと。 私も理想的にはそのように日本語教育を徹底することで論理的思考や対話能力を高められたら素晴らし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月04日 15:59

» どうすれば日本語ができるのか? from 飛天の間
404 Blog Not Found:遠くの創造性より近くの表現力 内田樹の研究 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月04日 20:42

» 「日本語教育」論議(?) from 医学都市伝説
アルファブロガーの矜恃高いfinalvent氏による、「極東ブログ」の2月4日の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月05日 00:31

» [メモ]国語教育 from コップ水の日記
はてなブックマークの最近の人気エントリーに、いくつか日本語の話題があったので、自分もいろいろと思い出してきました。私は、英語という対立軸を持ち出す前に、国語の授... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月05日 02:09

» [暮らし]創造について from asuka’s booktree 絵本手帖
 嵐、嵐。外は風雨の嵐で、スクーター(犬)がおびえている。これだけひゅーひゅー、ぼたぼたと音が騒げば、家の中で丸くなっていたい気持ちもよくわかる。外に出かける気... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月05日 09:23

» 難しそうで結構大切な議論 from 大西 宏のマーケティング・エッセンス
内田樹(たつる)先生のブログ「内田 樹の研究室」は愛読しているブログのひとつです。以前お奨めブログで内田先生のブログを取り上げたところ、マーケティングというビジ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月05日 11:46

» 日本語と英語と漢文と... from えこまの部屋
先ほど「[http://blog.tatsuru.com/archives/001540.php:title]」を読ませていただいて 読んでいる最中にこの箇所... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月05日 12:21

» [web]まず日本語を−内田樹研究室 from いっつあんのひとり言
内田樹研究室 http://blog.tatsuru.com/archives/001540.php 私が提言したいのはただ一つ、「日本語教育にもっと時... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月06日 00:23

» 日本語と逆上がりの関係を巡る冒険 from tak shonai's "Today's Crack" (今日の一撃)
マスコミでブログでも、時々間欠泉のように吹き出すのが、「外国語より、まず日本語を [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月06日 10:08

» 日本語が大事 from [晴]晴れの日もある
あちこちで話題になっているようなので、読んでみた。 ・<a href=\"http://blog.tatsuru.com/archives... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月06日 12:28

» [メモ]母国語の重要性とか思想 from 泣き言メイン(琴子のセンス・オブ・ワンダーな日々)
ぶっちゃけ、日本語に不自由している人は極東ブログは見ないかもなーと思いつつメモ 言語の第一義は「コミュニケーション手段」としての言語だと思います。 第二義に「意... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月07日 15:04

» 思考と言語 from 岡田昇の研究室
内田樹先生のエントリーが評判を呼んでいる。オカダも「日本語教育にもっと時間を割く [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月07日 19:35

» 言語運用能力の根本 from 山田商店 爆安セール
我が意を得たりとばかりの内田樹氏のこの記事。 最近になってこりこり小説を書いていますが、この記事で言われていることが強く実感できます。 私が小説を書いて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月08日 01:00

» 母国語教育の大切さ from none-memorabilia
「内田樹の研究室: まず日本語を」 まったくの正論だと思う。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月08日 09:34

» 日本語を「学ぶ」必要性 from Harry's Cafe
内田樹センセイのブログで、「まず日本語を」というエントリーが あった。 そこでウチダ先生は、かいつまんで書けば次のように言っていると 思う。 「... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月09日 20:44

» [雑記]まず日本語を from 一線を超えた者への賛歌
舌足らず、言葉足らず。 最近の若者は、日本語が下手だ。   [http://blog.tatsuru.com/archives/001540.php:title... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月13日 01:53

» 外国語とは一つ積んでは生活のため from Over 40
帰ってきてしたこと。まず内田先生を読む。 「まず日本語を」。 四カ国語が飛び交う街  今回訪れたサンモリッツという街は言語的にちょっ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月13日 22:39

» 幼稚園から双語教育、新疆ウイグル自治区 from 真silkroad?
2月2日 ブラックエンタープライズコム   エレーヌ・ウーのレポートのみだしには、「ウイグルの幼稚園 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月14日 10:04

» 暗誦教育について from 日常的日乗
批判するのは別に内田氏が嫌いなわけではなく、むしろ内田氏に「ほう、こんな奴がいたか」と言われ「いやははは、それほどでも」とか言いつつはにかんでみたいというヤらし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月24日 02:59

» 湯川秀樹博士の本の紹介 from ワタシの開運作戦♪
旅人―ある物理学者の回想角川書店このアイテムの詳細を見る  皆様おはようございます。今日は春のお彼岸の中日です。お墓参りしたいとは思いますが、遠いためご無沙汰... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月21日 08:04

