BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< つくばエクスプレス殺人事件 | メイン | そして僕は途方に暮れる >>

2005年11月25日

「責任を取る」という生き方

朝新聞をひらいたら、目に付いた記事が三つ。
西村真悟衆院議員の法律事務所の元職員が非弁活動で逮捕された事件についての同議員のコメント。
「非弁活動は知らなかった。それ以上申し上げることはない」
広島で七歳の女児が下校中に殺害された事件についての報道。
「『不審者情報があったのに、学校側は何の対応もしなかった』と、一部の親が厳しく問う場面もあった」
姉歯設計建築事務所による耐震データ偽造事件についての報道。
建築主の中からは「建築確認の責任は行政が負うべきだ」という声が出ている。北側国交相は賠償には言及せず、ある裁判官は、最高裁決定は「責任を自治体が負えといっているわけではない」と述べている。被害者は設計事務所にも、元請けにも、民間審査機関にも、施行主にも「賠償請求が可能」であるらしい。
これらのニュースに共通するひとつの「文型」があることに気づかれただろうか。
それは「お前が責任を取れ」という声だけがあって、「私が責任を取ります」という声を発する人がいないということである。
私たちの社会はいまそういう人たちがマジョリティを占めるようになってきた。
トラブルが起きるたびに「誰の責任か?」という他責的な語法で問題を論じることが、政治的に正しいソリューションだと人々は信じているようである。
前から申し上げているように、私はこのソリューションの有効性に対して懐疑的である。
「責任者を出せ」ということばづかいをする人間はその発語の瞬間に、その出来事を説明する重要なひとつの可能性を脳裏から消しているからである。
それは「もし、この件について自分にも責任があるとしたら、それは何か」という問いへむかう可能性である。
世の中に起きるトラブルで「単一の有責者の悪意ないし怠慢」によって起こるものはほとんど存在しない。
いくつかのファクターの複合的効果によってはじめて事件は起こる。
事件発生ぎりぎりの可能性があっても、「最後のひとつのファクター」が関与しなかったせいで、何も起こらないですんだ、ということはよくある。
車を運転しているとわかる。
先日私はめずらしく「ひやり」とする経験をした。
右折車線で信号が変わるのを待っているときのことである。
その車線は渋滞しており、信号が二度変わる間に私はまだ右折できずにいて若干イラついていた。これがファクター1。
青信号(直進右折ともに可)のとき私の前の車がするすると右折した。対向車線を見るとかなり遠くに直進車が一台いるだけである。「曲がれる」と判断して私は前車に従って右折動作に入った。これがファクター2。
すると前車が交差点中央過ぎで停車してしまった(横断歩道の歩行者がいたのである)。これがファクター3。
前方にいた直進車が自分の車線の信号が黄色に変わるのを見ていきなり加速してきた。その車の進路を私の車が塞いでいるにもかかわらず、その車は「どけどけ」とばかりに加速してきたわけである。これがファクター4。
前の車は停止したまま、横からは直進車。やむなく私は前車の右側の隙間(反対車線上の横断歩道)に車をねじ込んで難を避けた。すると、私がはみだしたその反対車線(右折レーン)に巨大な四駆が突っ込んできた。これがファクター5。
この段階でようやく私の前の車が動き出したので、ぎりぎりのタイミングで私は四駆との接触を避けることができた。
もしあのとき、まだ横断歩道上に人がいたら、私のBMWの横っ腹はがりがりに削られていたであろう。
さいわい何も起こらなかった。
この一連の出来事の中で私が犯した失敗は「曲がれると判断して、前車についていった」という判断ミスだけである。
そこに「とろとろ歩く歩行者」「とろい運転をする前車」「(前方に障害物があるのに加速する)イラチな直進車」「(停止線を越えて横断歩道上まで突っ込んでくる)同じくイラチな右折車」という四つの要素が絡んで事故寸前までなった。
ここまでネガティヴな条件が揃うことはまれである。だが、たまにはそういうこともある。
もし実際に衝突が起きた場合、「右側通行」をした私が責任を取らされることになったであろう。
それは仕方がないと思う。
私は「私ひとりのせいじゃない。責任は〈あいつら〉にもある」というようなことを言いたいわけではない。
「責任を取る」というのは「そういうこと」だと申し上げているのである。
「ひやり」とした経験から、私をそのような状況へと追い込んだ他のドライバーたちに対する呪詛を吐き出すよりも、自分の運転の仕方についての反省点を見出す方が生産的だというふうに私は考える。
「事故になりかかったじゃねーか。ったくひでえ運転しやがるな〈あいつら〉は」ではなく「事故になりかかったが、ならなかった。私は幸運であった。しかし、このような幸運が次も続くとは限らない。では、どのようにすれば今回のような危険を今後永続的に回避できるか?」というふうに私は問いを立てる。
私は「右折車に遮蔽されて横断歩道が見えない場合には、決して右折動作に入らない」というルールを自分に課すことにした。
「責任を取る」というのは、端的に言えば、「失敗から学ぶ」ということである。
「責任を取らせる」というのは、「失敗から学ばない」ということである。
失敗から学ぶ人間はしだいにトラブルに巻き込まれる可能性を減じてゆくことができる。
失敗から学ばない人間がトラブルに巻き込まれる可能性はたいていの場合増大してゆく。
そういうタイプの人間は、80%自分が悪い場合でも、残り20%の有責者を探して責め立てるようなソリューションにしがみつくようになる。
だが、他責的な人間が社会的な承認や敬意や愛情を持続的に確保することはむずかしい。
そして、周囲からの支援を持たない人間は、リスク社会においては、ほとんど継続的にトラブルに巻き込まれ、やがて背負い切れないほどの責任を取らされることになるのである。
「失敗から学ぶ」ことは「成功から学ぶ」ことよりも生存戦略上はるかに有利なことであると私は思っている。
しかし、現代日本ではこの意見に同意してくれる人は日ごとに減少している。
なぜ、人々は自分が「より生きる上で不利になる」方向に進んで向かってゆくのか。
私にはうまく理解できない。

