BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< シリウスを見よ | メイン | サンヘドリンの法理 >>

2005年03月30日

階層化=大衆社会の到来

このところずっと階層化と教育の問題ばかり考えている。
遅まきながら、苅谷剛彦『階層化日本と教育危機-不平等再生産から意欲格差社会へ-』(有信堂)を読了。
四年前の本なので、この中で苅谷さんが統計的に証明してみせた「子どもの学力は母親の学歴と相関する」という命題は広く人口に膾炙したから、どなたもご存じだろう。
しかし、それだけにとどまらない多くの重要な指摘がここではなされており、教育を考える上でのランドマークとして残る本だと私は思う。
この本のいちばん重要な命題をひとつだけ挙げるならば、それは「日本は学歴社会ではない」ということである。
私たちの社会は「学歴によって序列化されている社会」ではなく、「学歴以前のカテゴリカルな条件づけによってあらかじめ序列化されている社会」であって、学歴における差別化は、すでに制度化している差別化のひとつの徴候にすぎない。
というのが苅谷さんの主張である。
かつて『ひょっこりひょうたん島』で、ドンガバチョがエレベーターの停止階表示の「針」を止めて、エレベーター「本体」を止めようとするという大技をくりだしたことがあったが、学歴社会の是正を通じてフェアな能力主義社会の実現を求めることは、それに似ている(『ひょうたん島』ではもちろんドンガバチョはエレベーターを止めてしまうのだが、そんな奇跡は「ひょうたん島」世界でしか起こらない)。
「メリトクラシーが、個人の業績、すなわちメリットを基準に社会的選抜を行い、なおかつ出身階層などの属性要因の影響を受けずに社会的平等をもたらすしくみであるとすれば、メリットの構成要素である能力も努力も、出身階層やその他の属性要因にかかわりなく分布していることが前提となる。」(147頁)
ところがこの前提は間違っていた。
メリットの構成要素のうち、とりわけ「努力する能力」はあきらかに出身階層の属性要因の影響を受けるからである。

わが兄上はかつてこううそぶいたことがある。
「『勉強ができる』というのは『頭がいい』という意味ではない。勉強のような『くだらないこと』に限りあるリソースを惜しみなく注ぎ込むことが『できる』という、一種の『狂気』に罹患していることを言うにすぎない。タツル、お前は気が狂っているだけなのだよ」
そう言って兄は受験勉強に孜々としていそしむ私に哀れみのまなざしを向けたことがあった(今にして思えばたいへん先駆的な洞察であったのだが、この洞察がもっぱら受験生であったご自身の学習時間の少なさを弁明するために功利的に用いられていたことが惜しまれる)。
しかし、目的はどうあれ、兄上の指摘はただしく「学歴社会」における「勉強が出来る」という語の語義を言い当てていた。

メリトクラシーというのは、努力するものに報いる制度である。
それは「誰でもその気になれば努力することができる」ということを前提としている。
しかし、「その気になれば」というところに落とし穴がある。
というのは、世の中には、「その気になれる人間」と「その気になれない人間」がおり、この差異は個人の資質というよりも、社会的条件(階層差)に深くリンクしているからである。

「総合的な学習」や「体験学習」は学力よりも創意や自発性を重視したカリキュラムである。
これが教育的に「コレクト」であるとされたのは、学力には「生得的・後天的なばらつき」があるが、創意や自発性はすべての子どものうちに等しく分配されているということを人々が信じていたからである。
しかし、いったい何を根拠にして、創意や自発性や、自然体験や職業体験を通じて「学ぶ喜び」を見いだす能力が「すべての子どものうちに等しく分配されている」ということを人々は信じられたのか。
教室での「勉強」以外の学習においても、学習意欲の高い子どもと低い子どもの差は歴然と存在する。
そして、しばしば、その差は学力以上に既決的である。
例えば、「本を読んで自分の感想を自由に書く」というのと「漢字を100個覚える」というのでは、何となく前者の方が自由度の高い、学力差のつかない教育法であるような感じがする。
しかし、家庭内に語彙が豊かで、修辞や論理的なプレゼンテーションにすぐれた人間が何人もいる子どもと、そうでない子どもの間では「自分の気持ちを自由に表現する」ことにおいてすでに決定的な差が存在するだろう。
親の一方が英語話者で、家では英語と日本語をバイリンガルにしゃべっているという子どもが「英語で読み書きする」教科でハイスコアを取るのを見て、たいていの人は「それはあまりフェアな競争ではない」というふうに考える。
しかし、親が「すぐれた日本語話者」である子どもが「日本語で読み書きする」教科でハイスコアを取ることを「フェアな競争ではない」と考える人はほとんどいない。
それは「日本人は誰でもみんな同じように日本語が使える」とみんなが信じているからである(少し考えれば、そんなはずないことにすぐ気づくはずなのに)。
同じように、「努力さえすれば報われる」という物言いが通るのは、「すべての子どもには『努力する能力』が等しく備わっている」と人々が信じているからである。

