BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 総選挙終わる | メイン | 池上先生との一日 >>

2005年09月13日

勝者の非情・弱者の瀰漫

毎日新聞に次のような総選挙総括を寄稿した。

投票日前にいくつかのメディアから選挙の見通しを訊かれたときは「小泉首相圧勝」と当然のような顔で答えたけれど、これほどの議席数は想定外だった。
この結果については、首相の手法を評価する声が高い。私も首相が「先手を取る」ということについてほとんど天才的な感覚を有していることは認めなければならないと思う。
「先手を取る」ということばを「相手より早く動く」ことと理解している人がいるけれども、これは正確ではない。武術的な意味での「先手」は物理的な速度や時間とは関係がないからである。
目の前にいる人が「そうすることによって何をしようとしているのかがわからない」ときに、私たちは頭上に「?」を点じたままに、その場に凍り付いてしまう。これが「居着き」と呼ばれる状態である。「居着く」というのは、「相手は次にどう出るのか?」という待ちの姿勢に固着してしまうことである。一度、この状態に陥ったものは相手から「答え」が届くのをひたすら待つことしかできなくなる。これが「先手を取られる」という必敗の様態なのである。
首相は今回「郵政民営化、是か非か」というただひとつの切り口で選挙戦を展開した。これが「先手」であったと私は思う。というのも、まさにメディアや野党が力説してきたように、「郵政民営化」がほんとうは何を意味するのかが誰にもよくわからなかったからである。
公務員の削減なのか、資金の民間還流なのか、族議員の政治基盤への攻撃なのか、構造改革のとば口なのか、アメリカへの身売りなのか・・・ただひとつの政治課題にさまざまな解釈が与えられた。そして、そのどれが「正解」であるかを、メディアも野党の政治家も首相が「ほんとうのことをいう」のをじっと待ってしまったのである。
「あなたはそうすることによって何をしようとしているのか?」と問う人間は主観的には合理的な対応をしている。にもかかわらず、「謎をかけた」相手に先手を取られて、必ず負ける。合理的にふるまうことを通じて負けた人はこの「不条理な敗北」を合理的な仕方では受け容れることができない。岡田民主党代表の党の大敗をみつめる「不可解」な表情にその苦悩はよくにじんでいたように思う。
小泉首相のこの「先手必勝」の手法には若い有権者に強くアピールする要素があったように思われる。それは「負け犬を叩く」という嗜虐的な傾向である。
自民党の若い公募候補たちが党公認を得られなかったベテラン政治家を次々と追い落としてゆく風景に若い有権者はひそかな快感を覚えたはずである。
「弱者は醜い」、「敗者には何もやるな」。これが今回の選挙を通じて小泉首相が有権者に無言のうちに告げたメッセージである。そして、この「勝者の非情」に有権者たちは魅了されたのである。

毎日新聞では最初、私に連絡がとれないままに最終パラグラフの「弱者は醜い」をカットしたが、夜の9時過ぎに連絡がついたときに「その箇所を削られては意味が通らない」と申し上げたらまた原文が復活したそうである。
だから地域によって文面が違っている。
(と書いたのちに毎日新聞の担当記者からメールがあって、実際は輪転機にかけられる寸前に私に連絡が取れて、「残しておいてください」という私の要望を容れてくださったので、全国どの版でも同一文面だそうである。勘違いしてすみませんでした)
「弱者は醜い」という「勝者の美意識」に大都市圏の「弱者」たちが魅了されたという倒錯のうちに私はこの時代の特異な病像を見る。
先日書いたように、「弱者を守れ」という政治的言説はいままったくインパクトを失っている。
その声を「既得権益」を手放そうとしない「抵抗勢力」の悲鳴として解釈せよと教えたのが小泉構造改革のもたらした知られざる心理的実績である。
「野党」がそろって「守れ」を呼号するという逆説が示したように、いま日本の「革新」勢力はかつてロシアの共産党がそうであったように「守旧派」に類別されている。
それは「弱者」という看板さえ掲げればドアが開くという状況に対する倦厭感があらゆるエリアで浸透しつつあることを意味している。
自分がトラブルに遭遇すると、まず「責任者を出せ」と他責的な口調ですごむ「弱者」たちに私たちの社会はいま充満している。
そして、その「弱者の恫喝」に苦しめられている人々もまた「弱者」戦略のブリリアントな成功を学習して、別の局面では自分もまた「弱者」「被害者」「無権利者」の立場を先取りしようとする。
弱者であること、被害者であること、無権利であることはしばしばそうでない場合よりも多くの利益をもたらすということを学んだからである。
その「弱者の瀰漫」に当の「弱者」たち自身がうんざりし始めている。
当然のことながら、「弱者が瀰漫する」ということは「社会的リソースの権利請求者がふえる」ということであり、それは「私の取り分」が減ることを意味するからである。
「弱者に優先的にリソースを分配せよ。だが、それを享受する『弱者』は私ひとりであって、お前たちではない」と人々は口々に言い立てる。
この利己的な言い分に人々は(自分がそれを口にする場合を除いては)飽き飽きしてきたのである。
「弱者は醜い」という小泉首相の「勝者の美意識」はこの大衆的な倦厭感を先取りして劇的な成功を収めた。
開票日翌日の朝日新聞のいしいひさいちの漫画はこの選挙結果が「勝ち組・負け組の二極化からボロ勝ち組・ボロ負け組の二極化」への移行を意味しているということを正しく指摘していた。
こうるさく権利請求する「負け組」どもを、非難の声も異議申し立てのクレームも告げられないほど徹底した「ボロ負け組」に叩き込むことに国民の大多数が同意したのである。
日本人は鏡に映る自分の顔にむけてつばを吐きかけた。
自己否定の契機をまったく含まないままに「自分とそっくりの隣人」を否定して溜飲を下げるというこの倒錯を私は「特異な病像」と呼んだのである。

