BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 大峰山炎上 | メイン | 誤植と自殺 >>

2005年11月07日

la nuit violente en France

フランスで移民系の若者たちによる暴動が27日から続いている。
5日夜から6日未明にかけてフランス全土で1300台の車両が燃やされ、パリでも3区、17区で十台ほど自動車が燃やされた。
パリ西郊のエヴルー市ではショッピングモールが襲われ、覆面をした若者たちと警官隊の間で乱闘があり、負傷者が出た。
もっと詳しいことを調べようと『リベラシオン』を読んでみたが、政府もまだ事態をじゅうぶんには把握していないようであるし、警察による実力行使以外にはとりあえず打つ手がないようである。
日頃は対立関係にあるヴィルパン首相(日本の新聞は「ドビルパン」と表記しているが、フランスの新聞ではVillepin)とサルコジ内相も二人三脚で国内情勢の沈静化に必死ある。
『リベラシオン』にはマクドナルドに工事車両が突っ込んで店舗が破壊されたという記事も出ていた。
いつこういうことが起きてもおかしくないくらいにフランスの移民の若者たちのフラストレーションは鬱積していた。
6000万人のフランス人口のうち500万人がイスラム系移民とその子孫たちである。
その多くは北アフリカから移民してきた。
彼らがフランスに何を求めて来たのか、私は知らない。
就業機会を求めたのか、市民的自由を求めたのか、ヨーロッパ文化に浴すことを求めたのか、あるいはまったく何も求めず、絶望的な気分のままやってきたのか。
いずれにせよ、来てみたらあまり「いいこと」はなかった。

フランスは階層社会である。
階層社会でも、階層格差を表示する指標として重視されるものはいろいろある。
例えば、アメリカではそれは「年収」である。
「貧しいけれど教養はある」人間と、「教養はないけれど金はある」人間とでは、後者の方が社会的利得に浴する機会が多い。
フランスの階層格差の識別指標は「金」ではない。
もちろん「金」も重要な差異化の指標だけれど、それ以上にヨーロッパでは「文化資本」と「家柄」が階層間の「壁」を構築している。
むしろ、「文化資本」と「家柄」によって構築された「強者たちのネットワーク」が権力、情報、財貨の占有を可能にしていると言った方がよいだろう。
スタートラインにおいて「社会的弱者」に類別された者がフランスで社会的に上昇する方法は基本的には三つあり、たぶんこの三つしかない。
(1)「一代目」がまず金を儲ける。「二代目」に高等教育を受けさせる。「三代目」が豊かな財貨と潤沢な文化資本に恵まれて育ち、婚姻関係によって「上流階級」に仲間入りする。
(2)死ぬほど勉強してグランゼコール(エリート養成校)に入り、権力のイデオロギーを100%内面化した「出世主義者」になる(あるいは「なったふりをする」)。
(3)俳優か歌手かサッカー選手か作家になる。

(3)以外の選択肢がイスラム系の移民にとって郊外の団地(HLM habitation à loyer modéré 低家賃住宅)から逃れ出るためにはたいへんに高いハードルである理由は、それがフランス社会が「価値あり」とするものに同意署名することを要求しているからである。
19世紀末に東欧やロシアから流入してきたユダヤ系の移民たちは、この問題にそれほどは苦しまなかった。
ユダヤ人たち自身がフランス革命によって被差別状態から解放され、市民権を賦与された「革命の受益者」だっただからだ。
だから、ユダヤ系移民からはブランシュヴィックやプルーストやアロンやレヴィ=ストロースやレヴィナスのようなフランス文化の「精華」が続々と生まれた。

イスラム系の移民たちの場合には19世紀のユダヤ人のようなかたちでの「同化」を期待することはできないだろう。
フランスから特に受益した記憶がないからである。
アフリカ植民地にいた時代については、宗主国民に搾取され弾圧された記憶が、移民として移住してきたフランスでの生活については、フランス人に差別され収奪された記憶しか残っていない。
加えて、マイナスの条件がもうひとつある。
彼らに先行して「同化」の努力に孜々として勤しんで、それなりの国民的貢献を果たしたユダヤ系フランス人たちを、当のフランス人たちが獣を追い立てるような仕方で悪魔島やアウシュヴィッツへ送り込んだことを誰も忘れていないということである。
フランスは移民の受け容れにおいて過去に取り返しのつかない重大な失敗を二度も犯した(ドレフュス事件とヴィシー政府のユダヤ人狩り)。
フランスの国是に衷心から同意した移民でさえ「あんな目」に遭ったという歴史的経験は「ホロコースト」以降の移民たちにヨーロッパの国々への「同化」の意欲をつよく損なってきただろうと私は思っている。

