BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 業務連絡 | メイン | ウチダ、狂躁する。 >>

2005年05月19日

資本主義の黄昏

NEETについてのゼミ発表のあとにレポートを書いてもらった。
15名のゼミ生のほとんど全員が実にきっぱりと「仕事というのは賃金を得るためのものではなく、仕事を通じて他者からの社会的承認を得るためのものである」という見解を述べていたので、びっくり。
一昔前なら、「できるだけ楽をして高い給料をもらいたい」とか「サービス残業とかバカみたい」とか「過労死するサラリーマンなんか信じられない」というクールな回答がマジョリティを占めたであろうが、いまどきの女学院生たちはバイト先の「店長」や「正社員の同僚」たちがどれほどよく働いているのか、身近によくご存じであり、その姿に素直な「敬意」を抱いておられるのである。
よいことである。
仕事というのは「額に汗して」するものであり、先般も申し上げたように本質的に「オーバーアチーブメント」なのである。
このことは繰り返し学生諸君にお伝えしなければならない。
賃金と労働が「均衡する」ということは原理的にありえない。
人間はつねに「賃金に対して過剰な労働」をする。
というよりむしろ「ほうっておくと賃金以上に働いてしまう傾向」というのが「人間性」を定義する条件の一つなのである。
動物の世界に「とりあえず必要」とされる以上の財貨やサービスの創出に「義務感」や「達成感」を感じる種は存在しない(たぶん)。
「糸の出がいいから」という理由で自分用以外の巣を張る蜘蛛や、「歯の切れがいい」からという理由で隣の一家のためにダムを作ってあげるビーバーを私たちは想像することができない。
そのような「過剰な労働」は動物の本能にはビルトインされていない。
人間は「とりあえず必要」である以上のものを作り出すことによって他の霊長類と分岐した。
どうして「とりあえず必要」である以上のものを作る気になったのか。
たぶん「とりあえず必要」じゃないものは「誰かにあげる」以外に使い道がないからである。
人類の始祖たちは作りすぎたものを「誰か」にあげてみた。
そしたら「気分がよかった」のである。
あるいは、「気分がよい」ので、とりあえず必要な以上にものを作ってみたのかもしれない。
順序は不明。
卵が先か鶏が先か、制度の起源はつねに闇の中に消えていて、私たちはそれを知ることができない。
レヴィ=ストロースは社会制度の起源について、次のような印象的なことばを記している。
「私たちは信仰や慣習の原初の起源については何ひとつ知らないし、これから先も何ひとつ知ることができないだろう。信仰や慣習の根源は遠い過去のうちに沈んでいるからである。しかし、現在についてなら確かなことがひとつある。それは社会的行動とは個人が自発的に演じうるものではない、ということである。」(クロード・レヴィ=ストロース、『今日のトーテミスム』 Claude Lévi-Strauss, Le totémisme aujourd’hui, PUF, 1962, p.105)
労働もまたそのような「個人が自発的に演じうるものではない」ところの社会的行動のひとつである。
だから、「仕事をする」というのもまた、「神に祈る」とか「言語を語る」とか「ひとを愛する」と同じように、「するか、しないか」を自己決定することも、「どうして」そのことをしなければならないのかの理由を合理的なことばで説明することも、私たちにはできない種類の営みなのである。
NEETの問題は、「いいから、とりあえず人間は働いてみるもんだよ。給料はたいしたことないけどね」というおそらく数万年前から人間が(とくにその理由を問うこともなく)慣習的に言い交わしてきたことばを、私たちの時代が「言い渋っている」ことに起因する。
私はそう考えている。
