BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< うれしいたより | メイン | 守さんが来る >>

2004年12月18日

困った人たち

12月17日

今日は大学クリスマスなので、時間割がいつもと違う。
そういうことは、執拗に確認していただかないと、私のようにほとんど白昼夢を見ているような状態で人生を送っている人間にはなかなか周知徹底されないのである。
いつもの時間割の時刻に教室に行くと、すでに1時間遅刻であったことが判明する。
しかし、基礎ゼミの諸君は不満も言わず、黙って『進化する教養教育』に私が寄稿した「教養なんかなくてもいいもん症候群」を熟読玩味せられていた。
ふつうは教師が1時間も来ないと、教室から大脱走してしまうものであるが、基礎ゼミはいつも白熱した議論が展開するので、みんなそれを楽しみに律儀に待っていてくれたのである。
ありがとね。

研究室に戻って、かたっぱしから仕事を片づける。
メールを開くと、この間、私がコミットしていた学内某重大事件はマルクスレーニン主義極楽派を率いるワルモノ先生ならびに大学教職員組合の輝ける委員長イーダ先生の大活躍により、我が陣営の事実上の勝利のうちに幕を閉じることになったとの報が届く。
原告団のひとりとして裁判闘争に臨む決意であったが、その必要もなくなったのである。
不退転の決意をもってともに戦列を構築してきた同志諸君ならびに鋭意周旋にご尽力下さった教職員のみなさんに心からお礼を申し上げたい。
これを奇貨として学内における意思疎通の道が確保され、風通しのよい大学運営のシステムが立ち上がることを願っている。

とある週刊誌から「岩月教授事件」についての電話コメントを求められる。
HPにちょろっと書いたのを見とがめられたのである。
私はカウンセラーでもないし、イワツキ教授本の愛読者でもないので、事件についてはコメントのしようがない。
とりあえず、「転移」というのはどういうものであるかについてのフロイトの説を祖述する。
Ubertragung とは「置き換え」「翻訳」「すり替え」のことである。
フロイトはこう書いている。
「われわれが治療効果を上げえているのは、われわれがまさに、無意識を意識に置き換え、すなわち無意識を意識に翻訳するからなのです。われわれは無意識的なものを意識的なものに変えることによって抑圧を解消し、症状形成のための条件を取り除き、病因となる葛藤を、なんとか解決できるに違いない正常な葛藤に変えるのです。われわれが患者の心の中に引き起こすのは、この一つの心的変化だけなのです。」(懸田克躬他訳、『精神分析入門』、人文書院、358頁)
この「すり替え」が「転移」と呼ばれる治療プロセスである。
患者は分析の過程で必ず分析家に対する激しいエロス的感情を経験する。
「グロテスクに不釣り合いな場合」(白髪の老女が孫ほどの分析家に対して、少女が祖父ほどの年の分析家に対して、ほとんど同じ種類のエロス的関心を抱く)が頻発することから推して、これは分析家と患者の個人的な好悪のレベルとは違う、構造的なエロスであることが知られるのである。
それゆえ、フロイトはこれを「病気そのものの本質に最も奥深いところで関連している現象」だと認めることになった。
徹底的にプラグマティックな人間であったフロイトは、転移の「原因」には興味を示さず、「結局そこからどういう利益が引き出せるか」ということだけに関心を集中させた。
そして、治療の障害と思われたこの転移を利用して、患者の「古い葛藤」を「新しい葛藤」と「すり替え」、「新しい人為的神経症」を作り出すことでこれを操作するという画期的な分析方法を着想したのである。
だから、岩月教授の事件の場合でも、そのカウンセリングが成功的に推移している場合には、必ずクライアントの側には「グロテスクなほど不釣り合いなエロス的情愛」が一時的に現出したはずである。
それが治療の不可避のプロセスである以上、それをスキャンダラスに報じるのは的はずれなことである。
岩月教授の治療原理を基礎づける人間観についても、それがたいへんチープでシンプルな「物語」であることについて記者さんから疑念が呈された。
だが、こう言っては失礼だが、「チープでシンプルな物語」の方が、ほとんどのクライアントにとっては「リッチで複雑な物語」よりも受容しやすいのである。
ならば、カウンセラーが提示する「健康」や「幸福」のイメージが単純なものであればあるほど治療効果が高いということがあっても、少しも不思議なことではない。
岩月教授の問題は、カウンセリング方法そのものの原理にかかわる問題というより、個別的なケースにおける「操作ミス」、「技術的失敗」、「さじ加減の間違い」というふう解釈する方が適切ではないか、と申し上げる。

