BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 孤剣を撫す | メイン | 海あり山あり >>

2005年08月16日

靖国というコントローラー

15日には小泉首相の靖国参拝がなかったようである。
宮崎さんと握っていたら100万円持って行かれるところであった。
剣呑剣呑。
宮崎さんの解説では、8月末の6カ国協議の終わりに共同コミュニケが出るところまでは、これ以上東アジア情勢に混乱をもたらしたくないアメリカから小泉首相あてに「協議が終わるまでは靖国に行くな」というつよい要請があったから、ということであった。
これは納得のゆく説明である。
これまでも繰り返し書いているように、日中・日韓関係でのプレイヤーのふるまいを二国間の文脈だけに限定して見ても理解が届かない場合がある。
その場合は、別のプレイヤーの存在を勘定に入れなければならない。
アメリカの東アジア戦略は、「日中韓三国が戦争に至らない程度のフリクションを抱えたまま対立し、決してブロック形成に至らないこと」である。
だから三国間の緊張が高まればとりあえず鎮静を策し、友好関係が進展しかかると波風を立てるという「キャロット&スティック」外交を展開している。
アメリカの東アジア外交方針は首尾一貫して「首尾一貫していない」ということである。
「どっちつかず」の不安定状態というのは、ごくわずかな入力変化で機敏に状況に反応できるので、盤石の外交方針を教条的に死守しているより実ははるかに戦略上有効なのである。
その点でアメリカ外交はアングロ=サクソン帝国主義の血を豊かに受け継いでいる。
小泉首相の靖国参拝をアメリカが「看過」しているのは、ライス国務長官の「東アジア共同体の形成を許さない」という発言とセットにしてはじめて理解が届くふるまいである。
日中韓の関係がつねに不安定であることからアメリカはこれまで大きな利益を引き出してきた。
しかし、アメリカが抱えている「現場」は東アジアだけではない。
政情不安定なイラクがあり、ガザ地区からの撤兵が始まったイスラエルがあり、宗教的反動が進むイランがある。
いくら不安定要因がある方が戦略上好ましいといっても、マネージできるリスクには量的な限度というものがある。
とりあえず「しばらくのあいだ」東アジアは鎮静していてもらいたい、というのが今のアメリカの本音である。だから靖国参拝にストップをかけた、というのが宮崎さんの解説であった。
なるほど。
もっともなご説明であるが、私はこれ加えてもう一つのファクターがあるのではないかということを思いついたので、それについて書いておきたい。
首相の靖国の「ゴー・ストップ」は合衆国国務省の許諾を得て行われている。
私はつねづねそう考えている。
自国将兵の戦死に責任があるはずのA級戦犯が合祀されている神社に同盟国の首相が参拝するという「非礼」をアメリカがこれまで許してきたのは、それによってアメリカが心理的な不快を上回る政治的利益を得ているからである。
いかなる利益か。
それはメディアが報じるとおり、その点滅ひとつで東アジア情勢が操縦できるような「スイッチ」を手に入れたということである。
ジェームズ・エルロイの小説に、警察の夢は殺人も麻薬も売春も賭博も、すべての犯罪が単一の巨大犯罪組織によって統御されて行われることであるという言葉があった。
その場合は、警察は単一組織を監視するだけで犯罪の全体をコントロールすることができるからである。
危機には「デインジャー」と「リスク」の二種類がある、という話は前に書いたことがある。
「デインジャー」は統御不能の危機で、「リスク」はマネージしたりヘッジしたりできる種類の「危機」である。
政治の要諦は「デインジャー」を「リスク」に書き換えることであるということも申し上げた。
その書き換え方は犯罪の場合と同じである。
「大きなデインジャー」が「小さなデインジャー」を、磁石が鉄粉を吸い寄せるように併呑して、「単一の危機」になるというしかたでそれは実現する。
「人民の大海」を泳ぐスタンド・アローンのテロリストたちの群れは統御不能の「デインジャー」である。
だが、国際的ネットワークを形成し、中枢的な本部を持ち、「領土」を占有した場合、それは仮に動員兵力や火器の量や資金力において巨大なものとなっても、すでに「リスク」に変換されている。
いささか古いタームを使って言えば、「リゾーム」状態の運動を「ツリー」状態の組織に転換すること、すべての矛盾が一点に集約しているような「偏りの場」を作り出すこと。
それが「統御不能のデインジャー」を「統御可能なリスク」に変換するさしあたりもっとも効果的な方法である。
「社会矛盾のすべてはただ一点(プロレタリア)に集約される」という知見を最初に政治技術として説いたのは『へーゲル法哲学批判序説』のカール・マルクスであった(こういうところにマルクスの天才性は存する)。
もちろんこれは「つくり話」である。
「つくり話」なんだけれど、「そうだ」と言われ続けると、「そうかも」と信じてもらえるような種類の「つくり話」なのである。
東アジア情勢において、輻輳する矛盾を「ただ一点」に集約する「点」があると、それを操縦する権利を握っているプレイヤーは状況にたいしてかなり効果的なイニシアティヴを握ることになる。
小泉首相とアメリカ国務省は「靖国」をこの「スイッチ」にするという妙手をどこかで思いついたのである。
何度も何度も「よせばいいのに」というタイミングでそのスイッチを押し続けて世論を刺激しているうちに、ついに人々は「首相が靖国参拝すると激怒し、しないと無反応」というパブロフの犬的条件反射に慣らされてしまった。
そして8月15日、首相は満を持して「参拝しない」で、友好的なポーズの「談話」を発表する。
参拝を既成事実のように論じてきた日本のメディアや中国、韓国のナショナリズムは振り上げた拳のやり場に窮して呆然としている。
みごとなものである。
これをして「先手を取る」という。
武道でいう「居着き」とは、広義には「ある対象やある文脈に意識が固着して、それ以上広いフレームワークへの切り替えができなくなってしまうこと」を意味する。
いまの場合のように、ある特定の対象に関心が集中し、それ以外の回路からの情報入力が低下するのも「居着き」の一種である。
つまり靖国に世界の耳目を集めるというかたちで小泉首相とアメリカ国務省は東アジアの外交プレイヤーを 「返事を待つ」状態にとどめおき、これを統御可能な「リスク」化することに成功したのである。
小泉首相というのは今度の郵政民営化解散とその後の「刺客」作戦でも冷血ぶりを発揮したが、アメリカ国務省との二人三脚で靖国を「東アジアのリスク・コントローラー」に利用するという狡知を見るにつけ、本邦の政治家には得難いタイプの策士であることが知れるのである。
このまま推移すれば、総選挙は(自民党ではなくて)小泉首相の「ひとり勝ち」となるであろう。


