BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 「みんな」の呪縛 | メイン | 極道評論家の予言 >>

2006年01月28日

身の程を知れ

お昼から『週刊ポスト』のインタビュー。
ポストの読者は30-40代の「おじさん」たちだそうであるが、そのかたがたに「ご提言を」をという要請である。
はあ。そうですか。
先般は藤原正彦先生が「日本人よ、惻隠の情を持て」とご提言されて、たいへん好評だったそうである。
というわけで、私も「日本人よ」というワーディングで何かひとことと三秒考えたのち「日本人よ、身の程を知れ」とご提言申し上げる。
「身の程を知る」とか「分際をわきまえる」とか「身の丈にあった望みを持つ」という謙抑の美徳はすでに忘れ去られて久しい。
しかし、私の見るところ、この「自己評価の適切さ」に対する配慮の欠如は現代日本人の不幸のかなりの部分について原因となっているように思われる。
私たちの不満の多くは自己評価と第三者評価のあいだの「ずれ」によってもたらされる。
ほとんどの場合、私たちの自己評価は第三者評価よりも高い。
「なぜ、私のような卓越した人間がそれにふさわしい敬意と威信を得られないのであろうか?」ということばづかいで私たちの社会的不満は形成されている。
これはもう、どなたも同じである。
その結果、「どうして私だけがこんな不当な目に・・・」という上目づかいの口への字という表情のかたがたが社会のマジョリティを占めることになるのである。
「みんな同じ表情」をしているので、みなさん「それがふつう」とお考えのようであるが、それは違う。
日本人がみんな同じような恨めしげ物欲しげな表情になったのは、比較的最近のことである。
グローバリゼーションとこの「不満顔」は同時的に生起した。
グローバリゼーションとは、アメリカにおける国民統合の装置のことである。
かの国は移民国家であるので、国民各位はもともと人種も言語も宗教も習俗も異にしている。それを単一国家に統合するに際して、アメリカはふたつの「共通基盤」を採用した。
ひとつは「星条旗に対する忠誠心」、ひとつは「ドルに対する信頼」である。
「神はアメリカを嘉したもう」と唱和することと、「金持ちは貧乏人よりアメリカ社会への適応が進んだ人間である」と認めることがワンセットになってアメリカのシチズンシップは形成されたのである。
これは「もともと共通の度量衡をもたない集団」を統合するための装置である。
目的はあくまで「統合」であり、比較考量はその副次的効果である。
しかし、そのローカルな事情を忘れたまま、グローバリゼーションは日本に輸入されて、「日の丸に対する忠誠心」と「金もちは偉いという価値観」に読み換えられた。
よけいなことをしたものである。
いまさら言うまでもないことだが、日本はほかのどの国民国家と比べても、きわだって均質性の高い社会である。
均質性が高いという共通の基盤があったので、その上にローカルでヴァナキュラーな習俗やライフスタイルや価値観が豊かに展開されてきたのである。
本来「均質性のない社会集団」を統合するための装置として要請されたグローバリゼーション圧を日本のようなもともと均質性の高い社会にかけた場合、どのような結果がもたらされるのか。
そのネガティヴな結果について考えた人はいなかったのだろうか。
きっといなかったのだろう。
その結果、日本は世界に類をみないほど均質的な社会になってしまった。
かつては性が違い、年齢が違い、地域が違い、職業が違い、社会的立場が違うひとは、それぞれ固有のエートスを保持していた。
それぞれの社会集団が、それぞれ固有のエートスを保持している限り、そこに単一の度量衡をあてがって、「どちらが社会により適応しているか?」「どちらがより成功しているのか?」というようなことを問う人はいなかった。
しかし、今は1億3千万人の日本国民を「年収」だけを指標にして一元的に考量することが可能であると考える人々がマジョリティになった。
そうやって、ひとびとは「身の程をわきまえる」という規範を失った。
「身の程」というのは、自分がそれを基準にして生きている規範の地域性・特殊性のことである。
自分が規範としているものは、他の社会集団には適用されない。
だから、自分と同じ規範に従っている人の言動については、ことの良否を言うけれど、自分の規範とは違う規範で行動している人については、礼儀正しい不干渉を保つ、というのが「身の程を知る」ということである。
今、日本人たちは「権力、財貨、情報、文化資本の占有を求めることがすべての人にとっての生きる目標である」と信じている。
それが日本的グローバリゼーションの帰結である。
それは繰り返し用いる比喩を使っていえば、連休にディズニーランドに行って、「なんでこんなに人が多いんだ」と怒っている人間のあり方によく似ている。
彼は他人と同じ行動をすることによってしか快楽を得ることができないのであるが、「他人と同じ行動をする」という当の事実が、そのつど彼が快楽を得ることを妨げるのである。
「他の人が欲しがるもの」を欲しがるというかたちでしか欲望を起動させることができないので、彼は物欲しげな顔になり、「他の人が欲しがるもの」はまさに当のその理由によって彼の手には入らないがゆえに、彼は構造的に恨めしげな顔になる。
全員が似たもの同士になった日本社会に住む人間たちが、「うらめしげでかつ物欲しげ」な表情を顔にはりつけてしまったのはだから当然の成り行きなのである。
私が「身の程を知れ」というのは、そのことばの通俗的理解が意味するように「他人の顔色を伺って身を縮めて生きろ」ということを言いたかったからではない。
他人と違う行動をすることから快楽を得るような生き方にシフトした方がいいんじゃないですかとご提言申し上げたかっただけである。
「礼儀正しい不干渉」とか言ってるわりには、よけいなお世話でしたけど。


