BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 甲野先生が来る | メイン | 牡丹園別館でフカヒレ、帝国ホテルラウンジでギムレット >>

2005年08月11日

郵政民営化についてはよくわからない

郵政民営化について、いろいろな人が書き込みをしている。
私はこの問題についてはまじめに新聞記事や解説書を読んだことがないので、郵政民営化の是非については、よくわからない。
よくわからないけれども、なんだかそれほど緊急性のある政治課題であるようには思われない。
ほんとうはすごく緊急性のある政治課題であるにもかかわらず、私には「そのようには見えない」だけなのかもしれない。
むしろ、その方が問題だ。
緊急な政治課題であるにもかかわらず、それがそのように見えないということはときどきある。
なぜその主題が「喫緊の解決を必要としているか」について、「ほんとうの理由」を誰も言わない場合にはそういうことが起こる。

官僚も政治家も、総じて統治者は「統治はこれまでのところうまくいっている」ということを前提にして推論を行う。
「統治はうまくいっていない」ということを公言すると、自分たちが責任をとらなければならないと思っているからである。
しかし、もちろん統治システムは経年的に劣化するから、いずれ各所で破綻をきたす(これは別に誰が悪いということではなく、システムというのは「そういうもの」である)。
そのときに「この辺がいかれましたので、新しいのに替えます」とすらっと言えて、それに対して「誰の責任だ!」とすごむような人がいなければ、何も問題は起こらない。
担当者がクールかつテクニカルに故障箇所を修繕するだけのことである。
だが、官僚は原理的にそういうことを言わない。
「新しいのに替えます」という結論は言うのだけれど、前段の「この辺がいかれましたから」ということは言わないのである。
システムが破綻したということを言うとその責任を取らされると思っているから。
だから、言わない。
結果的に、すべてはたいへんうまくいっていて、なんの問題もないのだが、「新しいのに替えます」という唐突な政策的提言がなされることになる。
私が直接接触する機会のある行政機構は文科省だけであるが、私の過去十年ほどの経験で言えば、文部科学省はほとんど100%「そういう」スタイルで押し通している。
教育行政は戦後さまざまな失敗を犯した。
人間がすることだから、私は失敗を責めない。
しかし、文部官僚は決して失敗を認めない。
「このへんがうまくゆきませんでしたので、このへんを直します」とは決して言わない。
いきなり、「このへんを直します」という結論「だけ」を告知してくるのである。
「システムそのものには何の問題もなく、すべて良好に推移しているのだが、このへんを直すと、『もっといいこと』が起こるので、やりましょう」という不思議な言い方をしてくるのである。
沈没しかけた船で、「なんだか膝まで水が来てますけど・・・」という不安げな乗客に向かって、「ではただいまからお客様対抗水くみ競争をやります!水くみの一番早いのはどのチームかな?はは、楽しいですね!」とひきつった笑いを見せる船員に似ている。
船員たちは「なぜ水くみをしなければならないのか」の理由を決して明かさない。
けれども、乗客たちは言われるままに「水くみ競争」にけっこう本気で熱中したりするのである(泣)
郵政民営化を論じるときの難点は「致死的なシステム危機がある」ということ(いまの例で言えば「船が沈みつつあること」)についての理解が共有されていないことである。
「いますぐに民営化しないとたいへんなことになる」というリスク評価と「民営化なんかしたらたいへんなことになる」というリスク評価の間に共通のプラットホームがない。
ある船員は「もうじき沈む船に止まるのは自殺行為だ」といい、別の船員は「こんな丈夫な船を捨てて逃げるのは自殺行為だ」という。
どちらも自称「専門家」がそう言っている。
自称専門家たちの誰がいんちきで誰がほんものなのか、私たちにはテクニカルな判断基準がない。
専門家Aを「いんちき野郎だ」と判断している人は、その専門家Aから「いんちき野郎」と罵倒されている自称専門家Bの所見にしたがってそう言っているのであって、別にその人自身に大所高所の判断基準があってのことではない。
「目くそ」と「鼻くそ」の戦いにおいて、いずれの「くそ度」がより高いかという判断を現場で「くそ」まみれになっている人がすることはむずかしい。
みんなが熱くなっているときは、「バルコニーから大通りを見ている方がいい」と言ったのはレイモン・アロンである。
私も今回はアロン翁に賛成である。
この問題についての私の個人的印象は「情報がきちんと開示されて私のもとに届いてこない」というものである。
どこかにちゃんと情報が開示されていて、ただ私が個人的怠慢でそこまで調べにゆかないというだけなのかもしれない。
でも、「情報は法律に従って適切に開示されているのだけれども、アクセスしにくい」ということはある。
「職員へのヤミ給与の裁判資料ですか?もちろん公開してますよ。いちおう住民票と印鑑証明と実印ともってですね、隣の棟の地下倉庫探して下さい。1000坪くらいあってちょっとわかりにくいですけど、探せばどこかにありますから。あ、閲覧時間は一日15分ですから中にいて閉じこめられて餓死しないでくださいね!」
そういう場合はどこかで「情報開示すること」に対する規制が働いていると考える方がいい。
民主党は郵政を選挙の論点にしないらしい。
自民党の反対派も郵政を選挙の論点にはしたくないらしい。
郵政を選挙の主要論点にしたがっているのは小泉首相以下の自民党執行部だけのようであるが、彼らとて自らが責任を問われかねないシステム破綻の構造的な理由やそれが生じてきた歴史的文脈について言及する気はない。
誰もが問題の「病根」についてはできるだけ触れず、ただ「こうするとよくなります」という気の抜けたような政策提言以上のことをしていない。
「病根」についての言及がこれだけ組織的に忌避されるのだから、よほど根が腐っているのであろう。

