BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 霊的体験とのおつきあいの仕方 | メイン | 秋の演武会とエビオスの祟り >>

2005年10月26日

『街場のアメリカ論』は誰が読んでるんだろう

『街場のアメリカ論』が意外によく売れている。
アマゾンの「社会・政治」エリアで8位。「外交・国際関係」で3位。
「意外に」というのもM島くんに失礼だけれど、やっぱり「意外」。
「外交・国際関係」のチャートをごらん頂ければ、私が「意外」という意味がおわかりになるだろう。
チャートは次の通り
1位「マンガ嫌韓流の真実」(別冊宝島)
2位「韓国人につけるクスリ-韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理」(中岡龍馬・オークラ出版)
3位「街場のアメリカ論」
4位「マンガ中国入門-やっかいな隣人の研究」(ジョージ秋山・飛鳥新社)
5位「驕れる白人と戦うための日本近代史」(松原久子・文藝春秋)
6位「『反日』解剖 歪んだ中国の『愛国』」(水谷尚子・文藝春秋)
7位「がたん ごとん がたん ごとん」(安西水丸・福音館書店)
8位「国売りたもうことなかれ 論戦2005」(櫻井よしこ・ダイヤモンド社)
9位「『ヨーロッパ合衆国』の正体」(トム・リード・新潮社)
10位「新・ゴーマニズム宣言スペシャル台湾論」(小林よしのり・小学館)
7位の安西水丸さんの本は「読んであげるならゼロ歳から」とある福音館の絵本だから、このランクに入っているのは何かの間違いだろう(もしかすると「ゼロ歳から読み聞かせる国際関係論」なのかもしれないけれど・・・まさか水丸さんが、そんな本を)
一瞥しておわかり頂けるとおり、これらはほぼすべてが「愛国本」あるいは「排外本」というカテゴリーに類別可能である。
私の『街場のアメリカ論』も、表層的には「アメリカへの悪口雑言」に満たされているわけであるから、ある種の「排外本」に区分される可能性はあるが、私のもともとの興味は(私自身を含めて)反米的なメンタリティが醸成される日本人の心理の成り立ちかたを分析的に考察することにある。
他の本を読んでいないままに批判的なことをいうのは失礼だけれども、表題を見る限りでは、著者たちが彼ら自身のエクリチュールを無意識的に統御している「不可視の構造」の解析に知的リソースを優先的に備給している場合に採用するタイトルであるようには思われない。
まわりくどい言い方をしてすまない。
要するに、彼らが「他人が間違っていること」を論証するために割いているのと同程度の知的資源を「自分が間違っている可能性」を吟味するために割いているのかどうか、タイトルからは懐疑的にならざるを得ないと申し上げたいのである。
すこしもわかりやすくなっていないが、本を読んでないんだから、これ以上ストレートな物言いは控えねばならない。
いずれせよ、本を買う人たちはタイトルを見ただけで「だいたいこんな本だろう」と当たりをつけて買うわけであるのだから、タイトルをつけた方々が「どういう本であると思わせたがっているのか」についてなら私も判断することが許される。
その上で申し上げるが、「このような思わせ方」をすれば本が売れると本の送り手たちが信じていられる日本の刻下の知的状況を私はたいへん遺憾に思う。
隣邦の各領域にできるだけ多くの知友と支持者を確保しておくことはわが国の安全保障上の要諦であり、国益を増大にもっとも資する政略であると私は信じている。
私のその感覚からすると、これらの「情緒喚起型」の書物がいったいどのような外交的利益を今後私たちの国にもたらすものなのか、私にはほとんど理解が及ばないのである。
このような本ばかりが売れるということは、私のようなタイプの功利主義者は遠からず「非国民」とか「売国奴」とか「中韓の第五列」とか呼ばれるようになるということであろう。
『街場のアメリカ論』を送ったら母から感想のファックスが届いた。
「二日かけて読み終へました。私にもよくわかるアメリカ論でたいへん勉強になりました。『ナルホド・・・』といろいろな疑問が次々と解けて、『ソーユーコトダッタンダ』と胸のつかえが取れたというか眼からウロコというか。私は世界史を戦争中で殆ど勉強していなかったので、とても面白かったです。」
母上、どうもありがとうございます。
79歳になる母が読んで「よくわかる」という感想はありがたい。
『ためらいの倫理学』を送ったときに当時89歳だった父が「なかなかまっとうな考え方だと思います」と書いてくれたこともたいへん心強かった。
「親に読んでもらってご納得いただけるような本」を書くということは私がものを書くときの基本的な条件のひとつである。
それは親たちの政治思想や信教や価値観の「枠内」で書くということではない。
私は両親とは政治的思想を異にするし、宗教についての考え方も違うし、家族観や社会観も必ずしも一致しない。
けれども、人間の個別的で多様なあり方をひろびろと包括する「人間性」という上位の整序があることを私は信じている。
だから私が『街場のアメリカ論』をいちばん読んで欲しいのはアメリカ人にである。
彼らがどういう感想を語るのか、私はそれをぜひ聴いてみたい。
もしアメリカのナショナル・アイデンティティの奇妙な成り立ち方について、少しでも内省的になったことのあるアメリカ人がいれば、この本のうちの何頁かは共感をもって読んでもらえるような気がする(無理かもしれないけど)。