「勉強も仕事も、なんか、やる気がしない」というのは、言い換えると、「『やる』ことの『意味』が私にはよくわからない」ということである。
彼にとって、問題は「意味」なのである。
「意味がわからないことは、やらない」
「自分の能力適性にふさわしい職種と待遇としかるべき敬意が保証されないなら、働きたくない」
これが私たちの時代の「合理的に思考する人」の「病」のかたちである。
NEETというのは、多くの人が考えているのとは逆に、「合理的に思考する人たち」なのである。
彼らの世界は「意味のあること」に満たされていなければならず、彼らが他者ととりむすぶ関係は「等価交換」に限られている。
適正な支出に対する適正な(あるいは支出を超える)リターン。
それ以外の取引形態を彼らは望まないし、そのような取引をする人間の「動機」を想像することができない。
「今は特に学びたいことも、やりたい仕事もない。
家にいれば、とりあえず雨露はしのげて、ご飯は食べられる。
親が生きている限りは、この状態がキープできる見通しである。
親が死んだら、そのときに状況を勘案しつつ、オプティマルな対応策を立案すればよい。」
きわめて合理的である。
ほとんど「ビジネスライク」と言ってもいい。
彼らの盲点は、「学び」というのは「自分が何を学ぼうとしているのかが、よくわからない(だからわかりたい)」という「非-知」に動機づけられるものであること、「仕事」というのが「とりあえず何か余計なものを作りだして、他人に贈る」という「非等価交換」であるということに気づいていないという点である。
いや、気づいていないのではなく、あえて見落としているのである。
なぜなら、彼らの「合理的思考」は、彼らを扶養している親たちの「非合理的な」子どもへの「愛」や「有責感」に依拠しているという事実は「勘定に入れない」でいるからである。
自分は「他者からの贈与」に依拠して生きているが、自分が「他者への贈与」の主体になること(それが「労働」ということの本質である)を拒否する。
「やらずぶったくり」
これは短期的な取引に限って言えば「合理的」な経済行為である。
最低コストの「商品」をできる限り高い価格で売るというのが賢い商取引なら、「ないもの」を商品として差し出し、できるかぎり大きな対価を引き出すというのが最も賢い商取引であることになる。
おおかたの人は誤解しているが、NEETは資本主義社会から「脱落」している人々ではない。
資本主義社会を「追い越して」しまった人々なのである。
あらゆる人間関係を商取引の語法で理解し、「金で買えないものはない」という原理主義思考を幼児期から叩き込まれた人々のうちでさらに「私には別に欲しいものがない」というたいへん正直な人たちが資本主義の名において、論理の経済に従って「何かを金で買うための迂回としての学びと労働」を拒絶するに至ったのである。
だから、NEETの諸君にどれほど資本主義的な経済合理性を論拠に学習することや労働することの肝要であることを説いても、得るところはないだろう。
「勉強しろよ」
「何のために?」
「…就職するために」
「何のために?」
「…稼ぐために」
「何のために?」
「…金があれば、楽ができるじゃないか」
「好きな時間に起きて、好きな時間に飯食って、好きなだけ好きなことができるのを『楽』というのなら、オレはもう楽だよ」
「…」
NEETにむかって学びと労働の必要性を功利的な語法で説くのはだからまるで無意味なことなのである。
それとは違うことばで学びと労働の人間的意味を語ること。
それが喫緊の教育的課題なのであるが、そのような「新しくて、古いことば」の必要性を痛感している教育者は、現代の学校教育の場においてはほとんど発言の機会を与えられていない。
声が大きいのは、「この資格を取れば、就職に有利だ」とか「このスキルがあれば、競争に勝てる」というようなせこいことを言う人間ばかりである。
NEETを生み出しているのは、このような功利的教育観そのものなのである。