投稿者 uchida : 2005年08月11日 11:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1170

このリストは、次のエントリーを参照しています: 郵政民営化についてはよくわからない:

» 政治家と官僚とコドモ from Shoulder.jp
郵政民営化問題に内田樹氏がブログで以下のように述べている。 「この辺がいかれまし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月11日 13:15

» 『工作少年の日々』 from 日刊バカヤマ採掘記
小学生のころ絵日記が苦手だった(ので、ほとんど全て最終日に捏造した)ことをBLOGに書いたら友人知人の皆さんから『効果的なごまかしテクニック』や『わたしの失敗』... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月11日 18:21

» 郵政貌:政策論議を国民の手に from 外交のファンタジスタ
 世の中の様々な分野が高度で複雑になると、専門家が必要とされ、その存在によって我々は便利な生活を送ることができる。しかしそれは、専門家が良心に則って行動し、我々... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月11日 21:20

» ニュース逆さ読み(14) 小泉自民党が完勝する from ニュース逆さ読み
解散・総選挙に行き着いた、郵政民営化をめぐる切迫性の中身は何なのか。確かにそこが考えどころのような気がします。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月14日 11:43

» 終戦記念日に思うこと from 言語学研究室日誌
自民党に投票しますか、それとも日本人やめますか? [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月15日 12:32

» 言ってるそばから郵政の話 from ロドス島で跳べ!
言ってるそばから郵政の話。 内田樹の研究室: 郵政民営化についてはよくわからない... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月15日 21:59

» 郵政問題決定版 from 生存適者日記
id:svnseedさん経由。 http://www.econ.hit-u.ac.jp/~iwamoto/Docs/2005/YuchoMineikanoZeh... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月18日 23:02

» 郵政民営化について from 岡田昇の研究室
内田先生が触れておられるので、オカダもこのことにについて少しだけ書いておく。 「 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月19日 20:09

» 刺客作戦の陥穽 - その目的は「郵政民営化争点」の既成事実化 from 世に倦む日日
選挙戦術としての刺客作戦の目的は、単に人気のある刺客候補を立てて選挙で票を集めることではない。それは二の次だ。前にも述べたとおり、刺客戦術の本当の意味は序盤戦の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月22日 17:01