あ、それから今日中に400マンヒットに達しそうですので、「4000000」を踏んでしまった人はその画面を何らかの仕方で保存してください(なんかやり方があるらしいけど、秘書が300万のときに書いていますので、それを読んでね)。わからない方はそのまま画面をプリントアウトしてくださってもいいです。
前後賞含めて3名さまに「ネコマンガ入りウチダ本」お好きなものを贈呈いたします。
たぶん今日の夕方6時頃に400万のカウンターが回るんじゃないでしょうか。
うっかり誤字訂正なんかしているときに自分で踏まないように注意しないとね。


投稿者 uchida : 2005年10月26日 10:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1337

このリストは、次のエントリーを参照しています: 『街場のアメリカ論』は誰が読んでるんだろう:

» 『相撲部もよんでます』 from BLOG バカヤマ
√ウチダ先生は『一切ページをめくることなく』あっさりと“表題を見る限りでは、著者たちが彼ら自身のエクリチュールを無意識的に統御している「不可視の構造」の解析に知... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月26日 21:03

» ランドパワーとシーパワーの相克 日本の将来は? from 言語学研究室日誌
東アジア3カ国とアメリカの関係 日中対立はアメリカを利するというのは本当か? [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月26日 23:54

» お休みの日…にこにこな日に… from Smenaな日々・裏版
 今日(10/27)はお休みとても楽しい…午前中に頼まれたほんの少しの用事をすまして…持病のヘルニアのリハビリ治療へ…妻が用意しておいてくれた昼食を一人でとり、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月28日 13:45

» 『街場のアメリカ論』 from 岡田昇の研究室
内田樹先生の新著をようやく読み終わった。この本も、「原因」というのは、「原因がわ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月28日 19:30

» 「街場のアメリカ論」 内田樹 from asyuu@forest
内田樹の最新作「街場のアメリカ論」を読む。 物心ついたときに観たアメリカは、TVのなかのアメリカだった。「奥さまは魔女」などのアメリカンコメディーは、どこ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月29日 13:47

» 内田樹著「街場のアメリカ論」 from Legeres.net
街場のアメリカ論 内田樹氏の新刊。題名通り、内田氏ならではのアメリカ論が展開されていて面白い。本来はアメリカが専門ではない内田氏だからこそ、私たちにとってアメ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月31日 09:23

» 街場のアメリカ論 from 烏有亭日乗
内田樹の『街場のアメリカ論』を読む。 随所にラカンの洞察が光っている。まえがきにあるように「日本人はどのようにアメリカを欲望しているのか?」という視点にたち分析... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月20日 09:53

» 「街場のアメリカ論」 from 諸悪の根源は物理的
アメリカと日本の違いについて考えることが最近多くなっている。そのためのインプットの意味も含めて内田樹「街場のアメリカ論」を読んでみた。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月06日 15:05

» 老を得て殖を望む from 404 Blog Not Found
これを読んで、脊髄反射で本書を思い起こした。 Leviathan Thomas Hobbes 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月08日 03:31

» 『パッチギ!』 from 【THE FOOL ON THE HILL】
■北朝鮮のミサイル発射ではじまった一連の流れって、なかなか先がみえないな。とりあえず制裁には拘らず、国連として非難するという方向にまとまるようにはみえるけど。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月14日 07:27

