BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 池上先生との一日 | メイン | 極楽合気道 >>

2005年09月16日

哀愁のポスト・フェミニズム

Y売新聞からインタビューの申し入れがある。
テーマは「ポスト・フェミニズム」。
おどろいて
「もう、フェミニズムは終わってしまったんですか?」
と訊いたところ、電話口の記者さんは怪訝な声で、
「だって、『フェミニズムはもうその歴史的使命を終えた』ってウチダ先生書いてるじゃないですか」
あれは戦略的にそう書いているだけですって。
「・・・はもう終わった」というのはいかなる意味でも理説への内在的批判ではない。
「言ってみただけ」である。
にもかかわらず、この「・・・はもう終わった」というのはきわめて毒性の強い評言であり、誰かがぽつりとその一言を言うと、その「誰か」が市井の、無名の、その批評性がとりわけ評価されているわけでもない人間であった場合でも、「そ、そうか・・・もう終わっちゃったのか・・・」ということが何となくしみじみと実感されるのである。
そして、メディアがにぎにぎしく報じるまでもなく、この「何となく的実感」は日本全国津々浦々に燎原の火のごとく、あっという間にひろまってしまう。
「・・・はもう終わった」プロパガンダの伝播力は恐るべきものである。
どうしてそういうことになるのか、その理路をご説明しよう。
私が「フェミニズムはもうその歴史的使命を終えた」と書いたとき、メディア上、論壇上、学術上、フェミニズムはいまだたいへん隆盛であった。
だが、「隆盛であるもの」には必ずコバンザメのようなタイコモチのような、「支配的な理説の提灯を持ってえばりちらすやつ」が付きものである。
フェミニズムがその威信の絶頂にあるときに、どのような反論批判にも「男権主義者」「父権制主義者」「ファロサントリスト」と鼻であしらって済ませる、頭の悪いコバンザメ的論客がそこらじゅうでぶいぶいいわせていた。
彼ら彼女らに対する倦厭感はそのときすでに社会全体に伏流していたのである。
これはフェミニズムの罪ではない。
支配的な社会理論には、それがどのようなものであれ、必ずそれを教条化し、その理説のほんとうに生成的な要素を破壊する「寄生虫」が付着する。
もちろんフェミニズム内部でも激しい相互批判や党内対立はあった。
今はサード・ウェイブ・フェミニズムだと言われているから、すでに先立つ二つの「偏向」(あるいは「先駆的形態」あるいは「修正主義」)は駆逐されたらしい。
けれどもそれがこの「寄生虫」を駆除するためのものであったことはない。
駆逐されたのはつねに主観的には純良なるフェミニストであり、彼らを石もて追い出すようなバッシングの主力部隊はつねに「寄生虫」たちによって編成されていた。
フェミニズム内部の理論闘争はご存じのようにたいへん非寛容で苛烈なものであったが、それはそのつど新たに登場した「より過激な理論」がほとんど一瞬にして勝負を決めるというかたちで終熄するのがつねであった。
「あとからやってきた理論」が短期間に多数派を形成するという経験を繰り返しているうちに、フェミニズムは「新しいムーブメントに乗ること」の生存戦略の有利さを論証してしまった。
結果的に、これがフェミニズム自身にとって命取りとなったと私は思う。
フェミニズムの実働部隊であり、提灯持ちであったコバンザメ諸君は、まさに「落ち目の党派的立場をいち早く見捨てて、勝ち馬理論に乗る」ことの政治的な正しさを刷り込まれてしまったからである。
この手のコバンザメ諸君にいちばん効くのが「・・・はもう終わった」というさりげないひとことである。
彼らは「当節のはやりもの」にいちはやくキャッチアップする流行感度に知性の有り金を賭けているから、バックステージで「こそっと」呟かれるひとことにきわめて敏感に反応する。
私が「フェミニズムはもう終わった」と書いたのは、フェミニストに告げたことばでもないし、アンチ・フェミニストに宛てたことばでもない。
「フェミニズムももう終わったしね・・・」ということばを誰に言うと出もなくつぶやいたのは、フェミニズムの旗振りをしていれば当面飯櫃の心配はしなくてすむと思っていたコバンザメ野郎たちの耳元においてである。
彼らはこういうことばにはほんとうに敏感である。
もし私が「フェミニズムを終わらせなければならない」と言ったのなら、彼らとて耳を貸しはしなかっただろう。
彼らは「遂行的言明」には興味がない。
彼らが耳を傾けるのは「事実認知的言明」だけである。
「終わった」という風聞を聞きつけたコバンザメは、気づかれないように、さりげなく、「主人」のもとから逃げだそうとする。
開票日当日の選挙事務所で、開票速報の結果がわかるにつれて「事務所は重苦しい空気に包まれています」という状態になると、一人また一人と事務所から消えてゆく人間がいる。気の利いたやつは開票が始まる前の、「出口調査」の数字が出たあたりで姿を消して、対立候補の事務所に、まるではじめからそこにいたような顔をしにゆくのである。
フェミニズムはいまこの「敗色濃厚な選挙事務所」のように見えている。
実際にそうであるわけではなく、そう見える人間の目にはそう見えているということである。
いち早く「次のトレンド」に乗ろうとしてフェミニズムを去る人々は要するにただのコバンザメ野郎であるから、こんなものはいてもいなくてもフェミニズムの本質とは何のかかわりもないことである。
フェミニズムはこのような権力追随的な人々が消え去ったあとに、むしろその本来の生成的な運動に戻ってゆくことができるだろう。
私が懸念するのは、「このような人々」がいなくなったあとに「じゃ、いまからフェミニズム運動再建しましょう」と振り返ってみたら、そこにはもう誰もいなかったということになりはしまいかということである。