苅谷さんは「学習意欲」(インセンティヴ)そのものが学習に先立ってすでに「階層化」(ディヴァイド)していることを指摘している。
「インセンティヴへの反応において、社会階層による差異が拡大しているのである。インセンティヴへの反応の違いが教育における不平等、さらにはその帰結としての社会における不平等を拡大するしくみ-インセンティヴ・ディバイドの作動である。」(210頁)
この「意欲格差」(インセンティヴ・ディバイド)は短期的に加速している。
この階層分化が急速に進んでいるのは、「インセンティヴが見えにくくなることは、学校での成功から降りてしまう、相対的に階層の低いグループの子どもたちにとって、あえて降りることが自己の有能感を高めるはたらきをももつようになっている」(210頁)からである。
不思議なことだが、「勉強しない」という事実から自己有能感を得る人間が増えているのである。
これについては苅谷さんが恐ろしい統計を示している。
私たちは「勉強ができない」子どもは「自分は人よりすぐれたところがある」というふうになかなか考えることができないだろうと推測する。
ところが統計は微妙な経年変化を示している。
もちろん、いまでも勉強ができない子どもが有能感をもつことは少ない。
しかし、階層間では有意な差が生じている。
「相対的に出身階層の低い生徒たちにとってのみ、『将来のことを考えるより今を楽しみたい』と思うほど、『自分は人よりすぐれたところがある』という〈自信〉が強まるのである。同様に、(…)社会階層の下位グループの場合にのみ、『あくせく勉強してよい学校やよい会社に入っても将来の生活にたいした違いはない』と思う生徒(成功物語・否定)ほど、『自分は人よりすぐれたところがある』と思うようになることがわかる。」(198頁)
つまり、「現在の享楽を志向し、学校を通した成功物語を否定する-すなわち業績主義的価値観から離脱することが社会階層の相対的に低い生徒たちにとっては〈自信〉を高めることにつながるのである。」(199頁)

苅谷さんは97年の統計に表われたこのような「ねじれ」は1979年段階では見られない点を指摘している。
階層間で自己有能感形成のメカニズムに差異が生じたのは、ごく最近の現象なのであり、それは強化されつつ進行しているのである。
そこから導かれる暗澹たる結論は次のようなものである。
「結論を先取りすれば、意欲をもつものともたざる者、努力を続ける者と避ける者、自ら学ぼうとする者と学びから降りる者との二極分化の進行であり、さらに問題と思われるのは、降りた者たちを自己満足・自己肯定へと誘うメカニズムの作動である。」(211頁)

どうして、「学びから降りる」ことが自己満足や自己肯定に結びつくのか、その理路はわかりにくい。
けれども、このような状況は決して「いまはじめて」起きたことではないように思われる。
私は苅谷さんが指摘したのと似た状況を記述したテクストを読んだ記憶がある。
それは今から75年前にスペインの哲学者が書いた『大衆の反逆』という書物である。
この本について私が書いた解説の一部をそのまま引用しておこう。

