BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 年に一度のことだけど | メイン | 四月になればウチダは >>

2005年02月17日

「原因」という物語

2月17日

教職員殺傷事件後の緊急の保護者集会で市教委や学校からは事件を防げなかったことへの謝罪はなく、保護者らは終了後、怒りと不信感をぶつけた。
市教委が示した、校門の施錠徹底、心のカウンセリング、家庭訪問などの対策に対して、集会後、ある父親は「ありきたりなものばかり」と吐き捨てた。別の父親は「学校も教育委員会も一言も謝罪しない。悪いのは犯人だが、管理責任だってある。腹が立つ」と話した。(2月15日配信の共同通信より)

「うなとろ日記」の鈴木先生がこの記事に対して公立中学校教員としての現場の声を書き留めている。

私は深い共感をもって鈴木先生の一文を読んだ。

この「別の父親」は、何を謝罪してほしいのだろう。「学校の管理責任」か?「今回は、不幸中の幸いというべきか、児童には傷害が及びませんでしたが、かような不審者が校内に侵入したことが、そもそも学校の管理不行き届きと言わざるを得ません。保護者の皆様にはたいへんなご心配をおかけしたことを、まずもって心からお詫び申し上げます」とでも釈明すれば溜飲が下がったのだろうか。

どんなマニュアルを作成しようとも、「100%のセキュリティ」を保証することなど夢物語に等しい。(…)いくらマニュアルを作成しようが、それは事件の未然防止にはつながらず、事件の後追いにしかならないことが明らかであろう。

学校現場では地域や保護者に「開かれた学校」となるよう求められている。「学校を開きつつ、不審者の侵入を防ぐ」のは、いかにも「学校のセキュリティというアポリア」なのである。

「別の父親」さん、あなたが言っていることは、今回の犯人が供述していることと通底しているということに気づいてほしい。
伏流しているのは、常に他罰的に思考する「被害者意識」である。

鈴木先生のコメントはできれば全文を徴して頂きたい。
私が気になるのは、この「管理責任」の追求をする父親の発言を選択的に報道しているメディアの姿勢である。
共同通信の記者は何を考えて、この父親たちの発言を報道したのだろう。
それが事実だから?
ほかにもいろいろな考え方をもった保護者たちがいたはずである。
それなのにどうして「他罰的」な枠組みで問題を解釈する人間の発言のみを選択的に報道したのだろう?
おそらく記事を書いた記者はこのような発言には「先生には気の毒なことをしました」というような感想を語る保護者の発言よりも、「社会性・批評性がある」と考えたのだろう。
だが、私はこの記者の判断に与することができない。
批評性というのは「悪いのは誰だ?」という問いの形式で思考する習慣のことではない。
こんなことを何度も繰り返し書かなければならないのは「面倒くさい」を通り越して、もはや「恥ずかしい」に近いのだが、このことが「世間の常識」に登録されるまで、私は執拗に同じことを言い続けるつもりである。
もう一度繰り返す。
批評性というのは「悪いのは誰だ?」という問いの形式で思考する習慣のことではない。
批評性というのは、どのような臆断によって、どのような歴史的条件によって、どのような無意識的欲望によって、私の認識や判断は限定づけられているのかを優先的に問う知性の姿勢のことである。

「悪いのは誰だ?」という問いが優先的に配慮されるべき局面はもちろん多々ある。
例えば、殺人事件の現場で包丁を振り回して、「みんな殺してやる」と叫んでいる容疑者の逮捕を手控えて、「私の捜査活動に伏流し、私の犯罪観そのものを無意識的に規定しているかもしれないイデオロギー的なバイアスを吟味したいので、ちょっと家に帰ります」というような刑事はおそらく長くその職場にとどまることができないであろう。
しかし、「悪いのは誰だ?」という問いが有効な場面は、人々が信じているよりもはるかに少ない。
というのは、そのような問いが有効なのは、「線形方程式」で記述できる状況、つまり入力に対して出力が相関する「単純系」においてだけだからである。
現実には、人間の世界のほとんどの場面は、わずかな入力の変化が劇的な出力変化をもたらす「複雑系」である。
出力(=結果)が劇的なカタストロフであることは、結果と同規模の劇的な入力(=原因)があったことを意味しない。
「蟻の一穴から堤防が崩れる」
これはプリゴジーヌのいう「バタフライ効果」と同じ意味のことである。

