BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< ゼミのみなさんへ業務連絡 | メイン | また締め切りに遅れてしまった >>

2006年01月18日

投資家と大衆社会

ライブドアが証券取引法違反で強制捜査を受けた。
会計監査を担当した監査法人の監査調書の文中にあった取引の違法性を指摘した文言の削除を求めた事実も明らかになった。
株価は暴落。関連7社の株価総額は一日で8700億円減った。
ライブドア発行済み株式の25%を超える2億5930万株の売り注文がまだ積み残されているが、昨日一日で売買が成立したのが80万株だから、これらの株券はすでに紙くずである。
「ヒルズ族」の梟雄の栄華の夢もどうやらこれで終わったらしい。
堀江貴文というひとがメディアに出てきたときにどうしてこんな人物が注目されるのか理由がわからず、堀江と面識のある平川君に「どんな人なの?」と訊いたことがあった。
「金の話しかしない退屈な男だった」というのが平川君の評言だった。
しかし、世間はそうは思わなかったらしく、そのあとの活動の華々しさはご案内のとおりである。
なかなか話題性のある人物だし、自己演出も巧みであるから、メディアがもてはやすのは理解できるけれど、彼の事業に投資した投資家たちはいったい何を考えてそんな無謀なことをしたのかいささか不可解である。
だって、誰が聴いてもあれは「詐欺師の声」である(もうひとり、「誰が聴いても詐欺師の声」をしている投資グループの総帥がいますね)。
おそらく多くの投資家たちもそれはある程度わかっていたと思う。
とりあえず、「詐欺」が成功している間は「勝ち馬」に乗って儲けさせてもらい、司直の手が入る前のぎりぎりのタイミングでライブドア株を高値で売り抜ける計画だったかもしれない。
数日前に最高値でライブドア株を売り抜けたクレバーな投資家も何人かはいたはずである。
彼らの炯眼を称えたい。
でも、99%の株主は目の前で株券が紙くずに変わる「逆錬金術」のプロセスをこれから砂かぶりで眺める他ない。
株で儲けるというのはつまらないことだと先日兄上が語っていた。
株というのは「みんな」が欲しがると値が上がり、「みんな」が要らないと言い出すと値が下がる。
儲けるためには、「まだ」みんなが欲しがらないうちに買い入れ、「まだ」みんながほしがっているうちに売る。
ただ、それだけのものである。
「みんな」と歩調を合わせないといけないようなことなら、私はやりたくない。
兄上の意見に私も同感である。
株取引という経済行為はそのほとんどの時間を「みんなの欲望」と同期することでしか大きな利益を得ることができない。
値上がりする「直前」に買い、値崩れする「直前」に売るのがもっとも効果的な資金運用である。
言い換えれば、同期しない時間差(「まだ」である時間)ができるだけゼロに近い投資家がもっとも賢い投資家だということになる。
愚鈍な投資家とは、値上がりした株を見てあわてて買いに走り、値崩れしたのを見てあわてて売りに出るような投資家のことである。この愚鈍な投資家の数が多ければ多いほど株価は大きく動き、賢い投資家の儲けも大きい。
つまり、賢い投資家は、愚鈍な投資家と「できるかぎり近接した時間差を保って、できる限り似たふるまいをする」ことによってしか利益を得ることができない。
「バカのふり」をしないと儲からないというのが投資家の切ないところである。
だが、「みんな」と足並みを揃えておいて、素知らぬ顔で一歩だけ「出し抜く」ものが巨利を得るというこの投資のスタイルは、構造的には大衆社会にジャストフィットのものである。
大衆社会の大衆の夢は、99%「みんなといっしょ」で、ワンポイント1%の「個性の差」だけで際だつことができるというあり方だからである。
大衆社会化が進行するほど株式市場は繁昌する。
これはバブル経済のときに身に沁みて経験したことである。
私は日本の株価がこれからも上昇するであろうという経済学者の説には十分な根拠があると思う。
でも、それは日本の経済活動が今後とも堅調に推移するだろうと予測しているからではなく、日本人がこれからどんどんバカになるという見通しに同意するからである。

投稿者 uchida : 2006年01月18日 09:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1506

このリストは、次のエントリーを参照しています: 投資家と大衆社会:

» いや、もう、笑えますな from 投資と小説で悠々生活目指して
 株話その2ですな。  気持いいほど売られましたね。  下髭、-700超まで。  もちろんやっと下げ相場が本格化しただけですが、それでもご立派としかいいよ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月18日 23:12

