BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 首都大学東京の予告された没落 | メイン | 改憲護憲といいますが・・・ >>

2005年02月02日

パリ症候群

2月2日

朝日新聞の朝刊に興味深い記事が載っていた。
「在留日本人のパリ症候群」という記事である。
パリ在住の日本人の中に鬱病を発するものが多く(毎年百人程度)、中にはかなり重篤なものも含まれる。これを現地に在住のドクター太田という方が「パリ症候群」(syndrôme de Paris) と命名した。
朝日の記事によると「診察者の73%は女性で、20代、30代が突出する。バブル経済期には、仕送りは多いが、学習意欲が低い女性が大挙留学し、言葉の壁に跳ね返される例が相次いだ。いま危ないのは転職志望の女性たちだ。仏語を身につけ、服飾や旅行、メディア関係の『パリらしい』仕事をしたい。そんな夢想を抱いた人たちがこの街に来て打ちひしがれる。」
典型的な症候は、将来への見通し不安とことばによるコミュニケーション失調。それから対人恐怖、外出恐怖、「自分をバカにしている声が聞こえる」ようになり、妄想を発して強制入院、自殺未遂に至るケースもある。
原因についてドクター太田はこう語っている。
「日本のサービスの質は官民ともに世界最高だが、フランスは残念ながらその対極に近い。日本基準のままだと不快な体験を重ねることになる。きちんとした日本人はこの国のいい加減さではなく、それについていけない自分を責めてしまう。」
朝日新聞によると、『リベラシオン』の12月の記事がきっかけで取材をしたそうであるので、さっそく当の『リベラシオン』の記事を読んでみる(インターネットって、ほんとに便利だなあ)
フランス人は「パリ症候群」をどうとらえ、その原因をどう解析しているか興味がわいたのである。(まさか「フランスのサービスは世界最低水準なので、日本人は不愉快な経験を重ねてしまう」という説明はしてないよね)
どれどれ。
ふむふむ。
では04年12月13日の『リベラシオン』の記事をご紹介しよう。
症状の現状報告はだいたい朝日の記事と同じだが、分析にはだいぶ温度差がある。
「症状は渡仏して三月目くらいから始まる。日常生活の些細な不調がきっかけで軽い鬱状態になり、それが不安、外出恐怖、交通機関への恐怖症と症状は進行し、25%が帰国する前に入院加療を必要とする状態にまで悪化する。ドクター太田によると、『症状は異文化との違和感でフランスに適応できない人に発症する』。
Association Jeune Japon のベルナール・ドゥラージュは家父長的な日本社会の厳格さを原因に挙げる。『患者のほとんどは甘やかされ、過保護で育てられたええとこのお嬢さんたちだ。西欧的な自由に免疫がないので、頭が変になってしまうんだね。』
日仏協会のマリオ・ルヌーがこれにこう付け加える。『社会関係がぜんぜん違う。日本的な集団主義は西欧的な個人主義と相容れない。日本人は自分たちの集団から離れるとまるで無防備になったような気になるんだ。』
われわれの社会は日出るところの国の居留民を変調させてしまうのであろうか?
ドクター太田はことばの問題とコミュニケーションの問題を指摘する。『日本人は臆病だから、フランス人のいらだちに恐怖を感じる。ぺらぺらしゃべるのは日本では不作法なことだ。日本人は何も言わないでも内心を察知してもらえるから。フランス人のユーモアもきまじめな日本人にとっては攻撃的なものと感じられる。』(中略)
マリオ・ルヌーの仕上げの説明によれば、これらの心理的トラブルは夢と現実の乖離を前にした日本人の幻滅に起因する。
『雑誌が日本人の幻想を育てているんだよ。あんなものばかり読んでいると、パリではそこらじゅうにマヌカンがいて、女性はみんなヴィトンでまとめていると思うんだろうね。』
残念ながら現実はそれとはほど遠い。街にはヴァン・ゴッホもいないし、そこらじゅうにトップモデルがぞろぞろ歩いているわけでもない。別にだからといって病気になることはないじゃないか。」