投稿者 uchida : 2006年01月28日 14:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1527

このリストは、次のエントリーを参照しています: 身の程を知れ:

» 欲望の暴走を止めるもの from M17星雲の光と影
このところ、自らの欲望の命ずるままに行動し、それが結果的に法的規範を越えてしまったという事件報道が多いようである。これに対して世の識者は、「これは個の欲望の肥大... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月28日 22:12

» 『The Fool On The Hill』 from BLOG バカヤマ
√丘の上のアダムたちが統合装置としてやむなく造り上げた『グローバリゼーション』を考えなしに日本社会へ組み込んだ結果、“うらめしげでかつ物欲しげ”な人たちが六本木... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月29日 00:09

» ダンゴ from 日本列島魚釣り周航記⇒隠居波平釣り日誌
渡り鳥がカギ型や扇型になって飛ぶ時、先頭に立つ1羽はリーダーかというと、必ずしも [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月29日 07:40

» ホリエモンとは何者だったのだろう from 3ToheiLog
夜中にテレビつけたら、「朝生」でホリエモン話を延々とやってました。 そのツッコミというか傍観的感想。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月29日 08:02

» 不満顔 from 〒カワチ日手紙〒
 昨夜(ゆうべ)、またチキンラーメン。卵、2コ。そして、SHOP99で買ってきた、もうすぐ賞味期限切れの30円引き(99円の30円引きだから69円)オニギリ3コ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月29日 17:58

» 分を知る暮らし from 一 閑 堂
私が定期的に読んでいるブログのほとんどは歌舞伎や芝居絡みだが、いわゆる時評めいたものも幾つか拾い読みしており、有名どころの『内田樹の研究室』もその一つだ。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月30日 15:24

» 分を知る暮らし from 一 閑 堂
私が定期的に読んでいるブログのほとんどは歌舞伎や芝居絡みだが、いわゆる時評めいたものも幾つか拾い読みしており、有名どころの『内田樹の研究室』もその一つだ。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月30日 15:26

» 選択肢の提示/選択の強迫 from Rock strikes me blind.
オナニー同士の激しい鬩ぎ合い 身の程を知れ - 内田樹の研究室 俺は全く週刊誌という類の雑誌を読まないんだけど,これが週刊ポストでそのまま伝えられるのか,ある... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月31日 06:48