» わかっているけど from アレモ・コレモ
内田先生の投資家と大衆社会というエントリーを面白く読んだ。ライブドアショックのニュースを受けて、拝金主義だ、なんだと、メディアではここぞとばかりに声高に攻撃して... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月19日 22:08

» 利殖アレルギー from 非日乗的日乗inowe社長blog
むかし、潰れた会社があった。その会社では社長を含め競馬狂いで土曜日ともなると競馬のラジオ中継が職場で鳴り響くとゆうありさまであった。 十年以上前の出来事でござい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月21日 17:31

» 姉歯、堀江 from ◆書く/読む/喋る/考える◆
ほんとに、いやだ。姉歯もライブドアの堀江もいや。だけど姉歯や堀江を、もう人間じゃないくらいに、あげつらって悪口いってる人たちやマスコミもいやだ。 ということを... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月24日 04:23

» ライブドア事件 from クロ~画像工房
ここ一週間ニュースのトップテーマとして報道されている。 前からこの企業がIT関連という漠たる理解しかなかった。 今回の事件でやっと企業内容がチョッピリ解... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月24日 10:29

» 容疑者 堀江貴文 from 岡田昇の研究室
堀江社長が逮捕された。オカダが言っておきたいのは、堀江社長は現時点ではあくまで容 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月24日 19:28

» ニュース逆さ読み(43) ホリエモン劇場はこれからだ from ニュース逆さ読み
ホリエモンがとうとう縄に掛けられた。 メディアはその得意技である「手のひら返し」をここぞとばかり立て続けに繰り出し、ライブドアバッシングを一段上のレベルに... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月26日 16:58

» 労働と投資 from 岡田昇の研究室
堀江容疑者をめぐる事件を受けて、TVのコメンテーターや新聞の記者が、「額に汗して [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月01日 19:28

» ・欠陥住宅に住みつつ、株のリスクを憂う大衆。 〜弱者が弱者を切り捨てる〜 from 日本ボロ株オンライン 〜ゴッグの足跡〜
 ライブドア・マネックスショックによる個人投資家の被害を指して、“やっぱり株は危ないんだ”みたいな声を一部耳にします。株の危険性、つまり金融リスクのことを言って... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月02日 01:15

» エビちゃん級ギャル達の株価変動グラフ from インターネット思想記
うむむぅ。 時間帯によってこんなにエビちゃんオンライン株価が違うんですね。 やっぱりぴちぴちギャルは夜10時から深夜2・3時にあつまるんだな。 こ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月29日 21:28

コメント

わたしの先輩に当たる方が書かれた文章のなかで
{「知」の気配に圧倒される歓びを知れ。}
というくだりがあります。
「漂う知の気配に酔いまた圧倒されていた。」学生時代を懐古されている文でしたが、大学で学ぶとはこのようなことなのではと思いコメントにしました。

投稿者 .おきつひめ [TypeKey Profile Page] : 2006年01月18日 15:34

ライブドアというのは一体何をしている会社なのか?というのはよく言われることですね。IT業界の雄、IT長者の会社と一般的にひろく認識されるようですが、その実態は金融業です。LivedoorポータルサイトをはじめとするIT商売ではまったく利益が出ていなかったどころか赤字だったのは明るみになったとおりです。でたらめな株式分割を繰り返して株価を吊り上げる。それで膨らんだ時価総額をテコとして企業買収をする。ホリエモンという人は根本的実質的には投資家なので、まあ彼がお金の話しかしないのは当然ですし、彼の事業に投資した投資家は堀江という投資家に投資したということでしょう。最近の株ブームでやみくもに投資した大衆筋も多いですが、インサイダー以外は彼の投資スキルや法の目をかいくぐるというしたたかさを期待していた人も含め痛い目にあっただろうと想像します。
自社の株価を確信犯的バブルにしたのは堀江氏自身ですが、彼はこのままずっといくとは考えていなかったはずです。当然金融業としての心臓部を維持するが、最近のメディア買収、中古車販売、通信販売の会社の買収という軌跡をみればわかるように、紙の上の数字を本当に利益を生み出す既存の会社としての価値に転換する最中、つまりバブルの泡を実体経済に置き換える途上だったのです。
いくら今ずるいと言われようが、最終的にバブルとしての自社株価をてこに実業を吸収しまくって固める、またその繰り返しをするというという考えだったのはないでしょうか。
今回の摘発は起こるべくして起こったというのは当然としても、背景には、今なんとかしてライブドアをつぶしておかないと、このままいくといずれ吸収されるという強い危機感をもったいわゆる経団連の勢力があると思われます。逆にいえば、ライブドアに投資していた人たちはこのまま足をすくわれずに吸収しつづけ肥大するという構図を期待していたのでしょうが、結果的に負けたということでしょう。