教授会の間にK田くんの修論の草稿をチェックする。
同性愛論である。
セクシュアリティとかジェンダーとかいうものを正面から論じるのはたいへんに難しい。
いつも申し上げていることであるが、たとえば「ジェンダー・フリー論」ということを言う人は「ジェンダー」のことばかり言っている。
「ジェンダー間に社会的な区別をしてはならない」という議論をしている方にむかって、「そうかなあ」というような反論をさしはさむとただちに「あなたは男だからわかんないよの!」という言い方をされる。
まず自分がジェンダー的に何者であるかどうかを言明しないと、ジェンダーフリーについては語らせて頂けないのである。
あの、それって、ジェンダーボーダーを解放するんじゃなくて、ジェンダーボーダーむしろ強化してません?
以前に書いたことであるが、もう一度採録する。
「ジェンダーフリー論」は「学歴無用論」と構造的に似ている。
学歴で人を差別するのはよろしくない、というので、「学歴無用の会」というものができた。
ところが、学歴によって人間的に損なわれる仕方はその人の学歴によって異なる。
東大出の人が「なまじ学歴があるばかりにスポイルされている」仕方と、中卒の人が「学歴がないばかりに差別されている」仕方は同列には論じられない。
それゆえ、この「学歴無用の会」では、会員全員は胸に最終学歴を大書したプレートを着用することを義務づけられている・・・

ジェンダー論を聞くたびに、私はこの「学歴無用の会」を思い出す。
K田さんの同性愛論にもおなじ種類の危うさを感じる。
「男性とは何か?女性とは何か?」という根源的な問題を掲げているわりには、そこここに不用意に「男性は・・・一方、女性は・・・」という書き方がみられるからだ。
性差の問題を論じるときの難点は、「性差」が何であるかについての一義的定義が確定されていないにもかかわらず、論証の過程では「男性」「女性」ということばがあたかも既知のものであるかのように使われることである。
というか、使わないと話がぜんぜん進まない。
だから、この種のテクストでは「女性性とは何かが定義不能であるということは、女性自身にもよく理解されていない」というようなあっと驚く論点先取の文章に出会うことだって珍しくない。
「一万円にどうして価値があるか分からない?ははは、バカだなあ。一万円くれたら教えてやるよ」
という文て変でしょ?
え?変だと思わない。
困ったな。
昔、バタイユとサルトルの比較論を書いた院生がいた。
サルトルはバタイユの「非知」という概念がついに理解できなかったというような話であった。
だが、「サルトルはついに『見える、見えない』という光学的な比喩の枠組みから出ることができなかった。ここがサルトル哲学の盲点である」という結論にはびっくりした。
困るでしょ?
え、分からない?
あ、そうですか。
そういう人がたくさんいるから、世の中案外平和なのかもしれないね。


投稿者 uchida : 2004年12月18日 11:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tatsuru.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/604

このリストは、次のエントリーを参照しています: 困った人たち:

» トートロジーに熱くなる from R30::マーケティング社会時評
 最近気に入ってよく読んでいる現代思想の内田樹教授のブログのエントリ「困った人たち」を読んで、爆笑した。  今日はカミサンと出かけていたのだが、家に帰る途中の電 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年12月19日 02:27

»  「男」と「フェミニズム」の間には深い(不快?)溝が、ある。 from えこまの部屋
花さんからまたコメントをいただきました。 楽しいのでここで、ふたたびクローズアップさせていただきますね♪ 鷲谷花さん曰く >> 「支配的文化の与... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年12月21日 17:48

»  読者のみなさまへ from えこまの部屋
いつも、読みに来てくださってありがとうございます。 読み手さんあってのブログでございます。 鷲谷花さんからひさしぶりにコメントをいただきました。 11/26... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年12月21日 17:54

» [phil][eco] 家の中の他者(補足) from イマージュ茶話
ちなみに、上の議論の延長線上に、セクハラやアカハラの問題もあるかと。そうした事柄もまた、ある構造における転移的な構造にある以上、問題を告発するひとが無条件的に正... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年12月27日 14:31

» どうしようかと思ったんだけど from ぎょろぐ。
なんかミクロの少子化原因についての本筋以外での細かい指摘の応酬や、ハトポッポな意... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年01月12日 01:27

» es muss sein 運命の声 2003.5.X 初出 from 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌
ボロロ族にも差別はある。 僕は衝撃を受けた。 ボロロ族にも、生地での差別や 粗野... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年05月21日 19:52