思想家たちは、「邪悪な人間」と「バカな人間」のどちらを優先的に憎むかによって、二つのカテゴリーに分けることができる。「バカ」を「悪人」よりも憎むタイプの思想家たち(ニーチェ、ハイデガー、ポパー、フーコー)の系列にオルテガも間違いなく属している。
アナトール・フランスの「愚か者は邪悪な人間よりも始末が悪い」という金言を引いたあと、オルテガはこう続けている。「邪悪な人間はときどき邪悪でなくなるが、愚か者は死ぬまで治らないからだ。」
『大衆の反逆』は「古典」がつねにそうであるように、具体的な経験と観察に深く根ざしている。オルテガはひたすら怒る。彼が怒るのは、「現代大衆社会」という抽象概念に対してではない。彼が投宿するホテル、通っている劇場、休暇をすごすバカンス先を「いっぱい」にして、オルテガの快適な生活を妨害している生身の「大衆」に対してである。
オルテガは「大衆」をこう定義する。
「大衆とは、自分が『みんなと同じ』だと感ずることに、いっこうに苦痛を覚えず、他人と自分が同一であると感じてかえっていい気持ちになる、そのような人々全部である。」
この言葉遣いは一見するとニーチェの「畜群論」によく似ている。しかし、両者のあいだには、決定的な違いがあると私は思う。
オルテガは「自分以外のいかなる権威にもみずから訴えかける習慣をもたず」、「ありのままで満足している」ことを「大衆」の条件とした。オルテガ的「大衆」は、自分が「知的に完全である」と思い上がり、「自分の外にあるものの必要性を感じない」ままに深い満足のうちに自己閉塞している。これはニーチェが彼の「貴族」を描写した言葉とほとんど変わらない。つまり、ニーチェにおいて「貴族」の特権であった「勝ち誇った自己肯定」が社会全体に蔓延した状態、それが、オルテガの「大衆社会」なのである。(現に、『大衆の反逆』の刊行の一年後に、ニーチェの「貴族主義」を看板に掲げた20世紀最悪の「大衆運動」がドイツで政権の座に就くことになる)。

オルテガの大衆社会論を苅谷さんの本を読んだあと読むと、なんだか背筋が寒くなってくる。
私たちは疾くから自分たちのいるのは「大衆社会」だと思っていた。
しかし、もしかすると私たちは「見通しが甘かった」のかもしれない。
オルテガやニーチェが絶望的な筆致で記述した「大衆社会」は日本では「これから」始まるのかも知れない。

投稿者 uchida : 2005年03月30日 17:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/884

このリストは、次のエントリーを参照しています: 階層化=大衆社会の到来:

» 「降りる」ヒト、自称「中道」のヒト from on the ground
「階層化=大衆社会の到来」から。階層間で自己有能感形成のメカニズムに差異が生じたのは、ごく最近の現象なのであり、それは強化されつつ進行しているのである。そこから... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月30日 20:23

» 極私的脳戸栞日録/2005-03-30 from PukiWiki/TrackBack 0.2
30日の極私的脳戸栞 † 「階層化=大衆社会の到来」(内田 樹の研究室)。 苅谷剛彦氏の研究の話は以前与太でとりあげたので、ここでは触れない。で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月30日 21:50

» 民族における非知的な先駆的了解 −日本の夜明け− from ロリコンファル
内田樹先生の「階層化=大衆社会の到来」というエントリがとても面白い。 [http://blog.tatsuru.com/archives/000880.... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月30日 22:53

» 内田先生、わたしたちにも助言をください。 from 音と言葉のアンテナ
わたしは、全国に約600万人いるといわれる少数派の一人です。わたしたちはしばしば [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月30日 23:47

» 仏壇に供えたメロンは腐っているのか from 鵜の巣断崖「鳥沙汰」
内田先生のblog「階層化=大衆社会の到来」を読んで、へえ、なるほどなあ、と頷きながら読んでいると、TBが撃たれてあって、kagamiさんのblogからのものだ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月31日 04:15

» [blog]オレ様大衆社会の到来? from Moleskin Diary
内田樹の研究室: 階層化=大衆社会の到来「結論を先取りすれば、意欲をもつものともたざる者、努力を続ける者と避ける者、自ら学ぼうとする者と学びから降りる者... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月31日 10:45