» 郵政民営化の功罪と、国公債 from 国家破綻研究ブログ
衆議院解散総選挙では、「郵政民営化」が争点となっていますね。今回のエントリーでは、「郵政民営化」の真の問題点を指摘します。 ※小職は、自民党・民主... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月29日 22:48

» 「郵政民営化で、得するのは誰なのか?」-ウォールストリートジャーナル紙8月26日の概訳- from Sasayama's Weblog
2005/09/04(Sun) <!--adsense--> 2005年8月26日に、ウォールストリートジャーナル紙に掲載された、「Who G... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月04日 18:06

» Semtember 11、小泉劇場とマニフェストと・・・ from 小さなメモ帳
Semtember 11,2005 ── 総選挙投票日。締切時間の間際に投票所に滑り込み、何とか投票を終えてきた。 メディアの報じるところによれば、選挙戦の序盤... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月11日 21:12

» 評価する人たちを評価する from フランスにいて思うこと
日本を出て、いろいろと考えていることの一つがこれ。 「評価する人たちをどのように評価するか」 日本に一番足らないものではないかと言う気がする。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月19日 01:41

コメント

ええもちろん内田先生が知りたいのがこういうことではないのは分かってるんですが、分かりやすかったのでお節介にも。

>>http://www.satonao.com/index.html

投稿者 mamodolian [TypeKey Profile Page] : 2005年08月11日 14:18

うーん、今回の郵政民営化問題はわかりやすいと思いますがね。
以前の、首相靖国参拝にたいする先生の見解で、「よくわからないと言い放ち、よくわかろうとしない態度はよろしくない」と発言され、クリアカットに外交問題を掘り下げられていただけにとても残念です。よくわからないのを「高みの見物」の姿勢として自己処理してしまうのは、「よくわからないが誰が政治家になっても一緒でしょう」と街角インタビューでこたえる人たちと同等だと感じてしまうのですがいかがでしょうか?以上失礼なコメントをお詫びいたします。

論壇系のBLOGを巡回してみると概ね郵政民営化の正当性を主張されています。逆に郵政民営化に反対している説得力ある主張を展開しているところは皆無といってもよく、コメントに反対意見があってもことごとく論破されてしまっているというのが私の観察です。
http://deztec.jp/design/05/08/10_privatization.html
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200508091144.html
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2005/04/post_1e16.html
http://kawa-kingfisher.cocolog-nifty.com/blog/2005/08/post_c8fe.html

民主党自体が郵政改革を争点からはずそうとしているのも、彼らは改革をさけびながらも、あまりにも正論の郵政改革に反対してしまったために、党の内外戦略において、整合性が取れなくなってしまっているのでしょう。彼らも政治のプロならば郵政民営化が彼らの叫ぶもっと大きな改革にいかに深くリンクしているか知らないはずはないので、これは自民造反組が郵便ネットワークが崩壊しますよと、とにかく目先の甘い言葉を言っておけば国民は騙されるだろう的な国民にたいする背信行為と不誠実さで重なる気がします。
今回の自民造反組の粛清劇もそうですが、それまでの小泉改革路線に抵抗してきた守旧派、中曽根、宮沢、野中、橋本...各氏ことごとく自民党院政から追いやられていることを考えれば小泉首相は歴史的病根をまず組織の中から絶つということを行動で示しているのではないかなと思います。

