BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< さまざまな訂正とお詫び | メイン | パリ症候群 >>

2005年02月01日

首都大学東京の予告された没落

2月1日

首都大東京について都立大講演のあとにこのHP日記に所見を記したところこれまでほとんどメディアが報じてこなかった都立大廃校問題の社会的・教育的意義について、大学関係者以外の方からもいろいろご発言を頂いた(トラックバックというのは、こういうときに便利だね)。
貴重なご意見をたまわったみなさまにこの場を借りてお礼を申し上げたい。

この論件について、情報的にいちばん充実しているのは
都立大の教員たちで首都大学への就任を拒否した「首大非就任者の会」
http://www.kubidai.com/
それから「都立大の危機 FAQ」 http://www.bcomp.metro-u.ac.jp/~jok/kiki.html
そして、私を先般都立大にお招きくださった西川直子先生が率いる「開かれた大学改革を求める会」http://www.geocities.jp/hirakareta_daigakukaikaku/
のサイトであるので、首都大問題についてさらに考究されたい方はぜひそれらをご覧ください。

私としてはとりあえずそのときに「今後の首都大の志願者数や偏差値の推移や前年比について逐次ご報告申し上げる」というお約束をしたので、それを果たすべく、簡単な数値だけご紹介したいと思う。

まず河合塾のHPにおける首都大の出願状況分析から

「東京都立の3大学と1短大が統合してできる首都大学東京は統合前の各大学志望者総数の約6割しか集まっていない。健康福祉学部以外の学部で大きく志望者を減らしている。もともとセンター試験科目数が少なく、首都圏の有名私立大との併願者が多かった大学であり、来年度からセンター科目数を増やす学科が多いこともあり、多数の私立大併願者に逃げられたものと考えられる。ただ、5~6科目で受験できる学科が多いだけに、センター試験本番の平均点が低くなった場合などは、志願者が集中する可能性もあり予断を許さない。」(河合塾入試直前動向分析から)

つぎは「非就任者の会」の調査報告

「当会調査班が調べたところによれば,駿台予備校のサイトに,「2004年度大学ランキング表」があることが分かった。駿台予備校では,ハイレベルの模試を「駿台全国模試」と呼び,標準的な模試を「駿台全国判定模試」と呼んでいるが,「駿台全国模試」において,「国公立大学」と「専攻学部」を選んで「首都大学東京」の偏差値を確認してみた。
その結果,
引用:
首都大学東京 都市教養・都市-人文・社会系  前期 56
首都大学東京 都市教養・都市-法学系     前期 56
首都大学東京 都市教養・都市-経営学系    前期 54
首都大学東京 都市教養・都市-機械      前期 54
首都大学東京 都市環境・都市-材料化     前期 54
首都大学東京 都市教養・都市-物理      前期 53
首都大学東京 都市教養・都市-生命科学    前期 53
首都大学東京 都市教養・都市-電気電子    前期 53
首都大学東京 都市教養・都市-化学      前期 52
首都大学東京 都市環境・都市-都市基盤環境  前期 52
首都大学東京 都市教養・都市-数理科学    前期 51
という数字が出てきた。
参考までに,前年度の都立大の偏差値(ベネッセ)を以下に挙げる。
引用:
都立大(人文)   前期 69
都立大(法)    前期 68
都立大(経済)   前期 62
都立大(工)    前期 61
都立大(理)    前期 60
さらに,システムデザイン学部では,
引用:
首都大学東京 システムデザ・シス-航空宇宙シス  前期 49
首都大学東京 システムデザ・シス-ヒューマンメカ 前期 46
首都大学東京 システムデザ・シス-情報通信シス  前期 46
となっており,関係者にとってはかなりショッキングな数字である。
昨年度の科学技術大学の偏差値(ベネッセ)が 57 だったのに比べて,やはり大幅に低下している。」

同サイトには予備校の進路指導担当者へのインタビューも採録されていた。
都内某大手予備校におけるやりとりは次のとおり(短縮版なので、全文を読みたい方は上記「非就任者の会」のサイトをご覧ください)

