BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBooklistMovieSeminarBudoPhoto|Archives|Profile|

<< 核武装ニッポン | メイン | クリント・イーストウッドとヴォーリズと桑田乃梨子な一日 >>

2006年10月24日

お礼とお知らせ

應典院での寺子屋トーク(10月29日日曜日14時—17時)のアナウンスをするのを忘れておりました(よく忘れるね)。そのせいか、あるいは「現代霊性論のスピンオフ企画」があまりに多くて、ひとびとがしだいに膨満感を抱くに至ったのか、そのあたりは定かではありませんが、まだ空席が(たくさん)あるそうです。
プロデューサーの秋田老師から「朝日でも日経でも告知してもらったんですけど、申し込みが少なくて・・・」と悲痛な訴えがあったので、慎んで告知させていただきます。
場所は谷町の浄土宗應典院。
会場は巨大墓地の近くですので、企画的にはたいへんつきづきしいロケーションと申せましょう。
みなさまのお越しをお待ち申しております。
テーマは「死者とのコミュニケーションは可能か?」
え、死者とコミュニケーションが可能なんですか!釈先生?
それから土曜日の「武術的立場」第一回のご報告を忘れておりましたが、おかげさまで守伸二郎さんとのトークセッションは満員の盛況のうちに愉快に終わりました。
香川からお越し頂いた守さんと、ご来場くださったみなさまにお礼を申し上げます。
なお、当日の早朝に朝日新書のI川さんからメールが来て「まだ買い手がついてないなら、『武術的立場』朝日新書で買います」というオッファーがありました。
まだやってない講演の「先物買い」ですね。
ほんとうは守さん高橋さん平尾さんならびに朝カル事務局のご許可を頂かなければいけなかったのですが、「あ、いっすよ〜」とほいほい売ってしまいました。
関係各位には事後承諾になりましたことをお詫び申し上げます。
というわけですから、今回の連続講演にお出でになれない遠隔地の方もそのうち朝日新書で読むことができますので、ご安心ください。
福井さん「ういろう」ごちそうさまでした。桑村先生お菓子とご本ありがとうございました。海老ちゃん遠くから遊びに来てくれてありがとう。
そして、守さん「うどん」とゲスト出演ありがとうございました。
また遊んでくださいね。

投稿者 uchida : 2006年10月24日 10:47

トラックバック

コメント