BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 虫と七拍子とサラウンドスピーカー | メイン | 甲南麻雀連盟打ち納め >>

2005年12月27日

お掃除するキャッチャー

煤払い二日目。
今日は寝室、廊下、トイレ、洗面所、風呂場の掃除。
寝室は別にそれほど散らかっているわけではないが、絨毯に綿埃が目詰まりしているので、それを歯ブラシでこそぎ出す。
床にぺたりと腰を下ろしてビーチボーイズの『ペットサウンズ』を聴きながら、絨毯を小さな歯ブラシでそぎそぎする。
もう年の瀬なのね・・・
となぜか「おんなことば」になる。
どういうわけか知らないが、大量のアイロンかけをしたり、老眼鏡をかけて半襟をさくさく縫いつけたり、総じて「床にぺたりと腰を下ろして」家事をしていると気分が「母」になる。
ふう、とつくため息もなぜか湿気を帯び、針仕事の針は無意識に髪の毛の脂を探り、疲れてくると片手が襟元に延びて軽く衣紋を抜くしぐさまで、どこから見ても『麦秋』の杉村春子か『晩春』の高橋豊子である。
いつのまに私の中にこのような身体運用の「文法」が刷り込まれたのであろう。
この家事労働をつうじて生じる身体的なジェンダー・シフトはフリー・フォールするエレベーターの落下感に似たものがあり、「母」になった私は世俗のくさぐさのことが急にどうでもよくなってしまう。
その「わしどうでもええけんね」感を私は深く愛するのであるが、この「母っぽい気分」が好きという家事の身体感覚をわかってくれる男性は少ない(私の知る限り、鈴木晶先生くらいしかいない)。

寝室からずるずると平行移動して、次はトイレと洗面所の床を磨く。
遠目でみるときれいな洗面所の床も、隅の方には綿埃と髪の毛と洗剤の粉が凝固したかなりタフなゴミが付着している。
そぎそぎ。
『エマ』を読むと、こういう「雪かき」仕事はぜんぶ「メイド」がしている。
ご主人さまたちはご飯をたべたり、葉巻を吸ったり、散歩をしたり、情事に耽ったりしている。
だが、こういう仕事をまったく経験しないまま一生を終える人間は、「何か」に触れ損なったことにはならないのだろうか。
家事は「シジフォス」の苦悩に似ている。
どれほど掃除しても、毎日のようにゴミは溜まってゆく。
洗濯しても洗濯しても洗濯物は増える。
私ひとりの家でさえ、そこに秩序を維持するためには絶えざる家事行動が必要である。
少しでも怠ると、家の中はたちまちカオスの淵へ接近する。
だからシジフォスが山の上から転落してくる岩をまた押し上げるように、廊下の隅にたまってゆくほこりをときどき掻き出さなければならない。
洗面所の床を磨きながら、「センチネル」ということばを思い出す。
人間的世界がカオスの淵に呑み込まれないように、崖っぷちに立って毎日数センチずつじりじりと押し戻す仕事。
家事には「そういう感じ」がする。
とくに達成感があるわけでもないし、賃金も払われないし、社会的敬意も向けられない。
けれども、誰かが黙ってこの「雪かき仕事」をしていないと、人間的秩序は崩落してしまう。
ホールデン・コーフィールド少年は妹のフィービーに「好きなこと」を問われて、自分がやりたいたったひとつの仕事についてこう語る。
「だだっぴろいライ麦畑みたいなところで、小さな子どもたちがいっぱい集まって何かのゲームをしているところを、僕はいつも思い浮かべちまうんだ。何千人もの子どもたちがいるんだけど、ほかには誰もいない。つまりちゃんとした大人みたいなのは一人もいないんだよ。僕のほかにはね。それで僕はそのへんのクレイジーな崖っぷちに立っているわけさ。で、僕がそこで何をするかっていうとさ、誰かその崖から落ちそうになる子どもがいると、かたっぱしからつかまえるんだよ。つまりさ、よく前を見ないで崖の方に走っていく子どもなんかがいたら、どっからともなく現れて、その子どもをさっとキャッチするんだ。そういうのを朝から晩までずっとやっている。ライ麦畑のキャッチャー、僕はただそういうものになりたいんだ。」(J・D・サリンジャー、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』、村上春樹訳、白水社、2003年、287頁)
高校生のときにはじめてこの箇所を読んだとき、私は意味がぜんぜん分からなかった。
何だよ、その「クレイジーな崖っぷち」っていうのはさ。
でも、それから大きくなって、愛したり、憎んだり、ものを壊したり、作ったり、出会ったり、別れたり、いろいろなことをしてきたら、いくつかわかったこともある。
「キャッチャー」仕事をする人間がこの世界には絶対必要だ、ということもその一つだ。
「キャッチャー」はけっこう切ない仕事である。
「子どもたちしかいない世界」だからこそ必要な仕事なんだけれど、当の子どもたちには「キャッチャー」の仕事の意味なんかわからないからである。
崖っぷちで「キャッチ」されても、たぶんほとんどの子どもは「ありがとう」さえ言わないだろう。
感謝もされず、対価も支払われない。
でも、そういう「センチネル」の仕事は誰かが担わなくてはならない。
世の中には、「誰かがやらなくてはならないのなら、私がやる」というふうに考える人と、「誰かがやらなくてはならないんだから、誰かがやるだろう」というふうに考える人の二種類がいる。
「キャッチャー」は第一の種類の人間が引き受ける仕事である。
ときどき「あ、オレがやります」と手を挙げてくれる人がいれば、人間的秩序はそこそこ保たれる。
そういう人が必ずいたので、人間世界の秩序はこれまでも保たれてきたし、これからもそういう人は必ずいるだろうから、人間世界の秩序は引き続き保たれるはずである。
でも、自分の努力にはつねに正当な評価や代償や栄誉が与えられるべきだと思っている人間は「キャッチャー」や「センチネル」の仕事には向かない。
適性を論じる以前に、彼らは世の中には「そんな仕事」が存在するということさえ想像できないからである。