というものであった。
同一の論件について日仏二つのメディアを徴すると、その「ずれ」や温度差から出来事の意味がよくわかる。
『リベラシオン』の論調は精神的に失調している日本人にたいしてあまりフレンドリーであるようには思われなかった(きっとこれがドクター太田の言うところの「ちょっと攻撃的なフランス的ユーモア」というものなのであろう)。
たしかにバブル期のパリでヴィトンやエルメスの店に観光バスで乗り付け店の品物をあらかたさらっていった日本人のレディーたちに対していまなおフランスのみなさんがあまり親近感を抱くことが出来ないでいるというのもわからないではない。
しかし、それにしても「病気になるのはお前が弱いからだ」ときっぱり決めつけるあたり、ほんとに「フランス的個人主義」の面目躍如である。
こういう風土の中で暮らせる日本人はたしかにそれほど多くはないだろうと私は思う。
現在の若い日本人のほとんどは自分の不幸や失敗を「他の人のせい」にする他罰的説明に依存している。「社会が悪い」「親が悪い」「学校が悪い」「メディアが悪い」などなど。
「私が不幸なのは私のせいではない(「父」のせいだ)」という発想そのものを「家父長制」と呼ぶのである(その点ではわが国の作物は、マルクス主義もフェミニズムもポストモダニスムもすべては「日本的家父長制」の消しがたい刻印を負っている)。
これはフランス的個人主義の採用する説明原理ともっともなじまない発想法である。
かの国では、すべての不幸や失敗を(それがかなりの程度まで制度や他人の責任である場合でも)自分の責任として引き受けることを市民に要求するからである。
日本的家父長制の発想になじんだ人々がフランスで精神的に参ってしまうのはある意味当然である。
特に20代30代の若い女性が発症するというのは、彼女たちの社会集団が「他罰的」な構文で自身を語る習慣をもっとも深く内面化していることと関係があると私には思えるのである。

しかし、考えてみると私もパリ滞在中はだいたいホテルの部屋から一歩も出ないでパソコンに向かって仕事をし、ベッドに寝ころんで成島柳北や夏目漱石や白川静を読み、ごはんは「ひぐま」の味噌ラーメンである。
ドクター太田によれば、これは「パリ症候群」の初期症状にほかならない。
でも、日本にいるときも、私は一日部屋から出ないでパソコンに向かって仕事をして、同じような時代錯誤的な本を読み、昼ごはんにはうどんかラーメンかカレーを部屋でもそもそ食べている。
これをして「芦屋症候群」と言ってよいのであれば、私は世界中どこにいっても土地にかかわりなく同一の精神の病を患っていることになる。
おそらくかのドクター名越はこれをして「狂い過ぎている人は発症しないんです」と診断されたのであろう。

投稿者 uchida : 2005年02月02日 10:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/743

このリストは、次のエントリーを参照しています: パリ症候群:

» パリ症候群、など from YUGO DE LETRAS(日々の記録)
 『朝日新聞』に「パリ症候群」なるものについての記事が載っていた。パリでキャリアアップを目指す20代30代の女性たちがうつ病のような症状に苛まれるというもの。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月02日 22:23

» [生活]パリ症候群とフランス的個人主義 from フランス公法学研究日誌
以前、パリに住む日本人の間に発症しているという「パリ症候群」に関する記事を日本の先輩に送ってもらったんですが、それが日本の朝日新聞でも紹介されたらしく、”内田樹... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月03日 07:47

» [言葉]鎌倉雑録(ひびのぶりこら) from 三色スミレの成長日記〜LA PENSEE SAUVAGE
 明日は、「恋するハニカミ・ドリーム&ファンタジープランfor大学」について書きたいと思うが、今日は、新聞の記事にふれて見たいと思う。朝日新聞を取っているが、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月03日 11:12

» [文化]パリ症候群 from ひぐらし天声人語
2005年2月3日天声人語より 「パリ症候群」ってなんだろう。 「パリ症候群」という言葉を初めて聞いた。どうやら、「あこがれのパリで暮らし始めたものの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月03日 19:04

» パリ症候群について from maskob's memo
朝日新聞が2月2日、「ӡ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月07日 21:22

» 「パリ症候群」に思う その2 from Celui-ci, Celui-la, tous les jours.
長くあちこちから引用しましたが、私もひろさんに同感。日本人がパリやNY、ロンドン、ミラノ(日本の雑誌がよく取り上げる都市たち)に異常な憧れを抱く原因は日本のメデ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月11日 01:16

» パリ症候群 from ゆうゆの今日はどんなパン焼いた?
 今頃なんですが、気になってちょこっと調べてました。元記事は「リベラシオン」という仏の新聞記事。去年の12月13日付け。日仏の文化の違いにショックを受けて、フラ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月11日 21:13

» パリ症候群 from A DOG THAT CAN READ PHYSICS PAPERS
パリに住む20代から30代の日本人女性たちのなかにパリ症候群と呼ばれる状態に陥る人が少なからずいるということが今更になって話題になっている。もともとは、パリで長... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月04日 21:12

» パリ症候群 from 社長への道
この記事おもしろい. パリにいる日本人(しかも20〜30代女性)が鬱になりやすい [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月23日 15:47

» パリ症候群て from 月水金
日本人旅行者、夢と現実のギャップで「パリ症候群」そんなんあるんですね〜。わからないでもないけど。。。パリ以外ではどうなんでしょうね〜。とくにパリでそういう人の割... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月23日 15:44

» 【ニュース】ゴミ袋の大切さについて再考。 from エム会議
● 日本人観光客に「パリ症候群」 - goo ニュース パリ症候群(ぱりしょう... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月23日 20:23