投稿者 uchida : 2005年09月13日 11:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1231

このリストは、次のエントリーを参照しています: 勝者の非情・弱者の瀰漫:

» [概念] 敵対するもの from 空白のノート
 ・・つまりなにが言いたいのかというと、「敵対するもの」はある軸を中心に、反転させることが可能だということだ。  それはもっとも強力な批判の論拠になる。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 11:39

» [徒然なる日々]まだ選挙雑感 from SCHOLASTICUS LUGDUNENSIS
flapjack さんがこのように述べているhttp://d.hatena.ne.jp/flapjack/20050913が、 僕ごときから見れば、90年代... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 13:00

» 選挙いきました! from ◆書く/読む/喋る/考える◆
ああ、とってもいい選挙だった! 予想通り。なんといっても争点ってやつがチョー明確で、有権者の判断を迷わせシラケさせるものが全然なかったのが最高だ。 これはひとえ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 13:04

» 負け組(?) from Marathonの日記
勝者の非情・弱者の瀰漫というエントリーを見て感じたことだが、今回の選挙は本来自民党の支持層になり得ないような都市型弱者層までが自民党に投票し、結果として比例区で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 14:10

» 始まりの終わり? from 月丸の庭
9.11の衆議院選挙で自民党が歴史的大勝をした。投票率の高さを考えると、日本の有権者の2/3は小泉首相の政策を支持したことになる。マスコミは「劇場型」と揶揄した... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 14:35

» 時代劇は黄門さんが勝つにきまっている from 大西 宏のマーケティング・エッセンス
国民の利益とは無関係に利権誘導で動く政治や公務員の相次ぐ不祥事への怒り、時代の閉塞感やつもりに積もった財政の赤字、少子高齢化社会への急速な変化などによる将来不安... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 16:20

» [etc]TRAIN-TRAIN from モーグルとカバとパウダーの日記
内田樹の研究室: 勝者の非情・弱者の瀰漫 このエントリー、はてなブックマークに入れたのだけど、コメントにブルーハーツのTRAIN-TRAINを連想して書いて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 19:00

» [Memo] 解散総選挙 from フランスにいて思うこと
解散総選挙に関して、いろいろなところでいろいろと取り上げられているので、いくつか整理しておきたいと思っています。 ・勝ち組、負け組論争 ・選挙の都市... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 19:07

» 衆議院総選挙の雑感 (2005/09/12) from きままな写真雑記
至る所で昨日の選挙結果を報じています。集計は新聞系のサイトがよく出来ていそうですね。小選挙区の勢力図は朝日新聞のサイトのまとめ方は見やすかったです。市など地域別... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 19:47

» ブログの誘拐カタログ化について憂慮する from 欣印日記はてな
かえるさん経由。キモイ。ひたすらキモイ。なんかさーこういうのって「囚人のジレンマゲームは『裏切り』が最適解ですよ」っていう勧めっていうか、アメリカでいうところの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 21:37

» 総選挙後 from ね式(世界の読み方)ブログ
やっと高速ネット環境が戻って、flapjack氏のブログ経由でbewaad氏の郵 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 21:54

» 弱者が、弱者切り捨ての快感に酔っている、と内田樹 from Aquarian's Memorandum
選挙結果の分析で、鋭いと感心した「街場の現代思想」の内田樹のエントリを紹介する。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 22:22

» [日常]これぞ慧眼 from 赫い彗星
[http://blog.tatsuru.com/:title=内田樹の研究室] この人を尊敬できるところは、僕が持っている”言葉にできない”違和感をずばりと言... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 23:00

» [時事編]弱者切捨て from 千人印の歩行器(walking gentleman)
 弱者って誰のことだろうかと思う。今回の選挙で小泉さんを支持した都市型無党派層は小泉さんの政治は弱者切捨ての新自由主義であるのに、現時点では弱者であるフリーター... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 23:26

» 総選挙結果に、やれやれ from 山梨臨床心理と武術の研究所
 ご承知の通り、衆議院総選挙は自民圧勝で終わり、何やらイヤな胸騒ぎがしています。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 23:36

» <政治・社会>「弱者」への憎悪 from そなたんパパの備忘録
そろそろ選挙ネタも飽きてきたんだけれども、今日のウチダ先生のエントリに触発されて、最後にあと1回だけ。 最近、ネットで話題になったのが、広告代理店が政府向... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 00:30

» ターニングポイント? from そろそろいかなくちゃ
畏れ多くも内田樹先生のblogにトラバさせてもらいます。 久しぶりに内田先生のblogを拝読したのだが、 まさに目からウロコでした。 長文ですが引用さ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 00:44

» ニュース逆さ読み(20) デフレ時代の弱者と強者 from ニュース逆さ読み
総選挙での小泉自民党のボロ勝ちについて、内田樹が勝者と弱者という言葉を使って意表を突く総括をブログでしている(「勝者の非情・弱者の瀰漫」)。内田の見方はこう... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 01:53

