BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< またアンケートが来た。 | メイン | ラリー・トーブさんから本が届いた >>

2005年05月03日

憲法記念日なので憲法について

五月三日は憲法記念日であるので、今年も憲法についてひとこと。
今朝の朝日新聞の報道によると、朝日が実施した全国世論調査の結果、「憲法を改正する必要がある」と回答したものが56%(昨年53%)、「改正の必要がない」が33%(35%)。
「自衛隊を巡っては、『存在を明記』と『普通の軍隊とする』を合わせて、憲法改正による位置づけをもとめる意見が七割に達した。」
「ただ、9条をどうするかについて聞くと、『変えない方がよい』(51%)が半数を超える。自衛隊と憲法の整合性を求める反面、平和主義は堅持したい意識がうかがえる。」
と記事にはあった。
私の憲法改正についての意見は『ためらいの倫理学』のときから変らない。
武道を四十年やってきた人間として、「武とは何か?」という本質論についてだけはおそらく憲法調査会のどの委員よりも長く私は考えてきた。
「武」の本質について、私がもっとも得心がゆくのは老子の次のことばである。
「兵は不祥の器にして、君子の器に非ず。已むを得ずして而して之を用うれば、恬淡なるを上と為す。勝って而も美とせず。之を美とする者は、是れ人を殺すことを楽しむなり。夫れ人を殺すことを楽しむ者は、即ち以て、志を天下に得可からず。」(第31章)
ウチダ的に現代語訳すると老子のことばはつぎのようになる。
「軍備は不吉な装備であり、志高い人間の用いるものではない。やむをえず軍備を用いるときはその存在が自己目的化しないことを上策とする。軍事的勝利を得ることはすこしも喜ばしいことではない。軍事的勝利を喜ぶ人間は、いわば殺人を快とする人間である。殺人を快とする者が国際社会においてその企図についての支持者を得ることはありえない。」

いま改憲と九条二項の廃絶をもとめる人々が口々に唱えるのは「ふつうの国になりたい」ということばである。
議論の始点が違うのである。
老子は「君子」たるべき道について論じている。
政論家たちは「凡人」たるべき道(そんなものがあるのか?)について論じている。
繰り返し申し上げているように、私はナショナリストである。
ナショナリストである私の願いは、日本のアイデンティティの確立である。
それは言い換えれば、日本が人類の歴史に「他のどの国を以ても代えることのできない唯一無二の国」として記憶されることである。
その「余人を以ては代替できないような国のあり方」を目指すのが真の愛国心であると考える私からすると、「ふつうの国」(それは「いくらでも替えが効くので、存在しなくなっても誰も惜しまないし、誰の記憶にも残らない国」のことだ)になりたいという人々の気持ちは理解の外である。
「君子国」たること、それだけが私が自国に願っていることであり、私の望みはそれに尽きる。
私が自国のさまざまな制度文物にいちいちうるさく文句をつけるのは、「それが『君子的』ではない」と思うからである。
「ふつうの国」になってほしくてそんなことを申し上げているのではない。
「あなたの人生の望みはなんですか?」と訊かれて、「ほかの人と見分けのつかない人間になることです」と回答するというオプションはある種の「トラウマ」を抱えた人間にはありがちなことだ。
私はそのような病者については、その選択を責めようとは思わない。
しかし、一国の為政者や「選良」を自負している人間が「アイデンティティの喪失によるトラウマの解消」を政治目的に掲げて、それを白昼堂々と論じている図は私の常識を超えた風景である。
私は日本が「唯一無二の国」になってほしいと望んでいる。
改憲論者たちの多くは、日本が「どこにでもある国」になることを望んでいる。
この最初の「ボタンの掛け違え」がおそらくそのあとのすべての議論のすれ違いを生み出している。

私が『ためらいの倫理学』以来申し上げているのは、兵は「不祥の器」であるが、「已むを得ずして之を用うる」機会はつねに潜在するから、それを持たずにいることはできないということである。
しかし、それは軍事的に優位に立ったり、軍事的に勝利したりすることが「よいこと」だからではない。
それはあくまで「不祥」の、すなわち「二度と起きてはならない」災厄として観念されなければならない。
二度と起きてはならない事況に備えて、できるだけ使わずに済ませたい軍事力を整備すること。
この矛盾に引き裂かれてあることが「兵」の常態である。
勝たなければならないが勝つことを欲望してはならないという背理のうちに立ちつくすのが老子以来の「兵の王道」なのである。

私は憲法九条と自衛隊の「併存」という「ねじれ」を「歴史上もっともみごとな政治的妥協のひとつ」だと考えている。
憲法九条と自衛隊の「矛盾」が期せずして(「期せずして」というべきだろう)、戦後日本に「兵にかかわる老子的背理」を生きることを強いた。
その「ねじれ」続いた戦後55年間、わが国の兵は一度も海外で人を殺傷することがなく、わが国の領土が他国軍によって侵略され、国民が殺傷されるという不幸も訪れなかった。
その相対的な平和状態こそがわが国の戦後の驚異的な復興・経済成長と隣国との相対的に安定した外交関係を担保してきた。私はそう理解している。
この歴史的事実そのものが「老子的背理」のみごとな実践例ではないのか。