» [遊ぶ編]内田樹研究室 from 千人印の歩行器(walking gentleman)
◆どうして「学ぶから降りる」ことが自己満足や自己肯定に結びつくのかその理路がわからないと、苅谷剛彦『階層化日本と教育危機-不平等再生産から意欲格差社会へ-』(有... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月31日 11:48

» 超読むべきエントリー from 好むと好まざるとにかかわらず
動物化したジュニア世代がセカイのおわりでアイをさけぶ階層化=大衆社会の到来おもろい。つーかネタ元の本も読んでみようかな。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月31日 12:45

» 大衆社会という奔流について from 冬枯れの街
内田教授の「階層化=大衆社会の到来」をまずはお読みください。 このブログでもたびたび照覧させて頂いている刈谷教授の「インセンティブディバイド」に関する分析が出... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月31日 23:24

» [社会」「内田樹の研究室」からのメモ1 from 研究メモ
「階層化=大衆社会の到来」 http://blog.tatsuru.com/archives/000880.php >> -「現在の享楽を志向し、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月01日 02:18

» [edu] カテゴリー的思考への不信感 from gachapinfanのスクラップブック
ウチダ先生が話の種にした苅谷剛彦教授の議論について id:miyatake_gaiko:20050331 >>  直感的にはそんな気もする。  しか... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月02日 00:39

» パンドラの箱がひーらいた from 生存適者日記
すいませんすいません。また絡みます。我ながら粘着ですが。。 内田樹氏のこのエントリ『階層化=大衆社会の到来』 http://blog.tatsuru.com/a... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月02日 01:24

» 貧乏人が金持ちに成り上がる確率 from 似非ブログ
階層化=大衆社会の到来 努力する能力 なんかを朝から読んだのでちょっと考えてみる。 まあ、金持ちと貧乏人が2極分化されるというされるという話みたいだけど、書い... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月02日 13:24

» NHK「日本の、これから」は逆啓蒙電波だ from R30::マーケティング社会時評
 パーパの死んだ話とか、弾道先生が少し柔らかくなってきた話とか、書きたいことはいろいろあるんだがオチを考えるとうまく書けない。なんだかお笑い芸人みたいになってき [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月04日 11:40

» 地盤沈下に困惑する from better days
[続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月05日 11:18

» バカは悪より始末が悪い from ニート・ひきこもり・失業 ポータルネット
久しぶりに「激しく同意」してしまったエントリを発見した。 内田樹の研究室「階層化=大衆社会の到来」 人間には生まれつきや後天的な身体的・精神的能力の差はある... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月05日 20:52

» 希望格差社会? from 成長のキロク。
なんか最近BLOG巡りをしてると興味惹かれる記事によくぶつかる気がする。タイトルに「希望格差社会」なんて書いてますが、まだ本自体は読めてません。母さん、こんな息... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月06日 02:10

» 自己肯定? from 祭りの戦士
 内田樹の研究室 『階層化=大衆化の到来』 を引き続き読んでみた。読んでみたら、僕の前のエントリーで取り上げた『ニーチェとオルテガ 「貴族」と市民」』がどんな脈... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月07日 01:43

» マスメディアのカラクリ from FIFTH EDITION
500番組のPCテレビ開始 R30さんとこのお話や、その他、こないだのNHKの「日本の、これから」の感想を述べている ブログ、内田先生のブログを読んで、このP... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月07日 04:18

» 意欲格差について思うこと from インターネット・キラーアプリ研究所
「自分に向いている、自分の本当に好きな仕事を見つける」ことについて、インターネットが手伝えることは何でしょうか? [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月07日 12:01

» 価値観の軽薄化 ----- 個人の社会的責任 ----- from 考える葦のブログ
悲惨な事件が続く中で、我々はこんな事件があったこともきっと忘れてしまう。 でも、この事件は偶然だったのか? 危機は去ったのか? ボクはそうは思いません。 こ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月08日 09:35

» 階層化=大衆社会の到来 from モモメモ
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/884 あー。おもしろいなぁ。 ここまで論理的且つ的確に説明でき... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月08日 12:23

» ライブドア美人秘書子持ち疑惑 from NAM's Chronicle
 この間、NHKで「格差社会」の特集を放送してた。今話題をさらっているホリエモン [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月11日 00:21