投稿者 ken [TypeKey Profile Page] : 2005年08月12日 10:21

 わたしはこれまで郵政民営化になんとなく賛成でした。しかし、それについてきちんと調べるとか、この改革で実際に何がどう変わるのかはわからないままでした。それで、上で挙げられたリンクから幾つか記事を読んでみたのですが、改めて郵政は民営化した方が良いように思えました。
 しかし、記事を読んでいて、この改革が大改革であるだけいっそう、何か直感的にほんとに今この方法でやっちゃって大丈夫なのだろうかという心配が大きくなってきたことも否めません。
 確かに、税金や国民の貯蓄が、わたしたちの知らない用途に悪用されている事は事実かもしれません。しかし、内田先生がわからないとおっしゃられていることは、それが悪用なのか善用なのかという問題ではなくて、それが悪用だとして、どれだけ国民に不要な損失を与えていることになるのかがわからないということなのではないでしょうか。それが、不可避的な損失でなく、まったく回避できる損失であることがきちんと理解できればよいと思います。
 胃袋を半分削ることで命は長らえられるかもしれないけど、その後にどのような生活が強いられるのかは、手術を受ける患者には十分に説明されるはずだと思います。
 薬の継続的な投与では治癒せず、切除するしか方法がないのかどうか。むしろ、極東ブログで述べられているように、慌てて大手術を行わなくても、快方へ向かっているのではないか。
 さらには、こうした大改革を成功させた自民党は、今度はどんな改革を打ち出すのか。
 大改革の名のもとに行われる事柄に対して、ある種の危険な香りを感じ取ったというのであれば、「高みの見物」も十分知性的な態度かもしれないなとも思いました。

投稿者 サモッチ [TypeKey Profile Page] : 2005年08月12日 12:05

8月8日付けの「フィナンシャル・タイムズ」と「ウォールストリートジャーナル」が
揃って「参院で否決されたけど、郵貯350兆円が我々のふところに入るのが少し延びただけだ」旨の記事を掲載しているという話を聞きつけ、疑心暗澹でございます。
過疎地の郵便屋さんがなくなるのとは別種の物語が進行しているのは間違いなさそうですね。

投稿者 ハットリ [TypeKey Profile Page] : 2005年08月12日 12:40

>ハットリさん

その外資へそっくり350兆が流れるのに、という反対論者のフレーズはよく耳にしますが、IrregularExpressionさんがよく調べておられます。
今回の記事については、私も原文を確認しましたが、あれは正確には、「郵貯350兆円が『The global finance industry』=世界の市場に流れる」ということです。
日本国内市場というのは当然世界市場の内包された一部であるのでこうなります。私も勉強不足なのであんまり偉そうにいうのは憚られるのですが、要するに、電電会社や国鉄が民営化されてNTTやJRになったときに株式公開されたときに、値上がりを見越して株の購入権に予約が殺到したことがありましたが、まあそんな感じです。IrregularExpressionさんの仮定の考察は私が見るところちょっとおかしい部分があるのですが、少なくともWSJの記事うんぬんは彼が指摘されるとおりです。
資本主義経済ですから、当然外資も入ってきます。そこからいろいろな議論があるわけですが、ハゲタカファンド脅威論者は最悪のケースだけにクローズアップしています。巨大資金は市場で流動化されますが、それは売り買いが成立するようになるということです。単純に毟り取られるなんてことはありえません。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1502866
ここがちょっと参考になるなと思ったのですが、いまどきはこういう優良な見解が集まったリソースが簡単に検索にひっかかるね。この問題にたいするこの見方はどうなのか?となればちょっと手を動かすだけで、自分の頭で判断するたたき台みたいなものはできるのかな?と思います。いくらアクセス可能な情報の質と量が向上しても、本人がちょっと手を動かすだけの労力を厭うかそうでないか、所詮最後は、その問題にそれだけの興味があるかないかということですね。そこがボトルネックになります。この森田氏の発言もそうですが、情報の受け手が受身であり続けるのなら、しょせん声の大きい広告に右往左往するしかないと思います。

投稿者 ken [TypeKey Profile Page] : 2005年08月13日 01:27

http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200508121326.html

前半の部分のBLOGへのリンクを忘れていました。

投稿者 ken [TypeKey Profile Page] : 2005年08月13日 01:29

ken様 御教示ありがとうございました。

投稿者 ハットリ [TypeKey Profile Page] : 2005年08月13日 08:40

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?