BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 東奔西走 | メイン | まず日本語を >>

2006年02月02日

メディア・リテラシーとトリックスター

神戸新聞の取材。
「ホリエモン」について。
もうその話はいいじゃないですか、飽きたよ・・・と思うけれど、そのことについてお訊きしたいと言われると違う話をするわけにもゆかない。
堀江という人にもその「錬金術」にも私は興味がないけれど、この人の「立ち位置」にはいささか興味があったので、その話をする。
マクラにひとことメディア批判。
事件以降、実に多くの識者たちの「これまでさんざん英雄視してきて、一夜明けたら犯罪者扱いして石もて追うごときメディアの変節は見識がない」ということをメディアに書いていた。
でも、メディアがにぎやかに行ってきた堀江の「英雄」報道を読者たちが真に受けていたとかの識者たちは思っているのであろうか?
メディアが人を持ち上げるのは「落とす」ときの落差をつけるためである。
たいしたできごとでもないものをスペクタクルにかさ上げするのはメディアの本業のようなものである(東スポを見よ)。
「たいしたことない人間」だと思っていても、紙面では「英雄」だの「アイドル」だのと持ち上げてみせる。
そんなメディアの人物評をまじめに受け取る読者はいない。
練れた読者は、メディアが誰をほめようとけなそうと、かならず割引をして情報の「補正」を行っている。
その補正の適切さを「メディア・リテラシー」と呼ぶのである。
メディア・リテラシーの「低い」読者はいるが、メディアの下す人物評を100%真に受ける「メディア・リテラシー・ゼロ」の読者なんていない。
いないものをあたかも国民の過半がそうであるかのように識者たちは言う。
発言する識者自身、「自分が100と言ったら70くらいに読者は補正して取るんだろうな」と無意識に計算している。だから、「70」と言うべきときに「100」と言う。
私たちはそれをもまた「割り引いて」読んでいる。
しかし、書いている本人はそんな「かさ上げ」の操作を自分自身がしていることにしばしば気づいていない。
その「病識」が希薄である。
その点では、メディアを批判する人たちには「受け取る側が補正しなければならないような情報を流すな」という資格が十分にあるように私には思えないのである。
そういうウチダはどうなのだという反問があるだろう。
私は「話半分」の人である。
掛ける0.5というのが「ウチダの情報精度指数」である。
このディスクロージャーを私の知的誠実さのあかしとして受け取って頂きたい(むろん話半分で)。

本題は堀江的存在、すなわちトリックスター、フィクサー、インターフェイス、鵺、コウモリ、キマイラ、コミュニケータ、架橋者・・・的なものの練度や質が落ちたということについてお話しする。
私たちの社会は規範や価値観を異にするさまざまな下位集団に区分されている。
その集団と集団の境界には段差があり違和があり、どちらの価値観も通じない「ノーマンズ・ランド」が拡がっている。
ガチンコで突き当たるとフリクションが起こる。
その調整をする人が要る。
「あちらが立てば、こちらが立たず、こちらが立てば、あちらが立たない」という状況を単一の度量衡しか持たない人間は調整できない。
単一の価値観が支配している「世界」では最適行動とされているものが、この「あわい」では使い物にならないということが起こる。
例えば武道というのは、「生と死のあわい」に立つ術である。
生死の境というのは、生者の世界の法則が「通じない」状況のことである。
だが、その状況を適切にやり過ごさないと生き延びることができない。
だから、「生き延びる」ためにこそ、「生者の世界の法則」を一時的に「棚上げ」するという、ひとつ次数の高いふるまいが要請される。
自分の手持ちの規範や価値観や度量衡が使い物にならなくなった状況でも人間はなおある種の条理にしたがって生きることができる。
この「無規範状態における条理」の発見がひさしく人間的成熟の目標とされてきた。
少なくとも私たちの社会では長い間そのように信じられてきた。
山岡鐵舟は「幕末三舟」と呼ばれた功臣でありながら、維新後は明治天皇の侍従として重用された。知友は清河八郎、松岡萬、清水次郎長、三遊亭円朝、市川団十郎など実に他分野にまたがっている。
私はこの山岡鐵舟こそ近代日本における「トリックスター」のロールモデルだったのではないかと思っている。
鐵舟のもっとも有名な逸話は、勝海舟に依頼されて、江戸開城の談判のために益満休之助ただひとりを同行して東海道を下った話である。
鐵舟が六郷川をわたると篠原國幹が率いる薩摩藩の鉄砲隊に遭遇した。
鐵舟はそのまま単身ずかずかと本陣に入り、「朝敵徳川慶喜家来山岡鐵太郎大総督府へ通る」と一喝した。
篠原は山岡の剣幕に圧倒されて手も出ず、口もきけなかったという。
そうやって鐵舟は紅海を渡ったモーゼのように官軍のまっただなかを突っ切って、神奈川駅の西郷のもとにたどりついたのである。
江戸は「徳川幕府」の世界である。多摩川の西は「官軍」の世界である。
このふたつの世界は別のロジック、別の原理で機能している。
その「あわい」で適切にふるまうためには、幕臣としての忠誠を貫いても通らないし、官軍の威勢に屈しても通らない。
そのとき、鐵舟はそのどちらでもない条理に基づいて行動してみせた。
「朝敵家来」という鐵舟の名乗りは、彼が幕臣としての自分の立場に固執している限り、決して出てくるはずのないことばである。
これは官軍から鐵舟を見たときの彼の立ち位置である。
その「朝敵家来」という「他者からの規定」を引き受け、かつそれを論理によってではなく「朝敵家来が現にここに存在して、官軍将兵を圧倒している」という事実によって否定するという大技を鐵舟はここで繰り出してみせた。
西郷との会談でも鐵舟はそのトリックスター的天分を発揮してみせる。
西郷の提示した和平条件を鐵舟は呑み、恭順の意志を示した幕府をさらに追撃するのは「王師の道」にはずれる行動であろうと西郷を牽制する。
だが、条約の一条に含まれていた徳川慶喜の「備前預かり」を鐵舟は一蹴する。
「君臣の情」として忍びがたいというのである。
慶喜の処罰をなお求める西郷に鐵舟は「あなたと私と位置を換えて論ずることにしよう」ともちかける。
「今かりにあなたの主君の島津公が誤って朝敵の汚名を受け、官軍が討伐に向かったとして、あなたが私の地位となって主君のために尽力したとしたならば、命令だからといっておめおめ自分の主君を差し出し、安閑としてそれを傍観しておられるかどうか。君臣の情としてあなたにそれができますか」と詰め寄る。(小倉鉄樹、『おれの師匠』、島津書房、1998年、143頁)
「王師の道」としてことの理非を明らかにし、「君臣の情」として非とされたものに殉じる覚悟を述べる。
複数の視点から同じ問題をみると、見える風景が変わってくる。
鐵舟は「王師の道」から問題を論じ、「君臣の情」から問題を論じ、幕臣の立場から論じ、西郷の立場から論じる。
そのような自在な視点の転換ができるということ、矛盾を矛盾のまま引き受けることができるという点がトリックスターの知のありようなのである。
私たちの時代の不幸は、このような「無規範状態の条理」の探求を人間的成熟の目標に掲げる習慣を失ったことにある。
その現代日本に登場したグローバリスト・トリックスターは「王師の道」も「君臣の情」もすべては「金」という統一度量衡でカバーできると考えた。
価値観を異にする複数の世界のインターフェイスでどうふるまうかという真に人間的な問いは、「世界中どこでも欲しいものは全て金で買える」という「イデオロギー」の瀰漫によってかき消されてしまったのである。
ライブドア事件が私たちにもたらしたもっともきびしい教訓はこのことではないかと私には思われる。