「-首都大学東京の難易度はどうなりますか。
これまで都立大は人気がありましたけれども,今は不安感が広がっています。
-不安感とは。
先生方がいなくなるとか,新大学の中身がよくわからないとか,そういうことです。
-予想偏差値などはどうですか。
これまで,都立大は模擬試験に記入する志望校として,第1,第2に挙げる学生も多かったのですが... 今年はちょっと...
-つまり,今年の首都大学は第4志望とか,第5志望に挙がってくるような,ということですか。
ええ。
-滑り止めの学校として考えられているということですね。
はい。ただ,センター試験が終わってみないと,実際どういう風に変動するかわかりません。
-というのは?
センターで失敗した受験生が雪崩れ込むということです。
-つまり,センター前には近くの横浜国大とか千葉大を志望としていたけれど,センターが失敗したのでとりあえず受かりやすい首都大学を受けようということですか。
はい。
-センターで足切りとかありますか。
いえ,このレベルではありません。人によっては狙い目だと言う人もいます。
-えっ,そうですか。そうするとつまり,センター入試の配点の高い横浜国大や千葉大志望の学生がセンターで失敗して,ぐぐっと雪崩れ込んでくると予測されていると,理解して良いですか。
はい。そうなるだろうと...
-ところで,不安というところで,教員がいなくなるというお話がありましたが,そういう情報は予備校でもきちんと把握されているのですか。
はい。いろいろと。インターネットなどもありますから。
-なるほど。ところで,クビダイドットコムってご存知ですか。
いえ,私はそこまでは。上の人が情報を集めているので。
-ところで,予備校の進路相談では,大学の内容面などについても情報を提供したり,相談にのってらっしゃるのですか。
はい。
-では,首都大学の先生がいなくなるとか,中身がよくわからないとか,そういう情報も予備校生に教えているのですか。
いや,そこまでは。やはり私どもは予備校なので,受験面が中心になります。
-それでは,自己責任ということでしょうか。入り易く出難い大学なので,入ったのは良いかもしれませんが,入ってから惨事になったらどうするのですか。
そこまでの責任となると私どもはちょっと...
-もう,そこまでは学生の方で判断してもらうしかない,という感じですか。
はい。...まずは大学に入れるというのが私どもの仕事ですから。
-なるほど,そうですね。まずは入ってから,他大学に編入することもできますからね。
はい。」

次は別の大手予備校でのインタビュー。

「-首都大に入りやすいと聞いたのですが,どの位のものかと。入試のためのデータとかわかると良いのですが。
何学部ですか。
-都市教養学部です。
(なぜか理系の偏差値予測バインダーをその方は持ってくる...)
-あのー,文系なんですが。
そうですか。すいません。持ってきます。
(「都市教養学部」という語感は,理系的な響きがあるのだろうか。文理融合をめざしているそうだが...文系の偏差値予測バインダーを持ってきてもらう)
-レベルはどういう感じになりそうですか。
ちょっと予測しづらいですね。(バインダーの中の数字をいろいろと見せてもらっても,母集団が少なすぎるので,正直言って信頼性のある偏差値ではないと言う)
-率直にお尋ねして,予備校生には首都大を薦めているのですか。
いえ,率直に言いまして,学生の方から積極的に志望するということであれば相談にのっていますが,こちらから学生にお薦めはしていません。
-えっ,他の予備校では,首都大は狙い目だとか言っていましたが。
それは国公立大の合格者総数を増やしたいからで。まあ,そういう理由で首都大を薦めている他の予備校もあるらしいですが。
-なるほど。あなた方は,予備校の実績を上げるためだけではないのですね。
はい。やっぱり学生の将来が心配なので。
-ある予備校さんは,まずは学生を大学に入れるというのが仕事だと言っていましたが。
偏差値の問題よりも学生の将来に不安がありますから,そういうのは...
-ところで,全体でミーティングなどして,首都大の情報とか分析したりするのですか。教員がいなくなるとか,そういう話も
はい。あと,予備校のOB生が都立大に多くいますので,そういう学生さんと会って今の現状を聞くと,ちょっと可哀想で...
-なるほど。卒業生ともネットワークがあって,各大学の情報を収集しているのですね。
えぇ。  
-大学から,新大学の内容について予備校に説明に来たりということはあるのですか。
いえ,まったくありません。
-えっ,まったくですか。それだと,学生は新大学の情報について不足しませんか。
はい。私どもが得ている情報を予備校の新聞などに書こうとしたのですが,都に問い合わせをしたら,まだ不確定なことが多いので情報を出すのはとりあえず止めておいてほしいと言われて 
-えっ,本当ですか。
はい。」

というなかなか臨場感あふれるインタビューが紹介されていた。この調査結果についての「非就任者の会」の分析は次のようなものである。

「以上から次のことがわかった。
 首都大学東京の偏差値は,都立大学と比較してかなり下がっている。
 しかし,受験者数はセンター試験で点を取れなかった学生が雪崩れ込むため,それなりの数になるかもしれない。
 とはいえ,首都大学東京の評判は予備校でも悪い。
 首都大学東京がクビ大【kubidai】と呼ばれていることは,予備校関係者でも周知の事実のようだ
全国の受験生のみなさん,やはり受験校はくれぐれも慎重に選ぶのが良いのではなかろうか。」