» ゲームは始まったばかりだ from incompleteness thinking
11日の衆議院議員選挙は自民党の地滑り的な圧勝で幕を閉じた。 既にあちこちで「何故このような結果になったのか」についての議論が沸き起こっている。 そりゃ、そ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 06:55

» こうなった以上は from 森耕一の日記
衆院選は小泉自民党の予想を超える勝利となった。選挙前日に書いた、言いようのない恐ろしさは増幅されるばかりである。 しかし、今回の選挙で示された民意は、きわめて明... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 10:53

» 水に落ちた犬を叩く。 from 映画侍、ぶった斬り!!!
亀井静香。綿貫民輔。小林興起。昔ながらの煮詰まった「政治家面」をしている。 どこの会社にもいる鬱陶しい、じじい役員。バブルで営業努力なんかなにもし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 12:07

» 総選挙総括と「水曜どうでしょう」の卒論 from 人生はタイトロープ
今回の総選挙の落としどころについては、内田先生のエントリに非常に共感するところがあったので、それをベースにして書かせて頂きます。 ・総選挙終わる;内田樹の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 12:24

» [政治][話題]内田先生 つづき from カイツブリのスープ
勝者の非情・弱者の瀰漫 http://blog.tatsuru.com/archives/001227.php 「弱者」については、なんとなく分った気がす... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 12:30

» 愚民ではないと思う from 小確幸(NT’s diary)
総選挙の結果についてのメディア報道の中で、どうしても鼻につくものがある。 小田嶋隆さんは日記の中で、「小泉劇場」と題して、次のように書かれています。  しか... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 13:05

» 勝者と敗者,強者と弱者 from Rock strikes me blind.
9月11日のサンデープロジェクトにおいて木村剛氏が,勝者と敗者なのか,強者と弱者なのかをはっきりさせる必要があると説いていた。勝者と敗者の関係であるならば,敗者... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 14:23

» 狙われる中間層の失意が二極化を加速する from Over 40
朝日新聞の「ののちゃん」は総選挙番外編で仲野荘の3人が登場。 いしい氏に限って、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 15:34

» ブログ大改装…たいしたことはないけど from Smenaな日々・裏版
内田 樹の研究室の9/13のブログ 勝者の非情・弱者の瀰漫には,恐ろしい指摘があった…ぜひ,一読するとよいと思います…世間というものは,このように弱者を見ている... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 17:36

» 小泉人気というよりも。プレゼンの技法 from フランスにいて思うこと
ここフランスの田舎では、フランスの番組とBBCぐらいしかみることができません。しかし、パリに行くと、JSTVがやっています。で、先週末にパリに行ったときに、JS... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 18:10

» ★ 民主党は何をしている! −−選挙は「惨敗」ではない from 書評日記  パペッティア通信
ご存知のように、民主党は歴史的な退潮をみせた。改選時、177議席から64議席もの減少は、中選挙区制時代の自民党を含めてさえ、類例のない敗北である。おそらく、絶対... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 19:26

» 内田樹「勝者の非情・弱者の瀰漫」……強者・弱者の定義をもう少し考えてみよう! from Letter from Yochomachi
このエントリー。面白かったけれど、屁理屈であるとも思った。「弱者」の立場に立った論点というのは、すごく共感を呼ぶんだけれど、現在日本の「弱者」は、弱者ゆえに衆を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 22:44

» 勝者の非情・弱者の瀰漫 from Place of Peace...
自民党の若い公募候補たちが党公認を得られなかったベテラン政治家を次々と追い落とし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 23:19

» 「無知な大衆をどう組織化し、弱者をいかに黙らせるか」 from EXIT2005
選挙も終わったことだし、少し政治的発言から離れたい。しかし、ここまで書いているので、総括的な発言をしておきたい。ただ、選挙分析などは書かない。あくまでも個人的な... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月14日 23:36

» 負け犬の後理屈 from やの日記
■比喩が無茶苦茶 勝者の非情・弱者の瀰漫 >日本人は鏡に映る自分の顔にむけてつばを吐きかけた。 何もしないで、戦後を「保守党への反発だけで飯を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月15日 02:07

» 選挙終わって from 市語市絵
ある意味で予想通り、またある意味では予想を超えた結果にゲンナリ。この選挙、色々と [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月15日 05:21

» 改革の是非を問う? from ようちゃん2号の大部屋暮らし
今回の選挙って、「改革の是非を問う」ということみたいだけれど、これって言い換えると「改革は善か悪か?」を選ぶというのが争点なのかな?シンプルで良さげかな?でもね... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月15日 08:25

» 「小泉支持層=バカ決定資料!?」 from 0 1/2
「小泉総理のキャラクターを支持する層 ⇒ B層 ⇒ 低IQ(EQ、 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月15日 08:30

» マスコミは小泉選挙戦略を絶賛 from 猫のあしおと
マスコミは自民圧勝を作り上げてしまった動揺からか、 その責任転嫁の心理も有ろう…小泉のメディア戦略を 巧みである事をことさら強調する。 なんとも言い訳... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月15日 12:11

» 今後4年間で社会はどうなるか? from 代替案
 もうジタバタしても始まらない。日本における市場原理主義的・サッチャリズム的・マネタリスト的「(反)革命」のサイは投げられてしまったのだ。今後4年間はどうしよう... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月15日 16:43