投稿者 uchida : 2006年02月02日 10:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1542

このリストは、次のエントリーを参照しています: メディア・リテラシーとトリックスター:

» 『感染ったのかも』 02/02/06〆 from BLOG バカヤマ
続報:西田さんのヘンな愛嬌とあの微妙な説得力は経験(だけ)に基づいた『一貫性』からでてきてたのかも。 (cf.毎日新聞@excite:<東横イン>無駄、排除を追... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月02日 13:41

» ・欠陥住宅に住みつつ、株のリスクを憂う大衆。 〜弱者が弱者を切り捨てる〜 from 日本ボロ株オンライン 〜ゴッグの足跡〜
 ライブドア・マネックスショックによる個人投資家の被害を指して、“やっぱり株は危ないんだ”みたいな声を一部耳にします。株の危険性、つまり金融リスクのことを言って... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月02日 16:02

» こんな堀衛門に誰がした from 文楽武三巴日乗
 堀衛門が日本放送、フジテレビの株を買い「ネットと放送を繋げるのだ」という方針に僕も大いに賛同した球団買収の言い出しっぺも堀衛門だった、その後ソフトバンク、楽天... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月02日 16:30

» ホリエモンで良かった。ホッ! from TrendCyclone
よくよく考えてみたら、ホリエモンの存在意義は、社会のインフルエンザ予防接種。彼は、価値を提供する事はできなくとも、弱点を見つける事が人一倍上手な人。そして、ため... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月02日 22:10

» 【ライブドア】「取調べの可視化?」進行中【ショック】 from Lawとバット
強制捜査以来、ライブドア叩き、ホリエモン叩き一辺倒だったマスコミですが、ここにきてようやく心あるジャーナリストから捜査のあり方について疑問が呈されてきています。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月03日 15:48

» 内田樹の研究室: メディア・リテラシーとトリックスター from audiofan.net@hatena
なんかだんだん「テレビはホリエモンを英雄視してきたのに」という論調にすり替わってきている気がするんだけど、英雄視はされてなかったと思うんだよね。キャラクターと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月03日 18:54

» 【ライブドア】法化社会の行方【ショック】 from Lawとバット
ライブドア事件を考えるにつけ、今後の日本の法化社会への変化とその影響について思いあたることがありました。 以下簡単に述べてみたいと思います。 1.法化社... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月08日 23:54