その上で、「自衛隊と憲法の不整合を解消したい」と主張する人々に訊ねたい。
「憲法と自衛隊の存在が不整合であることから得られた利益」(これは歴史的事実としてすでに証明されている)よりも「整合的であることから得られる利益」(これは非現実にかかわることであるので、予測を語るしかない)が大であるとする論拠を教えて頂きたい。
もし、1950年のマッカーサーによる警察予備隊創設の時に、「これは憲法九条と整合しないから、九条を廃止する」という決定が下されて、「ねじれ」があらかじめ解消された状態でその後の55年が経過した場合、日本はいまよりもずっとよい状態になっていたということについて、どなたかがSF的ではあれ説得力のある論証をしている場合に限り、「整合性がない」という表現は批評的価値を持つだろう。
だが、私の知る限り、「憲法と自衛隊の整合の必要」についてうるさく主張する人間の中に、整合性を得ることが「戦後60年間の日本の平和と繁栄」以上の何をもたらしたはずなのかを「条件法過去形」で推測し、これから先の日本にどのような素晴らしいことをもたらすのかを「未来形」で予言する作業に知的資源を投資する気のある人はどこにも見あたらない。
彼らはただ呪文のように「整合性がないのは、おかしい」というだけである。
呪文が呪文としてある種の政治的力をもつことを私は認める。
けれど、呪文を科学的言説めかして語るのはフェアなふるまいではない。
「整合性がない」というのは呪文である。
その主張にどのような正統性があるのかを聞く人に論証する気がないままに垂れ流されていることばは、どのように「整合的な」かたちをとっていても本質的には「呪文」である。
私はそのようなことばに耳を貸す習慣はない。


投稿者 uchida : 2005年05月03日 11:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/965

このリストは、次のエントリーを参照しています: 憲法記念日なので憲法について:

» 1年前の今日 from KAI_REPORT
ゴールデンウィーク中の、誰もいないオフィスで仕事をするのが、一番捗ります。 そう言えば1年前も同じことを書いていたと思って、読み返してみました。確かこのエントリ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月03日 16:46

» 憲法記念日 from Annex of BENLI
 今日は、憲法記念日です。 近年は、憲法記念日が近づくと、毎年のように憲法改正の是非が話題になります。私の元上司には改憲派もいたりするのですが、とはいえ、「あな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月03日 17:48

» 憲法記念日 from おおやにき
なので憲法の話題はスルー(あまのじゃく)。え〜読んだなかで一番面白かったのは内田... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月03日 22:30

» 憲法改正論あれこれ from 福田::漂泊言論
今日は憲法記念日ということで各所で憲法改正をめぐる集会が開かれました。ブログでも憲法改正に言及したエントリが目立ちます。憲法改正論議は今後もさらに白熱化していく... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月03日 23:13

» 改憲の是非 from 数学屋のメガネ
昨日は憲法記念日ということもあり、憲法について書かれたエントリーが多かったようだ。内田樹さんも「憲法記念日なので憲法について」という文章を書いていた。内田さんは... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月04日 10:02

» 『日本国憲法の問題点』小室直樹著 読んだ。 from ようちゃん2号の大部屋暮らし
「憲法って何?」っていうことが理解されないまま、改憲、護憲っていう議論が出るの、やっぱりおかしいと思う。「憲法が世の中の実際に合わない」のは、「それは嘘っこ」で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月04日 11:11

» 憲法改正にはまだ早い from Silly Talk
 3日の憲法記念日に憲法改正に関して考えてみた。憲法は改正すべきなのだろうか?こ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月08日 03:11

» 「火垂るの墓」を観て from 愚者千慮必有一得
最近映画好きなけいぞうです。 昨晩は、「火垂るの墓」を観ました。 火垂(ほた)るの墓ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る あまりのリアルさ、凄惨... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月11日 21:25

» 矛盾は悪か from 明日は明日のホラを吹く-Tomorrow, I'll give you another big talk-
「矛盾」というのは多くの場合ヒトが望んで積極的に作るものではないからこそ図らずも生じてしまっているとすればそれは実に「現実」的な存在であり事前にヒトに見えて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年07月04日 00:39

» 『週刊大衆』の共謀罪批判。 from 右近の日々是好日。
 7月4日発売の『週刊大衆7月18日号』(双葉社)の211ページから、「成立目前!「世紀の悪法」共謀罪という末世的恐怖」と題する記事が掲載されています。内容は以... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年07月05日 10:18

» 国民不在で改憲議論、のん気に構えてはいられない from 真田しゅうりんの日記帳
●憲法調査会報告「知らない」8割=7割が論議継続求める〓時事世論調査  時事通信社が17日まとめた憲法改正に関する世論調査結果によると、今年4月に衆・参両... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年07月17日 21:02

» 9月分の3 from 真夜中の国語辞典語彙blog
ちょうへいせい【徴兵制】〈名詞〉たとえ改憲の本文中になかろうと、数でなんでも押し通せる議席を確保している以上、好きなだけ必要な法律を作ると考えるのが当たり前。今... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月24日 19:51