「クビ大」というのは「イシハラの言うことをきかないやつはクビだい」というところからつけられた愛称とのことであるが、「シュト大」と「クビ大」とどちらが最終的に略称として定着するかもまた興味をもってみつめてゆきたい論点の一つである。

以上で首都大東京の出願状況についての中間報告を終えたいと思う。
この件についての論及は大学関係者以外からも多かった、その中で首都大東京が高等教育の「成功事例」となるであろうという予見をされる方は一人もいなかった。ゼロ。
教育というのはつねづね申し上げているように、ある種の「幻想」をビルトインするかたちでしか機能しない。
そこに行けば、何か素晴らしいことがあるのではないかという(しばしば根拠を欠いた)思い込みが若者たちをして教育の場へ足を向けさせる。
「数値」によってひとは学びを動機づけられるわけではない。「幻想」によって衝き動かされるのである。
その意味で首都大東京は十分に誘惑的な幻想の醸成には失敗したと私は思う。
この先、都がれほどの投資を行って教育研究環境を整備しても、一度失われた「ブランドイメージ」を回復するには最低10年を要するであろう。
その間も18歳人口は減少を続ける。
志願者減とそれによる教育水準の低下と市場による前代未聞の大学淘汰圧に10年間耐え続けるためには、大学人としての熱い理想と連帯感が必要である。
いまの首都大スタッフにそれが共有されているという判断に与することのできる人はおそらくほとんど存在しないであろう。

投稿者 uchida : 2005年02月01日 10:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/737

このリストは、次のエントリーを参照しています: 首都大学東京の予告された没落:

» [遊び]南無阿弥お陀仏クビ大学 from 三色スミレの成長日記〜LA PENSEE SAUVAGE
中尊寺ゆつこさま。心よりご冥福をお祈りします。合掌。(洒落にならない、タイトルとかですみません。しかし、漫画家が笑いを提供する人であるならば許していただけると... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月01日 20:05

» ミルを超えるアクセ −古田と内田の間で from Sociologie du droit pour liberer la nature humaine
昨日、久しぶりに千(ミルmille)アクセスを超えました。内田先生BlogやR30さんのところから、大量の訪問者がありました。有力ブロガーってすごいんですね。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月01日 22:47

» ミルを超えるアクセ −古田と内田の間で from Sociologie du droit pour liberer la nature humaine
昨日、久しぶりに千(ミルmille)アクセスを超えました。内田先生BlogやR30さんのところから、大量の訪問者がありました。有力ブロガーってすごいんですね... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月01日 22:48

» ミルを超えるアクセ −古田と内田の間で from Sociologie du droit pour liberer la nature humaine
昨日、久しぶりに千(ミルmille)アクセスを超えました。内田先生BlogやR30さんのところから、大量の訪問者がありました。有力ブロガーってすごいんですね... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月01日 22:49

» [edu] 役所の役所による役所のための大学 from gachapinfanさんのスクラップブック
内田樹「首都大学東京の予告された没落」 http://blog.tatsuru.com/archives/000733.php >> ――大学から,... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月02日 02:03

» 笑えないクビ大(=首都大学東京)の近接未来形 from Sociologie du droit pour liberer la nature humaine
quimitoさんからのトラックバック、「もし…ならば、って接続法ですか?」では、クビ大の近接未来形がスケッチされている。 さすがベテランのネットライ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月03日 02:14

» 実学じゃない from こころ世代のテンノーゲーム
ではこうまで、負の状況そして負の行動が浸透した社会において、閉塞した社会においてそれをどう開いていけばいいのだろうか。 そしてここにこそ、つい先日、首大(クビダ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月05日 22:19

» いわゆる「クビ大論争」についての一私見 from Sociologie du droit pour liberer la nature humaine
 やや時間が経ってしまいましたが、やっぱりリプライしておかないと、「都立大は、廃止されて、やむなし」だったと思われますので、以下にR30氏のエントリへのリプライ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月07日 22:33

» 東北大学総長選挙について〜独法化に伴う選出方式の変更 from 言語学研究室日誌
東北大学執行部の見識 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月24日 09:02

» [遊び]再(RE)南無阿弥お陀仏クビ大学 from 三色スミレの成長日記〜LA PENSEE SAUVAGE
-臆病売国奴・石原慎太郎大チェンチェイに捧ぐ(と揶揄しながらも応援している部分はある) -都立大学で行われた人文社会科学の営為にはいつか、返礼を -本当に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月01日 07:54