投稿者 uchida : 2005年11月25日 09:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1393

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「責任を取る」という生き方:

» 『いまのところは無事だけど』 from BLOG バカヤマ
√いくらなんでもすこし乱暴だと思う。 けど尤もだという気もするのはなんでかな。 ウチダ先生が『西村真悟衆院議員』の不祥事と『姉歯設計建築事務所』の書類偽... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月25日 13:56

» 責任の所在 from akutai news (悪態ニュース)
内田樹の研究室: 「責任を取る」という生き方 「責任」ってなんだっけ? 僕は父親から「「何々をしてやった」って思うな。」と言われたことがある。とても... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月25日 20:16

» 事故っちゃいました from 山梨臨床心理と武術の研究所
 今日の夕方、ちょっとした不注意で交通事故を起こしてしまいました。停まっている車 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月26日 00:25

» 責任過剰=無責任 from 404 Blog Not Found
これは日本に限った事ではなく、全世界的な現象に思える。 内田樹の研究室: 「責任を取る」という生き方 これらのニュースに共通するひとつの「文型」があるこ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月26日 07:17

» 「責任を取るvs取らせる」交通事故を内田樹先生ブログから学ぶ from 小林ゆき[バイク]BIKE.blog
いつも拝読している内田樹先生の内田樹の研究室というブログで、耐震データ偽造事件の [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月26日 08:45

» 古い話だけれど…。 from ようちゃん2号の大部屋暮らし
ちょっと前に、国会議員が夜の六本木で女性の胸を揉んで辞表を出した、っていうニュースがあった。(面倒だから名前も調べないんだけれど)その人の謝罪の記者会見をチラッ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月26日 09:19

» みんな悪者探しに奔走している from 此処録?
これらのニュースに共通するひとつの「文型」があることに気づかれただろうか。 それは「お前が責任を取れ」という声だけがあって、「私が責任を取ります」という声を発す... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月26日 23:53

» 責任 from 日本列島魚釣り周航記⇒隠居波平釣り日誌
最近、変な事件がいろいろ報じられていますね。責任者出て来い!って感じかな。このあ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月27日 10:23

» 1968年のビンボール from 非日乗的日乗inowe社長blog
業者さんにばれたら商売できなくなるかもしれない(笑) [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月28日 15:29

» 責任と原因は違う from 生存適者日記
http://blog.tatsuru.com/archives/001389.php 恒例、内田センセ曖昧説。 これはですねー、典型的な責任と原因の混同なわけ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月29日 00:37

» 責任感の行方 from Harry's Cafe
さて、責任をとるということに関して、内田樹がBlogでこういうエント リーを書いていた。 要所だけ引用すると [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月30日 23:10

» from 撮影探索
探索の方向についての参考 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月04日 21:14

» 「責任を取る」という生き方, Pong Clock from World Wide Walker
[内田樹の研究室: 「責任を取る」という生き方] 同感と言うか耳が痛いと言うか。ただこれは、今までのような「結果として特定個人が誰も責任を取らずにシステム全体で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月12日 09:53

» ニュース逆さ読み(39) 自己への責任 from ニュース逆さ読み
「責任」という言葉が飛び交い、しかし、どこにも着地しない。それが耐震強度偽装事件の現在だ。   ひところ流行した「自己責任」という言葉を思い出した... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月01日 22:20

» 1986年のマリリン from Welcoming Morning
先頃白血病で亡くなられてしまった本田美奈子さんの代表曲と言えば 「1986年のマ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月22日 12:56

