BlogNagayaLinkaGuestsColumnsBookMovieSeminarBudoPhotoArchivesProfile

« 「ローカリズム宣言」まえがき | メイン

Madness of the King

12月5日のJapan Times に「王の狂気」と題するトランプ大統領についての記事が載った。
今世界ではそれが最も緊急な懸念である。
痴呆症の大統領に戦争を始められては困るからだ。
もちろん、日本のメディアはそんなことは書かない。
日本は痴呆症かもしれない大統領に煽られて戦争をする気でいる世界唯一の国だからだ。
官邸がいやがりそうなことは書かないというのなら、それはそれで構わない。
でも、あとになって「いや~、はじめからちょっと怪しいなとは思っていたんですけどね」みたいなことは書かないで欲しい。

記事は長いので、終わりの方だけ訳した。ここから↓

トランプが何らかの(場合によっては複数の)精神障害を抱えているように見えることは、精神科医、政治家、ジャーナリストの間に等しくジレンマを産み出している。アメリカ精神科医協会は会員たちに診察したことのない人について診断を下さないというルールを定めている。だが、何人かの精神科医たちはこれを国難的事態と見なして、ルールを破って、トランプの精神状態についての専門的判断を公的に語ったり書いたりし始めている。
最も広く受け入れられている見解は、彼がナルシスト的人格障害に罹患しているというものである。これは単なるナルシストであることよりもはるかに深刻な症状である。
Mayo Clinicによると、これは「自分の重要性についての過大評価、自分に対して過剰な関心や称賛を求める強い欲求、病的な人間関係、他者への共感の欠如」などとして現れる。さらに「過剰な自身の仮面の背後には、わずかな批判によっても傷つく脆弱な自己評価が潜んでいる」ともされている。
この定義はトランプが日常的に示している様子をそのまま映し出している。
80年代後半に行われたインタビューでの話し方と現在の話し方を比較すると、語彙がはるかに少なくなっており、滑らかさも失われている。それを大統領は痴呆症の初期段階にあるのではないかと診断する専門家もいる。
医療データベースUpToDateによると、痴呆症の症状には苛立ち、攻撃性、思い違い、幻覚、無関心、脱抑制が含まれる。
共和党の議員たちの相当数はトランプがきわめて負担の多い大統領職を担いうるかどうかについて懸念を抱いている。ティラーソン国務長官はトランプを「魯鈍(moron)」と呼んだと言われている。
トランプの逸脱行動は最近とみに度を過ごしているが、これはミュラー検察官による2016年の大統領選挙へのクレムリンの干渉に彼と彼の陣営が関与していることについての捜査に対する彼の不安の亢進に起因するものと思われる。トランプは捜査の進展次第では、共同謀議の罪に問われる可能性があるからだ(トランプはロシアが選挙に干渉したという事実を認めないワシントンで唯一人の重要政治家である)。
彼の奇矯な行動は12月1日にトランプの最初の国家安全アドバイザーであり、選挙活動の支援者であったマイケル・フリン退役将軍が捜査への協力の見返りとしてFBIへの偽証を認めたニュースが伝えられる以前から見られた。
だが、事件が決定的に重要なのは、フリンがミューラーが「ひっくり返した」最高位の公人だからである。気前のよい司法取引によって、フリンは選挙キャンペーン中とホワイトハウスにおける彼の上司たちの名前を挙げる覚悟ができたものと思われる。
このリストに載るはずの名前は多くない。おそらくフリンはトランプの女婿であり上級顧問であるジャレド・クシュナーを指差すだろう。トランプはこれまでフリンへの検察の接近を繰り返し阻止しようとしてきたが、それは検察官の眼からトランプが隠したがっていることをフリンが知っていることのはっきりしたシグナルである。
それが何であるかはもうすぐ明らかになる。それまでアメリカ人と全世界はこの逆境にトランプがどう応じるのかを固唾をのんで見守っている。

About

2017年12月06日 10:30 に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「ローカリズム宣言」まえがき」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。