» URL MEMO from PukiWiki/TrackBack 0.1
研究関係 † ↑生体 † ↑【ISSCCプレビュー】「神経−半導体インタフェース」,ドイツMax Pla... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月16日 17:33

» 大学における「学び」の活性化 from 情報教育研究室日誌
本学に,昨年「21世紀教育創造センター」が設置された。「21世紀」「教育創造」あ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月20日 00:23

» 知の力:1 「教養がある」ということ。そして教育とは from 徒然なるままに時間のあるときにPCに向かひて
先日、相方と法律の話になった。わたしは法律は素人だが、相方は法律はエキスパートといってもよい。 日本の大学の学位はもちろん、ドイツの大学ふたつでそれぞれヨー... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月20日 15:14

» 電話勧誘 from 徒然なるままに時間のあるときにPCに向かひて
まあ、玄関にあんな張り紙(A4)を貼る位だから(ちなみに昨日集荷にきてくれた郵便局のおじさんも「私は『お前ではなし』じゃないですかね?」と反応してくれてた。洒落... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月20日 15:20

» 「やれば出来る」って大嫌い! from 徒然なるままに時間のあるときにPCに向かひて
「やれば出来る」 首相、所信表明で済美高校歌を引用 (朝日新聞) - goo ニュース というわけで、何か盛り込まないと気がすまない首相が高校野球の優勝校の校... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月20日 15:26

» 教育について考えてみる from 徒然なるままに時間のあるときにPCに向かひて
わたしが行きつけている二つのブログで「ゆとり教育」について論じていた。 片方にはコメントをつけたのだけれど、自分でもう一度ゆっくり考えてまとめてみようと思う。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月20日 15:28

» 娘は都立高にいれるぞ!(って何年後だよ) from 徒然なるままに時間のあるときにPCに向かひて
わたしが以前、教育について考えてみるで私見を示した方向に、都の教育委員会が決断してくれました。 都立校新教科に「伝統・文化」…能や狂言、茶道と華道 (読売新... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月21日 11:46

» 「現実肯定」社会の行方 from こころ世代のテンノーゲーム
内田樹氏のブログで、「現実肯定」社会への危惧が書かれているのを読んだとき、私は特別に驚きはしなかった。 なぜならそれは、私の言うところのサイレントテロと意を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月21日 13:43

» 新・五輪書「戦わなければ負けない」の自己肯定 from Over 40
「内田樹の研究室: 階層化=大衆社会の到来」を読み直す。 内田先生が引用する「階... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月24日 16:12

» 読みとりの違い(誤読)について考える 8 from 数学屋のメガネ
araikenさんの「センセー、やっぱり違うと思います! その2」というエントリーで自分の文章が肯定的に引用されていたので、やはり考えていることにそれほどの違い... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月27日 11:02

» センセー、やっぱり違うと思います! その3 from 祭りの戦士
 もうひとつ458masayaさんが引用していた内田氏の言葉をそのまま引いておきましょう。内田氏のマジシャンのような詐術のお手並みががここに現れているからです。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月28日 04:12

» マリリン・マンソン VS ニーチェ 第一戦 2003.6.X 初出 from 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌
いきなり ROCK IS DEAD ! GOD IS DEAD ! GOD IN... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年07月16日 16:19

» コンビニの階層化 from 言語学研究室日誌
昨日の総走行距離350kmを超すドライブでいくつか発見したことがありました。まず、郊外の寂れた地域になればなるほど、コンビニはローソンが圧倒的に多くなり、その次... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年07月20日 07:22

» 心と体と人間と動物、そして制度 from on the ground
俗流若者論ケースファイル75・宮崎美紀子&三浦展&香山リカ@新・後藤和智事務所 〜若者報道から見た日本〜 私はこのブログを割合最近知ったのだが、筆者の方は... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月26日 14:35

» 意欲格差・希望格差の復習,問題の概観 from Rock strikes me blind.
ニート論の潮流にある意欲格差・希望格差は”正しい” 内藤朝雄氏は共著ISBN:4334033377:titleで,ニート論はヴァーチャル,脱自然,ネット社会,... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月24日 22:37