投稿者 KEN [TypeKey Profile Page] : 2006年01月18日 17:08

さらに余計なことを補足すると、今回のライブドアバブル崩壊において実際に利益を出している子会社、つまりライブドア投資金融業本体が買収してバブル株価>実体経済の転換をすませているユニット、中古車屋、通信販売屋、クレジットカード屋に関しては、その株はなかなか紙くずにならないです。このユニットも当然本体のバブル崩壊の余波を受けて、大方の大衆筋のパニックでどんどん安くなっていくわけですが、いずれ先生もおっしゃているところの賢い投資家が拾います。だからすぐに下げ止まります。

投稿者 KEN [TypeKey Profile Page] : 2006年01月18日 18:12

初めてコメントさせて頂きます。今回のエントリーは「投資」のお話でしたが、しかし先生、それは投機というものですと申し上げたい(僭越ながら)。
株の“価格”の上げ下げに一喜一憂するのは確かに退屈なギャンブルですが、賢い投資家がいつも見ているのは価格ではなく企業の価値です。企業の価値とは即ちその企業が社会にとってどれだけ歓迎され、評価されているかということです。その時々の株価はギャンブラー達の気分しだいで変動しますが、企業価値は一般大衆が熟考に熟考を重ねた上での経済活動によって決まります。
主婦が500円の焼き芋を買うのには、その焼き芋がウマいかどうか、その一本が自分の体型にどう影響するのか、夫の稼ぎと焼き芋の値段、自分の腹のすき具合、そういったあらゆる事に思いをめぐらすはずです。そうして最後には、500円の対価として受け取るその焼き芋が、結局自分を幸せにするのかどうかという所で判断が下されます。
同じ500円の焼き芋屋であれば、まずいのにカロリーだけ高い様な焼き芋で商売を続ける焼き芋屋は繁盛せず、試行錯誤を重ね工夫を凝らし、ウマくてカロリー抑え目、香りも良い芋を売る焼き芋屋はやがて繁盛していくことでしょう。それぞれの焼き芋屋がどんな事に金を使い、どれだけの消費者に受け入れられ、どれだけの利益を上げたのか。毎年の会計報告を分析すれば、両者の違いは歴然でしょう。
投資家の楽しみとは、そういう真面目な焼き芋屋が2台目の屋台を出したいという時に、経営面での一定の権利を得つつ資金面での貢献ができるという事です。その一株を買う事がこの先どれだけの主婦を悩ます…いや、幸せにする事になるのか。そういった社会に与える良い影響に思いを馳せる事。それこそが投資家の真の楽しみでしょう。
そういう焼き芋屋がどんどん台車を増やし、みんながいつでもその焼き芋を買えるくらい十分に規模が大きくなったとき、当然その焼き芋屋が一年に上げる利益は増えていますし、資本も増えている事でしょう。そんな焼き芋屋を経営できる権利(の一部たる株)は、以前投資したときの価値と比べて当然大きくなっています。価値の高まったその株を売って還元されるそのお金(と投資した額の差額)が投資家の利益です。
ここで注目すべきは、その焼き芋屋がもう台数を増やす必要が無い程規模が大きくなっているとすれば、その経営者は株として切り売りしていた経営権を買い戻すことにお金を使っていくでしょうから、つまり、投資家と焼き芋屋の思惑が一致するのなら、それによって株価が大きく変動する事はないという事です。
賢い投資家とは、いかにも会計報告をごまかしそうな経営者や、ちっともウマくない焼き芋ばかりを作っている焼き芋屋や、いつかウマい焼き芋を作る作ると言ってるだけで芋の何たるかも勉強しようとしない焼き芋屋(笑)等には投資せず、その企業が成長する事によって世の中がより良くなる様な企業を見つけ出し、投資をし、十分世の中に貢献できるくらいに大きくなった所でその株を売って利益を上げる投資家であって、そこにお金として得られる利益以上に、焼き芋屋の夢を叶えてやった、幸せな主婦を増やした、つまり社会に貢献したという実感を得られるような人の事でしょう。
間違っても、話題の企業が値崩れする前に株を売って大儲けをした様な人を「賢い投資家」だなんて呼ぶ気にはならないのです。

投稿者 hal* [TypeKey Profile Page] : 2006年01月18日 21:35

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?