» 勝つために特化するということ from カルシィ村へようこそ!-Neverwinter Nights
たまには、ちょっと真面目っぽい話も。 Production I.Gのサイト「押井守コラム」で、次のような文章に出合った。 押井 こないだTVで見たブンデ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月15日 17:29

» そんなイメージを受けますが・・・。 from 吐息の日々〜労働日誌〜
今回の衆議院選挙について、内田樹さんが毎日新聞に載せた解説があちこちで話題になっているようです。  小泉首相のこの「先手必勝」の手法には若い有権者に強くアピー... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月15日 19:56

» なぜ自民党は敗北したのか? from ◆木偶の妄言◆
自民党が大勝した。正確にいうと小泉首相が大勝した。 これについて、総括的な記事を書こうとしていたのだが、小選挙区の勝敗をみていて、はたと筆(というかキーボ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月15日 20:25

» 9年遅れで発見された「特異な病像」 from 趣味のWebデザイン
日本の「弱者」たちは社会党と共産党に一度も過半数の議席を与えてこなかった。「何をいまさら」といいたい主張が、今もメディアを席巻している。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月15日 20:32

» 金を払っていないのは元カミさんだけじゃなかった from KAZZの「日々是口実」(Extended Version)
★吉田麻美と大分トリニータはタッグを組んで訴訟を起こせ(エンタメ・スポーツ)  http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/soc... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月15日 20:42

» 総選挙を振り返る 2 from ガ島通信
「ブログ選挙」と言われただけあって、多くのブロガーが選挙結果についてエントリーを立てています。個人的に注目したブログをいくつか紹介します。選挙結果についてはかな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月15日 23:01

» 総選挙を振り返る 2 from ガ島通信
「ブログ選挙」と言われただけあって、多くのブロガーが選挙結果についてエントリーを立てています。個人的に注目したブログをいくつか紹介します。選挙結果についてはかな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月15日 23:04

» 一党独裁制の時代か from 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
どこが二大政党制だ? つい最近まで、日本は自民党と民主党の二大政党制の時代になっ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月16日 00:26

» 総選挙を振り返る 2 from ガ島通信
「ブログ選挙」と言われただけあって、多くのブロガーが選挙結果についてエントリーを立てています。個人的に注目したブログをいくつか紹介します。選挙結果についてはかな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月16日 01:13

» 勝者と弱者 from otona blog
選挙の総括があちこちで行われている。 曰く「小泉総理の作戦勝ち」 なのだそうだ。 「旧態依然の古い体質を打ち破り、改革を進めよう!」 まるで... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月16日 01:16

» 恫喝は、担保としての「力」無き弱者には無縁だ from 【すみつけ】
内田研究室の「勝者の非情・弱者の瀰漫」 は、面白かった。大変に、面白かった。だが [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月16日 05:02

» 選択肢 from sabotage
内田樹の研究室: 勝者の非情・弱者の瀰漫 小泉首相のこの「先手必勝」の手法には... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月16日 09:07

» (笑える査問録音公開)第一弾「書面にする必要はない」 from 悪魔の辞典+ 衆議院選分析に、笑える査問録音公開中
民青的、そして共産党的名ぜりふ これぞ旧守派w [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月16日 11:40

» 既得権者のわたし from C型肝炎治療日記・新装開店版
昨日は娘が二人とも熱を出した。夜、上の娘がたびたびむずかるので、横にいた。こんな [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 00:51

» 「勝者・弱者の実態」 from 0 1/2
実態といいつつあくまで「現実の一端」です。まあ誰でも身の回りの体験 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 02:14

» 「勝者・弱者の実態」 from 0 1/2
実態といいつつあくまで「現実の一端」です。まあ誰でも身の回りの体験 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 02:28

» 「愚民」考  民主党という「主体」のメカニズムについて from Marehitoの溺れる魚は鳥かもしれない
<Blog界に噴出したルサンチマン> 自民党の歴史的大勝後のBlog界は、民主党(ないし他の野党)支持者のどす黒い怨嗟の声に満ちています。こうした声を単に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 06:24

» 「愚民」考  民主党という「主体」のメカニズムについて from Marehitoの溺れる魚は鳥かもしれない
<Blog界に噴出したルサンチマン> 自民党の歴史的大勝後のBlog界は、民主党(ないし他の野党)支持者のどす黒い怨嗟の声に満ちています。こうした声を単に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 06:34

» 政権交代が起きない日本というシステム──自民と民主の「新・55年体制」が始まる from すちゃらかな日常 松岡美樹
「日本ではもう永久に政権交代は起こらないのか?」、「2大政党制なんて実現しないのでは?」。今回の圧倒的な選挙結果を見て、こうお嘆きの方も多いだろう。だけどそもそ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 06:36

» 総選挙の印象 from 或る光栄
 しばらくぶりのエントリーになります。  しばらくエントリーをしないうちに、社会 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 14:47

» 日本人は利己主義者か? from 趣味のWebデザイン
昔から日本人は「弱者の瀰漫」を嫌っていた。だから学生運動も労働争議も支持されなかった。今回の選挙結果は、決して新時代の到来を意味しない。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 19:21

» 弱者って誰よ? from Future is mild
内田樹の研究室: 勝者の非情・弱者の瀰漫 「弱者に優先的にリソースを分配せよ。だが、それを享受する『弱者』は私ひとりであって、お前たちではない」と人々は口... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 23:29