投稿者 uchida : 2005年08月16日 11:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1175

このリストは、次のエントリーを参照しています: 靖国というコントローラー:

» 『へいわヘイワと繰りかえし唱えてみる』  -2,600kg / -1,000kg from 日刊バカヤマ採掘記
今日、液晶画面のなかで式辞をよみあげる総理大臣の声を聞きながら考えたことを忘れないうちにそのまま並べておきます。 みじかい演説のなかで『平和』という言詞が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月16日 12:01

» 靖国神社の性格規定 - 反戦後民主主義・反日本国憲法の象徴 from 世に倦む日日
ブログで前にも論じた問題だが、朝日新聞の中で靖国神社に対する性格づけをめぐって見方が揺れている。靖国神社とは何かという定義のところで内部に動揺と混乱があり、それ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月16日 16:35

» 靖国参拝の意味と目的 - 平和外交路線の破棄と転換の宣告 from 世に倦む日日
小泉首相の靖国参拝についてそれを批判する議論は、いわゆる国益侵害論の視角からのものが多い。日本国の首相が靖国神社へ参拝すると中国や韓国の人たちの感情を害して反発... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月16日 16:35

» 小泉政権の評価 from 言語学研究室日誌
小泉政権の総括的評価 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月16日 17:18

» 内政干渉論の荒唐無稽 - 86年の『中曽根書簡』と後藤田談話 from 世に倦む日日
靖国参拝に対する中国の批判が内政干渉であるという主張は明らかに誤った暴論である。小泉首相の口からこのような非常識な強弁が飛び出して、それがマスコミや世論の批判を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月17日 00:26

» 靖国参拝2:これを日本の外交カードに from 外交のファンタジスタ
 小泉首相が、靖国神社参拝の日時について、8月15日を避けることを示唆した。衆議院選挙を控え、8月15日の参拝が吉と出るか凶と出るか不透明なためだと考えられる。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月17日 04:54

