BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 配架の愉しみと語彙について | メイン | 米朝を聴きながら今年の重大ニュースを考える >>

2005年12月30日

『亡国のイージス』を観る

年賀状の印字が終わったので、とりあえず一服して、福井晴敏原作、阪本順治監督『亡国のイージス』を観る。
前半のタイトな畳み込みは悪くなかったが、後半のご都合主義的な収束のつけかたがちょっと・・・
でも、映画の出来不出来とは別に、「国防とはどういうことか」という戦後日本が単にメカニカルかつ数値的にしか考慮してこなかった問いをあらためて突きつけたことは高く評価したい。
この映画の中で重要な台詞がふたつある。
ひとつは、予告編でもよく使われた「よく見ろ、日本人。これが戦争だ」という中井貴一のテロ宣言のことばである。
これは日本人が「戦争」についての備えを怠っていたということを言うのではない。
軍備について言えば、日本の防衛費は数値的には一貫して世界的水準にある。
だが、「ハード面」での備えが整っているということは日本が「戦争をすることができる国」だということを意味しない。
「戦争ができる国」というはその政府が「戦争ができる」世界戦略を持ち、その国民が「戦争ができる」メンタリティーを備えている国のことである。
日本は戦争ができない国だ。
テロリストはそう言い切る。
それは軍備がないからでもないし、憲法九条が規制しているからでもなく、日本人が「戦争とはどういうものか」を少なくともこの30年間ほとんど考えずに来たからである。
「戦争ができる」というのは、一面から言えば、「自国民が死に、自国の都市が破壊される」という限定的な損害を認めた上で、それよりも「メリット」が多い軍事的オプションを逡巡せずに選択できるということである。
そこを破壊することが戦略的に重要である都市であれば、自国民もろとも破壊することを辞さないようなメンタリティーをもつ人間しか戦争を遂行できない。
原爆は米軍捕虜をも焼き殺したし、ドレスデンにも連合国の市民は何人もいただろう。
現代の日本人にそれができるか。
それは村上龍の『半島を出よ』の主題でもある。
北朝鮮テロリストに占拠された福岡の街を自国民もろとも破壊する決断をする政治家がいないせいで、日本政府は屈辱的な領土割譲に応じることになる。
「戦争ができる人間」とは、軍事的バランスシートの上ですべてを計算して、そこに「人間の顔」を見ないでいられる人間のことである。
そんな人間は今の日本にはいない。
たしかに、今の日本には、経済的バランスシートの上ですべてを計算し、そこに「人間の顔」を見ないですませていられる人間はいくらもいる。
彼らは他人が経済的に破滅することの代償に自分が利益を得ることには少しの疚しさも痛みも感じないでいられる(つい先日も、証券会社の誤発注で短時間に巨富を築いた投資家たちがいた)。
けれども、「経済的なバランスシート」と「軍事的なバランスシート」のあいだには乗り超えることのできない深淵がある。
「金を儲けたい」というのは尽きるところ個人的な欲得だからである。
「自分さえよければ、それでいい」と彼らは考えている。
日本が軍事的に危機になれば、彼らはあたふたと個人資産を抱えてカナダにでもオーストラリアにでも逃げ出すだろう。
だが、「国を守る」という行為は個人的なものではありえない。
日本が軍事的危機に陥ったときに、われさきに安全な外国に逃げ出すような人間には戦争を遂行することはできない。
ここに「戦争ができる人間」のもうひとつの条件がある。
「戦争ができる人間」というのは、「自分が死んでも、同胞を守る」覚悟のある人間のことである。
同胞を守ることの代償として自らの命を捧げることができるような「共同体への愛」を深く身体化させ得た人間のことである。
その「同胞」のうちには、彼と政治的意見を異にする人間たちも、信仰や価値観を異にする人間たちも含まれている。
そういった人々を含めて、「同胞を命に替えて守る」覚悟のある人間にしか戦争はできない。
そんな人間は今の日本にはいない。
そのような人間を形成するための制度的基盤は日本社会のどこにも存在しない。