» 弱者って誰よ? from Future is mild
内田樹の研究室: 勝者の非情・弱者の瀰漫 「弱者に優先的にリソースを分配せよ。だが、それを享受する『弱者』は私ひとりであって、お前たちではない」と人々は口... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 23:31

» 改憲への大きな一歩―2005年総選挙を振り返る from Cityscape Blog
1 投票率上昇分が自民党に流れた?  9月11日に行われた総選挙の投票率は67. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 23:48

» 既得権者のわたし・続 from C型肝炎治療日記・新装開店版
内田氏が「勝者の非情・弱者の瀰漫」でいう「弱者」には、造反議員や野党議員、そして [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月18日 04:46

» 毒電波受信 小泉や大衆を貶めたがる人々 from Silly Talk
 実際、先日の衆議院総選挙は自民党が勝った訳ではなくて、民主党があまりに情けない [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月18日 11:17

» リーダーのユーモアは国民の脳をマッサージする from すちゃらかな日常 松岡美樹
 政治家にかぎらず、人を惹きつける強力なツールになるのがユーモアだ。人間の脳は、長ったらしく平坦なスピーチや文章には反応しない。ジョークは会話に起伏を作り、相手... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月18日 15:45

» ニュース逆さ読み(21) 小泉首相はだれに勝ったのか from ニュース逆さ読み
総選挙の結果について、別の場所に次のような文章を書いた。このブログに掲載した「デフレ時代の強者が弱者に勝った選挙」と趣旨は同じだが、新しく付け加えた部分もあ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月19日 01:59

» 「弱者論」をめぐって from 一 閑 堂
小泉自民圧勝の選挙戦後、「弱者論」が盛んだ。この流れは、アメリカ南部を襲ったハリケーン・カタリーナがきっかけとなった切り口だと感じている。 州一つを水没せしめ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月19日 13:54

» 有権者は 生贄(いけにえ)だけに喜んでいたら駄目♪ from 貞子ちゃんの連れ連れ日記
特別会計の指南書である『特別会計への道案内ー387兆円のからくりー』の著者である松浦氏本人から直接伺ったのですが この本は 全国でまだ1000冊ほどしか売れてな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月19日 23:08

» 劇場型政治の後に来るつけはハイパーインフレ? from 貞子ちゃんの連れ連れ日記
私も 一ヶ月以上衆議院の総選挙の政策論議をブログ上してきたので 選挙後の総括のようなものをしないといけないような気がします。 実をいうと政治と言うものを 子供... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月19日 23:15

» 希望格差社会(山田昌弘) from VANILLACHIPS
 「パラサイト・シングル」などの言葉で有名な社会学者、山田昌弘氏による現代社会分... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月25日 18:44

» 希望格差社会(山田昌弘) from VANILLACHIPS
 「パラサイト・シングル」などの言葉で有名な社会学者、山田昌弘氏による現代社会分... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月25日 18:49

» 思考実験:≪「義憤vs権利」とマクロ政策的視点≫ from Freezing Point
「ベヴァリッジ報告」を中心に、友人からレクチャーを受ける。めちゃくちゃ勉強になる。 やはり社会保障について政治的に説得するには、「弱者を救済せよ!」ではなく、「... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月25日 10:07

» 出直しの文字列にミニミニ小泉劇場の香り from 真夜中の国語辞典blog版
共同通信 - 独自候補擁立も検討 大阪市長選で民主 毎日新聞 - <大阪市長選>共産党の姫野市議が出馬表明 共同通信 - 相乗りか独自候補擁立か 大阪市長選... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月07日 09:55

» 野球なら野次は愛情表現と言うけれど from 真夜中の国語辞典blog版
ATCなど3セクの情報非公開は違法 大阪市に20万賠償命令/地裁 - 読売新聞 2005年6月 大阪市の赤字三セクATC、WTC、MDC 民間社長で再出発 -... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月09日 08:01

» 2005大阪冬の陣を歌う from 真夜中の国語辞典blog版
大阪の 市民はみんな 怒ってる 3セク失敗も 厚遇問題も だれも 責任取らない 市民サービスを切る マニフェストが踊る あれも これもみんな見直し み... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月10日 07:22

» 静かな大阪市 from 真夜中の国語辞典blog版
公営掲示板の3候補のクルマを見ました。2候補はうちの近辺、1候補は電器屋街で。あと1候補でコンプです。それにしてもテレビもラジオも静かなんで、大阪は選挙なんかな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月19日 11:00

» [IT]Webと『レクサスとオリーブの木』(Web2.0について、これだけは言っておきたい) from 読んだり書いたり
Web2.0という言葉にずっと違和感を感じてきた。 この言葉、まだ廃れる気配がないので、違和感の中身について書いておくことにする(違和感も何もそもそもWeb... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月06日 00:13

» [IT]Web2.0と『レクサスとオリーブの木』(Web2.0について、これだけは言っておきたい) from 読んだり書いたり
Web2.0という言葉にずっと違和感を感じてきた。 この言葉、まだ廃れる気配がないので、違和感の中身について書いておくことにする(違和感も何もそもそもWeb... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月06日 00:13

» ふたつの国民 from 真夜中の国語辞典語彙blog
ふたつのこくみん【ふたつの国民】〈代名詞〉改革の名の元にリバイバルされた、1845年登場の社会構図のひとつ。 ふたつのこくみん【ふたつの国民】〈代名詞〉現在が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月18日 19:42