» 花の都パリは日本人には甘くない。恐怖(?)の「パリ症候群」とは? from トクダス
何年か前にパリに行った時の話。 一緒に仕事をしたパリ在住の日本人女性に、軽い気持ちで、 「いいですね。花の都パリに住めるなんて、羨ましいです」 と問いかけた。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月24日 02:02

» 『よっぱモードなのでかなり暴走気味かも』 10/25/06〆 from 【THE FOOL ON THE HILL】
後半部分に続報:バカ女どもめって言いたいだけのような気もします。 (cf.Reuters@excite:パリの現実に落胆、「パリ症候群」の日本人観光客  太田... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月25日 10:54

» パリ症候群 を画像やブログから深追い検索! from 深追い.com - トレンドなキーワードを深追いします
トレンドなキーワードを画像やブログ、動画から深追い検索! [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月25日 11:23

コメント

これはパリだけの話ではないような気がします。
私は今ソウルに住んでますが、同じような症状の女性たちが周りに何人かいます。
ただパリと違う点はキャリアアップよりも結婚で韓国に来た女性が多いということ。行動範囲が狭いことも、彼女らの鬱に拍車をかけていると思います。

日本よりも堅固な家父長制、儒教を基にした社会規範、排他性の強い韓国人と韓国の文化、そして侵略の歴史により「韓国人は日本人を憎んでいる」というパラノイアが生じます。
私が目の前で日本人の悪口を言われた経験がないだけかもしれませんが、しかし彼女たちの言う「韓国人に目の前で言われた悪口」は、彼女自身がいつも個人的に気にしていることが多いような気がします。たとえば「日本人は歯並びが悪いと言われた」と訴える人は歯の矯正をしているとか。
大体そういう人たちの類型は、先生(HPを見ているだけなのでこう呼んでいいのか分かりませんが)が本文にあげているような感じです。なんでも他人のせいにします。あと、実家が裕福です。

確かに韓国人に統計をとると「嫌いな外国人」に日本人があがりますが、目の前で悪口を言うほど粘着質なものではもうなくなってきているような気がします。
(ただ集団の前に出たとき、体面を保つために親日派と思われないように気をつけているような気がしますが)
例えばホームレスのおじさんがとりあえず誰にでもいいから文句が言いたくて、日本語をしゃべって歩いている私たちに怒鳴ってきたりはしますが、彼らは多分文句を言えるなら誰でも良かったんでしょうし。

実際住んでみて、韓国人はラテン気質が強いです。
フランス人もラテンだし、日本人が憂鬱になるような何か共通点があるのかもしれません。

日韓は歴史的に複雑なため、こういった傾向が友好に影を落とさないといいのですが。

投稿者 bexel [TypeKey Profile Page] : 2005年02月02日 17:29

内田先生,

この分析は,お言葉ですが,ちょっと違うと思います。

トラバ先の「フランス公法学研究日誌」さんも指摘されていますが,「フランス的個人主義」の内容として「すべての不幸を自分個人の責任として引き受ける」というところには疑問があります。こういうことはむしろフランス人にとって最も縁遠い所作ではないでしょうか。といいますか,「責任」というコトバの意味が,われわれとは根本的に違っているようです。

「C'est pas ma faut.」という一言こそ,彼らの多用ランキング上位にランクインするクリシェの一つであることは疑いないと思われます。

つまり彼らこそ他罰的なのです。日本人の方がよほど自罰的です。

日本人は「相手に怒られないようにちゃんとやろう」と(怒られる前からビクビク)やりますが,フランス人は「怒られてから考えよう。だって怒られないかもしれないし」と考えます。

自分が怒る立場のときも,あまり厳しく怒りません。激しくは怒りますが。つまり声は大きくても,相手を完全にやり込めることがない。そこは優しいといえば優しいのかもしれません。

ただ,アメリカのイラク侵攻が正しいとは全く思いませんが,ブッシュが「古いヨーロッパは悪に対して寛容だ」と言っていたのはハズレではないと思えます。

要するに彼ら,何か,いろんなことがどーでもいいようなのです。

こういう気質は,「ラテン気質」とでも言えるものでしょうが(要はヒステリーです),たとえば医療現場でミスがあったりしたときも,かなりいいかげんなことになります。医療訴訟そのものも少ないそうです。訴えた患者側がたいてい負けるそうで。

「あっ,ごめん。動脈切っちゃった」とか,ゴメンですむらしいです。

だから,文明生活に狎れた日本人としては,長く住むのはコワいですよ。また今度その話を書きますね。

投稿者 Guy [TypeKey Profile Page] : 2005年02月03日 10:11

ええ申し遅れましたが,上の記事,パリの中野でした。

投稿者 Guy [TypeKey Profile Page] : 2005年02月03日 10:12

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?