私たちは「原因と結果」ということを簡単に口にするけれど、「原因」ということばは「とりあえず原因が分からない場合」にしか使われない。
このことに気づいている人は少ない。
ゆきずりの見知らぬ人にいきなりぽかりと殴られたときに「どうして殴るんだ?」という問いを立てる人はいるけれど「どうして痛いんだ?」と問う人はいない。
原因がわかっていることは誰も問わないからである。
私が「どうして?」と訊くのは、「原因がわからないこと」、あるいは「はい、これが原因ですよ」と答えを与えられてもたぶん心から納得するということがないことについてだけである。

1917年にロシア革命でロマノフ王朝が倒壊したとき、人々は巨大な帝国があっという間に崩壊したことに一驚を喫した。
そして、「原因=結果」の線形方程式で歴史過程を考想する人々はこう考えた。
「世界的な規模の帝国の倒壊という劇的な結果は、世界的な規模の帝国を倒壊させる力をもった〈何か〉がによってしかもたらされない」
もちろん、そんなものはあたりを見回してもどこにも存在しない。
苦しい推論の結果、彼らは次のような結論に導かれた。
「ロシア帝国以上の政治的力量と財力と官僚組織と軍隊を備えた〈見えない帝国〉が存在するという仮説以外にこの事態を説明できるものはない」
人々はそうやって『シオンのプロトコル』の誇大妄想狂的な世界像を信じ、やがてそれは600万ユダヤ人の〈ホロコースト〉に帰結することになった。

すべての結果には単一の原因があるという考え方をする人間は、そうすることで知的負荷を軽減することができる。
だが、この怠惰を「頭が悪い」と笑って済ませる気に私はなれない。
「頭の悪い人間」のもたらす災厄を過小評価してはいけない。

私たちの社会で起きるさまざまな事件のほとんどすべては複数のファクターの総合的な効果であり、「単一の原因」に還元できるような出来事はまず存在しない。
しかし、「蟻の一穴から堤防が崩壊する」ということは、逆に言えば、堤防が決壊する前に「蟻の一穴」を塞いでおけば何も起こらなかったかもしれないということである。
人々は、堤防が決壊し、村が全滅した後になってから「龍神さまの祟りじゃ。若い娘を生け贄に捧げるだよ」とか「与作の野郎が夜中に堤防を掘り崩したのをおらあ見ただ。みんなで与作をうっころすべ」といったスペクタキュラーな「原因」究明作業に励む。
この種の「原因究明」の非日常性がもたらす興奮に比べると、「堤防の蟻の穴探し」はやや派手さに欠けるきらいがあるから、やりたがる人はあまりいない。
しかし、私はこのような「ささやかだけれど大事なこと」をていねいにやってゆくことでしか世の中はよくならないと信じている。
他者の責任を追求する言葉を「吐き捨て」たり、「腹が立つ」人間だけがいても、世の中は少しも住みやすくならない。
そのことについては、経験的に私には確信がある。
メディアに携わる人々はもう少しそういうことにもご配慮頂いて、「他罰的な語法で語られる原因究明の言説」の批評性について、一度ゆっくり考えて頂きたいと思う。

投稿者 uchida : 2005年02月17日 09:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/786

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「原因」という物語:

» 批判の批判になっていまいか from 音と言葉のアンテナ
「原因」という物語へのトラバです。内田先生の自称弟子としての発言です。 内田樹の [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月17日 12:11

» 単なる逆恨みでしょうか? from 言語学研究室日誌
14日に書いた投稿への続編です。少年の担任の先生への逆恨みの結果あの事件が起きたとする警察の見解が出されていますが、これも「物語」の一種でしょう。地面からメタン... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月17日 19:23

» ヌルかった from 無関係な死
 内田樹の研究室: 「原因」という物語で、惨事が起きた際に「誰が悪い?」とい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月17日 21:00

» 僕の好きなブログ from EXIT2005
最近、猫のイラストにリニューアルしてから、細部をちょこちょこっといじっています。リンクについてはこれまでのBookmarkとは別にMyblog Listをつくり... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月17日 23:43