投稿者 uchida : 2005年09月16日 11:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1234

このリストは、次のエントリーを参照しています: 哀愁のポスト・フェミニズム:

» [脳内編]コバンザメの蕨野行 from 千人印の歩行器(walking gentleman)
 コバンザメって背びれが変化した吸盤でサメや大きな魚、浦島太郎が乗ったような海亀や船底にぴったんこ寄生して旅行するタダ乗り名人ですが、食用にしないのですね。“小... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 11:29

» 内田樹センセはもう終わった from そんなnewsは犬も喰わない
戦略的に書いてみました。もちろん「内在的批判」ではありません(笑)。 ええと、何 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 16:29

» 小泉改革後の未来像 from 猫のあしおと
 ↓  それが小泉改革の…官僚の描いた未来像…であろうが無かろうが、 臣民に酔った国民は、割れ窓理論のように、沿わない者を 駆逐して行くだろう... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月18日 05:03

» 『ホワイトバンドとブラックベルト』   from 日刊バカヤマ採掘記
一昨日の学校帰り、親しい友人から強く勧められて某書店でホワイトバンドを買いました。 でもなんか照れくさくて自室に仕舞いこんだままになってます。なにも知らずに身... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月18日 14:06

» 内田樹の読み方 from Over 40
こんにちは。 「たつる」と読みます。というのは冗談で、犬藁さんのご質問にお答えし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月20日 15:57

» 視点を“ずらす”ことの重要性 from incompleteness thinking
更新がすっかり滞ってしまった。 実は今、某国に海外出張中で、その準備等を含めてしばらく書く時間がとれなかったのだった。 頂いたトラックバックにレスしたり、予... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月21日 09:19

» 「・・・は終わった」の成分と効能。 from ミズタマのチチ
「・・・はもう終わった」 この毒性の強い物言いによって、理説の本質的部分の周辺に巣食うコバンザメ=提灯持ちを駆除できる。そんな話がされていた。 内田樹の研究... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月22日 16:46

» アリキタリの現実、アリキタリでない言説 from incompleteness thinking
前回のエントリに対して、犬桑さんからトラックバックをいただいた。 前回の文面では十分に書けなかった部分も含めて、いろいろと考え直す機会をいただけたことにまずは... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月24日 14:02

» 内田樹の読み方2:「キッチリ」と「ゆるゆる」どっちが楽しい from Over 40
ごめんなさい、なんのことやら、さっぱりです。 簡単にいうと内田樹先生ファンは内田... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月29日 13:49

» ”フェミニズム”は「学問」ではない!上野千鶴子・小倉千加子にケンカを売る! from ブログ・カミカゼ:燃えよ!ニッポン:武士の国!
 風雲急を告げる参議院国会・永田城!  寄せ手の大将は「郵政改革」を引っさげて、 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月05日 08:00

» 「遂行的言明」と「事実認知的言明」~『犬桑』さんのエントリによせて(上) from incompleteness thinking
内田先生のこのエントリを巡る議論もこれでもう3度目。 『犬桑』(正式名称:そんなnewsは犬も喰わない)さんとの方向性の違いも大体見えてきたようだし、こちらも... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月08日 01:58

» 「遂行的言明」と「事実認知的言明」~『犬桑』さんのエントリによせて(中) from incompleteness thinking
『街場のアメリカ論』、ようやく手に入れました。 …てなことを言ってる場合じゃない。 思いの外忙しくて、なかなか書く時間がとれないのである。 このシリー... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月25日 02:05

» [フェミニズム][社会][えこま語録]「地域限定の思想」としてのフェミニズム from えこまの部屋
わたしにとってのフェミニズム。 そんな言葉がこびりついて、これを書かなきゃどうにも進まないようなので、ここにメモ程度に書き留めておこう。 私はフェミニ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月25日 13:04

» 最終話 ヒーロー見参! from 真理<戦略<好き嫌い
「すっきりした理路によって物事を語りたいと望むなら理想的なルール内での架空のお話くらいしか選択肢がない」と結論付けた19歳の夜以来、私にとって正しさを競う舞台と... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月29日 14:18