» 今日もいい日で from はろーあっぷこむ
こんにちは。内田樹の研究室: 「責任を取る」という生き方を興味深く読ませていただきました。勉強になりました。「失敗から学ぶ」ことは「成功から学ぶ」ことよりも生存... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月08日 15:45

コメント

そのことで私に考えられることは、二つです。
一つは、潜在的な多分意識して記憶していない失敗?傷心のためいつもわなのように同じ結末を迎えてしまう。
二つ目は、わたしのせいじゃない!みんなもしている。群れの感覚。某大学の教授はいつも「アメリカが今このようだからだから10年が日本もこのようになる」と自慢げに言われるので
じゃ回避できるようにしたら?世間に言えば?言うと「いやもう決まってる。」と予言者のように言うのです。
わたしは未来は宿命と選ぶことができる道の二つがあると思っています。
「あなた前を歩く人が、みずたまりにドボンと落ちたらあなたも僕も落ちるのかとそのまま歩いていきますか?自分は落ちないように努力するでしょう?そうしてだいじょうぶですか援助したほうがいいでしょう?」と言いましたが無駄でした。
わたしはいつも世の中で小さな革命をしてきました。
マザーテレサのようにはなれません。オードリーのようにもできません。けれど私のできる範囲で小さな勉強会をしたり投稿や県や市に出向き意見をいい雇用先の社長にもきちんと意見をいいます。これ以上すると仕事がなくなると思える限度までしかできませんでしたが、それでもかなり重圧がきました。環境問題などをする人はよくガンなどにかかってなくなられますがストレスがすごいのでしょうね。あそこまでとは誰も強要できないでしょうが、もう少しプライドを持って生きてほしいです。士農工商、五人組はいまも日本人をしばっています。
自分を愛するということがわからないのです。

投稿者 .おきつひめ [TypeKey Profile Page] : 2005年11月25日 10:00

そのことで私に考えられることは、二つです。
一つは、潜在的な多分意識して記憶していない失敗?傷心のためいつもわなのように同じ結末を迎えてしまう。
二つ目は、わたしのせいじゃない!みんなもしている。群れの感覚。某大学の教授はいつも「アメリカが今このようだからだから10年が日本もこのようになる」と自慢げに言われるので
じゃ回避できるようにしたら?世間に言えば?言うと「いやもう決まってる。」と予言者のように言うのです。
わたしは未来は宿命と選ぶことができる道の二つがあると思っています。
「あなた前を歩く人が、みずたまりにドボンと落ちたらあなたも僕も落ちるのかとそのまま歩いていきますか?自分は落ちないように努力するでしょう?そうしてだいじょうぶですか援助したほうがいいでしょう?」と言いましたが無駄でした。
わたしはいつも世の中で小さな革命をしてきました。
マザーテレサのようにはなれません。オードリーのようにもできません。けれど私のできる範囲で小さな勉強会をしたり投稿や県や市に出向き意見をいい雇用先の社長にもきちんと意見をいいます。これ以上すると仕事がなくなると思える限度までしかできませんでしたが、それでもかなり重圧がきました。環境問題などをする人はよくガンなどにかかってなくなられますがストレスがすごいのでしょうね。あそこまでとは誰も強要できないでしょうが、もう少しプライドを持って生きてほしいです。士農工商、五人組はいまも日本人をしばっています。
自分を愛するということがわからないのです。

投稿者 .おきつひめ [TypeKey Profile Page] : 2005年11月25日 10:09

最近友達が同じような状況の事故で車を大破してしまったので、人事とは思えません。
失敗は成功のもと、と教えられてきた年代。でも、理論立てなければ、わからないような時代になったのですね。

投稿者 プリオン [TypeKey Profile Page] : 2005年11月25日 10:44

内田先生の最近の対談本にあった、「人間の善性は時間との関数で決まる」という言葉についてよく考えたり、思い当たったりすることがあるのですが、「失敗から学ぶ」ということもそれに関係していそうだなと思いました。
最近学んだことは、「思う通りにはいかんなあ」ということで、そういうことを暗黙裡に分かっていたら、現在形で物事に相対することが出来てあまり憂鬱にはならないような気も致します。
真面目に責任を取ることによって相手との良好な関係を維持することが出来るのなら、取り返しの付かないような事態になるより、ありがたいような気もするのですが、持仏堂で釈先生が仰るところの「第二の矢」を受けてしまった後では「思い通りにはいかない」ことと時間との関わりを考えるのが妥当である感を催します。