フランスでは「同化」しない限り、社会的上昇のチャンスはほとんどない(「同化」してもチャンスは少ないが)。
そして、「同化」を促進するようなモラル・サポートはフランス社会の側にも移民たちの側にもほとんど、ない。
結果的に若いイスラム系の移民たちは、フランス人の提示するロールモデルに従って自己改造する意思を持たず、むしろ彼らが見たことも触れたこともない(その言語さえもう話すことができない)アフリカの民族的伝統や価値観に固執することでかろうじてプライドを維持しようとしてする。
このようなエスニック・アイデンティティの維持がもしかなりの程度有効であったならば、今回のような暴動は起きなかっただろうと私は思う。
ここまで問題が深刻化したということは、「フランス社会への同化」に対抗して立てられた「エスニック・アイデンティティ護持」という移民側の「自前のポリティックス」がもう実効性を持っていないことがあきらかになったということを意味している。
イスラムの信仰を守り、イスラムの習俗を堅持し、フランス的価値観を峻拒し、植民地主義的収奪の弱者として宗主国の倫理的責任を糾弾し続けてフランス社会内部にとげのようにささった「異族」としてあえて告発者の立ち位置を維持するという「告発のポリティクス」。
それは論理的には整合的である。
けれども、「異族」の若者たちはそれによってあまり幸福にはなれなかった。
正しいけれども、その信奉者たちをあまり幸福にしない社会理論というものは存在する。
「告発のポリティクス」はそのような社会理論のひとつである。
もし、その移民集団にすぐれた政治指導者がおり、自律的な社会制度をもち、宗教教育の機会や民族文化の深化発展の場が確保されており、大規模な「民族系マーケット」や「民族系資本」や「民族系ビジネス」のチャンスがあったならば、集団的な孤立は彼らの状況をそれほど絶望的なものにはしなかっただろう。
けれども、フランスのイスラム系移民社会は現在そのような自律的な「国の中の国」を構成してはいない。
移民たちの側にそのようなものを構成する気があったとしても、フランス政府はそのようなことを決して許さないだろう。
けれども500万人というのは、ノルウェーやデンマークの人口よりも多いのである。
ほとんど「一国」規模の集団なのである。
その人々が移民した先の国に同化することを禁じられ、民族集団として自律的に立ち上がることも禁じられているという「出口なし」の状況に集団的に追い込まれている。
どういう効果的な解決法があるのか。
私には想像がつかない。

投稿者 uchida : 2005年11月07日 11:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1358

このリストは、次のエントリーを参照しています: la nuit violente en France:

» 『鏡よカガミ』  from BLOG バカヤマ
追記:移民の国だし、こういう状況になりかねない下地は他の国にだってあるんでしょうね。 (cf.Reuters@excite:仏暴動、パリ中心部にもヨーカードーの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月07日 13:53

» フランスの暴動の根っこはどこにあるのか from TENERE
フランスの(もはやパリの、という限定的状況ではなくなった)暴動について、日本の3... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月08日 01:11

» 伝統 from 空白のノート
 伝統を信じるというのはごく自然なことだ。その行為が、ではなく態度として。信じられないものを無理に信じなくてもいいし、信じないものに無理強いすることもない。ご... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月08日 03:25

» フランスの暴動について from フランスにいて思うこと
とりあえず、フランスにいるので書いておかないと。 自分が居るのは、フランスの田舎なので、平穏。スキー場のように静かな夜。 ストが行き過ぎた暴動みたい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月08日 11:39

» フランスの暴動、狭間のいらだち from TENERE
(註:これは「フランスの暴動の根っこはどこにあるのか」という投稿を、引用部分の解... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月08日 17:11

» [試考]エスニック・アイデンティティ・ポリティクス from こころ世代のテンノーゲーム
「ここまで問題が深刻化した」と延々言われ続けてきていることは、「日本社会への同化」に対抗して立てられた「エスニック・アイデンティティ護持」という在日韓国・朝... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月08日 21:21

» フランスにおける暴動。 from Taejunomics
 タイトルを見て、2世紀前の類似タイトルの著作を思いおこしたあなた、今度、飲みに行きましょう。笑  「仏暴動、強権発動へ」  フランスでは先月か... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月09日 00:21

» パリは燃えているか? 燃えてないよ。 from ね式(世界の読み方)ブログ
TVを見て心配したいとこから、おとといメールがありました。私の住んでいる界隈では [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月09日 05:47

» パリは燃えてはいないのだが。 from ね式(世界の読み方)ブログ
先ほどはイッキに前エントリを書き込みまして、かなり荒い文章になってしまいました。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月09日 10:52

» フランスの多文化・抑圧状況がうかがえる,アラブ系若手女性活動家の半生記 from みちくさ(Michikusa)
■書評「自由に生きる――フランスを揺るがすムスリムの女たち」 ルーブナ・メリアン [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月09日 13:10

» [アラカルト的]フランス暴動は対岸の火事か from だから問題はコミュニケーションにあるんだよ by com-lab
5日夜からの4日間で4493台。 パリ郊外で始まった暴動で、これだけの車が燃やされた。もし東京、あ るいは大阪で、これと同じことが起こったらどう思うだろ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月10日 07:15

» パリの大規模暴動Ⅱ(政治の不作為) from 時事を考える
パリの大規模暴動(日本は出稼ぎから始めよ)という記事にコメントとTBで「隔離政策 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月10日 08:17