» まずは総選挙後の動きから from 真夜中の国語辞典blog版
共同通信 - 国民投票法は「暗黒立法」 メディア問題でシンポ 共同通信 - 「自衛軍保持」を明記 自民党改憲草案1次案 産経新聞 - 次期衆院選の共産「空白... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月24日 11:21

» 最終話 ヒーロー見参! from 真理<戦略<好き嫌い
「すっきりした理路によって物事を語りたいと望むなら理想的なルール内での架空のお話くらいしか選択肢がない」と結論付けた19歳の夜以来、私にとって正しさを競う舞台と... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月29日 14:18

» 韓国のカップルは大変です。 from sima2*blog
 [ソウル 2日 ロイター] 韓国では恋人達のための記念日が最高で21日もあり、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月03日 17:58

» refinance from refinance
the best refinance mortgage online. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月26日 20:57

» bad credit home loans from bad credit home loans
the best bad credit home loans online. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 10:34

コメント

昔から親が子供を躾る一番の言葉は「ウソをつくな」です。

子供もそう言う親のつく「ウソ」を見て育ちます。而して、戦後ニッポン国の新憲法の下で育ったこども達が、国家上げての「自衛隊は軍隊ではないと言うウソ」を鑑とする倫理観を心象世界に持ち合わせているというのも不可思議な話しではありません。

「ねじれ」がそのまま心象世界の「ねじれ」、すなわち多くの公の立場にある今の大人たちの「倫理観の欠如」を産んできたとすれば、それこそ「戦後60年間の日本の平和と繁栄」なる利益を打ち消してあまりある国家的不利益以外何者でもないと考えます。

投稿者 KAI [TypeKey Profile Page] : 2005年05月03日 14:42

「自衛隊と憲法の不整合」の解消といえば、十数年前までは「違憲である自衛隊はなくせ」という意味だったはずです。「自衛隊を軍隊と認めるように憲法を改正する」というのは、前者のような批判に対する反論、というか揚げ足取り、カウンターパンチのようなものと考えます。
 もともと「不整合性の解消」自体には護憲・改憲の意味はありませんよね。だから「整合性がない」というのは呪文だ、と例えられた部分に納得です。とすれば先に呪文を唱えていたのは護憲派と呼ばれていた人達ですから、護憲派は同じ呪文を最近になって「呪文返し」として唱えはじめただけにしか見えません。だから改憲派だけを責めるのはフェアではないです。ここはもう一言が欲しかったので、ちょっと残念です。
 「不整合性の解消」という呪文の効果が、護憲から改憲へ意味の解釈が変化してきたことに、改めて気付かされました。世論の変化と無関係ではないのでしょうね。

投稿者 M [TypeKey Profile Page] : 2005年05月03日 17:14

たまたま「トラウマ」を抱えていないポジションにいる人が、上位の立場から「トラウマ」を抱えている人たちを揶揄したら、そういう人たちのトラウマをより一層深くして、ショービニズムの方へ押しやるだけではないでしょうか。

そんなことをしても決して彼らの共感は得られないでしょう。
揶揄したり、批判したりするのではなく、彼らのトラウマを解消してあげることが、彼らをショービニズムから解放する道なんじゃないですか。

ある人が、「つくる会」教科書について、「自分は初めて日本人として誇りを持てる教科書に出会った」といっていました。

憲法九条にも、経済大国にも、自衛隊の軍事力にも誇りを持てず、ただ「つくる会」教科書のショービニズムというか、植民地主義に初めて誇りを持ったという人が「つくる会」を支持しているのです。

そういう人たちの「自分は誇りを持てない人間である」という「トラウマ」を解消してあげない限り、日本がショービニズムや植民地主義から解放されることはないのではないでしょうか。

しかも、今の日本というのは、そういう「トラウマ」を抱えている人を量産するシステムになってしまっているわけです。

大学(受験)もその「トラウマ量産システム」の重要な一環をになっています。いや「トラウマ量産システム」の中核といってもよいかもしれません。

日本からショービニズム・植民地主義を無くそうと思う人は、既にトラウマを抱えてしまった人のトラウマを解消する努力をするのと同時に、新たにトラウマが作られるのを防止していかなければならないと思います。

投稿者 matsuba [TypeKey Profile Page] : 2005年05月03日 18:35

KAIさんは失礼ながら「全ての国家と国民の関係はねじれている」(byウチダタツル)ことを失念されているようですな。
あるいは日本の公僕は全世界でもトップクラスの破廉恥漢ぞろいである確信がおありなのか…どちらにせよにわかには首肯しかねる言説です。

投稿者 mamodolian [TypeKey Profile Page] : 2005年05月03日 21:38

「兵にかかわる老子的背理」のみごとな実践例-それはそれで結構なことではありますが、整合性を持った上で達成できれば、これに勝るものもございますまい。憲法という外部に背理の本を求めるのではなく、あくまでも自身の内部に秘めるのがよろしいかと。君子とはそのような存在ではございませぬか。

投稿者 Hebereke_Daioh [TypeKey Profile Page] : 2005年05月04日 10:58

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?