コメント

おそらく「愛国本」「排外本」ムーブメントが本格的に始まったのは、一連のサッカーの大会における中韓のあからさまな反日サポーターの行動がTVで放映されてからだと思います。
たしかに個々のタイトルは明らかにバイアスがあるというか特定の部分に焦点を当て、特定の立場から執筆されているのですが、問題はなぜ読者がその特定の部分に向きあう知的リソースを欲しているのか?ということだと思います。素人目にもそのAmazonのランキングで、ああブームなんだとわかりますが、出版する側も当然それは熟知しており、読者が欲しているそのピンポイントの知的リソースはここにありますよと確信犯的にシグナルを送れるタイトル付けをし、実際いま書店では、そういった「愛国本」「排外本」カテゴリを集めたコーナーがあります。
これを読者が感情的に盛り上がって、情緒喚起型、プロパガンダ的書物を購入していると捉えるのか、あるいは、なんらかの理由でその特定分野で一般的な読者層のあいだで、ある知的エアポケットが生じ、それを補完してくれるだけの特定の知的リソースを渇望していると捉えるのか、意見のわかれるところでしょうが、前者後者の要素で相乗効果的な売れ方をしているという見方が無難かもしれません。
「自分が間違っている可能性」についてはすでに飽き飽きするほど戦後教育、朝日をはじめとするメディアから教えられてきたわけです。いわゆる自虐史観ですね。でずーっとこれでやってきたが、今ところどころで歪が露呈してきている、サッカーの反日暴徒の映像はショックだった国民は多いと思います。明らかにマスコミが報道してきたこと、戦後、日本国民が是と社会的に共有してきたことと、中韓国民の意識との間にずれがある。ずれがあるのは仕方ないにしても、相手の言動が過激であればあるほど、果たしてそのずれを生じさせているのは「自分が間違っている可能性」によるものなのか、あるいは「他人が間違っている可能性」によるものなのかと評価しようとするでしょう。知的に見極めたいと思います。「自分が間違っている可能性」に関してはすでに十分に知的フィードされているが、「他人が間違っている可能性」については不足である、それをピンポイントで供給してくれるだけの知的リソースが必要になるということなのではないでしょうか?つまり現在までの情報の与えられ方がアンバランスであったがために、知的バランスを取るために逆ベクトルにアンバランスなタイトルに象徴される情報を含有している本が渇望されている、ということだと思います。
実際、ざっと目を通すと、「知る権利」を奪っているメディア批判に頁を少なからずさいている本が多いです。

投稿者 ken [TypeKey Profile Page] : 2005年10月26日 15:15

追記、
健全なシステムとは自己エラー修正機能を内包しているものであり、自己批判に欠ける愛国本は構造的に健全ではない、という主旨だと理解させていただいたのですが、私の見方はむしろ異なり、それタイトル自体は内部構造的に健全さに欠けるものの、もうひとつ上のレイヤー、枠組みである日本の世論、マスコミの論調に対して、愛国本がエラーチェック機能の役割を能動的に果たしているという意味合いにおいて健全だと思っています。

投稿者 ken [TypeKey Profile Page] : 2005年10月26日 15:36

√姑息にタイミングを計っていたのに、4,000,052番でした......。
ものすごいペースでカウンタが回転したみたいだから、きっと同じようなことを考えて待機していた方達がたくさんいたんでしょうね、無念。

愛国本ブームはアリだとわたし達はおもいますが、ただ『そこから次の疑問』へとつながらない造りの本がほとんどなのがもったいないような気がします〆

投稿者 Mt.Baca登頂隊 [TypeKey Profile Page] : 2005年10月26日 21:18

↑本当に読まれましたか
『街場のアメリカ論』?
特に以下のくだり。
「アメリカが東アジア政局にコミットできるのは、日中韓三国(+台湾・北朝鮮)の間に不協和音が響いている限りのことである。」

投稿者 ポール [TypeKey Profile Page] : 2005年10月26日 22:08

わどと申します。「愛国本」の著者・発行元の中には、実際に☆エージェント様から資金提供を受けてるものもいるかも知れませんね――な勢いです。
「愛国」ブームの尻に乗ってる連中ってのは、その外資系バラマキ資金の波及効果ってわけです。真剣な顔して「愛国なんだぁ!」とかわめきつつ――な連想もできそうです。
ワー、面白い! 
やっぱりこれって、『街場』の波及効果ですよね!
(追)売れてるんですか? それはおれの宣伝のためです。エヘン。??