コメント

てすと

投稿者 uchida [TypeKey Profile Page] : 2004年12月18日 19:08

こんにちは。またやってきました,中野@パリです。コメントへのご返答ありがとうございました。そのお返事についてはトラックバックにてお返ししております。

さて岩月教授の件ですが,もちろんフランスではまったく情報がなくピンと来ていなかったので今までコメントできなかったのですが,先ほどいろいろと確認しました。遅きに失した感もありますが。

このケースについて,先生の「治療過程において陽性転移がもたらされるのはむしろ不可欠の現象」とのご指摘はフロイト的に正しいと思いますし,岩月教授自身の育て直し技法(つまりは退行催眠みたいなものでしょう)についても,確かにそういうことをすれば一定の効果はあるとは(理論的には)思われます。

が,いかんせん,フロイト派精神分析の精神(って変ですね)から見ればこの技法はやはり邪道であろうとは思うわけです。まあ常識的な見地からのツッコミはネット上にもすでにたくさんあるようですが,理論的にどうこういう記事は見られないようですので,そこはまともな療法家の名誉のために補足しておきたく思いました。

とてつもなく乱暴に言えば,フロイトに淵源をたどる精神分析においては,治療者(分析家)と患者(分析主体)の関係というのは,「師」と「弟子」の関係に近いものがあるはずですよね(実は先生の『他者と死者』未見なのですが,そのような議論は含まれていませんか?)。

ともかく,神経症から立ち直るのは「弟子」の仕事であるはずです。その際「師」は本来何というか,「触媒」のようなポジションに立つべきところでしょう。ラカン的には「師」(知っていると想定された主体)というものは使い終わると要らなくなる梯子のようなものですよね(いえ本当の「師」は要らなくはならないのですが)。

岩月教授のやり方だと,治療過程では陽性の転移がうまく転がって良好な経過をたどるかもしれませんが(客観的にはどうかわかりませんが),治療後,患者が寛解したまさにそのことによって,というかうまくいけばいくほど,患者にとって岩月教授その人はいまや,それこそただの「変態オヤジ」として立ち現れることになるでしょう……。

まあ「オレが悪者になっても治ればいいのだ」と言いきれればいいのですが,社会通念上それもなかなか……。そこまでのリスクを治療者個人が負わなければならないはずもないですし。

つまりは,岩月教授の方法は治療者側があまりに能動的(あるいは介入的)すぎるので,必然的に「師」としてあるべき姿を見失わざるをえないと思うわけです。「じゃ,いっしょにお風呂入ってみようか?」とか言わないといけない。そこのところが,もっとマシなやり方はできんのか,と言いたくなる次第です。たとえば催眠ができればオムツも哺乳瓶も要らないわけですし,フロイト自身をはじめ他の人たちは別の方法でやっていますし,育て直しするにしても,何も自分がやることはないわけです(通常の発想ならまず親と面接して,親を変えて,それで子どもの育て直しをやってもらうという流れではないかと。岩月教授がそうしたのはたぶん自分でやるのがいちばん手っとり早いからだと思います)。

ですので「あれは実は治療行為でも何でもなかった」とか「確信犯だ」とかいう声もあるようですが,そういうのはたぶん違うでしょう(推測)。実際に(劇的な)効果があがったこともあるにはあるのでしょう(未確認)。だから「風呂や布団にはいっしょに入ったが身体に触ってはいない」という供述も本人の自覚としてはそうなのでしょう(憶測)。ただそういう申し開きは世間には通じないでしょう(これは確実)。世間の側からは「抑圧」の論理が働くばかりですから,彼を擁護しようとしてもそれはとても難しいことです。

要するに,このやり方はもともと(教授側にとって)非常にリスキーな方法だったというだけ,と言えると思います。治療者としては患者にエロス的感情を向けられるだけでも厄介なのに,逆に治療者側から攻め手に回るとは,無謀と言いますか,攻撃は最大の防御と言いますか。だけど博打です。

アンナ・Oから逃げたブロイアーのほうがある意味(つまり社会常識の点で)だいぶまともだったというオチになるでしょうか。こいつもちょっと怪しいところはあるみたいですが。ブロイアー同様,岩月教授が白か黒かと言われたら,グレーと答えるしかないですね。

というわけでこの上は,先生の『他者と死者』,日本から取り寄せる決心がつきました。もしくはピラミッドのジュンク堂で3倍の値段で買います。長文失礼しました。

投稿者 Guy [TypeKey Profile Page] : 2004年12月21日 10:16

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?