BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 旅の終わり | メイン | 甲野先生が来る >>

2005年08月09日

政治家のことを考えると頭痛が

衆院が解散して、9/11に総選挙が行われることになった。
どういう経緯で解散ということになったのかよくわからない。
あまりよく理由がわからないままに国会が解散されて、政治的空白が生じ、争点も何だかよく分からない総選挙を巨額の税金を投じて「できる」というのは、それだけ日本のシステムが効果的に機能しており、政治家なんかいてもいなくても、国会なんてあってもなくても、あまり関係ないということなのであろうから、むしろ言祝ぐべきことかもしれない。
ただ、選挙になるとうるさいのが困る。
うちは駅の前なので、選挙期間になると駅前に何台も宣伝カーが並んで候補者たちが終日がなり立てる。
私はあのような発声法で語る人間を日本語の敵とみなして深く憎んでいるし、白い手袋をはめて窓から手を振るような鈍感さを見るとめまいがするので、選挙期間というのは気分がよろしくない。
政治は変わってほしいと思うのだが、選挙運動はやめてほしい。
苦しいジレンマである。
日本の高等教育の質は世界最低水準であると書いたけれど、考えてみたら、日本の政治家の質もまた世界最低水準であることを忘れていた。
私の知る限りの知的な若者のなかに「将来政治家になりたい」というものは一人もいない。
いったい、どこから候補者たちはリクルートされてくるのであろう。
たぶん非常にせまいエリアの中で「たらい回し世襲」されているのであろう。
鰻屋が「うちは寛永年間から続いた老舗です」と自慢するように、親子代々の政治家ですということを自慢する人がふえてきた。
政治にコミットする資格がある種の「家族の資産」のようなものになって、限定された社会関係のなかを行き来している。
その風通しの悪さのせいで、政治はしだいしだいに「芸能界」に近づいており、政治欄のニュースとワイドショーのニュースの「テイスト」が似てきているのかもしれない。
TVタレントが政治家になっても「さまになる」のは、本質的に似たところがあるからだろう。
日本の政治家の質はこの先どこまで下落してゆくのであろうか。
ふだんは国内政治のことをなるべく考えないようにしているのであるが(考えると気分が悪くなるから)、選挙になると日本の政治家の愚鈍さにダイレクトに直面しなければならないのがほんとうにつらい。
ただでさえ暑いのにね。

投稿者 uchida : 2005年08月09日 10:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1167

このリストは、次のエントリーを参照しています: 政治家のことを考えると頭痛が:

» 郵政否決&衆院解散 from Shoulder.jp
純一郎がやっぱり純化した。 こだわりぬいた。 わかりやすく、はっきりしているが、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月09日 10:41

» 『もう残暑なんですか』    -800g / *** from 日刊バカヤマ採掘記
二追:郵政民営化はもともと『実施したときのメリット』よりも『実施しなかったときのデメリット』のほうが大きいというタイプの政策でしょうから、それだけで選挙を戦うの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月09日 10:44

» コンニチワ、ヒマワリさん from ながら族:Nagarazoku:Nagara Tribune
向日葵の花の気取ってないトコロが好きだ。あれだけデカイ花を咲かせる(本当は、アレ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月09日 14:01

» 何のための衆院解散か from 言語学研究室日誌
民主党には政権は託せない [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月09日 18:16

» 小泉「郵政民営化」の変遷 - 市場原理主義者に丸投げの失敗 from 世に倦む日日
ネットの中でも、TVの街の声でも、郵政民営化は小泉構造改革の重要な柱であり、国民のために必要な政策だから国会で法案を通す必要があるという意見をよく聞く。そういう... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月09日 21:41

» ラカン from 憂鬱な喫茶店(支店)
ISBN:4335650507:detail ISBN:4772402942:detail ISBN:4772403086:detail ISBN:479175... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月09日 22:18

» メモ from 憂鬱な喫茶店(支店)
ISBN:4641183023:detail ISBN:4000236210:detail ISBN:4585052720:detail ISBN:406258... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月09日 22:21

» 郵政民営化法案への反対〜佐高信の場合 from 言語学研究室日誌
郵政民営化反対論〜佐高信の場合 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月10日 14:03

» 小泉内閣総理大臣記者会見 「衆議院解散を受けて」 平成17年8月8日 from 愚者千慮必有一得
郵政民営化法案否決を受けての、衆議院解散・総選挙。それにあたり、小泉首相が会見された内容が、官邸HPで全文読むことができます。 小泉内閣総理大臣記者会見 「衆... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月10日 19:27

» 日本の政治家の質 from 岡田昇の研究室
オカダは政治と宗教と戦争の話はしない主義なのだが、内田先生が触れておられるので、 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月10日 20:22

» 小泉政治の終わりの終わり - 「構造改革」の嘘の露呈と終焉 from 世に倦む日日
大差で法案否決という予想は的中したが、内閣総辞職という持論の予想は外れた。意外であり、また若干忸怩たるものがある。総辞職は完敗であり、解散総選挙ならば勝利の目が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月11日 09:14