» 教育は他国の状況をみると本質がみえる。 from 汝、沈黙するなかれ、北の大地より。
 中国や韓国では反日教育が行われているのは知らない人はいないんじゃないかと思う。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月05日 23:04

» センター試験〜ブログで月10万円稼ぐ方法 from お笑い@サプリッ!〜楽しくなければBLOGじゃないじゃ〜ん!〜
○センター試験のネット漏えいはなかった…警視庁が結論 センター試験の問題に似ちゃんねる!?  只今、ランキング1位。今日は何位かな?  &n... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年04月12日 00:27

» 首都大学東京の深すぎる悩み from ほぼ日刊:ビジネススクール・MBA blog
東京都立大学はいろいろな経緯があって、首都大学東京へ変わった。 生まれ変わったの [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月05日 19:22

コメント

こちらでははじめまして。

都知事は単純に粛正を試みているのではないかと邪推されます。
東大と一橋があるんだから、いいじゃないかという内心の声が聞えてきそうです。
或いは、俺が構想したんだから間違いないという根拠のない自信・・・

投稿者 猿渡 [TypeKey Profile Page] : 2005年02月01日 13:08

こんばんは。首都大学の文理融合型学部の偏差値が非常に低いことを内田先生は指摘していますが、そもそも「文理融合」を謳う学部なり学科なりは内部の視点からいうと、教養部解体で行き場が無くなった旧教養教官の中で比較的使える(つまり、専門に研究・教育できる分野が複数ある)教官をすくって、中身はともかく、口当たりの良いことば(情報、人間、環境、コミュニケーション、等々)をちりばめて捏造したものが多いのです(どこと具体的に名指しするのは止めますが)。パンフレットやウェブ上のHPに書いてあるお題目は、本来作文が得意な教官が作文したものですから、非常にもっともらしいですが、学部の新しい理念に中高年教官が2年かそこらで対応できるかといえば、答えは当然ノーです。付け焼き刃の自転車操業の授業又は古い中身なのに看板だけは新しく掛け替えた旧装新開店であることが殆ど(95%はそうだと思います)だと思います。唯一の救いはそうした学部・学科に最初に入ってくる学生はパイオニアたらんとする意欲がある比較的優秀な者が多いので、彼らがそれなりの遺産を後に続く学生に残してくれるという程度でしょう。これから文理融合タイプの学部・学科を受験しようと考える高校生に勧めたいのは、そうした学部・学科にすぐに入るのではなく、比較的自分の関心分野に近い理系学部・学科にひとまず入学することです(今は大学院は倍率がどこも低くなっているので、学部ではいるより余程簡単に大学院で楽に入れます)。そうすれば、文理融合的な研究をする上で必要とされる統計の使用法やその意味、プログラミングスキル、シミュレーションを含む実験方法等を、理系研究室という濃密な交流の場で先輩院生や助手からも実践的に学ぶことが出来ます(この場合、研究の細部に関しては教授は通常あまり当てにならないことが多いことも予め知っておいた方が良いと思います)。文系の学部に入ってしまうと、どうしても上述の基礎学力が身につきにくいカルチャーに一度入れられてしまうため、そこから抜け出して、理系的な考え方を身につけようとしても非常に難しいことが多いです。これに対して、理系の基礎素養を身につけていれば、文系的な考え方はそれほど苦もなく学習できると思います。ただし、自分の問題意識を中心に本は広く読んでおかないと、自分の位置を見失ってしまう危険はあります。以上、私自身のこれまでの研究生活への反省も込めて書きました。

投稿者 wnm [TypeKey Profile Page] : 2005年02月01日 21:26

都立大経済学部教官総辞職の噂?
友人の千葉の某大学教員によると、同僚の旦那さんが来年度から退職してしばらく家ですごすとのこと、聞けば、彼は都立大の経済学部の教官で、他の経済学部教員も退職するとのこと。あくまでも又聞きの噂にすぎない(学生のことを思うと噂であってほしい)ですが。ともあれ、首大の方針には文学部の教員のみならず、実学の経済学教員も納得していないことだけは確かみたいですね。噂にすぎないことを書き込んでもうしわけないのですが、驚愕のあまり書いてしまいました、ごめんなさい。

投稿者 まさなお [TypeKey Profile Page] : 2005年02月04日 15:50

うわさにすぎぬことを書きこみ申し訳ありませんでした。消去の仕方がわかりませんので、そちらの管理者の方、私のコメントすべてを消していただきますようお願いします。

投稿者 まさなお [TypeKey Profile Page] : 2005年02月04日 16:41

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?