コメント

昔大学生のとき非常勤で教えて下っていた奥井潔先生が「子供のうちに万葉古今新古今を半分以上暗唱させないといけない」といっておられたのを思い出しました。「私はもう間に合わない」と思った記憶があります。
今、高校の古文は文法文法文法のように見えます。古文に限らず受験のために、せっかくの文学作品を味わうことが出来なくなっています。そのうちに心にしみるなんて言葉も死語になるのではないでしょうか。
理科系の大学は国語を受験科目からはずしています。どうやってコミュニケーションをとるのでしょう。いきなり研究室に入ってきて物も言わずに立ってるという学生が増えているそうです。挨拶から教えるのでは大学の教員も仕事が増えすぎです。
私たちはどこかで間違えてしまったのだと思います。だから少しずつでもやり直さなくちゃ。まずは身近な子供からです。

投稿者 雪国のTT [TypeKey Profile Page] : 2006年02月03日 23:14

私は京都の大学を卒業後、現在中国に留学中の者です。
いつも楽しく読ませていただいております。日本の書物を入手しにくい状況の中、内田先生のブログは大変貴重な存在です。さて、先生の提言なされる『ロジカルで音韻の美しい日本語の名文をとにかく大量に繰り返し音読し、暗誦し、筆写するという訓練』ということに大変共感出来、また痛感しております。現在中国語という言語と一般の専門を勉強していますが、その両方に通じるものだと思います。中国語も音韻が重要、そして日本語にも音韻の美しさがあります。身体の一部となった美しい音韻がなければ、それを書くことはおろか、読むことも出来ません。恥ずかしいことに、中国人学生に文章の『読み』を聞かれ確信をもって答えられないことがたびたびあります。
 湯川秀樹博士の書く文章は名文でした。幼い頃祖父に論語を諳んじることを強制されたようです。一昔前の人たちはこの訓練をしていたのでしょう。現代の作家の文章が読みにくいと感じるのは、この辺に原因があるのかもしれません。
 私自身この訓練が足りないと気づいたのが大学生になってからでした。大学時代の恩師には「好きな作家の本を一冊丸々書き写しなさい。」とも言われました。中々身体には浸み込みませんが、これからも続けていきたいと思います。

投稿者 yingyuan79 [TypeKey Profile Page] : 2006年02月04日 08:15

しかしその創作法では前意識の著述にとどまり、象徴界に対処するのは難しいと思います。

投稿者 Shuji [TypeKey Profile Page] : 2006年02月04日 22:37

私は工学部出身の化学系の研究者です。共通一次2回目の45歳。大学受験の選択は「数学、物理、化学」。「理系は国語がいらないから、ま、そこそこに勉強しとこ」っていう高校時代の勉学姿勢が、ボディブローのように効いてます。
 私が書いた論文や報告書、それに会議での質疑応答が「日本語ができてない」ために、皆さんに通じないのです。「で、キミは何が言いたいの」っていう周囲の目。 
 同時に他の理系人が説明する日本語や説明資料が、私には十分理解できないのです。「それで、あなたは何が言いたいの?」って感じです。
したがって、私の周りの理系人の会話は、ほんとにメチャクチャ。
 理系とはいえ、自分の考えを報告書にまとめたり、発表する創造力とロジックを組んだ思考が必要なのですが、これが、ぜんぜんできないのですよ、私と、そして周囲の人々は。


投稿者 NUTS [TypeKey Profile Page] : 2006年02月05日 01:04

今の子供の日本語能力の無さ、語彙の少なさは学校での日本語教育が足りないという事もあるかもしれませんが、それ以上に,やはり本を読まなくなったという事が大きいのではないかと思います。
今我が家の子供達が読んでいる本と、自分が小学校4、5年の時に読んだ児童書を比べてみると、まず活字の大きさが違うのにちょっと驚きます。
こんな字ばっかりがびっしりの本をよく読んでいたなぁと思いますが、他にたいした娯楽もなかったので、きっと繰り返し読んでいたんでしょう。難しい言い回しや言葉を自然と覚えて、普段の会話にちょっと使ってみると何だか偉くなったような気がしたものです(笑  こういう気持ちは今の子にもあるようです)
学校で教育するだけではなく、マンガにTVにゲームに・・というような手軽な娯楽が子供に対して野放しになっている社会の状況もなんとかしないと(親の力にも限りがあります)いけないんじゃないかと思います。

投稿者 nico [TypeKey Profile Page] : 2006年02月14日 04:13

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?