» パリ暴動:政府が非常事態宣言(その1)(T) from マオ猫日記
(写真)リヨン郊外ヴェニシューで放火された自動車  先月28日にパリ近郊で発生した若者らによる都市暴動は、発生から10日以上がたった9日もパリ及びフランス各地... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月10日 09:43

» フランス暴動と文化資本 from 次世代情報都市みらいBlog
まず、パリからはてな日記の「パリ郊外の暴動のこと」と内田樹の研究室「la nuit violente en France」を読みました。いずれも明示的か暗示的か... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月11日 15:24

» フリーターという既得権 from 404 Blog Not Found
ratio - rational - irrationalさん経由で見つけたblogにて見つけたblogにて。 日本のニート・世界のフリーター ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月15日 23:00

» フランス暴動、政府は対応にAdWordsを利用 from sima2*blog
フランスの暴動が深刻化する中、その暴動の情報インフラとなっているのはやはりネット... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月16日 15:04

» 移民という分類 from L'ECUME DES JOURS 〜日々の泡〜
ずいぶん(10日ほど)前の話になりますが、内田樹さんのブログで、パリ郊外における暴動に関する記事を読み、なんだかとても納得させられたのでした。 今回の「出来事... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月18日 09:20

» “フランスの階級”という宿題の続編 from ね式(世界の読み方)ブログ
これはほぼご近所のshibaさんブログのさっきアップされたエントリへの返事、とい [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月18日 21:41

» 犯罪/親の責任 2 ~仏暴動、参加者の親に制裁方針~ from ひねくれWYVERN ~泥棒にされた貧乏人の叫び~
親の責任。 ”暴動”っていう国を揺るがす大きな混乱が、 政治を司る偉い人たちに、勇気ある無謀な1歩を踏み出させちゃいました。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月24日 01:42

» [W杯] 家族思いの両者、だと思う。 from けろやん。ブログ。
場外戦過熱…マテ父 ジダン母に激怒 うーん。この問題は、なんともコメントできないなあ(´・ω・`)・・・。私は以前、いみじくも書いていました。誇れることではあ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月15日 16:40

コメント

体内に一寸法師をいれてしまった。階級?貴族?セレブ?浄化されていいかもしれません。
他国のことだからこんなに冷静にいえるのだけれど、日本も
たくさんのアジアの人々を入れて3Kで働かせているが、アジアの方が苦労していて一枚上手のようなので、日本人のほうが
そのうち追い使われるかもうすこし下品になって?たくましく
野蛮にならないと反対の立場になりそうな感じがします。
うちのこなんかぼーっとしていてほんとに危ないです。

投稿者 .おきつひめ [TypeKey Profile Page] : 2005年11月07日 23:07

前回の大峰山のお話も今回の仏の暴動も、共通項はマイノリティー問題という事でしょうか。勝者は美しく、敗者は醜いといったアメリカ発の疫病が、アメリカを忌み嫌い、博愛主義者を自称してきたフランス人の間にも蔓延したのでしょうか?イスラム系女子学生へのスカーフ禁止など、最近のフランスは少し変だと思っていましたが、文化相対主義という素晴らしい考え方はどこへ行ってしまったのでしょうか?市民社会の長い歴史を持っていても、所詮自国民のための市民化にすぎず、コロニアリストの過去を引きずって今日まで来ているのでしょうか?市民による市民革命を経ずに近代化した日本の状況を考えると、少し絶望的な気分になるのは私だけでしょうか。

投稿者 magnon [TypeKey Profile Page] : 2005年11月09日 01:59

それでもなお、私にはアメリカよりフランスが理解可能で希望があるような気がする。それはなぜか、私自身わからない。
それぞれのクニのネガティブな部分を描いていると思うのですが、ヴォートランやダニエル・ぺナックの書くものには、エルモア『スプリットイメージ』の救いのなさとは違うものがあるという気がする。
アメリカのマイノリティの反乱はたとえばLAの場合でもどこか腓弱わなものを感じるのに対して、フランスの子供たちの反乱(riot)にはある種の野太さを感じる。
トクヴィルがアメリカ憲法に見たもの、いいかえれば、パブリウス(ジェームズ・マディソン+アレクサンダー・ハミルトン+ジョン・ジェイ)がアメリカ憲法に仕込んだ仕掛けがここまで深刻にマルティテュードを無力化したという「感心・寒心」でもあるかもしれないのだけれど。
「地に呪われたもの」という病像から旧植民地の人々は回復しているのかもしれない。でも、もうすぐ鎮圧だ…けれど

投稿者 つっかん [TypeKey Profile Page] : 2005年11月09日 12:28

内田さま、

le monde web版の見出しは以下のようになっていましたので、M. de Villepinとも言うようです。もっとも、フランスでの報道の場合、Dominique de Villepinとフルネームで呼ぶのが普通かと思いますが。

「A l'Assemblée, M. de Villepin justifie l'état d'urgence et présente des mesures anti-discrimination」

http://abonnes.lemonde.fr/web/sequence/0,2-3208,1-0,0.html

投稿者 ys [TypeKey Profile Page] : 2005年11月09日 14:09

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?