投稿者 uchida : 2005年05月19日 09:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/999

このリストは、次のエントリーを参照しています: 資本主義の黄昏:

» 「物ぐさすぎて失敗できなかった男の話」 from Over 40
ハインラインの「愛に時間を」に「物ぐさすぎて失敗できなかった男の話」(The M... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月19日 12:41

» 内田先生のニート考 from どうなってんだよ!
 [http://blog.tatsuru.com/archives/000995.php:title=資本主義の黄昏]はすごい本質をついた意見だと思った。内... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月19日 13:40

» 企ての黄昏 −非-知の夜− from ロリコンファル
[http://blog.tatsuru.com/archives/000995.php:title=内田樹氏のエントリ「資本主義の黄昏」を読んで驚愕――]... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月19日 14:37

» 『頭文字D』 from バカヤマ採掘記
絶対失敗しない『都合のイイ遊び相手の選び方』を姉に教わったことがあります、大学に合格して浮かれていた春のことでしたか。そのときは、そんなもんか?と聞き流してまし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月19日 17:49

» JR西日本よりオーバーラン from 生存適者日記
http://blog.tatsuru.com/archives/000995.php#trackbacks やばいです。 この走りっぷりはどうしたんでしょう。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月19日 21:44

» 仕事はお金じゃない、そしてNEETは合理的 from ヤマピカリャーってなんなん
内田樹の研究室: 資本主義の黄昏 内田さんとこのゼミ生のほぼ全員が仕事ってのはお金じゃなくて、社会的承認を得るための ものって言ってたらしい。 い... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月19日 22:05

» 僧侶言説とは何か −真逆の世界観− from ロリコンファル
>> 私はこの本を熱い気持ちを持ち続けながら書き下ろしました。 それを受けとめて頂く為には、皆さんにはまず「精神的」な事柄に 対して、厳しく、正... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月20日 03:40

» やりたい仕事とか夢とか。 from 比護貴之の進捗
>> 「勉強しろよ」 「何のために?」 「…就職するために」 「何のために?」 「…稼ぐために」 「何のために?」 「…金があれば、楽ができるじゃな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月20日 10:11

» [etc]ニートについての的確な解説 from モーグルとカバとパウダーの日記
内田樹の研究室: 資本主義の黄昏 >> 彼にとって、問題は「意味」なのである。 「意味がわからないことは、やらない」 「自分の能力適性にふさわしい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月20日 18:20

» 働きアリが働く理由と、ニートが働かない理由。 from 真性引き篭もり
ニートとは孤独であり、ニートとは認識不全である。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月20日 23:24

» 抽象的な文章は抽象的に理解出来るか from 数学屋のメガネ
内田樹さんの「2005年05月19日 資本主義の黄昏」というエントリーを読んでいたら、タイトルのような思いが浮かんできた。ここのいくつかのトラックバック先の文章... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月21日 00:28

» 病気っぽい from   J.P.フィールド 暇人日記
 また風邪を引いてしまった。ビッダーズから来る「いろいろもらえる通信」担当のメールにゴールデンウイーク直前に風邪を引いてしまった、などと書いてあってこの人何をし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月21日 04:27

» 目的合理性 from 電網山賊
「内田樹の研究室」5月19日付「資本主義の黄昏」。 http://blog.tatsuru.com/archives/000995.php  サービス残業し... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月21日 23:01

» ニュース逆さ読み(番外2) 欲望が描く自由の未来 from ニュース逆さ読み
今年1月の朝日新聞夕刊・文化面に「自由」をめぐる記事が載った。限界と矛盾があらわになり出した近代的な自由について、哲学、倫理学、社会学などの新世代の専門家が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月22日 00:18

» 利得的思考の敗北 from 魔術師の塔 ブログ
http://blog.tatsuru.com/archives/000995 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月22日 02:16

» 理系と文系 from 鳳天ブログ
私は自ら科学の輩と称するほど理系の者です。それだけに、文系の人々が書いているものを読むと違和感に襲われることがあります。例えば、最近読んだ本に「スピノザの世界」... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月22日 04:44

» 内田樹の研究室: 資本主義の黄昏 from ete:log++
内田樹の研究室: 資本主義の黄昏 del.icio.usにもあげたけどもよかった... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月22日 23:50

