BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 風邪ひき頭で考えたこと | メイン | 会議飯とロハス >>

2005年10月19日

風邪癒えず

ぐえほぐえほ。
風邪がまだ治らない。
でもおかげで体重が減った。
73.8キロ。
「74キロの壁」が突破されたのである。
「ウチダくん、風邪ひいて、体重が減ったのを喜んでどうするんだ。バカかね、キミは」
ちがうって。
風邪ひいたら気分が滅入るじゃない、誰だって。
そういうときに「風邪を引いたことによってもたらされるよいこと」を列挙する、というふうに発想を切り替えることにしてるの、私は。
飯食わないから食費が浮く。
酒のまないから肝臓が丈夫になる。
煙草を吸わないから肺がきれいになる。
たっぷり寝て日頃の睡眠不足を解消できる。
いつもは読めないエンターテインメント本をベッドでごろごろ読める。
おまけに熱で体重が減る。
いいことづくめじゃないか。
ああ、風邪が引きたい。もっといつまでも引いていたい。
そういうふうに念じると、たいていの風邪は治ってしまうものなのだ。
「風邪の神さま」にしても私を喜ばせても業腹なだけだからね。

『街場のアメリカ論』が発売になる。
献本した先から「先ほど頂きました。けらけら笑っているうちに読み終えました」というメールがどかどかと届く。
どうも2時間くらいで読み終わってしまうらしい。
250頁で活字ぎっしり詰まっている本だし、中身だって、それほどすらすら読まれてよいはずのものではない。
もう少し読者のみなさんにも苦吟するなり輾転反側するなり歯がみするなりして頂かないと、憎々しげなことを書き連ねた甲斐がない。
「ふざけるな!」と本を壁にたたきつけるとか、焚書の刑に処すとか、そういうスペクタキュラーなリアクションを期待していたのであるが、いまのところそういう反応はない。
もしかすると、日本の読者諸君はみんな「私と同じこと」を考えていたのかも知れない。
それはそれでちょっと問題ではないかと思う。

投稿者 uchida : 2005年10月19日 10:37

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1319

このリストは、次のエントリーを参照しています: 風邪癒えず:

» ちょっと分かってきました。 from 雑念する「からだ」
内田先生の最新刊『街場のアメリカ論』(内田樹、NTT出版、2005)を読む。 そうしたらちょうどこの前書いた佐々木先生の「マイクロ・スリップ」のお話が出ていた。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月20日 21:27

» 歴史(学)と想像力 from 川瀬のみやこ物語 episode2
先日購入した、内田樹先生の『街場のアメリカ論』を、あっという間に読了。いやあ、面 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月21日 16:46

» 身体をゆるめて、呼吸を楽にする方法(1) from ロデオボーイの効果で、からだをほぐして、健康ダイエット!
呼吸の仕組みについて、ロルフィングの入門書、『ボディーワーク入門』に詳しい説明があったので、要点を書き出してみる。(96ページ) ----------- ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 13:48

コメント

74キロの壁突破おめでとうございます。
私は数年前は2週間おきに風邪をひいていたのですが、ジム通いを復活してヨガとか自律神経を鍛えるクラスに参加したらひかなくなりました。武道家の人も呼吸法だとか同じような感じで修行されているので風邪ひきにくいのかなと思っていましたが、ひくときは誰でもひくものなんでしょうかね?

ところで、GOOGLEメールのインビテーションが100ほどあるので、もしGMAILアカウントを取りたいという方がおられましたらkenokabe@gmail.comまでメールください。
ストレージは2G超あるし、WEBベースだけでなくPOP対応なので既存のメーラーと併用も可能です。とても使えます。

投稿者 ken [TypeKey Profile Page] : 2005年10月19日 11:33

>もしかすると、日本の読者諸君はみんな「私と同じこと」を考えていたのかも知れない。

「わたしが、常日頃から感じていたのはこういうことだったのか!」
と膝を打つのが読書の醍醐味かと?

投稿者 ポール [TypeKey Profile Page] : 2005年10月20日 16:16

「街場のアメリカ論」を3時間で読了した私は「内田病」にかかり、「映画の構造」を購入するためにジュンク堂に赴きました。
でも「すでに在庫無し」
やむを得ず、「健全な肉体に狂気は宿る」を購入。
対談本なので2時間で読む。
春日武彦先生も好きな著者なので、うれしい。

投稿者 ポール [TypeKey Profile Page] : 2005年10月24日 23:09

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?