» ついでですが from 言語学研究室日誌
靖国について謝罪し続ける旧社会党・社民党の暗部〜「アジア=中朝韓」の愚劣 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月17日 06:31

» 日本という層の厚み −危難の際の英雄たち− from ロリコンファル
[http://blog.tatsuru.com/archives/001171.php:title=内田樹先生のエントリ「靖国というコントローラー」が見事... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月17日 06:44

» ■終戦記念日に靖国神社への参拝を考える from ■グロービス堀義人ブログ
~このコラムは、「中国人の友達との徹底討論その1)と2)」に対して、靖国神社への [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月17日 10:02

» 日本国憲法は靖国を認めず - 石橋湛山の靖国神社廃止論 from 世に倦む日日
日頃鬱々と思っていることであり、そして確信に近い直感だが、日本国憲法は懼く、靖国神社の存在をこの地上に容認してはいない。国家の最高原理として日本国憲法が統治する... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月17日 23:48

» 日本の欺瞞 - 「何度も謝罪した」「靖国参拝は平和のため」 from 世に倦む日日
右翼側の主張として頻用される論法として「日本は何回謝罪すればいいのか」というのがある。日本はこれまで何十回も謝罪してきたのだから、もういい加減に中国や韓国は日本... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月18日 23:44

» [Memo] 解散総選挙 from フランスにいて思うこと
解散総選挙に関して、いろいろなところでいろいろと取り上げられているので、いくつか整理しておきたいと思っています。 ・勝ち組、負け組論争 ・選挙の都市... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月13日 19:07

» 政治家は文化的な宗教行事にも参加できないのか? 靖国神社参拝の傍論による違憲判断。 from れびれびの備忘録
大阪高裁による首相の靖国神社参拝の件。 ・asahi.com「首相の靖国参拝は違憲」大阪高裁判決、賠償は認めず ・NIKKEI NET 首相の靖国参拝違憲判決... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月01日 10:16

» アメリカの外交手段としての「靖国参拝」 from なんでやシート
◆なぜ、靖国参拝をするの? 小泉首相は17日に靖国神社を参拝しました。 <首相、靖国神社を参拝・就任以来5回目>(http://www.nikkei.c... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月18日 22:24

» 小泉首相靖国参拝 「心の問題」決意貫く 中韓の干渉強く牽制 from 古今東西うぇぶ瓦版
10/17 日経平均が4日連続下落での小泉首相、靖国参拝です それを市場が受けたかどうかはさだかじゃないが今日も連続下落 痛いですねぇ でも個人的には小泉首... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月19日 00:44