» 身の程を疑え from 404 Blog Not Found
笑止。 夢を力に 本田宗一郎 内田樹の研究室: 身の程を知れというわけで、私も「日本人よ」というワーディングで何かひとことと三秒考... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月05日 02:51

» 身の程を「知る」と「知れ」 from Jun Seita's Web
身の程を知る vs. 身の程を疑う ではなく、 身の程を知る vs. 身の程を知... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月05日 03:44

» [culture]身の程を知るということ from 蛙君との楽しい毎日
[http://blog.tatsuru.com/archives/001523.php:title] 身の程を知るということは、 人に膝を屈して生きていくこと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月05日 17:31

» 再び隗より始めよう from 非国際人養成講座
いつまで冬眠していやがるんだとお叱りをいただいた。 実は、何を書いたらいいのかわからなかったりする。ブログ界の流行にも、すっかり興味を失った。 そりゃあ世の中... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月15日 06:14

» [サイトリンク] 025,026,027 from 103
 このところはそっくりもぐらさんの菊地ゼミ掲示板が凄い回転率になっている。 ■『菊地成孔東大ゼミ非公式掲示板』 →http://6717.teacup.com/... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月15日 18:49

» 資本主義の申し子たちへ from イケスカナイズ
iPod の新製品ウイニングイレヴンの新製品カメラメーカのフィルムからの撤退 こ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月04日 08:52

» 読書と批判的精神 from Hitton Blog 2
昨日あれだけ藤原正彦最高!!と書いておきながら、いろいろな書評を読んでいるとナルホドナルホドという話も多数ありです。そういえば国語の教科書で学んだ授業であった「... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月01日 13:41

コメント

はじめまして。
日本全国で一元的なモノサシを使って人間を並べるといえば、年収の前に、全国規模の学力テスト(小中学校ではかなり昔に廃止)、偏差値による高校の事前選別、共通一次試験などを思い浮かべます。そうしたやり方をほとんどの国民が経験したからこそ、金がすべてという考えかたがはびこっているのではないでしょうか。

投稿者 C.Masami [TypeKey Profile Page] : 2006年01月29日 01:06

「他人と違う行動をすることから快楽を得るような生き方にシフトした方がいい」というのはもっともなことだと思います。
しかし、ひとびとが「身の程をわきまえる」という規範を失ったのは、最近のグローバリゼーション圧からなのか疑問に思います。
上記規範の成立条件は、先生が仰るように、規範の地域性・特殊性にあるわけで、そこが壊れたからこそ、目標にせよ、欲望にせよ、一元的になったのではないかと。この破壊は、高々数年で生まれたものではなく、何十年もの間に、じわりじわりと壊れていき、今のような共同価値観が形成されていったのだと思います。この理由は、ひとつ大きなものとして、学校生活・その中での価値観の埋め込みがあるでしょうし、士農工商の時代から、価値観的にも金銭的にも解放された(徐々にではありますが)戦後の様々な仕組みと歴史的経緯があると思います。
確かにマスコミの扇動のレベルでは、年収万歳としての「勝ち組・負け組」とか、「外資系・IT業界」とか、飛び交ってますが、これらのキャッチフレーズが生まれる条件には、5,60年の、価値観の均一化の浸透がまずあると思います。
最初に戻りますが、僕自身「他人と違う行動をすることから快楽を得るような生き方にシフトした方がいい」であります。しかし、これを実践していくのは、ものすごく強烈な圧力がかかります。僕と同じ価値観で、なんとか実践している人も、他人からは変人扱いされ、本人もノーフュチャーだ(要するに独自路線でいくと、金もらえないし、能力にもよるが、一生評価されないかもしれない)といっています。
僕自身は、独自の価値観を創出し、実践していく人たちに共感を覚えるし、そういう人たちと友達、というか仲間になりたいと思っています。そういう人たちによるコミュニティがあるのならば、是非参加したいですね。

投稿者 mitz [TypeKey Profile Page] : 2006年01月29日 16:42

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?