家事はとても、とてもたいせつな仕事だ。
家事を毎日きちきちとしている人間には、「シジフォス」(@アルベール・カミュ)や「キャッチャー」(@J・D・サリンジャー)や「雪かき」(@村上春樹)や「女性的なるもの」(@エマニュエル・レヴィナス)が「家事をするひと」の人類学的な使命に通じるものだということが直感的にわかるはずである。
自分でお掃除や洗濯やアイロンかけをしたこともなく、「そんなこと」をするのは知的労働者にとっては純粋に時間の無駄なんだから、金を払って「家事のアウトソーシング」をすればいいじゃないか・・・というようなことを考えている「文学者」や「哲学者」たちは「お掃除するキャッチャー」の心に去来する涼しい使命感とはついに無縁である。

投稿者 uchida : 2005年12月27日 10:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1459

このリストは、次のエントリーを参照しています: お掃除するキャッチャー:

» 名言・「ニュース逆さ読み」選 from ニュース逆さ読み
家事の中では、洗濯物をたたむときの気分が好きです。第一楽だし。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月27日 12:57

» 耐水ペーパーで便器まで艶々 from Over 40
こんにちは。 内田先生のお掃除に誘われて、私もお掃除ネタを一つ。私は水回りのお掃除が好きです。なぜでしょう?他の場所に比べて達成感がある。先日は家中の水回り... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月27日 13:34

» 『ちひろもソフィーも』 from BLOG バカヤマ
√日本の教育はすべての局面でアメリカに劣っている、少なくとも現時点では。 すこし調べただけでそう言い切った某院生が、ただひとつ認めていたのが『掃除当番』でした... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月28日 00:12

» ”生活する人” from world, again.
内田樹先生のblogを毎日拝読しています。 先生はとてもご多忙な方ですが、 4日もかけて年末の大掃除をなさるとか。 その二日目の記事をtbさせていただこうと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月28日 02:19

» アヤヤッス! from 日本列島魚釣り周航記⇒隠居波平釣り日誌
今一番忙しいのは誰でしょうね? よく分からないけど、小泉首相や竹中大臣などはきっ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月28日 08:29

» 大阪、今年の仕事納め from 子供と一緒にお仕事の日々
京都通いも一段落して、今日の午前中は久々のゆとりの時間。しかも、いい天気。洗濯して、掃除して、ふとんんを干して身の回りの整理をして気分もリフレッシュ。 家... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月27日 11:08

» 大阪、今年度の仕事納め from 子供と一緒にお仕事の日々
京都通いも一段落して、今日の午前中は久々のゆとりの時間。しかも、いい天気。洗濯して、掃除して、ふとんんを干して身の回りの整理をして気分もリフレッシュ。 家事は... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月11日 12:47

コメント

キャッチャーの意味が、私も今やっとわかりました。そうだったのか、。墨子集団に関することも初めてまなびました。今年最後のプレゼントでした。

投稿者 ふれむで [TypeKey Profile Page] : 2005年12月27日 17:57

 家事は、一番の気分転換。仕事、人間関係もろもろから、綻びてくる濁りをデトックスできます。床にこびりついた隅っこの埃を拭うと、世界が開けてくる感じがします。

投稿者 redonion [TypeKey Profile Page] : 2005年12月27日 18:17

わかりました。私はほかの方のキャッチャーである場合もあるのですが、内田先生は私など及ばない大きなキャッチャーで
それで水しらずの方なのに、わたしは問うたり、愚痴を書いたりしたくなるのです。申し訳ないですね。心理学者には興味ありませんでしたか。心療内科医などになられたら随分人をお助けされたでしょう。そういう感じは文章にでてしまうのですね。

投稿者 .おきつひめ [TypeKey Profile Page] : 2005年12月27日 18:21

拝読しました。「誰かがやらなくてはならないのなら、私がやる」というタイプの人間もまた、様々な状況にあって「対価」を求める第二のタイプに転落(?)することがあるのではないでしょうか。「対価」ゼロならばともかく、予想もしない方向から許容できないほどのマイナス対価を課されることも多い社会になってはいませんか? そのため、手を挙げる人材が少なくなっている気がします。また、「涼しい使命感」は「対価」に相当して余りあると思いますが、そもそもそういう考え自体がキャッチャーとしての適性を欠いた人間の発想なのでしょうか。