コメント

小泉首相が「冷血漢」であり、「独裁的」手法をとっているので、けしからんというのは方々で耳にする批判です。内田先生とは政治的には相容れないであろう西尾幹二日録にもそのような趣旨の批判が載っています。確かに昨晩の「たけしのTVタックル」で福岡正行氏が述べたように「聖徳太子の和の精神」を以て懸案が処理できれば、ベストでしょう。ただ、この期に及んで、政治家小泉の人格を取り上げても何の意味もないのではないでしょうか。今まで何をしてきたか、何をする可能性が高いかで値踏みすべきでしょう。自民党を「ぶっ壊す」ことを宣言し、郵政民営化を執拗に且つ声高に唱えたにも関わらず、自民党員(87%の党員票が小泉に集中したはず)及び自民党議員は、小泉純一郎を自民党総裁に選出した以上、公約違反をしてはならないのです。公約違反を言い出せば、終戦記念日に靖国神社に参拝するという彼のもう一つの公約は守られていません。このことは非常に遺憾なことのように思えますが、内田先生の指摘のような背景があるのであれば、狙いの一策であったのかもしれません。彼の最大の功績は、故小渕首相がレールが敷いたトップダウンの権力を最大限に活用し、派閥順送り人事を破壊し、官僚の人事権を実質的に剥奪したことにあります。また、政治資金規制法に拠って、党本部の県連への支配力を強めました。県連の反対があっても、今は党本部から各県連へ直接選挙資金が流れている以上、党本部が本気になれば、各県連をコントロールできる仕組みです。このような風通しの良いトップダウンの政治体制を築いたのは小泉首相自身ではない以上、彼の政治手法の「独裁性」を非難するのは非常にむなしい行為です。彼は目の前にあった権力を自民党総裁/首相として活用しただけでしょう。
 彼の改革についても、見かけ倒しで中身がない、一部官僚の焼け太りを許容しているなどの批判は山のようにありますが、小泉の登場以前に、財政の出口改革に相当する特殊法人(例:道路公団)の改革に手をつけた首相が一人でも居ましたか。いかに不徹底に終わったとしても、又はある作家の権勢欲に利用されたとはいっても、聖域であった利権団体の改革に兎にも角にも手をつけた意義は非常に大きいと言わざるを得ません。入口改革に相当する今回の郵政民営化法案でも、郵政民営化法案に反対した連中を中心に(アリバイ作りのためか)その不徹底性がまた槍玉に挙がっていますが、政治には戦略的後退はつきものでしょう。財務省に手をつけていないとの批判も散見しますが、彼が首相に就任した後、財務省主計局の権力は低下する一方で、先を見越した賢い財務省官僚の政界転身が相次ぐ状態になりました(彼らの政界の理由は小泉が旧大蔵族だからだけではありません)。
 小泉首相の外交政策についても、一定の評価を与えるべきだと思います。日本政府の対中姿勢は、日中首脳会談後、江沢民が強く主張した「謝罪」の文言を共同声明の中に入れることを拒否した故小渕首相(彼は凡庸そうな外見にも関わらず、気骨ある人物だったと思います)のあたりから徐々に変わり始めましたが、中国が「歴史カード」を濫用して、これまでに得た巨額のODA(賠償金の代わりではあったのですが)のみならず、日本からのODAで整備した軍事力を背景に、日本の領土や海底資源まで略奪し始めている現状を止めようとしたことは高く評価すべきだと思います。小泉のせいで、アジア外交が閉塞したと仰る暢気な御仁もいるかもしれませんが、それでは、中共の海底資源略奪を黙って許容すればいいのでしょうか。沖縄も石垣島も尖閣諸島も、中共の主張通り、中国の領土になれば良いというのでしょうか。これらの政策は日本の首相が誰になろうと恐らく殆ど変わらなかっただろうと思います。そのスピードが鈍化するか加速するかの違いでしかありません。民主党の岡田には聞いてみたいものです。対中外交を立て直すと言っているが、靖国神社の参拝を止めること以外にどんな対策があるのかと。旧社会党関係者が民主党の議員の半数を未だに占めている今、民主党はかつての社会党の十八番である媚中路線に復帰するだけではないでしょうか。戦後民主主義や憲法の平和主義は、所詮天然記念物に他なりません。周囲が中朝韓と極めて劣悪な環境であっては生きのびることは残念ながら出来ないでしょう。憲法改正よりも核軍備を急いだ方が良いでしょう。その方が「普通の国」への転換がずっと早くなります。理想は理想として堅持するとしても、まずは現実を直視すべきでしょう。

投稿者 wnm [TypeKey Profile Page] : 2005年08月16日 15:19

え、内田先生は小泉首相の「手法」を褒めてるんじゃないの?
んでその正邪理非については論じることをきっちり避けてると思うんですが…???
(ただし内田先生の「気分」はわかる。wnm氏が感じたようにね←全文は読んでねーけど)

投稿者 mamodolian [TypeKey Profile Page] : 2005年08月16日 16:29

今回も内田先生のレトリックを楽しみました。
総選挙おもしろくなってきましたね。

投稿者 ハットリ [TypeKey Profile Page] : 2005年08月16日 17:28

まあ、「正邪理非」についてまでは論じていなかったですね。ただ、こうした傍観者的/高踏的な姿勢はあまり好きにはなれないですね。結局、商品券をばらまいて失笑を買った公明党が今度の選挙でもまたまた性懲りもなく票目当ての「ばらまき」行為に走っているのが笑えます。小学校6年から児童手当をもらえるからといって、子供を産む女がいますか。やるのであれば、育児休暇を女性が望めば必ず年間一定期間取れるという保証、保育所の存在、それから、一ヶ月一人あたり5〜6万円程度の補助でもしないと意味がないです。ただ、実際にはそんなことをしたら、国家財政は破綻してしまいます。要は、実現不可能なばかりか将来につけを回すだけのアホな政策をやめればいいのですが、何とかの低い創価大学出身者が多い公明党はXYの集まりなので、その辺のシミュレーションが全くできないんですね。

投稿者 wnm [TypeKey Profile Page] : 2005年08月16日 21:38

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?