» 不当な内田樹批判 (911総選挙関係の記事) from 噛むゾ!
稲葉振一郎というオッサンが褒めていた内田樹批判 選挙「後」におけるメディアの頽廃に着目せよ を読んだが,稲葉さんのようなお利口な人が,何でこんな記事を持ち上げる... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月05日 16:09

コメント

こんどは『黒い皮膚・白い仮面』ですね。鏡に映った敗者(黒)にむかって白い仮面の「わたし」が唾を…

「なんだって?やつらが銃を撃っているって?だが見たまえ、おれたちのおかげでやつらがどんなに成長したことか!」
Les Damnes de la Terre(アクサンのつけかたがわからなくて…)からのもじりです。
こんどは食肉協会がBSEの肉の食べ方を指導してくれるでしょう。貿易自由化とはアンフェア・トレードだと誰だかが喝破していました。

投稿者 つっかん [TypeKey Profile Page] : 2005年09月13日 16:09

この「特異な病像」の現れのひとつが、外国で非常な驚きと不可思議をもって伝えられた「人質バッシング」なのかもしれないですね。80年代の国民総中産階級化のあと、みんなが自分よりたしかに「下」のものを探すようになったのでしょうか?  一方、スペインでつくづく思うのは、「自分は資本に搾取されているビンボー人だ」と思っている庶民が圧倒的に多いこと。弱い者同士のシンパシーも、とても強いようです。言語能力に問題のある外国人として、その「弱い者への優しさ」には、とても助けられてきました。

投稿者 カナ (inSpain) [TypeKey Profile Page] : 2005年09月13日 21:14

私は研究者や芸術家、職人さんなどでない一般労働者は、一日
6時間労働で朝日や夕日をめでる時間、ゆっくり散歩できるのんびりした生活がいいと思っています。いまはワークシュアリングは誤用されていますね。
機械、コンピューター、ロボットがあるのに、なぜ過重労働、サービス残業があるのでしょう。
6時間労働であれば余暇に勉強や資格修得、ボランテアなどできるし、自分の家の家具づくりや掃除も丁寧にできて、そういう生活あんなに景気がよかったときもできなかったけどどうして?生活水準高いってほんとう?働かされてすべて買わされてタコ部屋みたい。
約束どおり収めた年金も延長で額も減らされても怒らない団塊世代のサラリーマンって人間ができているの?
馬鹿なの?自己催眠しているのかもおれは中流だこのままがいいんだ、持続可能なんだ。
今の日本は虚像の生活に生きている。
お金がないとどこにもいけないなにもできない。むかしのほうがましだったかもしれない。「テラ通貨」の概念はいいと思います。推奨者ベルナールリエター氏にも5年ほど前にお会いしました。家庭の女が和服仕立ても布団作り味噌作り、しょうゆづくりもできない。髪も結えない着物も月謝出して習いに行かないと着れない。前述のことは私の祖母までは普通に親から子に伝承できていたのです。敗戦国が命だけでなく文化をもなくすのですから矢張り戦争はしたくないです。
よほど頭のよくて度胸のある人かおろかで詐欺師めいた人でないと日本の政治家になりたいと思わないでしょうね。
国土面積に対して多すぎる人口密度だったのに税金のことばかり思考して人口増加を言っているが少し減ったらそれなりにやれる方法を思考するのが役人のすることだと思うけど、もっと産んでといわれてもあまりしあわせそうじゃないこどもたちの現状に若い人は苦慮スルノデハ、ダッテアソビッテパソコンゲーム。オヨグノハプール、規則尽くめの学校、ペットのような生活。共稼ぎで疲れ果てて帰宅する親、中流以下の人たちの生活はもう破綻していると思うのです。カースト制度、士農工商
また逆戻りでしょうか。

投稿者 .おきつひめ [TypeKey Profile Page] : 2005年09月13日 22:28

PS.今度の結果はさっぱり理解できん、と友人に言ったら、「小泉チャチャチャ」でしょう。と言う。そうだとすれば、ぷち・ナショから「ぷち」が取り除かれたということでしょうか?もう逃げ場がない。我が方の敗北は、小選挙区比例何とか制度ができたときにきまっていたとはkenさんが仰るとおりです。土俵に仕掛けがあるんじゃぁ…2択に入れてもらえない2%台にされてしまった僕の支持政党は、まあ0にならなくてよかったよ。
そもそも民主主義と言うのは呉智英さんが『封建主義者の…』で書いているように、最悪のシステムかもしれない。世界大戦を惹き起こし、「国民」全員がその責任を持たされる。
そのシステムがブレーキをはずして走り始める。自分では高額所得者だと思い込んでいても、今度の税率の高さ(40万/200万)でハッと目が覚める。
選挙ではナチの戦術、党内ではスターリンの戦術。国会はパーティージョークで。ワンワン。これは、負け犬の遠吠え。