コメント

本旨に関係のない「話半分」の部分について。
鉄舟が西郷と会見したのは駿府(現在の静岡市)のはず。
市内伝馬町が会見場所で記念碑があります。

投稿者 ハットリ [TypeKey Profile Page] : 2006年02月02日 12:24

ハットリさま:ご指摘のとおりです。神奈川駅は篠原との遭遇の後に「そこについた」ということでした。私の現代人の感覚だと六郷から静岡まで一気に歩いたということが想像しにくくて、「神奈川についた・・・ということは、ここに西郷さんがいたのね」と思って誤記いたしました。謹んで訂正申し上げます。

投稿者 uchida [TypeKey Profile Page] : 2006年02月02日 12:37

こんにちは。話半分に楽しく読ませていただいています。人間的成熟を「金」でカバーしてしまう今の資本原理主義の限界なんじゃないのかなって思います。
今回、“「金」を上手に利用していた人間も堕ちるんだ。”と大衆は喜んでいる面がありますが、馬鹿だなと。日本で、世界で暗躍してる「ホンモノ」は今も尚元気です。むしろ見事自分たちのシナリオに利用したなとも思います。人間的成熟も「金」で潰される世の中ですから、グローバリズムに潜む腹黒さにも対抗できる、「王師の道」も「君臣の情」も併せ持ったトリックスターを日本人は目指さないなと思います。(そこまでいかなくても大衆もそこそこ賢くなるべきです)

投稿者 JUn as GOGG [TypeKey Profile Page] : 2006年02月02日 16:01

先生
トラックバックさせていただきました。

四国の若旦はんが、僕のことをそのうち先生に紹介してもらえるそうです
・・・
「王師の道」も「君臣の情」も併せ持ったトリックスターはこの平成の世の中にいるのでしょうか?
仙堂

投稿者 \Shin^o^chanDazo/ [TypeKey Profile Page] : 2006年02月02日 16:39

ホームレスの人々の取材に行きました。紙面に載せることで多分ボランテアが増えて寄付も少しは増えると思いますしかし私は心が傷つきました。だれでもいつでもホームレスになる可能性を秘めていますが、その恐怖とは別にここに登場される方々とあマリにも違う感性、頭脳の働き、心のもよう。馬鹿にしているのではありません。ここまで資本主義は人を崩してしまうのか、昔もこじきさんがいましたが、人間性にまでその貧しさが及んでいない人もおられました。自己認識が自己評価があまりにも低くてそれでは立ち直れないのではと思うほどプライド
が保たれてなく、世間の偏見に対しての自覚というか自分たちはもう別世界と思っておられるのか、あれでは万が一資産を手にしてもうまく使えないですぐ逆戻りされるだろうと感じたのです。引き裂かれるような悲しみにあいました。
堀江さんの事件との関連?人に対する無関心がさまざまなひずみをもたらしている。ない人もある人もともに不幸なのではなかろうか、財の使いようを知らないと言う点で同じ不幸を担っている

投稿者 .おきつひめ [TypeKey Profile Page] : 2006年02月02日 19:25

初めまして、内田先生。いつも本筋と違う所でひっかかってしまうのですが、多分今日もです。先生は[メディア・リテラシーの「低い」読者はいるが、メディアの下す人物評を100%真に受ける「メディア・リテラシー・ゼロ」の読者なんていない。]とおっしゃいますが、それは随分レベルが高いというか考える人たちに囲まれた生活の中の言葉だと思います。「新聞に書いてた」とか「テレビで言ってた]という事が本当のことと思ってる人はすごく多いのです。特に新聞の作る物語(特集というのかシリーズのもの)、などはみんな信じちゃいます。斯く言う私も朝日新聞土曜版の青beに知ってる人が出るまで、[ここに載ってる人はみんなすごいんだ。立派なんだ。」と思ってました。「メディア・リテラシー・ゼロ」の読者は結構多いというのが田舎で暮らす人間の感想です。暴言を吐かせてもらえば、「大本営発表」を信じた人っていうのがそれに重なる様な気がするのですが。人の知性っていうのは当てにならないと思います。

投稿者 雪国のTT [TypeKey Profile Page] : 2006年02月02日 23:19

私の住む市に西中国山地最後の自然の宝庫と言われる地域があります。そこに、林道を作るという計画があり、3年前にその反対署名の活動がありました。私も微力で協力しましたが、この3月までに、計画が実施されると、緑資源公団というところが決定し、見切り発車です。
地元住民が8割賛成。その理由はお金にも絡む見えないものがありそうです。(住民がお金を得るわけでもないですが)
学者グループで、活動されていますが、いまいち一般的ではありません。
メディアも小さく載せますが。
こんなことは、地域住民だけの問題ではなく、国中の人が大事に思わなければ、事は動かないと思います。
メディア・リテラシーとは離れますが、メディアの力を使ういい方法、何かないかなと思っています。

本題のトリックスターとは、ズレますが、と思ったのですが、
こんな時に、トリックスターがいればいいのですね。
お金しか見えない人達ばかり、みすみす崩される自然体系、
何とかならないのでしょうか。

投稿者 プリオン [TypeKey Profile Page] : 2006年02月04日 10:51

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?