» 格差社会 その1 from よよよ
 数年前から『階層化日本と教育危機-不平等再生産から意欲格差社会へ-』、『希望格差社会』、『不平等社会』等々の書籍で格差社会について論じられてきた。それが、よう... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月10日 00:31

» 「ぼくは勉強ができない」なんて、なんと恥ずかしいことだ! Vol. 2 from 日常のコギト
ということで、昨夜の続き。 自分で前の文章を読み返してみたのであるが、かなり論として曖昧な部分もある。 特に気になったのは、「たかが2人から『できません... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月22日 12:39

» 処世術、再生産 from Rock strikes me blind.
とりあえずの処世術 欲望論パースペクティブ - まなざしの快楽 自由は平等と両立するのか - 永田俊哉ドットコム 俺らが今を生きていく上では、これらの指摘はそ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月03日 02:21

コメント

こんにちは。2番手進学校の高校教員です。
 内田先生をはじめとする(たぶん)少数の人たちが恐れる傾向を助長するのが、今の高校教員ですよ。
 努力しない子、できない子の存在を肯定的に評価することが良い先生だと思いこんでいる節があります。理由は簡単、その方が生徒から好かれて、自分の評価が上がると思っているからです。実際、管理職(やそれ以上の)レベルの評価だってそうですし、自分も「ラク」できますからね。また、よほど思慮深い子でない限り、生徒はコロリと騙されます。親はもちろん。それで、生徒は大学に進学して教員になり、つまり再生産し、この傾向は今後ますます助長されることになります。
 そもそも先生の書かれた文章を自分の身に引き寄せて正しく読解できる高校教員の割合は、きっと少ないですよ。問題が全く問題視されないのが現状だと思いますよ。

投稿者 ほりけい [TypeKey Profile Page] : 2005年03月31日 23:06

はじめまして。この日記に言及させていただきましたが、うまくトラックバックできないようで、こちらに残しておきます。
http://d.hatena.ne.jp/snusmumrik/20050404

投稿者 snusmumrik [TypeKey Profile Page] : 2005年04月05日 20:24

同様記事をたくさん書いてきたので、荒らしのようにTBを送ってしまい、申し訳ございませんでした。ご一読いただければ幸いです。

階層について、体系的に記事にしていませんでしたが、改めて考えなくては、と思っています。
「愚か者を悪人より憎む」一人ですが、いくら日本語を習うことの大切さを訴えても、みな、日本語は「自然に会得する」ものと考えていて、英語に走る者ばかりです。日本語を会得した先にある「思索能力」について考えていない。

また、努力を厭うものについても同意します。個人的には、昔から努力を厭う人々を嫌いでしたが(ちょうどそういう人たちが「かっこいい」とされてきた時代でした)なぜ努力を厭うものがスマートであるのか、さっぱりわかりません。優雅に泳ぐ白鳥だって、水面下で水かきは動いている。そんな簡単なことを分からない人々が増えたということでしょうか?
だから私は「身を立て名をあげやよ励めよ」という、「仰げば尊し」の二番の一節が好きです。

大衆については、特にブログが氾濫するようになってから、危機感を強めています。「バスに乗り遅れるな」の人々が多すぎるのです。寒気がします。

投稿者 ぶんだば [TypeKey Profile Page] : 2005年04月21日 12:03

内田先生はじめまして。おもしろいもので、小さな時から勉強できた方(和田秀樹さんとか、刈谷さんなど)はゆとり教育否定論で、小さな時は勉強が苦手だったが、ある時期急に伸びた人は安藤忠雄さんとか、ゆとり教育論者です。おそらく受験に勝ち抜いた余韻で生きる人と、受験の負け組でそこからはい上がった伸びしろ的人生の価値観が反映しているかも知れません。なおちょうど格差社会問題、朝まで生テレビで特集していましたが、私のブログの4月1日号で経済格差、2日号で教育格差問題を特集していますので、ご覧ください。
http://yamashika.cocolog-nifty.com/chiki/

投稿者 山中鹿次 [TypeKey Profile Page] : 2006年04月02日 17:55

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?