イギリスが撤兵するって本当?もう、笑うしかない。

投稿者 つっかん [TypeKey Profile Page] : 2005年09月14日 13:41

PPS.訂正。イギリスはサマワからの撤退を打診していたというのが本当らしい。早とちりでした。

投稿者 つっかん [TypeKey Profile Page] : 2005年09月14日 13:58

積極的に勝者弱者、大きな政府、小さな政府という点で自民支持した人もいただろうが、やっぱりのっぴきならない転換点に来ていると感じ、今腹を括るしかないと思って小泉改革路線を支持した潜在的民主支持者も多かったのではないかと思います。
小泉路線の対極にある政策は共産党、社民党の目指すもので、そういう政策は非現実的で信認できないとするのは常に得票数として明確に表れています。
あからさまな資本主義のひずみを受け入れて浸水を防ぐしか日本国沈没を免れる術はないといった感じでしょうか?そりゃ船のエンジンのパワーやらもろもろのリソースが固定ならば、単純に弱いものいじめだという論理は成り立ちますが、人口は減る一方、漕ぎ手の割合(働き手/老人)も減る一方なのに、従来の、俺にクレクレの弱者論理はそろそろ説得力が薄くなってきたのではないか?
というのが強者の論理なのでしょうが、なんだかなあとも思います。スリム化効率化、かつリソース再分配に関してまだまだ言われていないことは沢山あると思います。

投稿者 ken [TypeKey Profile Page] : 2005年09月14日 16:19

ボトムラインとして、国内リソースの再配分法ということではなくて、日本国全体という単位で見て小泉構造改革で正解であるというのは、日経平均株価の動向で如実に表れています。
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=998407.o&d=c&t=3m&l=off&z=b&q=c&k=c3&a=v&h=on&p=m25,m75,s
主なプレイヤーは海外機関投資家ですが、彼らはガチンコで金を張っている以上、見極めます。彼らが今日本買いしているということは大局的には良い方向に進んでおり国民は正しい選択をしたということになります。景気は自律回復だという見方も当然ありますが、あれだけ言われていた不良債権処理をやったのは小泉政権で目先の景気回復を叫んで構造改革を後回しにすると甘いことを言っていた野党では多分こういう自律回復能力を与えることができなかったと思います。

投稿者 ken [TypeKey Profile Page] : 2005年09月14日 16:35

今回の圧倒的勝者には、いくつかの行動制限が課せられている。それは郵政民営化の問題しか民意を問わなかったということだ。そういう限定的勝利であることをよーく肝に銘じて新議員諸君は行動して欲しい。民意をあえて問うことをしなかったそのほかの問題、憲法改正、サラリーマン増税の問題が焦点化したら、再度、民意を確認することが求められるということだ。そういう変則的選挙をコイズミさんは自ら選んだ。歴史に無い特異な変則的選挙であったと言ってよい。さらに消費税は全く不問に付した。もし、彼が約束通り、1年後に退任して消費税の問題が再燃したら、これについても、民意をなんら聞いていないのだから、改めて解散総選挙をしてもらいたいものだ。つまり、民営化法案実現語は実質そういう意味で空洞的「死に体」になることが想定された議員構成であるのだから、あまり浮かれてもらっては困る。このような30秒コマーシャルのあいだで完結するようなドラマ、つまり単品商品広告の成果が(もちろんその商品、郵政民営化のなかみ自体くわしく知らされない広告でもあるが)今回の結果である。噂ではすべてを国内某大手広告代理店が仕切ったといわれる選挙だ。広告も議席もおなじレベルで扱うには、勝ち負けのはっきりした小選挙区制は格好の対象であるらしい。この結果を、国民が政策内容を冷静に判断し、「民主主義」が発揮された成果のように言う読み込み過剰はどうもいただけない。
私はコイズミ氏が新議員を引き連れ自民党を飛び出し、新党を結成するなら改めて彼の行動の一貫性を評価する積もりなのだが、その決断はないらしい。

投稿者 いがらん [TypeKey Profile Page] : 2005年09月14日 18:01

たびたびコメントしてごめんなさい。何か言い残したような気がしてまた登校します。
この「病像」はE.フロムの「自由からの逃走」でネクロフィルと呼ばれていたのものと通底していると思える。生の本能の対概念としての死の本能。香山リカさんが「ヨサコイ」に見た、そして私も見た不気味さは、後ろハチマキという「死の記号」に集約される。私たち庶民は祭りといえば向うハチマキという「快楽の記号」が似つかわしいと感じる。後ろハチマキは死にに行くお侍さんの討ち入りでつける「死に装束」ですね。自らの死であれ他人の死であれ、死にひきつけられ死から目を離せなくなる状況が、ナチ党の台頭を招いたという事だったような記憶があるのですが、古い記憶で、H.エリスとごっちゃになってるかもしれない。
多様性のある選択の自由から逃避して2択ならぬ1択へと誘われて行く。未来に「幸せ(恥を忍んでこの語を書き込むつらさをご推測ください)」というイメージを持てない若年層が「境界例」から一応健常者へ帰還する道として「自由からの逃走」が結果したと見ることも可能だ。ということは、1930ごろのドイツと今の日本は似ている。言い古されたことの蒸し返しでつまらん?

小泉かっこいいという言説には「ためらいの倫理」への否定がある。反知性主義だよね。教養は説教のパッションを阻害するというのは、ロジックはパッションを励起しないということで、不言実行がよくて有言不実行はダメということ。

つでに民営化なんだけど。郵政や国鉄で有効だとおもうのはトフラーを読み違えていると思う。ATTでうまく行ったことは、おそらくNTTでもうまく行くでしょう。でも、暗号の認証なんかに使われている郵便を市場原理のなかへ放り出すのはリスキーでしょう。(ネットで大金を扱うことそれ自体がリスキーだということは、当初から言われていたことで、いまはそれが顕在化している段階だから認証も必要なくなる?)