» 「道徳」はすでに死んでいるのではないかという疑問。まとまらな... from ようちゃん2号の大部屋暮らし
「道徳」ということについて書くのに、どうにもなかなか切り口が見つけ出せなかった。こういう場合、ボーっと考えていて、インスピレーションを待つなんてことをいつもはす... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月12日 11:28

» 官僚も松下政経塾も信用できないが――政治家の資質について from 翻訳blog
 どういう人が政治家としてふさわしいのだろうか?  今回の永田議員や西澤孝をめぐ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月27日 17:58

コメント

今回の郵政解散の小泉首相の会見はある意味感動的でさえありました。マスコミはくだらない自社の主張のバイアスを含ませてコメンテーターの戯言を垂れ流すよりも、この会見をノーカットで再放送することに時間を割くべきだったでしょう。普段国民の知る権利を免罪符としてけっこうやりたい放題やっているのに、肝心なところでは、一番重要な情報を簡単に伏せてしまう。

Irregular ExpressionさんのBLOGで会見全文を起こされていましたが、官邸のHPでも見れます。
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200508090117.html
http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2005/08/08kaiken.html


内田先生は政治家の質の低下を嘆いておられますが、わたしは小泉首相を見ていると、まったくそうでもないなと思いました。改革ができなければ自民党をぶっ壊すとまで言い、わたしもふくめ多くは単なる政治家のいつものポーズだろうと思っていましたが、今回、改革に反対票を投じた政治家を自民党は公認しないと事実上切り捨ててしまいました。誰もが無理だろうと思ってたことをやってしまった彼のような政治家は今後出てくるのでしょうか?

つまるところ、政治家というのは国民が選ぶものであって、わたしは、今の政治家の平均値というのは日本国民の平均値でしかないと思います。この民度にしてこの政治家ありという事だと思います。今回の参議院で投票棄権したタレント議員である元プロレスラーの大仁田 厚のような人材を選挙に大勝させ国会へ送ってしまうのもわれわれ国民です。国内政治のことをなるべく考えないようにしている国民からは国内政治のことをなるべく考えないような政治家しか選び出されないのではないでしょうか?

投稿者 ken [TypeKey Profile Page] : 2005年08月09日 18:06

内田先生、はじめまして。東京の大学生で、法律を学んでいる者です。記事に関係のない話で申し訳ないのですが、今回は内田先生にお訊きしたいことが。
 
いま、日本人著者によるラカンの平明な入門書を探していまして、ラカンの邦語文献をTBさせていただきましたが、どうも理解しやすいものが見つかりません。(わたしに理解力がないせいかも知れませんが。)
 
おそらく邦語の入門書では一番平明だと思われる、
■福原泰平『ラカン 鏡像段階』(講談社)
■佐々木孝次『ラカンの世界』(弘文堂)
も途中で投げ出してしまいました。
 
ほかに強いて言うと、新宮一成なのですが、
■『ラカンの精神分析』(講談社現代新書)
■『知の教科書 フロイト=ラカン』(講談社選書メチエ)
などはあまり良質な入門書とは思えません。
 
あとは、ジジェクをはじめ、翻訳のものなのでパスです。
 
というわけで、邦語文献で平明かつ良質なラカン理論の入門書があれば教えていただきたいのです。
あるいは「ラカン理論を学ぶにはこうすれば良いのだ」という方法論がありましたら、教えていただけると幸いです。
 
では失礼します。

投稿者 cafe [TypeKey Profile Page] : 2005年08月09日 22:59

毎日、楽しく拝見しています。
人生のロールモデルとして陰ながら応援しています。

ところで、内田先生は選挙に行くんですか?
または、かつて行ったことがありますか?
非常に興味深いです。

僕は今年で29になりますが、1度も
投票したいという気になったことがありません。

投稿者 ぐれん [TypeKey Profile Page] : 2005年08月10日 00:49

こんにちは。郵政民営化法案を取り上げているブログを見ると、副島隆彦本の受け売りで、外資の圧力を受けてのものであるから良くないと宣い(上の「市場原理主義者に丸投げの失敗」〜こちらは靖国神社参拝などの外交政策に文句がある様子〜や西尾幹二日録が典型)、郵政民営化の持つ赤字垂れ流し財政と利権依存政治からの脱却からは目を背けるものと財政面and/or制度改革に専ら目を向けるもの(郵便局は税金を大量に食っているのでけしからん)と両方に二分される印象です。前者は(郵政民営化が外資の論理に従うものだとしても)放置しておけば、財政破綻の深刻度は増大する一方で、税収増につながるため本来は歓迎すべき景気回復すらも赤字国債のために素直に歓迎できない現状に目を背けるだけ。造反議員を公認しないとは言っても、どうせ選挙後にこっそり追加公認するのだろうとたかをくくっていたら、何と亀井派の「よく受け取れるな!」小林興起の地元である東京10区〜私の実家のあるところ〜にテレ東のWBSを仕切った小池百合子を立て、自殺した茨城の永岡議員の未亡人を候補に立てるとか。「公約に基づく政治」、今回は本気です。でなければ、いくら忠臣蔵が好きでも「殺されてもいい」なんて口走らないでしょう。

投稿者 wnm [TypeKey Profile Page] : 2005年08月10日 10:13

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?