投稿者 radeau [TypeKey Profile Page] : 2005年12月27日 19:30

どうも上手く表現できませんが、追記です。「誰かがやらなくてはならないのなら、私がやる」というタイプの人間が、彼らの本来いるべき場所、いたほうがよい場所(たとえば、教育や医療の領域)から排除されていることがかなりあるのではないかと思うのですが、どうでしょう。大学の改革に関する先生の発言と関連してみた時、どうしてもそう考えざるを得ません。

投稿者 radeau [TypeKey Profile Page] : 2005年12月27日 19:45

何度もすいません。私は「つねに」とは思いませんが、基本的に「自分の努力にはつねに正当な評価や代償や栄誉が与えられるべきだ」と考えてしまうタイプだという自覚があるので、話を理解できていないかもしれません(ただ、時には第一のタイプであることもあるわけですが)。どちら側から発言しているか、ということだけ、さらに追加します。コメント欄を汚して申し訳ありません。以上です。

投稿者 radeau [TypeKey Profile Page] : 2005年12月27日 20:02

「『誰かがやらなくてはならないのなら、私がやる』というふうに考える人」について自分なりに考えてみたのですが、可哀相な人を見て、実存的な不安に駆られることにより、「自己救済」を図る「おせっかい思想」を持った人とは対極にあらねばならないように思われます。(小浜逸郎氏の発言を引きました)
そうなって来ますと、法然上人のような「還相回向」的な人がそれに適しているのではないかと思います。(仏教について門外漢であるので、滅多なことは言えませんが。)

投稿者 daiaku [TypeKey Profile Page] : 2005年12月27日 20:27

僕は、風邪をひいた恋人を看病しているときに、最も「母っぽい気分」になります。相手が熱で朦朧としているときほど、その気分は強くなります。そのときの「母」とは、「自分の母」であるような気もするし具体的な個人ではないような気もします。そのような気分になっているときは、普段ちっとも気の利かない鈍感な自分が、相手の欲求を言葉を介さずとも理解できているような錯覚をおぼえるほど気が利いてしまうことにいつも驚きます。「母っぽい気分」になっているとき、相手の欲求を感じ取るセンサーを最大限に開放することができるのかも知れないと思いました。いや、むしろ相手の欲求を読み取るセンサーを最大限に解放している時の心理状態が「母っぽい気分」なのかも知れません。まあ、どっちでもいいですけどね。

投稿者 皿田 [TypeKey Profile Page] : 2005年12月27日 22:08

うちのは営業は上手で会社で4回ほど1位になりましたが
私が病気になると責め立てるので困ります。不安になるらしく
「何で病気になるんだ!早くおきてご飯を作れおまえの仕事だろうが」とうるさくいうので整体をはじめたのです。自分は自分で守らないとと自覚しました。恋人が寝込むと母の慈愛を自覚する男性は医師などにむいておられるのかもしれませんね
先生の言われる方の存在が生きられる社会であってほしいですね。今でも忘れません。幼稚園の時の担任の先生はそういうお方でした。お顔もはっきり覚えています。
私は自分の手に余ると思ったら手をだしません。ただその人を本当に誰も見ない救助しない。そんな現場に出会わしたら自分を忘れてできうる限り救助の手を貸すでしょう。

投稿者 .おきつひめ [TypeKey Profile Page] : 2005年12月27日 23:12

要は、時間の集積のことなのでしょう。絨毯の埃を取り、服や靴下のほころびを手ずから繕い…。そのような小さなことが積み重なっていったときに、実は何か大きな文化だとか豊かな何かにつながってゆくということなのではないでしょうか。

農作業、漁を終えた人々が道具の手入れをし、わらじを編み、機を織り、そして祭りに備えて、歌や踊りの稽古にも精を出し…。かつてはそのような一人一人の重層的な時間が結び合わされて、その土地の文化を生み出していた。
その中には、もちろん、すすんでやりたくない様々なことも含まれていたに違いないでしょうが、それらも含めてみんなの「時間」が形成されていたのでしょう。

子供の頃、「トイレ掃除をすると美人になる」とか言われて、させられていたのを思い出しました。

投稿者 よこよこ [TypeKey Profile Page] : 2005年12月28日 18:39

内田先生こんにちは。大掃除大変でしたね。

小職は日ごろから他人が紋切り型に悟ったような事を言うのを聞くと、つい「一所懸命雑巾がけをしてから出直しなさい」と心の中でつぶやいてしまいます。

家事が一段価値の低い労働であるかのような見方は、キャリア志向の強い女性の間にも蔓延っているような気がします。幸福な主婦を「啓蒙」しようとするおせっかいなフェミニストがいるとすれば、恐らく「雑巾がけ」が必要と思われます。今日は我が家も大掃除です。

投稿者 magnon [TypeKey Profile Page] : 2005年12月29日 11:06

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?