投稿者 daiaku [TypeKey Profile Page] : 2005年11月25日 10:58

そうなんです。「お前が責任を取れ」話型、非常に気になります。
事故や不祥事のあと、間髪をいれずトップの記者会見。その場で必ず問われる「引責辞任するんですか?」という問い。
絶対に順番が違うとおもいます。世間はなぜそんなに早く辞めさせたがるのか?
事故であれ不祥事であれ、「なぜこうなったか」と「次にどうすれば再発を防げるか」を、多少時間がかかってもいいから、力を尽くして徹底的に追究し次に引き継ぐことが、真の『責任を取る』という行動だとおもいます。
その際、責任者(社長とか)を配置転換して以前よりは薄給のポジションを与え、その「追究」の仕事に専念させるというような人事が妥当な場合もあるでしょう。
そして、冷静な分析の結果、一見関連のあるように見えない人達が責任の一端を担っていることが、明らかになることもありえます。(JR脱線事故には、利用者の「3分も遅れたら新快速に乗り継げへんやんか!」というような要求水準の高さもかかわっていたのではないか、という考察などがそのひとつです。)

また、そこに被害者が居る場合は、その人達への対応を心を尽くして行うことも必要ですね。
被害者の方や世間の人々の「あんなやつ早く辞めさせろ」という感情的な声に過剰反応的に呼応することは、「心を尽くした」ことにはならないとおもいます。
もちろん、「オレは悪くない。すべてはチェック機構が働いていないせいだ。」と他に責任をなすりつけるなど、それこそ言語道断。

投稿者 Jreiko [TypeKey Profile Page] : 2005年11月25日 11:14

こんにちは。はじめてコメントさせていただきます。

『責任は自分にもある』の『も』と言うだけでも
私『だけ』が悪いんじゃないよね、ときょろきょろしちゃう、
そんな自分がいたりします。

なんだか『責任』という妖怪がいるみたいです。
しかも責任を取ろうとする人には見えなくて、責任を取らせようとする人にだけ見える妖怪。
人を呪わば穴ふたつ、『責任』を問うときは『お互い様だろ』と言われることを覚悟せよ、ですよね。

家族を殺されたり、詐欺に合ったりしても同じことが言えるかどうか、試したいとは思いませんが・・・
でも敢えて、『水に流す』ことが日本人の大事な能力だと思う、
私は楽観しすぎなのでしょう・・・か?

投稿者 ちえり [TypeKey Profile Page] : 2005年11月25日 14:39

……というコメント群が結局「彼らのせいだ」タイプにすっぽりはまるというのはちょっと痛いんですが。

投稿者 flexx [TypeKey Profile Page] : 2005年11月26日 03:53

……というコメント群が結局「彼らのせいだ」タイプにすっぽりはまるというのはちょっと痛いんですが。

投稿者 flexx [TypeKey Profile Page] : 2005年11月26日 03:55

「自分のとった行動の責任は自分で取る」という考え方は、「あなたのとった行動の責任はあなたで取りなさい」という他責的な考え方に容易にすり替わってしまいませんか? 議論の軸をもうちょっとかえないと単に循環する議論になるように思えます。
人間がとる行動の結果のうち「コントロールできない危険(デンジャー)」と「コントロールできる危険(リスク)」の、特にリスクの発生を担保するものが「責任」ではないでしょうか。本来リスクであるはずのものを放置して認知できていないことも「責任」の範疇に入るでしょう。
単に行動とリスクの選択問題に還元できます…行動した結果発生したリスクに応じてとるのが「自分の責任」です。イデオロギー的なものではなくて、個々の事例に応じて判断する程度のものではないでしょうか。
一般化するなら「行動=責任」というより「行動=リスク」「行動+リスクの発生=責任」とワンクッション必要に思えます。
個人的には上記の考え方に則った上で、「成功から学ぶ」ことの方が重要に思っています。うまくいった方法から学ぶ姿勢であれば行動の強化はできますが、失敗から学んだ場合は行動の強化はできません。「失敗しない=うまくいく」ではないからです。自らの成功体験からの行動の強化、あるいは人の成功をほめるということは、自責的なスタンスの確立には必要な素養に思います。
あ、ちなみに「成功」というのはサクセスストーリではなくて、「うまくいったぜ〜」程度のことです。

投稿者 Antoine [TypeKey Profile Page] : 2005年11月27日 13:25

【本質的な構造問題】

Q. 日本以外の先進国では、どうやって不正建築を防いでいるの?

A. 損保会社に建築設計確認を兼務させることが多いです。
  もし建物が崩壊すると損保会社が大損をするので、設計確認が厳格になります。

Q. どうして、日本では損保会社が建築設計確認を兼務していないの?

A. 日本では、損保会社が建築設計確認業務を兼ねることが禁止されているためです。

  建築設計確認業務が一種の利権となっており、
  国交省からの役員天下りや、検査担当者は元公務員であるといった実情があります。

  問題が起きても、大損もしないし、責任を負えない立場のイーホームズ等が
  建築設計確認をするという構造に、本質的な問題があります。

投稿者 KEN [TypeKey Profile Page] : 2005年11月27日 23:56

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?