» dining furniture room from dining furniture room
dining furniture room [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月25日 11:55

コメント

若桑先生の『ジェンダーとお姫様』は或る共感を持って読んだのですが、突然先生の戦う相手は共和党系のアニメ企業であって、もちろん、共和党が嫌いな私にとって特に問題はないのだけれど、このクニの女性にとって白雪姫はきわめて表層に位置する幻想であって、「無意識界乃至無無意識界」に宿る「大和魂」との角逐の核心に迫りそこなっているのではないかという、疑問が湧いてくるのをこらえられない。(町田康を読んでいる途中なのでどこかフレーズ構成などが町田的な息継ぎ法になっているのが自覚できるのだが、その治療法がわからぬ、お立会い…)
フェミニズムは加害者である父権制度が消えないかぎりその存在価値が消えるはずもない。というような自明性を無視する新聞屋さんが居るのでこの世は住みにくい。もとはといえば、わたしの支持政党などに政権をとらない政党には存在価値はないなどと悪魔のようにささやいたのも「大新聞」だった。怨んでます。女性の怨みが消えないかぎりフェミニズムの存在価値は死ぬわきゃないだろう。

忘れそうになるけれど、構造改革はrestructureの訳語だろう。それを直接無媒介的に首切りの同義語としたのはだれだ?小泉じゃなくて新聞屋だろう。てやんでえべらんめぇ。
これでも一応「審問の口調」はさけてるつもり。悪態ならいいんでしょう?いちおう「ため倫」をわたしの倫理基準としているので、こういうお伺いを立てるしだいであるが、…

女性といえば、こんどの刺客とやらの一人の片平なんとかという人の目は怖い。春日先生に診断してもらいたい。あ、こういう二重に偏見に満ちた日本男児の本懐的な、ちゃぶ台ひっくり返す親父的な発言はいけない。とは思うけれど…

昨日、まちゃあきの番組に鬼平と(同姓じゃないけれど)同名の人がでてきて「希望はプロフェッショナル」だとかなんとかおっしゃる。だいたい、人口予測は今が頭打ちだったんでしょ。それが、マイナ3万になったのは、ちょうど自殺者の数じゃんか。だれが、自殺させたんだ?それで、人口減。やってらんねぇよ。「希望」とやらが、たとえばそれがイチローだったり、松井だったりするの?それ、アメリカンドリームに似てない?ビルゲーツになる夢があったら、セントルイスのジョージ湖にのまれたマイノリティは幸せなの?
これ、誰に言ってんだか?じぶんでわからなくなっちゃった。樹先生のblog読む人には釈迦に説法だよな。

投稿者 つっかん [TypeKey Profile Page] : 2005年09月19日 00:10

このごろRDレインのことを話す人や書く人がなくなった。ラカンとちがってものすごく分かりやすかったのに、あるとき葬り去られて二度と噂を聞かない。しかし忘れてはならないと思う。人を精神的に傷つける人がいるということ、そして傷つけることができるのは例えば用事に対する親のようにほぼ絶対的な権威を持つものであること。さふいふことをきわめてリアルに「描いた」のがRDレインであった。と思う。いまこそ、読み返されなければならないと思う。多くの精神疾患はやはり心因的だとおもう。とくに「境界例」などはその最たるものではないだろうか?かつてヒステリーと呼ばれた症例なども。フェミニズムの原点も…

自民党の若手と民主党の若手がホワイトバンドをすると聞いてよっぽどはずそうかと思ったけれど、そういう恥ずかしさに自分を追い込むことにこそこの「偽善」行為の価値があるのだと自分を説得する。一文も銭はアフリカには行かないと納得してわざわざ書店へ買いに行った理由もそれだ。お金のことならはるかに多くを直接UNICEFに送っている。しかし、それには勇気が要らない。ホワイトバンドを付ける理由は私も彼らを貧困に追いやっている責任がある。なにもできないごめんなさい。というメッセージを発信する、嫌がらせなのだ。その証拠に、UNICEFの悪口はあまり聞こえてこないが、ホワイトバンドの悪口は聞こえてくる。僕の愛読する週刊現代も例外ではない。カミングアウトした加害者(ホワイトバンド着装者)に、いちゃもんを付けているのが、被害者でなくて同じ穴の狢の「加害者仲間」だというところがコタエラレネェのさ。YaKnow?

TRACKBACK4に書かれている「UNICEFだかに寄付した先輩」という例などは表面的な効果があったといえるけれど、コタエラレネェ面白さはやはりこれが結構いやみになってるんだとわかるときだよ。こっちの方が深層に届いてるんだよ。

投稿者 つっかん [TypeKey Profile Page] : 2005年09月20日 00:54

PS.意図的にRDレインを終わらせて、ポストRDレインにしてしまった人達がいる。と、わたしはかんぐっているんです。それも、かなり強い悪意を持って。

投稿者 つっかん [TypeKey Profile Page] : 2005年09月20日 00:56

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?