» [web]ニートのことはニートに聞こう。 from 嗚呼女子大生活
今話題の内田樹の研究室: 資本主義の黄昏を読みました。 [A] 「労働」とは元来「個人が自発的に演じるものではない」(労働は非合理的)  ↓ ゆえに「仕事」も... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月24日 00:49

» [文芸短信] 枡野浩一氏の職業歌人論に答えて from 怪人ピョートル4世の「わがまま」雑評
◇まず多々失礼にかかわらず対話していただいて感謝。私は傍観者のままできましたが、「物書きの仕事」という言葉遣いから伝わってくる実感について何がしか感じるところは... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月24日 03:44

» 第三項排除に抗すること −他律から自律へ− from ロリコンファル
>> 第三項は、二項対立的関係(相互性)を維持したり、あるいは二項関係が 危機におちいって回復を要求したりするときには、必ず運命的に発生する 社... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月24日 08:48

» 人はなぜ働くのか? from 岡田昇の研究室
内田先生がブログの資本主義の黄昏 というエントリーで、仕事について書かれている。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月24日 20:00

» [労働問題] from -「労働・しごと」について考える- 日々日報
http://blog.tatsuru.com/archives/000995.php 話題の内田先生の記事に対して一点だけ書いてみたい。 労働は本質的にオー... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月24日 23:32

» 金があったらやるもんか from ブログAtoZ
内田樹のブログ内「資本主義の黄昏」の感想。賃金以上に働くことに達成感を感じる事はあるだろうが、賃金を払う方が既に3倍は働くのが当然などと想定しているなかで達成す... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月26日 05:14

» 一匹狼のルサンチマン from 鳥新聞
一匹狼というのは、一見カッコいいようだが、群れから外れたものである。一匹狼に社会不適合者の烙印を押すつもりはない。一人で仕事してるような人も、よく一匹狼を気取っ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月26日 08:52

» 「オーバーアチーブ」と労働依存症 from Over 40
「オーバーアチーブ」について考える。 「資本主義企業における「労働に対する対価と... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月26日 18:29

» [働くこと]薔薇の蕾市民ケーン from 千人印の歩行器(walking gentleman)
このブログに“働くこと”についてのディレクトリーがないですね。別に労働ということで有償行為と限定しなくて、有償、無償を問わず“働く”ということにもっと意識的で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月26日 22:47

» ニート問題などの社会問題と文化 from ひきこもり日記
日本は結局はまだまだ発展途上国でアメリカより歴史の浅い国なのでないかと思う。ニートというイギリスの定義を輸入してきて日本の状況は説明できるものではない。ニートと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月28日 05:28

» [雑談]意味に飢える社会 from ゆめのつばさ。
 つよいしげきが ほしい。まいにちが つまらない。恋愛依存症の背景って、そういうところにあるのかなぁ(単によくわからないだけなのですが)。とりあえずからだをか... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月29日 23:45

» [経済・社会]ニート問題についての備忘録的整理 from ラスカルの備忘録
ニートのカテゴライズに関しては、各種先行研究をフォローしてから論ずべきであるが、当面の備忘録的整理としては、適切なアナウンスがないためにニートになった者(仮に〈... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月30日 00:33

» NEETとは from 24歳の葛藤
自分の考えとNEETの考えはさほど変わらないと気づかされた。 この資本主義の黄昏... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月30日 12:21

» 腹を決めるって事ができずにいる、、 from 月島グローイング日記
内田樹先生のNEET論、友人はやとのサイトで引用されているのを見て原典を拝見したがとても腑に落ちることが多かった。 はやとのサイトは時折深い論考があり、ふむと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月30日 19:57

» 貨幣論? from 冬枯れの街
貨幣論 序論だけで放置していた続き? 前回の話を端的にまとめると、 >『人類の現状においてお金は一つの知的機能であり、その理由によって考察に値する。百万フラ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月30日 22:56