グローバルな市場へ340兆だかを放り出すのも、もしそれがグローバリゼーションを極限に押しやる力になるのなら、ながい目で見れば、ネグリとハートが『』で指摘したマルチチュードの復権のチャンスであれば我がほうのチャンスではあるのだが、その途中の苦しさを予期するので本能的に逃げたくなる。止まらなくなりそうなのでこのあたりで自制します。

投稿者 つっかん [TypeKey Profile Page] : 2005年09月14日 23:23

"The Gulag Archiperago" p.70(Harper & Row, 1973)に
"Don't be the first to stop applauding!"
(And just what are we supposed to do? How are we supposed to stop?)
Now that's what Darwin's natural selection is. And that's also how to grind people down with stupidity.
 とあって、初めて読んだとき以来忘れられない。
 最も印象的な場面はこのフレーズの前1ページほどの11分続いたapplaudingのスリリングな光景だ。ヒトラーにはこういう予測不可能なところはなかった。ナチスはJEWの絶滅のためにほぼ完全な「個人情報」を用意した。ナチは、デマホーク社のパンチカードシステムを利用した、ある意味きわめて「合理的」かつ論理的な「処理」としてSHOAHを遂行したのだった。(cf.原克『悪魔の発明と大衆操作』2003,集英社)
 これに対して、スターリンはナチが収容所で採用した不条理な手法をソヴィエト全土に対して採用したといえるだろう。
 昨今の日本の状況はどちらかというとGulag Archiperagoに向かっているような、つまり非ユダヤであっても不明な理由によってarrestされるクニになるような悪い予感・悪寒。第1書記以外の誰も逮捕されない保証がない。敵味方の区別なく、彼と付き合った人は「例外なく不幸になる」。森蘭丸ってまさかあの森さんじゃないよね。

 ヒトラーからもスターリンからもネクロフィルの臭気が芬々と噴きだしていたのだ。今回の勝者からも…

投稿者 つっかん [TypeKey Profile Page] : 2005年09月20日 17:33

くどいけれど、また別の友人に聞いてみました。
あれは、「年金生活者への死刑宣告」だ。その宣告をNEETとフリーターが下したのだという意見でした。
これが一番わかる説明かもしれない。
そして怖い。
怖い理由はイロイロある。(俺だって「イロイロ」ぐらいのジョーク(?)はいえるんだよ)

つまりユダヤ人のせいで高貴なゲルマン人が苦しめられている。ユダヤ人は絶滅すべきである。という、ナチ党の党是が人々の支持を得たのと酷似しているわけだ。
状況の閉塞に「悪者」=定職についているやつら(含む郵便局?)、何とかしてくれるのは高級官僚と小泉チルドレンの合作チーム。
老人の絶滅収容所ができる?

でもね、戦争になれば、橋田信介さんが書いていたように、貧困層が戦場に行くのだよ。机の上で戦争をしている人たちが儲ける。その配分を求める「弱者」はありがたいことに戦場で死んで靖国行き。靖国はアーリントンと読み替えてもいいし、弱者はBlackとヒスパニックと読み替えてもいい。大学に入りたくて、そのための唯一の選択肢が兵士になることであった若者たちが戦場で処理される。NRAにはお金が入る。いいこと尽くめ。でも、俺にとっていいことじゃない。

閑話休題、ヒスパニックで思い出したけど、Bush語録によく出てくる「Hispanically」ってどういう意味なんだろう?
誰か知ってる人がいたら教えてください。

もとにもどって、弱者は直接自分に唾しているのではない。という、見方もできる。
弱者Aと弱者Bはべつもので、イラクの内戦、「地に呪われた」当時のアルジェリアでも殺人はアルジェリア人がアルジェリア人を殺すというパタンだったのだ。
死刑宣告した若者に対して老人が怨嗟の声をあげる。
この対立はまずいぜ。

つまり、マルクスがよみがえらなければならない。
 といっても、グルーチョ、ハーポ、チコ(だったかな?)じゃない。(もちろんマルクス兄弟が生き返ってくれることは大歓迎なんだけど)いま言ってるのはカールの方だぜ。
 つまり、弱者Aと弱者Bをくくって一つの概念「弱者(プロレタリアート)」を作る視点。フーリエの『四運動…』のような状況は1917にはなかったのだ。なにしろ極冠ならぬオゾンホールは未曾有の規模に拡大している。地球は温暖化!ハリケーンも台風もかつてない規模になっている。北海道に梅雨が観測される。全部が全部京都議定書を無視する方々のせいだとは言わないが、アメリカにも少しは偽善的な態度を見せてほしいと思うんだよなぁ。
今こそ『』のような形でよみがえる好機なんだよ。一国社会主義がスターリンの独創的発明だったことは周知の事実。グローバリゼーションの完遂の末にマルチチュードの復権が。まあ、そうなればいいなってことだけどね。
今の図式なら、NEETと認知症の老人が手を携えて世界制覇と思うかもしれないけれど、革命もイロイロでさ、やってみないとわからないんじゃないかな。

投稿者 つっかん [TypeKey Profile Page] : 2005年09月21日 12:09

あ、また追伸。
『<帝国>』が消えるのは、htmlが有効だからなんだ。だとすれば、
「<」を2バイトにすればいいのかな?

投稿者 つっかん [TypeKey Profile Page] : 2005年09月21日 12:14

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?