» 無謬性を求めるな from se acabo@WebryBlog
「内田樹の研究室」の「原因」という物語を読んだ。寝屋川市の今回の事件で、教育委員会や学校が事件を防げなかったことに怒っている保護者が複数いるらしい。子どもを学校... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月18日 01:31

» オブジェクト・オリエンテッド・スクール from 音と言葉のアンテナ
寝屋川市の教師殺傷事件について。 抽象的な議論ばかりでは、事態の現実的な改善にあ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月18日 10:29

» [清沢冽][内田樹][武田徹][佐伯剛] from 千人印の歩行器(walking gentleman)
寝屋川小学校・教職員殺傷事件で、内田樹さんは連日エントリーアップしていますが、新聞・テレビの解説では気づかせてくれないコメントを発信しているので屋上屋を架すカキ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月18日 14:14

» ニュースとブログ from A Cloudy Sky
メディアがその可能性を示すことは少なく、 わかりやすい原因をクローズアップして視聴者や読者に伝えます。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月20日 15:48

» 批評の射程について from 冬枯れの街
内田教授【「原因」という物語】が一事件から始まり、やがて「他罰的な語法で語られる原因究明の言説批評」という哲学の領域にまで拡張していくその射程の長さに敬服(下線... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月20日 22:53

» qcpht from qcpht
たまに来ますのでよろしくお願いします。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月25日 09:07

コメント

他罰的な人々の声を選択的に報道するマスコミもどうかと思いますが、「市民」、「民衆」など社会の底辺(を気取りながらその実特定の党派の人達であるので始末が悪い)と思しき人々の声(「市民/民衆」といういやらしいタームを聴いただけで私は寒気がします)だけを拾い集めてくるのも困るなと思います。何らかの事故が起きた時に、好意的に最初に報道されるのは、現場で救出活動に当たる消防士や警察官、レスキュー隊であり(実際に彼らは大変貴い働きをしているからそれはいいのですが)、報道されないどころか時には露骨に「無為無策」などと悪意のこもった報道をされるのが官庁をはじめとする役所の人々であるのも解せません。ステレオタイプの報道の氾濫で我々の感性は麻痺してしまったのかもしれません。

投稿者 wnm [TypeKey Profile Page] : 2005年02月17日 22:12

>すべての結果には単一の原因があるという考え方を
>する人間は、そうすることで知的負荷を軽減する
>ことができる。
世間一般は、心理学でいう「しろうと理論」で発想する傾向にあります。一般人は以下のような傾向があります。

1.心の中で暗黙のうちに原因を1つに決めている。
2.自分の経験に基づいた、主観的な理論である。
3.自分の理論に合う事例だけを探して理論を強化し、合わない事例は無視する。

犯罪には、いろいろなファクターがあるのは私にもわかるのですが、速報性が求められているメディアに求めることは酷ではないかと思います。

しかし、現在のメディアが必ずしも良いとは思いません。私の提案としては、より多くの母集団からリポートし、その意見を集約しどのような意見がどれくらいあったかという客観的結果を示していただきたいです。

投稿者 ゆたかわだ [TypeKey Profile Page] : 2005年02月18日 00:10

記者にインタビューのマイクを向けられたら、咄嗟に「マス・メディアの望んでいる模範解答」を述べてしまう人というのも、実は多いんではないでしょうか。
(で、あとから「ああいえばよかった、こういえばよかった」と、ひとりブツブツ後悔したりして。ああ小市民。)

投稿者 Jreiko [TypeKey Profile Page] : 2005年02月18日 09:39

はじめてコメントします。
最近内田先生に触発されて「真理<戦略<好き嫌い」というブログを始めました。

当方の「それでもパラドクスは解決している」という記事のコメント欄において、批判への解答として
私たちは「原因と結果」ということを簡単に口にするけれど、「原因」ということばは「とりあえず原因が分からない場合」にしか使われない。
というコメントを引用させていただきました。

何とも便利な言い回しを提示してくださってありがとうございます。

投稿者 鉄兵 [TypeKey Profile Page] : 2005年11月29日 06:44

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?