国防の喫緊であることを熱く語っていた政治家が先日逮捕された。
この男がどれほど政治的に高邁な理想のためにそうしていたのか私は知らない。
けれども、「戦略的な思考ができない」政治家であることは小銭を稼ぐことの代償として弁護士資格を失い、政治生命を失ったという「間尺に合わない」事実から推して間違いないだろう。
しかるに、この「戦略的に思考する習慣を致命的に欠いた政治家」は日本の核武装を求め、領土問題における近隣諸国との強硬な外交を主唱する政治的運動の重鎮であった。
この事実から推して、現代日本の「国防の喫緊であることを熱く語る」人間たちの間では「戦略とは何か」ということを省察する習慣が根づいていないらしいと推論することは間違っていないだろう。
そのような人間たちに国防にかかわる議論を任せることを私は望まない。

『亡国のイージス』では、真田広之の演じる中間管理職サラリーマン的な先任伍長がファナティックで病的な愛国少年兵とコンビで日本を襲った軍事的危機を救う。
真田広之が敵にむけてためらわず銃撃する少年兵をたしなめて言う。
「撃つ前にためらうのが人間だろう。撃つ前に考えろ」
その忠告を受け容れて、動作に一瞬の「ためらい」を挟んだ少年兵は、こんどは「ためらわない」テロリストに撃ち殺されてしまう。
真田は「言われた通り、撃つ前に考えた」とつぶやく瀕死の少年兵にこう言う。
「考える前に考えるんだ」
よいことばである。
最適な戦略的選択をためらわない冷血さと同胞に対する制御できないほどの愛情という矛盾を同時に引き受け、それに引き裂かれてあることを常態とすること、それが「戦争ができる人間」の条件である。
その「引き裂かれてあること」を徹底的に身体化するというのが、「考える前に考える」ということである。
私はこのことばをそんなふうに理解した。
「国を守る」ということを多くの人は「憎悪」や「怨恨」や「競争」といったネガティヴな感情に動機づけられたふるまいだと考えている。
現に国防の喫緊であることを語る論客はほとんどの場合「怒声」を挙げて自説を開陳する。
愛国心や国防について声高に語る日本人を私が信用しないのは、彼らの多くが戦略的思考を欠いているからであるが、理由はもう一つある。
ジョン・レノンは言った。
All you need is love
これを「愛こそはすべて」と訳した人がいるけれど、それは違う。
「君に欠けているのはね、愛だよ、愛」

投稿者 uchida : 2005年12月30日 10:57

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1464

このリストは、次のエントリーを参照しています: 『亡国のイージス』を観る:

» 過激な平和主義者…?。平和な過激主義者…? from ようちゃん2号の大部屋暮らし
勉強不足は承知の上なのね。そもそもわかろうとしていないのよ。つらつらと考えていることの羅列になるな。よっぽどわかっている人に教えてもらいたいような話し。----... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月30日 11:34

» 『某国のイージス?』 from BLOG バカヤマ
√ホントにそうなのかな。 わたし達はおなじ福井晴敏さんがリメイクされた戦国自衛隊のほうに期待してたんですが、そちらはどうもアレな仕上がりでした。だけど今上映さ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月30日 11:57

» 愛について from M17星雲の光と影
 久々の自宅での正月。実家に帰らないと、旧年と新年の切断面を作るのがむずかしいが、今年は本格的に大掃除作業を挙行することで「切れ目」を作る。 一夜明けて、正月の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月01日 13:37

» 「内田 樹の研究室」から考えたこと from 今日、考えたこと
 ふとしたきっかけで、「内田 樹の研究室」というブログを読み進める。やらなければならない索引の整理とか、「読まなくちゃなぁ」と思っている本を横において・・。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月09日 09:42

» 「内田 樹の研究室」から考えたこと from 今日、考えたこと
 ふとしたきっかけで、「内田 樹の研究室」というブログを読み進める。やらなければならない索引の整理とか、「読まなくちゃなぁ」と思っている本を横において・・。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月09日 18:14

» 亡国の矛とイージス from 非日乗的日乗inowe社長blog
戦に負けると何をされても文句が言えません。財産を没収されても、占領を行使する最前線の敵の兵たちに妻や娘を好きなようにされてしまうのが現実なのでございます。傀儡政... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月10日 04:59