投稿者 誤読しらず [TypeKey Profile Page] : 2005年10月27日 00:45

以前は、日韓中の学生がたとえばユースホステルで同部屋になったとき、おそらくその日本人の学生は歴史知識格差で話にもならなかった。日本人は外国人とくらべて自国のことを知らないと旅行本などには必ず書かれていましたが、今はこういうブームのおかげで、少なくとも問題がどこにあるかスタートライン程度には並べるわけです。そういう議論の叩き台になりうるという点でこういう本、ブームはニッチがあると考えます。叩き台である素材が荒いという批判があるかもしれませんが、中韓の学生が叩き台としている素材の品質もおそらくたいしたことはないでしょう。とりあえず、個々の著書に対する批判はあって然るべきだと思いますが、大局的にみてブームやムーブメントがあるというのは、それなりに理由付けや分析が可能だと思います。もちろんチャチな陰謀論ではなくて。ネットの口コミでベストセラーになったようなものにマーケティングの資金がどうだとか論外ですからね。
新聞の書評などに顕著なのですが、確かに個々の著者の見解、語り口にはそれぞれ限界というものがあるだろうし、ゆるい理論展開もあるかもしれない、受け入れられ難い主張もあるかもしれない。だからといって全部が全部真に受ける必要はないと切り捨ててしまうのも逆にどうかなと思います。そういう粗探しをし指摘することで、まあまじめに取ることはないという結論の免罪符にしているものが多いように思います。今後の議論のよいきっかけになるという書評はあまり見かけません。個々の議論のつめ事実認識のつめが甘ければ、その延長でつめればよい。それをなぜか、最初の入り口を論じることさえ否定する。まったく価値のない方向性のように斜にかまえた姿勢をとる。問題の本質は私たち自身である、というのはとても大人の態度に見えるが果たしてそうであろうか?という疑問がわきます。大人であれば自分のみならず他人の醜い部分にも目をそむけずに対処すべきであって、それを克服したうえですりあわせを図っていくというのが相互理解だと思います。建設的な議論を進めるにしろ、土台は固めておくべきです。この辺を今まで適当にないがしろにしてきたから逆に足元をすくわれて、延々歴史問題の話に立ち戻るのではないかと思います。

投稿者 ken [TypeKey Profile Page] : 2005年10月27日 01:13

こんにちは
街場のアメリカ論は明日にでも買おうかと思っていた
ところですが。

あっしはアメリカ人の友人がけっこういるのですが、
今、実はアメリカの自己批判本のちょっとした
ブームなんだそうですよ。何のニュースだか忘れましたが
(NY timesだったような気もする)それでアメリカ人が
自分たちの愛国心に対して、多少の疑問を感じており、
世界戦略に対して自信もなくしている状況なんだとか。

イラク戦争に反対であった人たちが世論の半数を占めていた
ということも忘れておきたくないことですね。それにNoam
Chomskyが自分で「講演にこんなに呼ばれて、こんなに人が
集まるようになったということは、アメリカという社会が
ベトナム戦争以後大きく変わったということなのだろう」と
いった主旨の発言もされていました。

投稿者 (・∀・) [TypeKey Profile Page] : 2005年10月27日 01:19

√ポールさん、ごめんなさい
わかりにくい文章ですね
ベストセラーリストに並んでいるほかの『愛国啓蒙本』について感想だったんです〆

投稿者 Mt.Baca登頂隊 [TypeKey Profile Page] : 2005年10月27日 10:23

Mt.Baca登頂隊さん、ごめんなさい。
上記のコメントの名宛人はあなたじゃありません。

投稿者 ポール [TypeKey Profile Page] : 2005年10月27日 20:12

はじめまして。
いつも興味深く学ばせていただいている、米国在住者です。
「もしアメリカのナショナル・アイデンティティの奇妙な成り立ち方について、少しでも内省的になったことのあるアメリカ人がいれば、この本のうちの何頁かは共感をもって読んでもらえるような気がする(無理かもしれないけど)。」について。
無理なことなど全くありません。
それこそ多様で成り立つ国なので、共感を抱く人は多くいるでしょう。
何事も一般化が難しく、一つにくくることはできませんが、先生の視点で世の中を見ている人は大勢いると思います。

投稿者 asukab [TypeKey Profile Page] : 2005年10月28日 15:00

ぜひ英訳を出しましょうよ

投稿者 ハットリ [TypeKey Profile Page] : 2005年10月28日 15:52

ブログに『街場のアメリカ論』を紹介したことをトラックバック通知しようとして、間違えて「霊的体験」のほうにしてしまいました。ごめんなさい。

投稿者 アク [TypeKey Profile Page] : 2005年10月28日 19:46

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?