» ニート(NEET、若年無業者)やひきこもりについてみたび論じてみる。 from ひきこもり日記
ニートは労働問題というより経済の問題で社会問題だ、というより人類の歴史の問題だ。という姿勢で私は論じてきたつもりです。他者には分かりにくい書き方だったかもしれな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月31日 09:40

» The Procrastinator from PoMo Memoranda
机に向かって6月末に提出しなければならない2本の論文に取り掛かろうとしているので... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月31日 14:56

» 内田さんのスタンスと矛盾を考える from 数学屋のメガネ
sivadさんからもらったコメントの中に、「内田さんは分析の中にある方向性への誘導を忍ばせている」という指摘があった。僕は、この指摘自体は、それだけで何か善悪の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年06月05日 18:10

» [時事]ニートとか、そのあたりの話 from 九尾のネコ鞭
[http://blog.tatsuru.com/archives/000995.php:title=内田樹の研究室: 資本主義の黄昏]、というエントリーを見つ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年06月12日 00:57

» 三浦つとむさんの構造主義批判 2 from 数学屋のメガネ
三浦つとむさんの『試行』(1968年発行)第26号の論文、「構造主義者の妄想(上)」では、構造主義者たちが行ったマルクス批判を取り上げて、その反批判をしている。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年06月12日 01:00

» NEETは合理的に思考する人たち from 私の日記というか独り言
NEETというのは、多くの人が考えているのとは逆に、「合理的に思考する人たち」なのである。 彼らの世界は「意味のあること」に満たされていなければならず、彼らが他... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年06月13日 10:37

» 『小人さんはどこですか?』   -600g / ± 0g from 日刊バカヤマ採掘記
ああ...よく寝た。 嘘ですよ、ネタですよ? ホントウですってば、ヤだなあ。 いや、でもBLOGに書きたいことがどんどん湧いてきて今ならいくらでも書け... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年06月19日 14:42

» 「ニート急増」に思う from そうなんだ〜blog
学生でもなく、職業訓練もしていない無業者のニートと呼ばれる若者が急増している。私は、ニートは若者だけに限った現象だろうかと疑問視している。もっと高齢者まで広がっ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月03日 12:09

» 『14歳の仕事道』 from 右近の日々是好日。
 こんばんは。今日は玄田有史先生の『14歳の仕事道(しごとみち)』(理論社、2005年)を読んで考えたことを書きたいと思います。  「はじめに」では、見通しが... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月03日 23:25

» イデオロギッシュにニートを撃て from on the ground
ウェブ上でタダで読める文章をまとめた本を、逡巡しつつも結局買ってしまう私は、やはり旧世代の人間ですか。 『知に働けば蔵が建つ』 内田樹 内田さんの本... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月02日 23:48

» [opinion] 内田樹氏のエントリー「不快という貨幣」関連の言説は「俗流若者論」か? from Kawakita on the Web
目次 0.前置き 1.araikenさんのご主張 2.kawakitaの前回のエントリーでの問題提起 3.「贈与」と「労働」は違うこと 4.「労働」とは常にど... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月15日 14:56

» 誤読の原因 from 数学屋のメガネ
内田さんの次の言葉 「自分は「他者からの贈与」に依拠して生きているが、自分が「他者への贈与」の主体になること(それが「労働」ということの本質である)を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月18日 09:36

» 「贈与」の考察 1 from 数学屋のメガネ
内田さんが<「労働」は「贈与」である>と主張している、と誤読する人たちがたくさんいるのだが、これは、「2005年05月19日 資本主義の黄昏」の中の「自分が「他... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月25日 16:59

» 映画「スーパーの女」 from たにも on the web
伊丹十三の映画「スーパーの女」観賞。 こんな時代だったら、商売の道に進むのもいいなと思えたかもなぁ。 こんな商売だったら、達成感もあるんだろうなぁ。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月16日 01:24

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?