» [日常]国防について from quiet_room
内田樹さんのblogで『亡国のイージス』に触発された[http://blog.tatsuru.com/archives/001478.php]国防論。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月12日 16:17

» 亡国のイージス from VAIOちゃんのよもやまブログ
「亡国のイージス」のDVDを見る機会があったので、感想を少々。‘み’は基本的にこの手の映画が好きなんで、期待して見たんですが・・・結論から言うと今一歩かなぁとい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月16日 13:51

» 村上龍『半島を出よ』 from 岡田昇の研究室
今さらの感はあるが、村上龍『半島を出よ』幻冬舎 を読んだ。読み始めて非常に興奮し [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月16日 20:07

» 自衛隊にかかる福井敏晴氏原作の2作、「戦国自衛隊1549」と「亡国のイージス」をこの順に続けて見た from 明日は明日のホラを吹く-Tomorrow, I'll give you another big talk-
「戦国自衛隊1549」には全く入れなかったが「亡国のイージス」はよかった。観客の頭に自然に浮かぶはずの疑問に丁寧に応接する配慮というか、日常と非日常の境目を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月21日 14:42

コメント

日本語についてのコメントためになりました。一過性脳虚血症候群になり、一時期左半身マヒになったため、言葉や文字がむかしほど出てこなくなりました。先生の日記はこの点でもわたしのリハビリと言語能力開発になっています。感謝。
ときどきキーの打ちそこないを含めて恥ずかしい文章です。お許しを!
愉気を子どもに教えていたために自分にしてもらい9割かた麻痺はありません。seiseisha京都から出ている写真と言葉の本はすてきです。
もう殺しあうことのない世界に生まれ変わりたい!動植物を含めてそう願ってしゃかは修行に入ったのではと思います。
自分がおなかを減らすとつい野菜や果物、魚、肉おいしく感じます。食べると満たされます。うれしいけれど悲しい現象。
戦争とはなに?もっと幸せになりたい?もっと幸せもっとしあわせ、自分を本当に愛することができれば、その半分くらいは
他人や他のものを愛することができるようになると思うのですが、わたしは今生も失敗したもよう。
北朝鮮が占拠するなら山口、島根、鳥取など日本海側のほうがすっと早く占拠できるのになぜ福岡なのでしょう。
中国マフィア、華キョなどの方々などの中国資本が随分入ってきましたので、福岡はもう経済的には目に見えない形で征服されつつあるように感じています。日本人は見ざる、聞かざる、言わざるで教育を受けていますから、何も考えないようになっています。精神的軍事教練は、633で12年管理教育を受けていると思います。ロボットみたいなので、様々な事故やシステム破壊がおきていると思います。「殺さなければお前が死ぬぞ殺せ!」といわれればコンピュータゲームのように人を殺戮してしまうのでしょう。仕方なかったというでしょう。
何で何時も逆戻りしてしまうのでしょうか
教訓を生かして進化できないのでしょうか

投稿者 .おきつひめ [TypeKey Profile Page] : 2005年12月30日 18:43

"亡国のイージス”も”男達の大和”も観てはいないのですが、観た方の感想をあちこちで見ると、”必要とあらば命に替えて同朋、国を守る”という気分は醸成されつつあるように思います。
先だってのイラクの人質事件の時の反応を見ても、”戦争ができる国のメンタリティ”への道のりはそう遠くはないような気がしてしまいます。
なのできっとこれから重要なのは、命を懸けて同朋や国を守らなければならないような状況に追い込まれる事をできるだけ回避する努力と、本当に命を懸ける事が必要不可欠なのか?ということを見極める事だと思うのですが、それを”冷血さと同朋に対する愛情”両方とも併せ持って判断できるような指導者でなければ戦争をしてはいけないという事でしょうか?(話が外れますが、こういう冷たい視点と愛情のこもった視点と両方とも持つのは、過去の戦争を考える時にもすごく大切のように思います)
もう一つ言えば、もはや勝ち目がないと判断した時には、面子や理念にこだわらずに損害を最小限にとどめるよう上手く戦争を終結させる能力も持った人でないと戦争を始めさせてはいけないですね。

投稿者 nico [TypeKey Profile Page] : 2006年01月10日 02:50

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?